allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

シェフ 三ツ星フードトラック始めました(2014)

CHEF

メディア映画
上映時間115分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)
初公開年月2015/02/28
ジャンルドラマ/コメディ/料理・グルメ
映倫PG12
シェフ 三ツ星フードトラック始めました/ザ・エージェント [Blu-ray]
参考価格:¥ 3,065
価格:¥ 2,759
USED価格:¥ 6,175
amazon.co.jpへ

 Photos

【解説】
 「アイアンマン」のジョン・ファヴローが製作・脚本・監督・主演で贈るハートウォーミング・コメディ。オーナーや評論家と衝突してレストランをクビになったシェフの主人公が、フードトラックの移動販売を始めることで自らの誇りと家族との絆を取り戻していく姿を描く。相棒役のジョン・レグイザモ、別れた妻役のソフィア・ベルガラのほか、スカーレット・ヨハンソン、ダスティン・ホフマン、ロバート・ダウニー・Jrらが豪華に共演。
 ロサンジェルスの一流レストランで総料理長を務めるカール・キャスパー。人気料理評論家の来店に革新的な新メニューで挑もうとするも、オーナーに却下された挙げ句、評論家にも酷評され、ついに怒り爆発。その一部始終がSNSで拡散してしまい、店をクビになったばかりか新たな働き口もなくなってしまう。傷心のまま故郷のマイアミに戻ったカールは、前妻や旧友マーティン、息子のパーシーたちの助けを借り、キューバ料理の移動販売を始めることに。こうして、改装したオンボロ・フードトラックに乗り、パーシー、マーティンと3人で、移動販売をしながらロサンジェルス目指して大陸を横断していくカールだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:めるしぼく投稿日:2017-07-16 15:11:12
【ネタバレ注意】

この主役の人誰か知らないけど、いい味出しててスカーレットヨハンソント、ラテン系美人元妻に挟まれ、ダスティン ホフマン、ロバート ダウニー Jrと、 脇もしっかり。子役もアシスタントシェフたち、ミュージックのセンスもナイス! 重くないが、ハッピーエンドすぎて最後ちょとつまんなくなった。

投稿者:wicked投稿日:2016-10-21 10:37:31
何の気無しにテレビでやっているのを見て、ああキレイ(事)系のアメリカンドリームムービーかーと思いましたが、SNSのプロコンを上手に使っていたり、批評家にSNSでの批判が実在の人間の感情をどれだけ傷つけてるか、ということを何度も繰り返すあたり(監督として、嫌という程味わったんでしょうね苦笑)、結構良かったですね。
私事ですがダイエット中に見たので、バター塗るシーンとか本当辛かったです(泣)が、残り物の肉じゃがと、ナスピーマンの炒め煮を食べながら見たのですが、全く違うジャンルの料理なのに(そして劇中に出てくるタイプのサンドイッチ大好物なのに)、なぜかソウルフードって美味しいなぁってしみじみ思いましたね。やっぱり昔から食べてる、DNAに刻まれたものなのでしょうか。
役者揃いでみんな良かったけど、ジョン・レグイザモが自然すぎて暖かくなりました〜。本当にこういう良い兄ちゃんで、ジョン・ファヴローと実際こんな感じで仲良さそう、ってくらいはまり役。カメオ陣ではロバートダウニーJrがダントツでした。ああいう人、いそう!
投稿者:リベルタド!!投稿日:2016-05-13 14:01:53
【ネタバレ注意】

「ルディ 涙のウィニングラン」に脇役で出てたジョン・ファブロー。最近は、俳優よりも監督として活躍してすっかりヒットメイカーに。「アイアンマン」をメガヒットさせた見返りに、好きな映画撮っちゃった感じなのかな。マーベルからダウニーJr.とスカヨハが友情出演!?これはずるい!
相変わらずノリの良いジョン・レグイザモ!いくつになってもナイスな“舎弟”キャラ。父子の絆を描いたロードムービーに良いスパイスになっていた!
ストーリーはベタベタかもしれないけど、美味しそうな料理を、目で堪能でき、幸せな気分になれた。ごちそうさまでした!

投稿者:ちゃぷりん投稿日:2016-02-01 06:44:32
脚本も演出もフードトラック起動までは平板。画面に出て来る食べ物がみんな美味しそう。ジブリでアニメ化希望。
投稿者:あーぼう投稿日:2016-01-11 08:30:56
フードトラックを始めてからは軽快なロードムービーとなるが、旅のエピソードが平和すぎて盛り上がりに欠ける。何も考えたくない時にはよい映画かも。後半、ヨハンソンが出てこない。
投稿者:HABBY投稿日:2015-12-23 14:00:41
『アイアンマン』を無機的な人工物(ダイヤモンド)とするなら、本作はスポンテニアスでオーガニックな自然(トリュフないしキャビア)、かな。

ソフィア・ベルガラ、スカーレット・ヨハンソンという絶世の美女を周囲に侍らし、ダスティンホフマン、ダウニーJr.という両ビッグスターと対等にやり合う敏腕コックを演じるジョン・ファヴローの役得。気分転換の意味合いもあるのでしょう。

ツイッターやヨウツベを使った炎上商法、あれ肝っ玉が据わってないと無事貫徹できないんだよねえ(苦笑い)。

食材の映像、流石に美味しそうなものばかり。御馳走様でした。

投稿者:ローランド投稿日:2015-12-23 10:29:49
  弟子や仲間たちに慕われる腕の良い料理人が権威主義に逆らってオーナーと対立しクビになり、ではと可愛い息子とオンボロのフードトラックを磨き上げての商売が息子の機転もあって順調に・・・ と、日本の業界が勇んでリメイクしそうなほど分かりやすく愉快な作品になりそうな粗筋ゆえに、分かりやすくし過ぎたか、用事から戻ってきたら行列が出来ていて何かと思ったら自分の店の客だったとか、意地悪をしそうな取締りの役人が一緒の写真を望んだりとの盛り上がるはずのところも何やらこそばゆい気持ちがするばかりです。   脚本のせいか演出のせいか、それとも他に原因があるのかその辺りは素人には判断できないのだけれど、面白い映画を作るってそれだけ難しいってことなんでしょうね。  

  月に一度くらいは映画館の暗闇空間に身を置きたいのに、宣伝費が制作費を上回っているのではないかとさえ思わせるあの狡饗膾遒豊瓩防鬱ど佞い燭、それとも協力をして押入れに隠してあるのか他の洋画がひっそりとしている。 レンタルが安価で普及していて良かったわい。
投稿者:maku13投稿日:2015-11-19 16:29:11
【ネタバレ注意】

後半トントン拍子すぎる感もありましたが、それぞれのキャラも良く、最後まで楽しめました。元奥さん、見た目がかなりビッチなので悪女かと思いきや、素敵な方でしたねー^ ^
息子と父親のやりとりが良かったです。

投稿者:Normandie投稿日:2015-11-04 23:36:46
ハートウォーミングしたかったのか?
うまいペペロンチーノはあんだけオリーブオイルとニンニク使うのか!
みな高カロリーだけど、お料理は素敵だった。
投稿者:hayate9投稿日:2015-11-04 20:12:22
【ネタバレ注意】

私も↓の情報を持ちつつ鑑賞。恋人役や奥さん役が綺麗な女優さんを起用できるのも納得。豪華な役者陣を脇役に配することができるのも納得。

美味しい料理をみながら(バンで出す料理の方が美味しそう)ノリのいいラテン音楽を聴いて、楽しい気持ちで観終わりました。

投稿者:dadada投稿日:2015-11-04 09:33:17
私の事前手持ち情報は、「アイアンマン」の監督がシリーズ3作目のオファーを蹴って、製作・監督・脚本・主演したのが、この映画だということ。
これで構えて観たのが、少々イケなかったかな。
すんごく優しい映画だったけど、優し過ぎた感がやや物足りなさにはなった。心穏やかに観直したなら、きっともっと楽しめそうな映画ではあります。
投稿者:uptail投稿日:2015-07-06 12:14:40
演出:7
演技:7
脚本:7
音響:7
投稿者:mototencho投稿日:2015-03-12 20:44:03
Twitterをフードムービーに溶け込ませた成功例。“今の映画”を観ている満腹感がある。http://mototencho.web.fc2.com/2015/chef.html
投稿者:ASH投稿日:2015-03-02 23:56:39
【ネタバレ注意】

 俺は仕事帰りに映画を観る時は、コンビニでサンドイッチやおにぎりを買ってロビーでパクついてから鑑賞に臨むんだが(シネコンのコンセッションで売ってるホットドックは高ぇからな)、空腹を満たした状態でも、劇中に出てくる食べ物がどれも美味そうなんで参るわ。腹減った状態で観るとキッツいぞ。映画観ていて腹が減るなんて、眠くなるよりも辛いんじゃね。

 ってなわけで、ジョン・ファブロー監督・主演作!! 「アイアンマン」2部作での成功で自由な製作環境を得られたからなのか、低予算映画ながらもオッサン、遂に主演だよ!! でも、これが実に味わい深い良作なんだわ。中年の危機を迎えた主人公が、ひょんなことからフードトラックを始めたことで人生の輝きを取り戻してゆく。まあ、多少の都合のいい部分もあるんだけど、劇中に流れるキューバン・サウンドのようにゴキゲンな気分に浸れる逸品なのだ。どうも俺は、セカンド・チャンスのお話には弱いんだわ。

 腕はいいんだけど、プライドも高い料理長のカール。彼は作りたいものが作れずにオーナーと喧嘩してレストランを辞め、さらに料理を酷評したブロガーとトラブルを起こしてどん底へ落ちる。失意の彼は元妻の勧めで渋々、フードトラックを始めるわけだが、そこで出されるのはどちらかと言えばB級グルメのキューバン・サンドイッチ。と、なにやら主演を務めたファブローと主人公の境遇が重なる。素材吟味の料理が「カウボーイ&エイリアン」、サンドイッチがこの映画、と。

【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ コメディ映画男優賞ジョン・ファヴロー 
【レンタル】
 【DVD】シェフ 三ツ星フードトラック始めましたレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION