allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

舞妓はレディ(2014)

メディア映画
上映時間135分
製作国日本
公開情報劇場公開(東宝)
初公開年月2014/09/13
ジャンルコメディ/ミュージカル
映倫G
あたし、
舞妓さんになる。

2014年9月13日 全国東宝系にてロードショー

舞妓はレディ

(C)2014 フジテレビジョン 東宝 関西テレビ放送 電通 京都新聞 KBS京都 アルタミラピクチャーズ


 Photos

【クレジット】
監督:周防正行
製作:石原隆
市川南
宮前周次
石川豊
柴田嘉章
細井俊介
小形雄二
エグゼクティブプ
ロデューサー:
桝井省志
プロデューサー:土屋健
土本貴生
堀川慎太郎
脚本:周防正行
撮影:寺田緑郎
美術:磯田典宏
編集:菊池純一
振付:パパイヤ鈴木
キャスティング:吉川威史
南谷夢
音楽:周防義和
音楽プロデューサ
ー:
和田亨
照明:長田達也
製作担当:島根淳
装飾:松本良二
録音:郡弘道
助監督:片島章三
出演:上白石萌音西郷春子
長谷川博己京野法嗣
富司純子小島千春
田畑智子百春
草刈民代里春
渡辺えり豆春
竹中直人富さん
高嶋政宏高井良雄
濱田岳西野秋平
小日向文世市川勘八郎
岸部一徳北野織吉
中村久美原田千代美
岩本多代鶴一
高橋長英西郷田助
草村礼子西郷梅
妻夫木聡赤木裕一郎
松井珠理奈福名
武藤十夢福葉
大原櫻子舞妓時代の千春
徳井優三味線の師匠
田口浩正長唄の師匠
彦摩呂鳴物の師匠
津川雅彦馴染の客
青木珠菜
パンツェッタ・ジローラモ
畠山明子
藤本静
勇家寛子
宮坂ひろし
生津徹
宝井誠明
柳川純子
芦屋小雁
六平直政
渡辺大
瀬戸朝香
加瀬亮
【解説】
 「シコふんじゃった。」「Shall we ダンス?」の周防正行監督が、京都の知られざる花街(かがい)の世界を舞台に贈る痛快エンタテインメント・コメディ。舞妓を夢見る田舎娘が、物好きな大学教授の援助の下、花街の個性あふれる面々と織り成す厳しい舞妓修行の日々を、ミュージカル仕立ての演出を織り交ぜハートウォーミングに綴る。出演は舞妓を目指す少女・春子に、オーディションで選ばれた新鋭、上白石萌音。春子を一人前の舞妓へと美しく成長させていく言語学者・京野に長谷川博己。その他、富司純子、田畑智子、草刈民代、渡辺えり、竹中直人、岸部一徳ら豪華かつ多彩な顔ぶれが脇を固める。
 京都の歴史ある花街・下八軒(しもはちけん)。そこでは舞妓不足が深刻な問題となっていた。今いる舞妓は10年目になる百春ひとりだけ。そんなある日、田舎から出てきた少女・春子が老舗のお茶屋・万寿楽に舞妓志願にやって来る。女将の千春は、鹿児島弁と津軽弁丸出しの春子を追い返そうとするが、偶然居合わせた言語学者の京野が春子に興味を持つ。そして、“あの訛りでは舞妓は無理”という老舗呉服屋の社長・北野と春子が舞妓になれるか賭けをすることに。そのおかげで、なんとか万寿楽の仕込み(見習い)として置いてもらえた春子。しかしそんな春子を、花街の厳しいしきたりと芸の稽古、そして何よりも訛りの矯正という過酷な試練が待ち受けていた。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
16 6.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:黒美君彦投稿日:2017-02-27 15:15:36
【ネタバレ注意】

なかなか楽しい作品だ。いうまでもなく名作『マイ・フェア・レディ』(1964年)を舞妓に置き換えたミュージカル仕立ての作品。
とにかく京都の花街は奥が深い。芸妓、舞妓に留まらず、男衆(「おとこし」と読むことが多い)をはじめとする独特の働き手、着物の着付け方ひとつをとっても年長者と年少者でも違うその繊細な気遣い、とにかく奥が深くて、到底一見さんである自分など遊べる場所ではない(というかそんなお金はない)。
ヒギンズ教授ならぬ京野法嗣(長谷川博己)が、鹿児島弁と津軽弁に染まった西郷春子(上白石萌音)に京ことばを教え込み、一人前の舞妓に仕立てようとするが、『マイ・フェア・レディ』でオードリー・ヘップバーンが練習用に繰り返した「スペインの雨は主に広野に降る(The rain in Spain stays mainly in the plain)」が、この作品では「京都の雨はたいがい盆地に降る」に。京ことばには関係ないけど(笑)。

あとはどこまで真剣に遊ぶか。
上白石萌音は数百人のオーディションから選ばれただけあって、微妙な垢抜けなさが印象的。そんな彼女が日本髪を結い、化粧をして着物に身を包むと何とも艶やかになるのだから、舞妓とは不思議なコスチュームだ。
竹中直人と渡辺えりの『Shall we ダンス?』セルフ・パロディとか、とにかく隅々まで行き届いたサービス精神が気持ちいいのだ。
敢えて難をいえば、上映時間が長いのに対してややメリハリに欠けるところか。エピソードそれぞれは悪くないのだが、ドラマとして全体を俯瞰すると、若干盛り上がりには欠ける。主人公もさしたる挫折なく(声は出なくなって、舞踊のお師匠さんに叱られるが)、すくすく育った感がある。
とはいえ北野社長(岸部一徳)が言うとおり、舞妓に求めているのは「一生懸命の若さ」なのだ。
少なくともそんな健気な懸命さは、スクリーンから伝わってきた。
そして富司純子や田畑智子、草刈民代、岩本多代ら特に女性の脇役がみななかなかいい味を出している。
いってみれば置屋の芸妓・舞妓は擬似母娘、擬似姉妹の場でもある。独り立ちできるまで、姉や母として優しく見守る場でもあるのだ(少なくともこの映画では)。
興行的にはふるわなかったようだけれど、個人的には楽しめる作品だった。

投稿者:クロッカスローズ投稿日:2015-07-24 22:37:21
細かいところが雑で、せっかくのいい題材が台無しだった。
なぜ先生は小春に母が舞妓だったことを隠すように言ったのか?
小春は母がかつて暮らしたところだと知って来たのか?
それともただ姐さんのブログを見て偶然に来たのか?
小春が先生に恋する理由がわからないし、先生の気持ちもわからずじまい。
肝心なことがおきざりのまま無駄な場面が多い。
ファンシィダンスはよかったのになぁ。




投稿者:リEガン投稿日:2014-09-17 11:46:42
周防正行監督待望の新作は笑いあり涙ありのセンスあふれるミュージカル。楽しかった!
何よりヒロインの上白石萌音が素晴らしい。演技に加えて歌と踊り、しかも京ことばに加えて鹿児島弁と津軽弁。あどけなさ残るティーン半ばでこの困難なハードルを見事にクリアしている。特に「花のえまい」の一節を朗読しながら、つなげて「祇園小唄」を歌うシーンは鳥肌ものだった。日本の映画演劇界にとって類稀な女優の誕生を予感させる。富司純子、岸部一徳、田畑智子、岩本多代、濱田岳、草刈民代と脇を固める俳優陣がまたうまい。「終の信託」とは180度変貌の中村久美に驚かされ、高嶋政宏の濃厚ぶりに胸焼け。大原櫻子に聞き惚れる。長谷川博己も頑張っているし、竹中直人や渡辺えりはもう少し出番を見たかったくらい。それぞれのピースがパズルにピタリと収まった心地良さを感じた。
音楽も印象深い。タイトル曲はいつまでも頭の中で『舞妓はレディ〜♪』とリフレインするし、『京都の雨』にはニヤリ。春子と千春のデュエットは名曲だ。
登場人物が突然に歌いだすミュージカル映画は現実と離れたつくり事で一種のおとぎ話。花街(かがい)を舞台に華やかで艶やかに繰り広げられる少女の成長物語は、観る者を夢の世界に誘ってハッピーで優しい気持ちにさせてくれる。気分が落ち込んだ時の良薬としても効果抜群だろう。まさに“福”を内に呼び込む傑作。
投稿者:ノブ投稿日:2014-09-15 16:20:46
【ネタバレ注意】

「舞妓はレディ」(監督:周防正行 135分)
話の内容は、田舎娘が修行やお稽古を気張って、洗練された舞妓になる話。
京都の四季が良かった(春は桜、夏は祇園祭、秋は紅葉、冬は年越しと雪)。
花街のセットはこじんまりとしてチャチかった。
主人公の、田舎娘から洗練された舞妓に成長するのと一生懸命な感じがボク的には良かった(この池脇千鶴を若くしてもっと泥臭くしたような主人公は、ボク好みだったし、ナカナカいい女優さんだとボク的には思った)。
舞妓たちが桜の枝を持って踊りながら主人公を迎えるミュージカルシーンもチャチかった(もっと華やか・豪華に撮って欲しかった)。
芸妓・舞妓に対する「水商売で女を売り物にする悲しい商売」という批評はとても弱く、とってつけたような感じだった
舞妓に一番大切なものは「若さ」(何事にも一生懸命挑戦してガンバル事)だと言っていたのがボク的には良かった
最後の色んな仮装をした人たちが花街のセットで歌い踊り、最後には夜空に花火もあがるミュージカルシーンは楽しく華やかで、最後の盛り上がりが良かったので、作品を観た後味は良かった。
全般的に
京都や舞妓・芸妓などの花街の文化や伝統の重みが全然上手く出ていないので(花街のセットはチャチいし、芸妓・舞妓の踊りのしなやかさは年季の入った稽古をしないと出せないからなのかチョコっとしか踊らず、あとは下品なダンスでごまかしていたのが、ボク的には特にいただけなかった)、ギャグの軽さが活きる・いいアクセントになるどころか単に下品にみえた。
作品全体のリズムも、最初や中盤はとても退屈で、要らない下品なエピソードも多く、最後の主人公の成長ぶりとラストのミュージカルシーンはかろうじていいけれど、とてもテンポが悪く、と〜っても時間的な長さをボクは感じた(途中「早く終わらないかな?」と思った)。
キャストは、主人公の女優はボク好みで一生懸命で良かったし、大ベテランの年配の芸妓役の女優さん、踊りのお師匠さん役の女優さん、富司純子は、奥深い味のある京女を演じていて良かったが、その他の役者さんたちは伝統があり重さと深さのある京都や花街文化という舞台設定の中で、軽くて浮いているというか役者負けしている感じがボク的にはした。
もっと金をかけて豪華で華やかなセットを作ったり、豪華で華やかなミュージカルシーンを撮ったりすればチャチさも気にならず、もっと本格的な京都や花街の伝統や文化、日本舞踊や歌や和楽器の演奏などを凝ったりしていれば、軽やかなギャグはいいアクセントになり、下品なギャグはカバーできただろうし、作品全体ももっと面白くなっただろうと思い、ボク的には観る前チョット期待していただけにかなり残念だった作品。http://mamaduke.at.webry.info/

投稿者:SECOND_STAGE_LENSMEN投稿日:2014-09-15 14:00:53
カラフルな色彩。個性的な歌と踊り。
あまりの楽しさに観ている間も観た後もほころんでしまう映画だ。
田畑智子さんが先輩舞妓として京ことばの手本を示すが、京都出身の彼女にしかできない役だろう。
適材適所で、充実してることこの上ない。

http://movieandtv.blog85.fc2.com/blog-entry-505.html
投稿者:mototencho投稿日:2014-09-14 19:42:10
タイトルを聞いて「マイ・フェア・レディ」がピンと来なければ、映画知りません宣言するしかない。観ていて途中で気がつくとは恥じ入るばかり。もちろんそれには主役が全てといっても過言ではなく、幼いけど上白石萌音を起用したことで本作は成功を約束されている。http://mototencho.web.fc2.com/2014/maikohal.html
投稿者:hayate9投稿日:2014-09-14 16:35:43
【ネタバレ注意】

あか抜けない女の子が舞妓になるまでの1年間のお話。

キャスト陣はいいのですが、2時間超えは長い!
そこで歌はもういいんじゃないのか〜?というとこも・・・。っていうと「マイフェアレディ」じゃなくなるのかな。
一番素敵に感じたのは富司純子の初恋のエピソードシーン。映画スター役のあの人はかっこいいし、千春の若かりし頃を演じるあの子も歌上手いし。(歌手が本業?女優が本業?)
ラストのミュージカルシーンも楽しかったです。
種ともこ、アルバム持ってたよ〜。

【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 助演女優賞富司純子 
 ■ 音楽賞周防義和 
 ■ 新人俳優賞上白石萌音 
【ソフト】
【レンタル】
 【Blu-ray】舞妓はレディレンタル有り
 【DVD】舞妓はレディレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION