allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ジゴロ・イン・ニューヨーク(2013)

FADING GIGOLO

メディア映画
上映時間90分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ギャガ)
初公開年月2014/07/11
ジャンルコメディ/ロマンス
映倫PG12
ジゴロ、始めました。
寂しい夜は、是非お電話を――
ジゴロ・イン・ニューヨーク [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,160
価格:¥ 2,182
USED価格:¥ 1,200
amazon.co.jpへ

 Photos

【解説】
 「バートン・フィンク」「オー・ブラザー!」のジョン・タートゥーロが主演のみならず監督・脚本も務め、共演にウディ・アレンを迎えて贈るコメディ。お金に困った本屋店主と彼にそそのかされジゴロ稼業を始めた花屋のバイト店員の凸凹コンビを主人公に、彼らを取り巻く愛とお金の人間模様をユーモラスに綴る。共演はヴァネッサ・パラディ、シャロン・ストーン、リーヴ・シュレイバー。
 ニューヨークのブルックリンで、3代続いた本屋を自分の代で潰してしまったマレー。失業で途方に暮れていた彼はふとしたきっかけから、花屋でバイトする友人のフィオラヴァンテをジゴロに仕立てると、2人で愛に飢えた女性相手のいかがわしいビジネスに乗り出す。すると意外にもフィオラヴァンテの優しいジゴロぶりが評判となり、マレーの巧みな営業活動と相まって商売は思いのほか大繁盛。調子に乗ったマレーは、新規顧客としてユダヤ教の中でも厳格な宗派に属しているラビの未亡人アヴィガルを言葉巧みに勧誘する。しかしフィオラヴァンテとアヴィガルは互いに惹かれ合い、秘密の逢瀬を重ねるようになってしまう。それは、ジゴロにとってもユダヤ教徒にとっても決して許されることのない禁断の恋だったのだが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
18 8.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:HABBY投稿日:2015-11-22 02:20:53
セクシーな女医(シャロン・ストーン)とそのパートナー(ソフィア・ベルガラ)からの依頼で男を一人混ぜての3P大会を企画、行き詰まった古書店経営を畳んで本格的にジゴロ派遣業に進出、、ってぶっ飛びすぎてて思わず刮目せずにはいられん。

ジョン・タートゥーロの才能。物語の掴みの部分(イントロ)を巧く演出して聴衆は虜にさせるところやムーディーでジャジーな選曲、端々にユダヤ教のネタが挟まれる所とか、ウディ・アレン作と言われても違和感ない。台詞一つ一つの尺がウディ作に比べ短いのが違いといえば違い、か(とは言えウディ本人は結構な勢いで喋りまくってるw)。

未亡人役、ヴァネッサ・パラディの繊細でしっとりとした演技も良いアクセントに。シャロン&ソフィアコンビの「動」に対する「静」を美しく醸し出してます。

タイプの違う三人とお相手するジョンの熟年の渋みが印象に残る作品。
投稿者:bond投稿日:2015-10-13 23:36:32
肩の力を抜いたアレン節とでもいうようなマッタリ感。なんだかなー。
投稿者:ローランド投稿日:2015-09-23 10:22:04
  厳格な宗教の下で暮らす未亡人と爐茲充圻瓩恋仲になり、その未亡人に思いを寄せる隣人がヤキモキして・・・との 『刑事ジョンブック』 を思い出させるぎこちない恋物語も、ジョン・タートゥーロが主演のみならず監督と脚本も兼ねているのが禍したか作品の出来具合もぎこちなく、己のことをあんなに女にモテモテで優しく思いやりのある男に仕立て上げて気恥ずかしくはなかったのかな?だなんて気がしてしまうのだけど、映画の脚本っていかに難しく奥の深いものかってことなんでしょうね。  

  子供相手に野球をする人の良さそうな爺さんが表の顔とは裏腹なポン引き業に精を出すという、この役がとても嵌っていて可笑しく面白いウディ・アレンが主役とさえいえるようなコメディーになっているのだけど、このウディさん、髪の毛が薄くなって小さくつぶらなオメメで情けなさそうなお顔だが、それを意識しキャラクターとして確たるものにしているような気がします。  

  髪の毛が薄くなったなって見ていたTVタレントがいつの間にかふさふさになっていて、どう見てもカツラを付けたとしか思えないのに嘘をついてはいけない隠し事をしてはいけないと説教するような役柄をやっているのが可笑しかったことがあるのだけど、TVタレントは仕方ないとしてもこれが教師や政治家みたいな人々を指導しなければならない立場だと、コソコソ隠し事をしてへんなところに見栄を張る指導者として相応しくない人間に思えてしまう。 ウディー爺さんに倣って堂々としていたらいいのにね。  

   星の数は6個以上7個未満ということです。
投稿者:uptail投稿日:2015-02-16 10:31:24
演出:7
演技:8
脚本:7
音響:7
投稿者:mototencho投稿日:2014-07-21 17:47:51
“真の愛に目覚める”は「ドン・ジョン」に近いんだけど、そこは大人のジゴロが主人公だけに哀愁が漂って、悪くない都会の映画になっている。http://mototencho.web.fc2.com/2014/findingg.html
投稿者:ASH投稿日:2014-07-11 22:33:08
【ネタバレ注意】

 ウッディ・アレンが「監督」していない映画に「出演」すんのは久々らしいが、かといって、やってることはお馴染みの「アレン節」(笑)。身振り手振りが大きく、ドモリ気味に早口で喋るとこなんざいつも通り。ってか、これがないと始まんない。しかし、ウッディがペラペラ喋るジジィだから、相棒のジョン・タトゥーロの寡黙っぷりが際立つ仕組み。これがいい感じ!

【レンタル】
 【DVD】ジゴロ・イン・ニューヨークレンタル有り
【ミュージック】
【CD】 ジゴロ・イン・ニューヨーク
新品:¥ 2,592
2新品:¥ 2,030より   9中古品¥ 1,180より 

【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION