allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

やさしい本泥棒<未>(2013)

THE BOOK THIEF

メディア映画
製作国アメリカ/ドイツ
公開情報劇場未公開
ジャンルドラマ/戦争
映倫G
やさしい本泥棒 [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,057
価格:¥ 925
USED価格:¥ 382
amazon.co.jpへ

【解説】
 マークース・ズーサックの世界的ベストセラー『本泥棒』をジェフリー・ラッシュ、エミリー・ワトソンの共演で映画化した感動ドラマ。ナチス政権下のドイツを舞台に、風変わりな里親のもとで本の魅力に目覚めていく少女リーゼルの過酷にして数奇な運命を描く。主人公リーゼル役には「ぼくたちのムッシュ・ラザール」のソフィー・ネリッセ。監督はTV「ダウントン・アビー 〜貴族とメイドと相続人〜」のブライアン・パーシヴァル。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:遊乃舞寧夢投稿日:2016-11-06 05:07:57
ナチスの思想統一により焚書が行われる世の中にありながら、自分の言葉、
人へのやさしさを、葛藤しながらも失うまいとする人々を描いた佳作。

主演の少女リーゼルを演じるソフィー・ネリッセ、感極まると相手に抱きついて
いく彼女のしぐさが幾たびとなく見られるのだが、その抱擁のなんとも饒舌な
こと。思いのすべてが言葉もなく伝わってくる。

共演者たちからも絶賛されているようだが、素晴らしい。

日本では劇場公開されておらず(なぜ!?)、たまたまレンタル店で発見、
ジェフリー・ラッシュが出演しているので観てみる気になったのだが、ストーリー、
演技、美術、音楽、すべて超一流の趣。

古いドイツの石造りのような家々の町並み、石畳の道、室内の木造家具、風格
ある美術に映像。珍しく音楽はスタッフロールの最後まで聞き入ったが、それも
そのはず、ジョン・ウィリアムスの仕事だった。

名優ジェフリー・ラッシュは仇役や、エキセントリックな役柄が目立つようだが、
この作品では、リーゼルの思いやり溢れる義父を味わい深く演じており、役柄の
広さにあらためて驚いた。妻役のエミリー・ワトソンとは、「ライフイズコメディ、
ピーターセラーズの愛し方」でも、まったく別人格の夫婦を演じていたあたり、
興味深い。
投稿者:2時間はいい投稿日:2016-09-17 19:53:29
どうして劇場公開が中止になったのだろう? 
私はいつものようにDVDで鑑賞(レンタル)
すると2つの点が気になった。

一つ目は英語とドイツ語の二ヶ国語で ー ドイツ語社会のフイルムに英語社会のフイルムをかぶせたような見え方
まず弟の埋葬シーンは ドイツ語。
リーゼルを待っている夫婦は。。。彼らの英語を観客は知っている。 
そのため!イギリスか英語圏からの夫婦がドイツで滞在しているところへ引き取られたのかなと一番初めの誤解が生じる。
誘いに来た男の子(ルディ)は −ドアの向こうはー ドイツ語の発音だ
町の会話はちょっとドイツ語 家族へは英語
学校は英語 歌はドイツ語(演説もドイツ語) ー 2ヶ国語で育っている子供達だろか??? 

この誤解というか疑いはイギリスの宣戦布告まで続くことになる
混乱も誤解もそこで終了 * 英語社会のフイルムはなくなる
なかなかの誤魔化しだと思う
前半部を10とすれば後半部は3くらいしか再生しなかったかなあ

日本語吹き替えのほうが2ヶ国語のオリジナルよりも混乱しないですむ。
それかオリジナルでは欧米人が外国語で話しているので 日本語の字幕をずっと読んでいたという字幕一直線のほうがいいに違いない。
原作ではこの夫婦への誤解はない

二つ目は 2ヶ国語が交互だからといっても 罵り言葉が多い
この理由のほうがお家でDVD鑑賞よりも劇場で一回きりで字幕を読んでいたほうがいいと思う
語学は別の映画で英語とドイツ語を楽しもう
ディズニーなんて大人になってもかなりお薦め 今は無料動画でも視聴可能

*消えた英語社会とか作家の家族のこととか 観客を推理させる要素はまだあるけど
残念ながら上記のことだけに集中させてもらった。
投稿者:bond投稿日:2015-06-13 20:58:01
派手さは無いが、ジーンとくるね。ソフィーネリッセが素晴らしい。
投稿者:ASH投稿日:2015-06-13 10:34:36
【ネタバレ注意】

 盗んじゃいかんでしょうが。

投稿者:タミー投稿日:2015-02-02 13:52:02
日本の終戦記念日にでも放送されるスペシャルドラマのようだった。
本によって成長することを描くなら、最初は口撃に暴力でしか対抗できなかった主人公が口で勝つ、というような展開を持ってきたほうが良かったような。

それは置いといて、戦時中の悲喜こもごもを描きつつ成長する少女を描いておきながら、すべてをひっくり返すようなアレ。そしてあのモノローグ。

結局、どんなに今が苦しくても生きていくというのが大事なのだ、というのをアイツから語らせる(はっきりとは言わないが)のが面白かった。
投稿者:uptail投稿日:2015-01-20 10:09:30
演出:7
演技:8
脚本:7
音響:8
投稿者:SaintEtienneHeaven投稿日:2014-01-21 23:59:51
【ネタバレ注意】

ジェフリー・ラッシュの良作が続く。
モノローグが若干斬新でした。

【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】やさしい本泥棒2015/06/03\1,905amazon.co.jpへ
 【DVD】やさしい本泥棒2015/06/03\1,419amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【Blu-ray】やさしい本泥棒レンタル有り
 【DVD】やさしい本泥棒レンタル有り
【書籍】
■原作
【ペーパーバック】 本泥棒
新品:
11中古品¥ 2,800より 

【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION