allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

バクマン。(2015)

メディア映画
上映時間119分
製作国日本
公開情報劇場公開(東宝)
初公開年月2015/10/03
ジャンル青春/ドラマ
映倫G
バクマン。Blu-ray 豪華版
参考価格:¥ 8,424
価格:¥ 4,704
USED価格:¥ 2,730
amazon.co.jpへ

 Photos

【クレジット】
監督:大根仁
製作:市川南
エグゼクティブプ
ロデューサー:
山内章弘
アソシエイトプロ
デューサー:
馬場千晃
ラインプロデュー
サー:
田口生己
小泉朋
企画・プロデュー
ス:
川村元気
原作:大場つぐみ
小畑健
脚本:大根仁
撮影:宮本亘
美術:都築雄二
衣装:伊賀大介
編集:大関泰幸
キャスティング:おおずさわこ
音楽:サカナクション
主題歌:サカナクション
『新宝島』
VFXスーパーバ
イザー:
道木伸隆
ヘアメイク:梅原さとこ
記録:井坂尚子
照明:冨川英伸
装飾:西尾共未
録音:渡辺真司
助監督:神徳幸治
プロダクション統
括:
佐藤毅
出演:佐藤健真城最高
神木隆之介高木秋人
染谷将太新妻エイジ
桐谷健太福田真太
新井浩文平丸一也
皆川猿時中井巧朗
小松菜奈亜豆美保
田中洸希最高の少年時代
岩井秀人担任教師
よーかいくんカメ
今井隆文ツル
五頭岳夫
小野敦子
高咲里音
塚田帆南
高橋綾沙
重廣レイカ
仲川子夢
山田優美
榎本三奈
矢柴俊博瓶子
岡部たかし細野
中川晴樹浅田
勝矢相田
岩瀬亮中野
中村無何有川島
神農直隆大西
土佐和成斉藤
ノゾエ征爾吉田
本多力門司
三浦俊輔港浦
宮藤官九郎川口たろう
山田孝之服部哲
リリー・フランキー佐々木編集長
声の出演:稲村優奈レイカ
【解説】
 アニメ版も好評を博した大場つぐみ・小畑健コンビによる大ヒット・マンガを「モテキ」の大根仁監督で実写映画化した熱血青春ストーリー。少年ジャンプの頂点を目指して漫画家コンビを結成した2人の高校生が、ジャンプ編集部の厳しい指導や天才ライバルたちとの切磋琢磨と熱き友情を通じて成長していく青春群像を、少年マンガ雑誌の赤裸々な内幕とともに描き出す。主演は「るろうに剣心」の佐藤健と「桐島、部活やめるってよ」の神木隆之介。共演に染谷将太、小松菜奈、山田孝之、リリー・フランキー。
 かつて週刊少年ジャンプに連載していた今は亡き叔父で漫画家の川口たろうを尊敬し、一時は自身も漫画家を目指していたが、今は夢も持たず漫然と日々を過ごしていた高校生の真城最高。ある日、ひょんなことからその高い画力に目をつけられ、秀才のクラスメイト高木秋人に“俺と組んで漫画家になろう”と誘われる。最初は渋っていた最高だったが、声優を目指す片想いのクラスメイト亜豆美保と“お互いの夢が叶ったら結婚する”という約束を交わすことに成功し、漫画家の道へ進むことを決意する。こうして秋人が原作、最高が作画を担当して漫画家コンビを結成した2人は、日本一売れている漫画雑誌・週刊少年ジャンプの連載目指して悪戦苦闘の日々へと身を投じていくのだったが…。
<allcinema>
【関連作品】
バクマン。(2010)1期
バクマン。2(2011)2期
バクマン。 第3シリーズ(2012)TV第3シリーズ
バクマン。(2015)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
217 8.50
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:HABBY投稿日:2017-01-11 23:18:00
【ネタバレ注意】

高校生漫画家の活躍とその裏にある血と汗が滲む努力を描いた一作。ある年代の、特に男にとって少年ジャンプ(全盛時の売り上げは600万部超というお化け雑誌)という存在はとてつもなく大きなものがあるだろう。本作はそんな漫画雑誌にエールを送る作品でもある。才能ある漫画家を発掘、広報する役目を担うポータルサイトとして、漫画・アニメ大国日本を牽引すべく今後とも少年少女に夢を売り続けてもらいたいものだ。

小松菜奈演じる女子高生の亜豆美保が二次元でも三次元でも可愛かった。どちらのほうにより感情移入できるかで自分が二次元体質なのか三次元体質なのか区別できると思う。自分は、三次元のほうが良かった(笑)。最近名前を覚えた女優さんだが、今後の活躍を祈念しよう。

サカナクションの音楽、工夫を凝らした漫画チックなエンドロールも二重丸。

投稿者:あーぼう投稿日:2016-12-13 15:02:56
ストーリーは単純明快でコンパクト。音楽と映像の掛け合いだけで魅せていると言っていい。VSハート(北斗の拳)は笑えた。
投稿者:黒美君彦投稿日:2016-10-21 10:45:40
【ネタバレ注意】

公開時に見逃し、評判だけは耳にしていたんだけど、噂に違わぬ面白さ、でした。原作は未読。
もうこれは漫画というツールを使ったスポ根バトル(そんなジャンルあるんか?)。
佐藤健、神木隆之介の主人公2人に加えて、ライバルキャラの染谷将太、脇役編集者の山田孝之、編集長のリリー・フランキー、漫画家だった叔父さんの宮藤官九郎、それぞれがフレームアップしているけれどリアリティのある役柄を巧演。
映画では表現しにくい執筆風景は、サカナクションの劇伴が巧みに空気感を醸しだす。
亜豆美保役の小松菜奈は、よく観るとビミョーなんだけれど、カメラ次第でこんなに美しく撮れるという見本みたいな映像。病室で、窓の外の緑を背景にした画なんて、本当に美しい。
佐藤健も、少し狂気を孕んだ眼が印象的。神木隆之介は「インテリ感が乏しい」という評もあるみたいだけど、『この世は金と知恵』のアイディアを思いつくシーンの表現は巧い。プロジェクションマッピングや大胆なCG多用が、動きの少ない漫画家の世界を見事に描き出していた。

「ずっと待ってるなんて無理」「先に行ってるね」…夢の声優業に踏み出した亜豆美保を心の支えに、病をおして少年ジャンプの連載を続けようとする真城最高(佐藤健)。いやあ、高校生で単行本出せるなんてスゴいぞ、やっぱり。
天才は苦労を苦労と思わない、いってみれば「変人」だから成立する。でも才能だけではプロにはなれない。
そんなどんな世界でも通じることなのだろう。
結局どこまでとことん好きになり、そこに嵌まり込むのか、ということなんだけど、才能がないヤツがそこに嵌まると泥沼、でもある。
それにしても完成度の高い作品だと思う。ま、私個人は全く少年コミックにはハマらなかった人間なんだけど(手塚や吉田秋生は好きだけど)。

投稿者:ちゃぷりん投稿日:2016-08-07 06:25:53
【ネタバレ注意】

ジャンプは20年以上前に卒業したけど、懐かしい。ウィキったら原作の最後とはかなり違ってて、週刊連載の苦闘を「高校時代の思い出」にしたのが残念。二人とも全然枯れてないんだから、エイジとの2回戦の始まりを観たかった。

投稿者:dadada投稿日:2016-05-02 09:21:30
地方のテーマパークのキャラクターみたいだった主演コンビの漫画が、憧れのヒロイン登場で垢抜けていく感じとか、良く出来ている。
作り込まれたオタクっぷりに感心しつつ、弾けた全編の雰囲気に引っ張られて、一気の2時間。アぁ〜面白かった。
大根監督って、リア充なオタクなんだろな。
投稿者:Katsumi_Egi投稿日:2015-10-25 00:06:50
 この映画もストーリを楽しむというよりは、画面を楽しむ映画だ。最初の学校の場面では、ちょっとカットを割り過ぎかとも思ったが、スピーディな展開に合っており、だんだん気にならなくなった。神木隆之介の眼鏡への漫画の映り込みや部屋の壁へのプロジェクションマッピングの活用など、凝ったコンピュータ処理の画面が見どころだが、何と云っても佐藤健+神木コンビと染谷将太がペンで闘うイメージシーンはちょっと凄い造型だ。
 脇役陣含めて役者はそろってみんないい。中でも佐藤の回想で出てくる宮藤官九郎とヒロイン亜豆(あずき)役の小松菜奈が良い出来だ。彼女の望遠カット、その背景のボケ具合にグッと来る。
 本作でも、屋内シーンで、いきなり窓外に置いたカメラから撮ったカットが印象的に使われる。一つは仕事場に、桐谷健太、新井浩文、皆川猿時、山田孝之が集まって宴会をするシーン(「北斗の拳」の真似をする)。もう一つは、病室の佐藤健。こういう手間のかかったカットが効果を発揮すると嬉しくなる。
 あと、ペンの音(ペン先が用紙を擦る音)の効果音にもかなり敏感な映画で、音響も丁寧に作られている。丁寧ということでは、エンドクレジットのアナログ(?)的な凝りようにも感動する。
http://www.page.sannet.ne.jp/egi/
投稿者:SECOND_STAGE_LENSMEN投稿日:2015-10-06 23:42:43
カッコ良くて面白い。いくらなんでも面白すぎる。
友情・努力・勝利に留まらない青春映画の決定版!

http://movieandtv.blog85.fc2.com/blog-entry-558.html
投稿者:ASH投稿日:2015-10-03 17:35:41
【ネタバレ注意】

 実際、俺は「ジャンプ」よりも「サンデー」派だったというヘタレゆえ、この映画のストーリーそのものが「友情・努力・勝利」を謳うジャンプイズムを体現しているもんだから、2人の熱き闘志のほとばしりが鬱陶しくってしょうがないという、実に的外れな感想を持ったわけだが、大根監督らしい遊び心に溢れたポップな映像は観ていて愉しい。

【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 助演男優賞染谷将太 
 □ 監督賞大根仁 
 ■ 音楽賞サカナクション 
 □ 美術賞都築雄二 
 □ 録音賞渡辺真司 
 ■ 編集賞大関泰幸 
 ■ 話題賞(作品) 
■ 作品賞 
 ■ ベスト10 第1位
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】バクマン。 Blu-ray 豪華版2016/04/20\7,800amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】バクマン。 Blu-ray 通常版2016/04/20\4,800amazon.co.jpへ
 【DVD】バクマン。 DVD 豪華版2016/04/20\6,800amazon.co.jpへ
 【DVD】バクマン。 DVD 通常版2016/04/20\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【Blu-ray】バクマン。レンタル有り
 【DVD】バクマン。レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION