allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ソロモンの偽証 前篇・事件(2015)

メディア映画
上映時間121分
製作国日本
公開情報劇場公開(松竹)
初公開年月2015/03/07
ジャンルサスペンス/ミステリー
映倫G
嘘つきは、大人のはじまり。

ソロモンの偽証 前篇・事件

(C)「ソロモンの偽証」製作委員会


 Photos

【クレジット】
監督:成島出
製作代表:武田功
木下直哉
岩田天植
宮田謙一
宮本直人
高橋誠
製作総指揮:大角正
エグゼクティブプ
ロデューサー:
関根真吾
プロデューサー:矢島孝
秋田周平
アソシエイトプロ
デューサー:
池田史嗣
原作:宮部みゆき
脚本:真辺克彦
撮影:藤澤順一
美術:西村貴志
衣装:宮本茉莉
編集:三條知生
音響効果:岡瀬晶彦
音楽:安川午朗
音楽プロデューサ
ー:
津島玄一
主題歌:U2
『ウィズ・オア・ウィズアウト・ユー』
VFXディレクタ
ー:
横石淳
VFXプロデュー
サー:
浅野秀二
スクリプター:森直子
ヘアメイク:田中マリ子
照明:金沢正夫
装飾:湯澤幸夫
録音:藤本賢一
助監督:谷口正行
猪腰弘之
出演:藤野涼子藤野涼子
板垣瑞生神原和彦
石井杏奈三宅樹理
清水尋也大出俊次
富田望生浅井松子
前田航基野田健一
西畑澪花倉田まり子
若林時英向坂行夫
西村成忠井上康夫
加藤幹夫橋田祐太郎
石川新太井口充
六車勇登
石田飛雄馬
鈴木きらり
羽下直希
森田想
榎本実優
加藤実祐紀
宮野薫
大井絵梨花
大西航平
薗田仁南
升澤理子
松浦寿來
佐久間妃南子
鈴木逸豊
西田心
菊地時音
岩田華怜
宮武祭
平祐奈
谷井優貴
望月歩柏木卓也
佐々木蔵之介藤野剛
夏川結衣藤野邦子
永作博美三宅未来
黒木華森内恵美子教諭
田畑智子佐々木礼子
池谷のぶえ浅井敏江
塚地武雅浅井洋平
田中壮太郎茂木悦男
市川実和子垣内美奈絵
江口のりこ大出佐知子
高川裕也大出勝
安藤玉恵高木学年主任
木下ほうか楠山教諭
宮川一朗太
中西美帆
井上肇
浜田学
安澤千草
嶋田久作
余貴美子上野素子校長
松重豊北尾教諭
小日向文世津崎正男校長
尾野真千子中原涼子
【解説】
 人気作家・宮部みゆきの同名ベストセラー巨編を「八日目の蝉」「ふしぎな岬の物語」の成島出監督が、前後編の2部作で映画化したミステリー・サスペンス大作。本作はその前編。中学校で起きた男子生徒の転落死をきっかけに、次々と起こる不穏な事件を前に保身に走るだけの無力な大人たちを見限り、生徒たちだけで真相究明の校内裁判を開こうとする中で、学校内にうごめく様々な問題があぶり出されていくさまを描く。主演はオーディションで選ばれ、本作の役名でデビューすることになった新人、藤野涼子。
 クリスマスの朝、雪が降り積もった城東第三中学校の校庭で2年A組の生徒・柏木卓也の死体が発見される。警察も学校も飛び降り自殺と判断するが、後日、学校関係者のもとに、柏木の死は自殺ではなく、大出俊次をリーダーとするいじめグループによる殺人だったと訴える匿名の告発状が届く。やがてそれはマスコミにも伝わり、ワイドショーを連日賑わすことに。それでも学校側は穏便に事を収めようと後手を踏むばかりで、事態は悪化の一途を辿っていく。そんな中、事件の第一発見者で2年A組のクラス委員を務める藤野涼子は、大人たちには任せておけないと、自ら真実を暴くべく立ち上がる。そして、全校生徒に対し大出を被告人とする学校内裁判の開廷を提案する藤野だったが…。
<allcinema>
【関連作品】
ソロモンの偽証 前篇・事件(2015)
ソロモンの偽証 後篇・裁判(2015)
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:HABBY投稿日:2016-11-13 00:50:58
【ネタバレ注意】

荒唐無稽だが、宮部みゆきらしいピュアな感性が全開のお話。人種間の対立がない日本、もし強引に対立軸を作るとすれば「大人対子供(高齢者対現役世代)」になるわけで、激化する時はこの国の混迷が深まった時なんだろうなと思う今日この頃(年金問題とか、そのきっかけになる可能性あり)。

原作は読もうかどうか迷った挙句いったん留保したまま(Amazonレヴューが賛否両論大盛り上がりしていたのは確認済み)、今日ここに至る。なので後編の裁判の章がどう進展するのか予備知識も無し。最初の殺人、子供がやったのか大人の仕業なのかで本作を覆う印象がだいぶ違ってくるなあ。子供裁判の行方ともども、後編を見るまで楽しく想像しようと思う。

投稿者:いまそのとき投稿日:2016-04-20 10:16:11
中途半端にならず、後編に繋いだかなという印象の前編。多感な中学生たちを主人公にしていて、こういった設定ってあるようで最近は少ない。現実はともかく揺れる生徒たちに対する上から目線の教師との微妙なバランスの描き方もいい。やはり前後編を一気通貫で見ないと話にならないけどね。興味本位で見てたら意外にハマる。一途な藤野涼子にここは惹かれるなぁ。
投稿者:bond投稿日:2016-02-13 00:40:02
多感な青少年が遭遇した事件で成長できるのか?見守るしかない。
投稿者:dadada投稿日:2016-01-12 09:13:18
BS放送で何気に拝見。事件モノの導入部で終わる前篇てのは、やっぱズルいよね。そりゃあ興味を引っ張る展開だし、ここまで観たら続きも知りたい。ここで止められないっしょ。
こちたらテレビ鑑賞だから、まだイイけど、これで後篇がズッコケたら有料鑑賞者は怒り心頭でしょう。
テレビでは、“お仕着せのアイドルを使わずキャスティングをした”と自信満々の監督インタビューも放送されていたが、その効果は出ていたと思うものの...。
いずれにしても後篇を楽しみにしてます。だけど、通常よりも厳しい目では観てしまうよね。
投稿者:黒美君彦投稿日:2015-03-25 12:06:08
【ネタバレ注意】

前評判が良かったので拝見。
いきなり中学校で藤野涼子(藤野涼子)と野田健一(前田航基)が死体を発見する1990年12月25日の場面で
「戦後6番目の雪だって」「誰から聞いたの」「テレビでお天気のお姉さんが言ってた」「お天気のお姉さんじゃないでしょ。気象予報士でしょ」「あ、そうか」みたいなやりとり(うろ覚え)があったが、気象予報士は1990年にはまだ存在していない(第一回の国家試験が1994年)。誰か気づけよ、とのっけから突っ込んでしまったけれど。
前編では、学校での裁判に向かうまでの藤野涼子を中心にした心の動きがメイン。
いじめ(というかあれは暴行だろ)を見て見ぬ振りしようとした涼子を激しく非難したのが、その後死体で見つかった柏木卓也(望月歩)。「口先の偽善者。そういうヤツがいちばん悪質なんだ」と言われた心の傷が、本来正義感が人一倍強い彼女のその後の行動を決定づけるのだが…。しかし柏木クン、そこまで非難するならまず自分が止めに行けよ(笑)。女の子を非難するのは筋違いだろ。
いじめグループを殺人者として告発した三宅樹里(石井杏奈)とそれに従う浅井松子(富田望生)。こいつらもどうかと思うけれど、そんな怪しげな告発状に振り回されるメディアもこの世の中あり得ない。ニセ情報に振り回されるTVメディアなんてステレオタイプだよな。
クライマックスは高木学年主任(安藤玉恵)が、論破されて思わず藤野を殴りつけるシーンか。
とはいえ、後編を観ないと何とも言えないが、警察ですら容疑者として立件できない生徒を、生徒の間で裁判にかけるなんて、やはり教育現場としてはストップをかけるのは当然のような…。
遺体で見つかった柏木卓也の親が出てこないのも不自然な印象。

ということで、前編だけでは評価は難しいなあと思った次第。前・後編に分けるほどの映画か、というとこれまたどうだか、という感じもするが…。

【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 音楽賞安川午朗 
 □ 撮影賞藤澤順一 
 □ 照明賞金沢正夫 
 ■ 新人俳優賞藤野涼子 「ソロモンの偽証 後篇・裁判」に対しても
■ 新人賞石井杏奈 「ソロモンの偽証 後篇・裁判」「ガールズ・ステップ」に対しても
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】ソロモンの偽証 事件/裁判 コンプリートBOX2015/08/19\7,300amazon.co.jpへ
 【DVD】ソロモンの偽証 前篇・事件2015/08/19\2,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【Blu-ray】ソロモンの偽証 前篇・事件レンタル有り
 【DVD】ソロモンの偽証 前篇・事件レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION