allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

娚の一生(2014)

メディア映画
上映時間119分
製作国日本
公開情報劇場公開(ショウゲート)
初公開年月2015/02/14
ジャンルロマンス/ドラマ
映倫G
52歳独身の大学教授
恋をしないと決めた女
「ずっとひとりだと思ってたのに――。」
娚の一生 ブルーレイ豪華版 [Blu-ray]
参考価格:¥ 6,156
価格:¥ 11,752
USED価格:¥ 5,509
amazon.co.jpへ

 Photos

【クレジット】
監督:廣木隆一
製作:和崎信哉
岩原貞雄
白井勝也
百武弘二
水口昌彦
加藤直次
本田正男
岩熊正道
佐竹一美
エグゼクティブプ
ロデューサー:
小西真人
平野隆
プロデューサー:辻本珠子
宇田川寧
アソシエイトプロ
デューサー:
岡本順哉
ラインプロデュー
サー:
田口雄介
企画プロデュース:武田吉孝
原作:西炯子
脚本:斉藤ひろし
撮影:鍋島淳裕
視覚効果:松本肇
美術:丸尾知行
衣裳:田中亜由美
編集:菊池純一
キャスティング:安生泰子
音楽:遠藤浩二
主題歌:JUJU
『Hold me, Hold you』
スクリプター:中西桃子
ヘアメイク:永江三千子
照明:豊見山明長
録音:深田晃
助監督:中里洋一
出演:榮倉奈々堂薗つぐみ
豊川悦司海江田醇
安藤サクラ秋本 岬
前野朋哉園田哲志
落合モトキ友生貴広
紺野千春下屋敷十和
若林瑠海富岡まこと
外波山文明
内田春菊
有福正志
森喜行
山口詩史
坂口健太郎信夫
美波女性秘書
岩佐真悠子富岡春美
朝倉えりか鯰田みゆき
根岸季衣今日子
濱田マリ小夜子
徳井優民夫
木野花坂田佳代
向井理中川俊夫
【解説】
 人気漫画家・西炯子の同名コミックスを榮倉奈々と豊川悦司主演で実写映画化した大人のラブ・ストーリー。恋愛を諦め独りで生きることを決意したアラサー女性が、ひょんなことから遥かに年上の男性と奇妙な同居生活を送り、いつしか恋に落ちていく姿を描く。共演は向井理、安藤サクラ。監督は「ヴァイブレータ」「余命1ヶ月の花嫁」の廣木隆一。
 都会で懸命に働き続け、すっかり心身共に疲れ果ててしまい、仕事を辞めて田舎で入院中の祖母の家に身を寄せた堂薗つぐみ。間もなく祖母は他界し、この古い一軒家を独りで守っていこうと決意した矢先、彼女の前に現われたのが50代の独身大学教授・海江田醇。若かりし頃、祖母に恋心を抱いていたという彼は、以前に祖母から許可をもらっていたからと、勝手に離れに住み始めてしまう。おまけに冗談とも本気ともとれない態度でつぐみを口説く始末。そんな不躾で強引な醇に反感を覚えるつぐみ。それでも追い払うこともできず、渋々一緒に暮らし始めるつぐみだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:初代黒龍投稿日:2016-11-17 21:51:35
漫画の映画化で、観終わってから原作も読みたくなって、実際に全巻購入したのはどれくらいぶりか、もしかしたら初めてだ。で、どちらも大変面白かった。原作は愛らしいキャラクターと、少女漫画というより青年誌風の情景描写が独特のムードを持っていて、主人公が二人とも心に傷を抱えている設定なのにスイスイ読める。一方映画は、地方ロケが功を奏してその開放的な雰囲気が、原作の持つ空気を見事に投影している。榮倉奈々のヌードとは言えないヌードも、この空気の中ではあれで良かったと思う。むしろ豊川悦司が榮倉の両脚にキスするシーンの方がインパクトが強く、ここは原作より色っぽく描かれていた。ラスト近くで登場する、向井理が殆ど印象に残らなかったのが結果的に良かった。彼女の過去の恋愛はもはや偶像化されたものでしかなく、元カレとの再会によってそれが断ち切られるわけで、彼という幻影が印象に残るものであってはならないのだ。だとすれば、演じる方も撮る方も上手いものだ。
 原作と映画をいちいち比較するのはヤボなことだし、元々表現手法が違うんだから比較の対象にすること自体的外れと言える。だがこの作品に関しては、どちらもそれぞれの味が出ていて、読んでも観てもそれは気分の良いものだった。
原作ではラストで二人は結婚し、別巻の後日談では子供ができる。映画でもラストで、郵便受けに一つの名字に二つの名前が書かれているのがニヤリとさせるが、さらに原作には無いオチもつけている。これがまた、映画の二人にもいずれ子供が生まれることを暗示するような、爽やかな後味を残している。
投稿者:dadada投稿日:2016-01-05 09:45:09
ヒロインに性的な魅力が余り感じられないのが、最大の難点。
トヨエツは、十分にエッチっぽいのにね。
投稿者:ASH投稿日:2015-08-01 08:06:54
【ネタバレ注意】

 脱がないA倉に金出すヤツ。ピンク映画出身の監督さんが、この体たらく。

投稿者:マジャール投稿日:2015-03-02 15:58:08
【ネタバレ注意】

これもコメントなし・・・。 

この映画の榮倉奈々がとっても良かったです。(若いころとかは知らん)
映画自体も、ユーモラスなところがあって、ドキドキして、あまり露骨でないエロチックなとこもあって、楽しめました。

親戚一同が集まる法事の席で、部外者の豊川が、図々しくも抜けぬけと、結婚を見据えた交際の挨拶をするところなんかも面白かったですねぇ。
「恋なのでしかたありませんでした」


この、ちょっと得体の知れない大学教授、はんなりとした京言葉で、妙に押しが強く、無遠慮だけど魅力があって毒舌家。
あ、これはかつての大映スター、市川雷蔵なのかな、と思って、そういえば37歳で急逝した雷蔵が、もうちょっと長生きして、50代になって教授の役をやったらこんな感じだろうかと思って観ていると、なんかだんだん映画自体も面白くみえてきたのです。 
(あの『眠狂四郎 無頼剣』の中にも「それはそれ、恋は恋」なんて台詞が出てくる。「そうかも知れぬ、そうでないかも知れぬ」)


ところが観ていくうちに、これはやっぱりトヨエツであって雷蔵じゃない、と思い出してから、映画の魅力も減退・・・・唐突に向井理が出てくるのも、なんだかなぁ・・・・。
背が高くて脚が長くてスタイルいいのに、顔だけはヤケに皺しわっぽいしね。

これもまぁいろいろ都合のいいお話ではありますが、いいんじゃないの娯楽映画なんだから。


あと、これは急いで付け加えておきますが、他人の自転車を勝手に乗ってったら犯罪ですからね。ちょっと借りただけ、あとで返せば、なんて言い訳になりませんからね!!

【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】娚の一生 ブルーレイ 豪華版2015/07/15\5,700amazon.co.jpへ
 【DVD】娚の一生 DVD 豪華版2015/07/15\4,700amazon.co.jpへ
 【DVD】娚の一生 DVD 通常版2015/07/15\3,500amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】娚の一生レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION