allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札(2014)

GRACE OF MONACO

メディア映画
上映時間103分
製作国フランス/アメリカ/ベルギー/イタリア
公開情報劇場公開(ギャガ)
初公開年月2014/10/18
ジャンルドラマ/伝記
映倫G
世界を動かした、一世一代の<大芝居>。
グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札 [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,160
価格:¥ 1,529
amazon.co.jpへ

 Photos
グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札

【解説】
 ニコール・キッドマンがハリウッド・スターからモナコ公妃となった伝説の美女グレース・ケリーを演じる伝記ドラマ。モナコ公妃としての生活に馴染めず苦悩を深めるグレース・ケリーの心の葛藤と、夫レーニエ公とフランス大統領シャルル・ド・ゴールとの政治的対立をめぐる国家の危機に際し、彼女がいかなる選択をしたか、その知られざる秘話を描く。共演はティム・ロス、パス・ベガ、フランク・ランジェラ。監督は「エディット・ピアフ〜愛の讃歌〜」のオリヴィエ・ダアン。
 1956年、人気絶頂の中、26歳という若さで突然ハリウッドから引退し、モナコ大公レーニエ3世の妻、モナコ公妃となる道を選んだグレース・ケリー。その“世紀の結婚”から6年、彼女はいまだに宮中のしきたりに馴染めず、孤立感を募らせる息苦しい毎日を送っていた。そんな時、ヒッチコック監督から次回作「マーニー」のヒロイン役を直々にオファーされ、心ゆれるグレース。ところが折しも、モナコが国家存亡の危機に直面してしまう。フランスのド・ゴール大統領がモナコに過酷な課税を強要し、一触即発の緊張状態に陥ってしまったのだ。大国フランスを相手にやがて万策尽きるレーニエ。そんな夫を支え、愛する家族と国家を守るため、グレースはある覚悟を胸に行動を開始する。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:hayate9投稿日:2015-11-21 18:53:12
ひたすら美しい〜。
投稿者:bond投稿日:2015-11-09 21:20:21
大公妃殿下として、緩い贅沢生活してたんじゃなかったのね。美貌の裏のガッツに乾杯。
投稿者:kuro投稿日:2014-11-03 16:54:37
【ネタバレ注意】

ニコール・キッドマンは、演じる相手であるグレース・ケリーとはイメージが違うと感じていましたが、映画のなかでは聡明で決断力がある女性を演じていてハマり役でした。
意外な人物がスパイであったことでミステリー的な面白さもありましたが、どちらかと言うと、頼りない旦那に代わって国家の危機を救うヒロインを描いた女性ウケする映画でした。
ヒッチコックの泥棒成金を観たことがない人は、鑑賞してから、この映画を観ることをお勧めします。
なかなか面白かったです。

投稿者:オミちゃん投稿日:2014-11-02 16:05:39
 冒頭、椅子から立ち上がって歩き出す後ろ姿を見たとき、私は、「あっ、グレースだ!」と心の中で叫びました。グレース・ケリーが帰ってきた。後ろ姿満点。
 なにしろ「真昼の決闘」から「上流社会」まで、リアルタイムで全部見てきました。彼女が眠っているモナコの大聖堂にもお参りに行きました。その私が言うのだから、間違いありません。私がスクリーンで知っているグレース、少年の日に憧れたグレース、心に焼き付いているグレースのイメージそのままです。
投稿者:ローランド投稿日:2014-10-27 11:09:11
  ファンと言えるほど数多く映画は観ていないのだけど、それでもヒッチコック作品「マーニー」のヒロインに関してこんなことがあったのかとか、ドゴール暗殺未遂事件に「ジャッカルの日」を思い浮かべたりして、それもあってか古典芸能並みの粗っぽい脚本もさして気にはならず、華麗な衣装を身につけた姿かたちの良いニコール・キッドマンの綺麗ないでたちと演技力を楽しんできましたが、赤いドレスの時には口紅の赤を濃くするとか、本人のセンスか担当スタッフの手柄かはしらないけど美的に視覚を満足させてくれるだけのものがありまして、それが作品全体の印象を良くしていました。  

  純白の典雅な衣装にリボンを結びネックレスとブレスレットを着けてと、大舞台に臨む公妃としての正装を整えるシーンが品良く楽しくて、こういうところをもっと見たかったし、ヨーロッパ王室の物語なら当然あるものと思っていた舞踏のシーンがなかったり、国の運命を左右する公妃のスピーチもいまひとつだったしと、期待はずれのところもありましたが、着せ替え人形のような見かけの役割だけでも勤めを果たしたはずのキッドマンながら、窮地に毅然として立ち向かう演技もなかなか良くて、それがこの作品の価値でありみどころということでしょうか。  

  印象的だったのは、マリア・カラスがプッチーニのアリアを歌うが、歌い終わって余韻が完全に消えるまで場内はシーンとしていて、やがていっせいに熱い拍手が沸き起こる。こういうのは気持ちいいですね。 義務感を伴ったようなタイミングのずれた拍手や、終了するのを待っていたかのようにアンコールの拍手だけが盛大になるのが滑稽と常日頃から思っていたもんで。
投稿者:リEガン投稿日:2014-10-23 11:44:20
事実とはやや乖離した物語を本人とは似ていない人たちが演じる不思議な映画。ニコール・キッドマンはニコール・キッドマンにしか見えない。「上流社会」のフランク・シナトラだけは似ていた。だから完全なフィクションだと考えた方が楽しめるに違いない。それにしても、公妃となったクール・ビューティーとセクシーで野性味たっぷりの007の共演が実現していれば、ヒッチコックの演出ももっと冴え渡っただろう。観たかったな。
投稿者:ASH投稿日:2014-10-18 16:12:09
【ネタバレ注意】

 もちろん、グレース・ケリーのファーストネームがタイトルなのは分かるが、ここでは「Grace」のもうひとつの意味がかけてあるんだな。あの優雅さ、気品さ、ニコールでなければ出せない! 企画の勝利の映画だわな。

【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ パルム・ドールオリヴィエ・ダアン 
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION