allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

300 <スリーハンドレッド> 〜帝国の進撃〜(2014)

300: RISE OF AN EMPIRE

メディア映画
上映時間103分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ワーナー)
初公開年月2014/06/20
ジャンルアクション/歴史劇
映倫R15+
最後の戦いは、大海原へ――。

あの300人のDNAを継ぐ男たち。
300 〈スリーハンドレッド〉 〜帝国の進撃〜 [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,571
価格:¥ 1,569
USED価格:¥ 540
amazon.co.jpへ

 Photos

【解説】
 2007年の「300 <スリーハンドレッド>」に続いてフランク・ミラーの人気グラフィック・ノベル・シリーズを映画化した歴史スペクタクル・アクション第2弾。史実を基にしたペルシア帝国 VS ギリシャ連合の壮絶な戦いを、今度は海を舞台に再び迫力のバイオレンス&アクションとスタイリッシュな映像美で描き出す。主演は「アニマル・キングダム」のサリヴァン・ステイプルトン、共演にエヴァ・グリーン、レナ・ヘディ。前作の監督ザック・スナイダーは脚本と製作を務め、監督は新たに「賢く生きる恋のレシピ」のノーム・ムーロが手がける。
 ペルシア帝国100万の大軍に、わずか300人の戦士を率いて立ち向かい美しく散ったスパルタ王レオニダス。しかしその何者にも怯まない強靱な意志は、彼一人ではなく、ギリシャの男たちに広く受け継がれていた。そして今、大艦隊でエーゲ海を席巻するペルシア海軍の前に、アテナイの勇者テミストクレス将軍がギリシャ連合軍を率いて立ちはだかる。彼らは圧倒的な戦力差を、その勇猛な闘志と知略で跳ね返していく。しかし迎え撃つペルシア軍には、大艦隊を統率する残忍な女戦士アルテミシアがいた。もともとギリシャ人でありながら、両親を惨殺された過去ゆえに、ギリシャに対する激しい憎悪で復讐の炎を燃やしていた。やがてアルテミシアは、優秀な敵将テミストクレスを取り込もうと色仕掛けで迫るのだったが…。
<allcinema>
【関連作品】
300 <スリーハンドレッド>(2007)第1作
300 <スリーハンドレッド> 〜帝国の進撃〜(2014)第2作
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
14 4.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:リベルタド!!投稿日:2015-06-20 16:00:56
【ネタバレ注意】

前作のレオニダス王が、顔も筋肉もキャラも濃すぎたもんで、今回の主役が地味に感じてしまう。しかも、対戦相手の女指揮官エバ・グリーンの個性も強力過ぎて、ますます薄味に。獣のようなセックスシーンも女性上位だったし。
レオニダスの未亡人も剣を振りかざし闘うし、女性大躍進の続編だった。
ジャンキーXLの音楽良かった!

投稿者:bond投稿日:2015-05-06 02:11:43
ちょっとミスキャストな感じ。前作のバトラーはイメージぴったりだったが、本作の主役(ストライクバックの主役)は野蛮さのいめーじに欠ける。でもCGのおかげで中世の海戦の臨場感はあり。
投稿者:DEVILWING投稿日:2014-10-29 22:20:10
良い方でしょう。

世界観の引き継ぎはもちろん「寡兵をもって大軍を破る」というテーマを圧倒的なバイオレンス描写をバックに表現しています。

敵将に憎々しい女性をもってくることで新鮮さが増したかな?

こういった作品に、リアルな時代考証とかは不要なんですよ、みなさん。
投稿者:なちら投稿日:2014-08-04 16:44:15
前作を見ていないと絶対に楽しめないね。
時間が並行して展開するので続けて鑑賞する方が良いのかも。

主人公にいまいち華が無くつまらないけど、
E・グリーンのカリスマアマゾネスぶりが最高なので楽しめる。
彼女の揉まれる乳がスクリーンいっぱいに映し出されるのにはビックリした。
脱ぎっぷりが良いなぁ。
投稿者:タミー投稿日:2014-06-21 13:32:32
作品の流れとしては、前作の前日談から始まり、前作と並行しての戦いが描かれ、七割が終わった辺りでようやく続編として話が進み始める。

前作でレオニダス率いるスリーハンドレッドはああなってしまったので、主人公はテミストクレスという男にバトンタッチ。
相変わらず画面には筋肉がひしめき合うのだが、前作同様エロスも忘れていない。ただ今回はエロの描き方はストレートすぎて面白味は足りない。いい乳だったけどね。

テミストクレスはレオニダスに比べるとカリスマ性も異常性も足りない気がする。けれど、色仕掛けのシーンでそれが活かされていて、同じ男としては中々好感が持てた。女との修羅場の後、ビビった顔で「後が怖い」というのは笑っちゃったよ。
それでいて、レオニダスの散り方をリスペクトした最終決戦前のスピーチにはグッと来た。

前作ではペルシア軍の強大さこそ描けていながらも、それを率いるクセルクセスはいけ好かない成金野郎(個人の感想)といった印象だったが、今回彼のバックグラウンドを描くことで、ようやくラスボスに相応しい驚異的な存在になった気がする。

前作ファンへのファンサービスも多々あるし、ああいう終わり方をした作品の続編としては良い出来だった。
投稿者:ASH投稿日:2014-06-20 23:16:53
【ネタバレ注意】

 3D版にて鑑賞!! さ

投稿者:SaintEtienneHeaven投稿日:2014-04-09 23:53:23
【ネタバレ注意】

指輪やホビット同様に最後までのれず。
エヴァ・グリーンが若干見ものでしたが、なんかキャラがオルガ・キュリレンコに被ってる気もするし。
古代魚やスロースもどきは良かったですが。

【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION