allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

小野寺の弟・小野寺の姉(2014)

メディア映画
上映時間114分
製作国日本
公開情報劇場公開(ショウゲート)
初公開年月2014/10/25
ジャンルコメディ/ドラマ/ロマンス
映倫G
最強すぎるふたり。
小野寺の弟・小野寺の姉 特別版 [Blu-ray]
参考価格:¥ 6,264
価格:¥ 5,380
USED価格:¥ 4,780
amazon.co.jpへ

 Photos

【クレジット】
監督:西田征史
製作:百武弘二
小石川伸哉
三宅容介
加太孝明
小野田丈士
エグゼクティブプ
ロデューサー:
藤巻直哉
藤門浩之
プロデューサー:大畑利久
三好順作
企画・プロデュー
ス:
松本整
明石直弓
原作:西田征史
『小野寺の弟・小野寺の姉』(リンダパブリッシャーズ刊)
脚本:西田征史
撮影:相馬大輔
美術:五辻圭
編集:日下部元孝
音響効果:西村洋一
音楽:池頼広
主題歌:阿部真央
『それぞれ歩き出そう』
VFXプロデュー
サー:
西尾健太郎
スクリプター:山縣有希子
スタイリスト:篠塚奈美
ヘアメイク:百瀬広美
照明:佐藤浩太
装飾:折戸美由紀
録音:小松将人
助監督:吉田和弘
出演:向井理小野寺進
片桐はいり小野寺より子
山本美月岡野薫
ムロツヨシ河田耕輔
寿美菜子齋藤亜沙子
モロ師岡
梅沢昌代
村松利史
兒玉宣勝
うらん
三富考樹
野沢奏成
小林雅偉
伊能佑之介
麻生久美子祖父江好美
大森南朋酒井啓介
片桐仁
上野なつひ
青山草太
与座よしあき
犬飼若博
中谷竜
阿久澤菜々
石丸奈菜美
森りん
桂正和
秋本奈緒美
橋本じゅん
木場勝己
及川光博浅野暁
【解説】
 実写版の「怪物くん」や「妖怪人間ベム」の脚本などで注目を集める脚本家・演出家の西田征史が、自身のオリジナル小説を原作に記念すべき映画監督デビューを飾った人情コメディ。大人になっても一緒に暮らす不器用な姉弟を主人公に、それぞれに訪れた新たな恋の行方をほのぼのとしたタッチで綴る。主演は、2013年の舞台版に引き続いての姉弟役となる向井理と片桐はいり。共演に山本美月と及川光博。
 両親を早くに亡くし、以来、古びた一軒家でずっと2人暮らしの姉弟、弟・小野寺進と姉・小野寺より子。33歳の進は、過去の失恋が大きな痛手となってすっかり恋に臆病になっていた。そんな弟が心配でならない40歳のより子自身も、ずっと恋に臆病で行き遅れたまま。ある日、姉弟は小野寺家に誤配された一通の手紙を、本人の家に直接届けに行くことに。そこで出会ったのが、美人の絵本作家・岡野薫だった。弟の新たな恋の予感に、俄然張り切る姉・より子。そんなより子も、勤め先の眼鏡店にやってくる営業マン浅野暁に淡い恋心が芽生えていくのだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:あーぼう投稿日:2015-12-31 07:34:39
何だかんだ言いながら仲の良い姉弟。実はそれぞれが相手に負い目を感じているが、2人の恋愛を通して止まった歯車が動き出す。笑えるところもあり、切ないところもある。片桐はいりありきの映画であるが、他のキャスティングがチグハグで入り込めないところがある。おしゃれなエアリーな映像も映画に合っているとは言えず、音声も聞き取りにくいシーンが多々ある。ラストも師弟の「これから」を想像させるものが欲しかった。
投稿者:黒美君彦投稿日:2014-11-23 22:46:53
【ネタバレ注意】

西田征史の小説・舞台を自ら映画化した初監督作品なのだとか。
巷間女性を中心に評判が良いらしい。。。個人的にはきわめてフツーの出来か、と思ったけれど。
片桐はいりと向井理が7歳違いの姉と弟を演じるわけだけど、姉は40歳には見えないしなあ(実際は50歳)。
ヘタレの弟役、向井理は良かったけれど、山本美月(絵本作家というよりはキャバクラ嬢っぽい)が個人的にあまり好きではないので、その辺のロマンス部分ももひとつ入っていけないし。
姉と弟の愛情は、姉妹のいない私にはまったく想像もつかないけれど、こんな感じなのかなあ。
そんなに笑えた、というわけでもないし…。
人によってはツボにはまって面白い…のかな。
悪くはないけれどうーん絶賛するほどではないなあというのが、きわめて個人的な感想でした。

【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION