allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

トランスフォーマー/ロストエイジ(2014)

TRANSFORMERS: AGE OF EXTINCTION

メディア映画
上映時間165分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(パラマウント)
初公開年月2014/08/08
ジャンルSF/アクション/ロボット
映倫G
共に戦うか、滅びるか。
トランスフォーマー ベストバリューBlu-rayセット  (期間限定スペシャルプライス)
参考価格:¥ 5,940
価格:¥ 4,045
USED価格:¥ 3,980
amazon.co.jpへ

 Photos

【クレジット】
監督:マイケル・ベイ
製作:ドン・マーフィ
トム・デサント
ロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラ
イアン・ブライス
製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ
マイケル・ベイ
ブライアン・ゴールドナー
マーク・ヴァーラディアン
脚本:アーレン・クルーガー
撮影:アミール・モクリ
プロダクションデ
ザイン:
ジェフリー・ビークロフト
衣装デザイン:マリー=シルヴィー・ドゥヴォー
編集:ウィリアム・ゴールデンバーグ
ロジャー・バートン
ポール・ルベル
音楽:スティーヴ・ジャブロンスキー
出演:マーク・ウォールバーグケイド・イェーガー
ニコラ・ペルツテッサ・イェーガー
スタンリー・トゥッチジョシュア・ジョイス
ジャック・レイナーシェーン・ダイソン
リー・ビンビンスー
ケルシー・グラマー
タイタス・ウェリヴァー
ソフィア・マイルズ
T・J・ミラー
ジェームズ・バックマン
トーマス・レノン
チャールズ・パーネル
エリカ・フォン
マイク・コリンズ
声の出演:ピーター・カレンオプティマス・プライム
フランク・ウェルカーガルバトロン
ジョン・グッドマンハウンド
渡辺謙ドリフト
ロバート・フォックスワースラチェッット
ジョン・ディマジオクロスヘアーズ
マーク・ライアンロックダウン
レノ・ウィルソンブレインズ
【解説】
 人気アクション・フィギュアを基にしたマイケル・ベイ監督による大ヒットSFアクション超大作の第4弾。主演のマーク・ウォールバーグはじめ主要登場人物に新キャストを迎え、ディセプティコンを辛くも撃退したオプティマス率いるオートボット勢と人類を待ち受ける新たな戦いのはじまりを壮大なスケールで描き出す。共演はニコラ・ペルツ、ジャック・レイナー、スタンリー・トゥッチ。また、侍がモチーフの二刀流トランスフォーマー“ドリフト”の声を日本の渡辺謙が担当。
 地球征服を目論むディセプティコンから人類を守った正義の軍団オートボット。しかし時代の流れと共に、政府からの迫害は激しさを増していた。テキサスの片田舎で年頃の娘テッサを育てながら廃品業を営むシングルファーザーのケイド。ある日、偶然手に入れた中古トラックがオプティマスだと気づく。しかしそこに、オプティマスを回収しようとする謎の組織KSIが現われる。窮地に陥ったケイドとテッサだったが、目覚めたオプティマスとテッサの恋人シェーンの活躍で危うく難を逃れる。ジョシュア・ジョイス率いるKSIは人工トランスフォーマーの開発に成功し、邪魔になったオートボットの排除に乗り出していたのだった。そんな中、全滅したはずのディセプティコンの生き残りが地球に襲来、新たな戦いの渦に巻き込まれていくオプティマスとケイド親子だったが…。
<allcinema>
【関連作品】
トランスフォーマー(2007)第1作
トランスフォーマー/リベンジ(2009)第2作
トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン(2011)第3作
トランスフォーマー/ロストエイジ(2014)第4作
トランスフォーマー/最後の騎士王(2017)第5作
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
16 6.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:リベルタド!!投稿日:2015-06-27 22:39:04
今回の見所は“恐竜型”トランスフォーマーだと思うのだけど、奴らが暴れだすのに2時間強!しかも本編の長さが166分って長すぎでしょ。
このシリーズも4本目。正直、アクションシーンは見馴れてしまった。底が深いドラマもそれほど感じない。ムダに長いと思う。決してこのシリーズが嫌いな訳ではないので、せめて2時間にまとめる取捨選択を学んで欲しい!
「ロードオブザリング」と「トランスフォーマー」は違うと思うのだ。
ボクシングファンとしては、中国ボクシング界の至宝ゾウ・シミンが、エレベーターにいた腕っぷしの強い兄さん役で出演してたのでニヤっとした。
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2015-05-19 02:21:09
空撮と高層建築フェチに取って、本作はシカゴに香港と、一粒で二度美味しい?
投稿者:bond投稿日:2015-05-18 20:54:43
もはやCGの凄さもマンネリ化してきた。話しもほぼワンパターン。
投稿者:nabeさん投稿日:2014-10-26 12:29:26
人気シリーズ第4作である。
登場人物は毎回微妙に変化しているが、ストーリーはいつものクルマ型変身ロボット軍団同士の戦いである。特に人間ドラマの厚みも持たせていないので、そのワンパターンさに嫌気がさすとすぐに飽きてしまうだろう。しかし、毎回ハンパじゃないスケールで大都市を壊しまくるので、理屈抜きに観ていればスカッとするのは間違いない。サムライ型のトランスフォーマーの登場も、日本人には嬉しいかぎりだ。
トランスフォーマーシリーズの楽しみの一つに、ヒーローとヒロインの存在があるが、今回はJ.レイナーとN.ペルツのコンビで、なかなか魅力的だ。悪役のS.トゥッチもさすがの存在感を出していて、最後まで楽しませてくれる。
投稿者:ノブ投稿日:2014-08-31 15:35:25
【ネタバレ注意】

「トランスフォーマー/ロストエイジ」(監督:マイケル・ベイ 165分)
話の内容は、車がロボットに「変態!!お父ちゃんやめてあげて!!」
激しいカーチェイスだけでは飽き足らず、空で戦闘機チェイスもするのがボク的には良かった。
車がロボットに変形するだけでは飽き足らず、ヘリコプター、さらには金属の恐竜までロボットに変形するのがボク的には良かった。
最初の巨大な宇宙船団が、大昔に山を焼き払い、逃げる恐竜の群れまでも丸焼きにするのが迫力があってボク的には良かった。
アメリカのおネェちゃん達はイマイチだったけれど、中国のおネェちゃん達は端役までベッピンさんが多かったのがボク的には良かった(単なるボクの好み)。
中国の東洋的な山並みの中を宇宙船が飛ぶというのが、ミスマッチ・ギャップがありボク的には良かった。
中国の古いオンボロ高層アパートでのアクション(人間のアクションもロボットのアクションも)がとても面白いとボク的には思った。
巨大宇宙船の大量に金属(車や船など)を持ち上げて落とす攻撃が迫力があってボク的には良かった。
最後巨大宇宙船に乗ってやってきたラスボスロボットを、オプティマス・バンブルビー、父親(宇宙の銃攻撃)・娘とその彼氏(車攻撃)と、ロボットと人間が皆で力を合わせて倒すという演出がボク的には良かった。
全般的に
派手なアクション・ロボットへの変形、激しいカーチェイス・戦闘機チェイスは、3Dで観たので迫力があってボク的には良かった。
人間ドラマの方は相変わらずダサかったけれど、前回の「ダークサイド・ムーン」よりかは改善されていたのでボク的には良かった。
中国を舞台にした最後のアクションは、アクションに工夫があり、なかなか考えられていて、ボク的にはとても良かった。
時間が長くてアクション盛り沢山なので観ていて疲れたり、人間ドラマは改善はされていたけれどそれでもダサかったり、最後の中国を舞台にしたアクションの印象が強くて最初の方のアクションとかの印象が薄れる感じがあったりするけれど、これだけアクション満載で迫力あればハリウッドアクション娯楽大作としては及第点をつけても良いとボク的には思えた作品。観た後「もうアクションでお腹いっぱい」という、豪勢でぶあついアメリカンなステーキを食べて食傷気味になる感じと似た感覚になる作品ではあるけれど。http://mamaduke.at.webry.info/

投稿者:英国紳士投稿日:2014-08-20 23:59:27
【ネタバレ注意】

メガトロン改めガルバトロンって、前作までのヒューゴウィービングから声変わったんですね。しかもおさるのジョージの声だなんて…意外過ぎる

投稿者:uptail投稿日:2014-08-18 11:13:23
演出:6
演技:6
脚本:5
音響:6
投稿者:スペースモンキー投稿日:2014-08-12 01:43:32
毎度毎度、ドッカンドッカンやってるだけの内容だったな、途中から飽きてきて、はよ終わらんかなと思って来たな。
相変わらずどーでも良い人間関係もダラダラと・・・
投稿者:ASH投稿日:2014-08-09 00:47:34
【ネタバレ注意】

 上映時間2時間45分!! しかし、これだけの時間をかけてやっていることはと言えば、毎度お馴染みのオートボットVSディセプティコンの地球を舞台にした種族争い。心の中に中学生スピリットを隠し持つ俺でさえ、絶え間なく続くバトルの連続にはさすがに飽きてくる。悲しいかな、こういう映画を愉しめるような歳でもなくなっちまったってことなのか?!

 てわなけで、ストーリー展開に新味を求めるようなヤツはハナからこんな映画は観やしねぇだろうが、シリーズものの宿命というか、回を重ねるごとに陥るマンネリズムが顕著なんよね。4作目になってもやってることは殆ど同じなもんだから、サム3部作(便宜上、俺はこう呼ぶ)で満足してるような連中には無用の長物。どうせなら、流行のリブート版にしてくれればまだよかった? と、観ていてアレコレと要らんことを考えちまったわ。まあ、ダイナボットの登場は、年甲斐もなく熱くなったけどな。

 信頼していた人間に裏切られたってのに、自分を命懸けで助けてくれたケイドを目にして心を揺さぶられるオプティマス。人間も、まだまだ見捨てたもんじゃないと悟るくだり、なんかグッときた。バカげた深読みをしちゃえば、種族を越えた友情ってのが本当の意味でのテーマなのかもな。これは4作すべてに通じる部分でもある。もっとも、こういうテーマを掲げると話が作りやすいってのはあるんだろうがね。この基本さえ押さえれば、あとはひたすらドンパチ。

投稿者:Ni-Ho=SAGARU投稿日:2014-08-08 22:59:29
【ネタバレ注意】

どぶに金を捨てて平気なひとは観よう。

投稿者:SaintEtienneHeaven投稿日:2014-07-20 18:58:08
【ネタバレ注意】

トランスフォーマー旧三部作といえばイコール、リンキンというイメージでしたが、今回のイマジン・ドラゴンズもなかなかカッコ良かった。
それにしても相変わらずおもちゃ魂を刺激される作品です。
今作バージョンのオプティマスのフィギュアは既に購入済みですが、 鑑賞後にはダイナボットのフィギュアも欲しくなってしまった。 詳しくないしコレクターでもないのですけど。

【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ ワースト作品賞 
 ■ ワースト監督賞マイケル・ベイ 
 □ ワースト助演女優賞ニコラ・ペルツ 
 □ ワースト脚本賞アーレン・クルーガー 
 □ ワースト・スクリーン・コンボ賞 
 □ ワースト・リメイク・盗作・続編賞 
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION