allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

マッドマックス 怒りのデス・ロード(2015)

MAD MAX: FURY ROAD

メディア映画
上映時間120分
製作国オーストラリア
公開情報劇場公開(ワーナー)
初公開年月2015/06/20
ジャンルアクション/SF
映倫R15+
お前のMADが目を覚ます
マッドマックス <ハイオク>コレクション(初回限定生産/8枚組) [Blu-ray]
参考価格:¥ 10,789
価格:¥ 5,934
USED価格:¥ 16,096
amazon.co.jpへ

 Photos

【解説】
 これまでにメル・ギブソン主演で3本が製作された傑作アクション・シリーズの30年ぶりとなる第4弾。ジョージ・ミラー監督が2代目マックスにトム・ハーディを迎え、満を持して贈るハイテンション・バトル・アクション大作。資源も水も尽きかけ荒廃した未来を舞台に、独裁者ジョー率いる殺戮暴走軍団と、マックスが助太刀する反逆の女戦士フュリオサのノンストップ・チェイスが、3Dによるアドレナリン全開のド迫力アクション&バイオレンスで描かれていく。共演はシャーリーズ・セロン、ヒュー・キース=バーン、ニコラス・ホルト、ロージー・ハンティントン=ホワイトリー。
 石油も水も尽きかけ荒廃した世界。愛する家族を守れなかったトラウマを抱え、本能だけで生き長らえている元警官、マックス。ある日、資源を独占し、一帯を支配する独裁者イモータン・ジョー率いるカルト的戦闘軍団に捕まり、彼らの“輸血袋”として利用される。そんな中、ジョーの右腕だった女戦士フュリオサが反旗を翻し、ジョーに囚われていた5人の妻を助け出すと、彼女たちを引き連れ逃亡を企てたのだった。裏切りに怒り狂うジョーは、大量の車両と武器を従え、容赦ない追跡を開始する。いまだ囚われの身のマックスもまた、この狂気の追跡劇に否応なく巻き込まれていくのだったが…。
<allcinema>
【関連作品】
マッドマックス 怒りのデス・ロード(2015)シリーズ第4作
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
28 4.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:きらきら投稿日:2016-09-30 19:11:43
すんごいたくさんのお金をかけて作ったのはわかる作品です。
が、その割に作品そのものは何を感じさせたいのか、よくわからなくなっています。

冒頭30分のカーチェイスでも、ちょこちょこカットを切ってテンポをよくしているつもりなのでしょうが、
緩急のつけ方がへたで、一本調子になっています。

第一主人公のマックスが冒頭30分間ほとんど何もしていない(笑)
カーチェイス中でも車体にくくりつけられているだけで、
しかもそのカーチェイスがCGと合成のオンパレードなので、ちっともハラハラしません。

車がカーチェイスのわりにはまっすぐ走ってるだけなのも興ざめです。
(『激突』や『ザ・ドライバー』の車って、もっとエロティックに走ってましたよね)
しかもハンドルを作品中、象徴的に扱ってたはず。
ハンドルって曲がるためのものなのに、スルーですか?(笑)
車の映画にもなれず、男の映画にもなれず、女の映画にもなれず、暴力の映画にもなれず、
あれもこれもつめこみ、全部中途半端になってしまった感じでしょうか。

唯一際立っていたのが、ヒロインのシャーリーズ・セロン。
背が高く、肩幅の広い彼女の後ろ姿は砂漠に合ってましたね。
いっそのこと彼女がマックスの役をやるべきだったのでは?
そんなことを思いました。
投稿者:こじか投稿日:2016-09-05 22:48:24
【ネタバレ注意】

世界的好評価にるんるんで鑑賞。が、正直あまりワクワクドキドキ他興奮できず。とても残念。

投稿者:いまそのとき投稿日:2016-09-01 10:52:55
いいねぇ。CGじゃなくてね、実写にこだわり続けるジョージ・ミラー率いるチームの技量。しかしまぁここまでやるかのサーカス軍団。ただただこのスピード感。CGやアニメには絶対ない独自のグラフィック。女性でこの作品好きな人がいたなら大歓迎するが、しかしこれはまさに男たち・・親父たちがマニアックに突き進む。いいぞいいぞぉ・・。アフリカ、ナミビアでドカンドカンとエネルギーの大量消費。荒涼たる近未来。これでいいのだ・・さすがの初老の親父も後輩に譲りたいとつぶやく。お疲れ様・・さぁて、最終作になるのか。
投稿者:nedved投稿日:2016-08-26 20:04:10
シャーリーズ・セロン
投稿者:HABBY投稿日:2016-08-15 22:27:57
【ネタバレ注意】

イスラム国みたいだな(苦笑)。現実世界の狂気がようやく本作の世界観に追いつきつつあるということか。

丸刈りの女性兵士、まるでシャーリーズ・セロンみたいな美しい頭骨だと思ってキャスト欄を見たら実際にシャーリーズだったでござる。

メル・ギブソンから若手のトム・ハーディにバトンタッチ。『マッドマックス』を『マッドマックス』足らしめていた強烈な個性が消え、無味無臭でニュートラルな方向に近づくのは不可避じゃないの?(トム自身の演技力にはなんの不満もないけど)。てか、そこまでしてシリーズを継続させる意味があるのかちと疑問(このシリーズを初期から追いかけている熱心なファンには申し訳ない)。

投稿者:イエガー投稿日:2016-07-29 23:39:40
が目立っちゃてるよ(笑)、マックスどうした?インターセプターどうした?70代の監督だと思えないハードカーアクションだね!メル・ギブソンじゃ無理だよね、こんなの(笑)。この世界観は大好きです!
でも、キネマ旬報年間1位はないよな・・!(笑)、映画秘宝は分かるが(笑)・・!70年代〜80年代のB級映画がリメイクされる理由もそんなとこにあるんだろうね。時代が変わったということだね。
投稿者:レッド・キング投稿日:2016-06-10 13:45:39
マッド・マックス1、2、3をダイレクトに見た者です。
70過ぎのじじい監督が作ったとは思えない程、素晴らしいアクション映画でした。屁理屈言ってる邦画には無理だね!到底かなわない。
私としては、「3サンダードーム」のリメイク(リビュート?)と思ってます。「3」は個人的に消化不良でしたから・・・。
フュリオサも強さが湧き出て良かったです(次回主役は勘弁してほしいけど)。
惜しむべきは、私の時間の関係でIMAXシアターで見れなかった事!IMAXで見たら迫力倍増したと思いますね。


投稿者:nightwing投稿日:2016-02-18 19:11:48
マッドマックス2の世界観をそのままに
より一層のヴァイオレンスさと意外なほどのドラマティックさ
を盛り込んだオールドファンならずともしっかり楽しめる
SFアクションの復帰作ですな。
トム・ハーディのキャスティングは難あれど、もう何でもこなしてしまう
シャーリーズ・セロンの美しすぎる瞳で全部チャラ。
これも続編作って欲しいなぁ・・・
投稿者:たのきゅう投稿日:2016-02-07 13:17:12
70歳の監督が魅せてくれた映画に対する情熱に感服しました。90年代前後に活躍したジョン・マクティアナン、レニー・ハーリン、ポール・ヴァーホーベンも、もう一花咲かせて欲しいものです。
投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2016-02-07 08:21:09
【ネタバレ注意】

そして、そこかしこに廃墟。無法地帯と化し、略奪、殺戮の限りを尽くす悪人…
まぁ定番ですけど。

行って帰るだけやんけ(そのままいてるのと同じ)…って言ってる人がいましたが、結局、行動を起こすって事が結果に拘わらず大事なのではないかと。

まぁ苦労して「行って」〜失望の末、苦労して「帰ってくる」…それが、半端ない危険なミッションであり、ハラハラさせるアクションシーンとなっているって寸法です。
シャーリーズも死に掛かってますし…

マックスについては「自由を奪われて」〜「取り戻す」…インターセプターはオシャカかもですが。

投稿者:黒美君彦投稿日:2016-01-25 11:31:35
【ネタバレ注意】

ご無沙汰しました…とばかりに、長らくマッドマックスの世界から離れていたジョージ・ミラー監督がやってくれました。
正直苦手なジャンルなんだけれど、これでもかっ、というほどのアクションは四の五のいう必要なし。そのしつこさにただただ頭が下がります。ここまで来てしまうとこの手の作品は何をやっても二番煎じ扱いされるのではないかというのは余計なおせっかい、なんだろうけど。
シャーリーズ・セロンもいいですね。
ウォー・ボーイズは正直「山海塾」っぽいですが(笑)。
他にもいろんな読み解き方ができそうですが、とりあえずこれは勢いに身を任せるのが好ましい見方のように思います。

投稿者:kopi投稿日:2016-01-23 15:54:35
【ネタバレ注意】

愛車を敵方に奪われ、戦闘中にもかかわらず運転にしている敵に「俺の車だぞ」と言ったすぐに大破・・・1作目から観ている年代としては小さく「あ!」と声が出てしまいました(笑)。
年をとっていろいろ物事を知ったような気になっていると楽しめません。
昔のようにはらはらドキドキを楽しめればOK!
おっさんが無意識にしろ総じて女優に甘いのは永久不変の理だね。

投稿者:ET投稿日:2016-01-23 13:44:29
初期のマッドマックスをリアルに鑑賞した世代の方々の目に、この作品はどのように映っただろうか。
まず、最も残念なのは、インターセプターがまるで主役ではないこと。
本来、主人公の片腕的な愛車、インターセプターの格好よさも魅力であるはずなのだが、この作品では、冒頭のシーン以外では主人公が全く乗れておらず、出番らしい出番がない。
こういうところは、もう、初期の作品の心が完全に無くなってしまっているように感じる。
そして、主役のトム・ハーディ。
その風貌、メル・ギブソンに似ている、似させようとしている点に、あさましさを感じる。
当然ながら、このシリーズは、メル・ギブソンの圧倒的な魅力なくして語れないわけで、本人が演じられるわけがない以上、こういう配役、見せ方になってしまうわけだが、そうしたところが、そういう見せ方が物悲しい。
展開、演出など、ド迫力でジェットコースターなのだが、逆に言えば、ただそれだけの作品である。
娯楽、ただただ娯楽、感傷的なシーンなのに、全く感情移入することなく感動が湧かないというのも、そういう作品だから。
たくさんお金をかけて、てんこ盛りにして、そのくせ、アイデアは稚拙の域を出ず、さぞ、若い世代には受けただろうが、マッドマックスの初期を知る世代からすれば、まるでシラケる、冷める作品である。
第1作目は、本当に残酷で悲しい物語なのだ。
その、1作目での出来事を契機にマックスの人間性は変わるわけだが、そうしたところが脈々と受け継がれるところは微塵もなく、売れた作品のタイトルと派手派手のアクションで興行的に作られていくのは、ただただ残念、悲しい限りである。
唯一、観られて良かったと思うのは、シャーリーズ・セロン。
女優魂の塊のような彼女が、この作品でも体を張った熱い演技をしている、それだけは素晴らしく思われた。
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2016-01-03 18:12:13
前の3部作も観た(2が一番好き)けど、そんなに思い入れが無いからこそ楽しめたのかも。
投稿者:FFF投稿日:2015-12-29 20:22:42
結局IMAXで観たMAD MAXが今年はぶっちぎりでしたね。セロン様。
投稿者:bond投稿日:2015-12-28 00:13:25
ノリは原点回帰で荒れ地を突っ走るアクション。CG効果もあって、見応えあるけど、新鮮さは無い。シャリーズ セロンの職人的女優根性に乾杯。
投稿者:namurisu投稿日:2015-11-17 14:18:28
都合のいいモンだけがフル装備パターン。30年経っても脳が成長しないアーパーデスメタルスタッフどもに美樹は4回昇天。CGレースとクイック格闘に俺は糞ザリ。
投稿者:nabeさん投稿日:2015-10-18 23:32:07
新たな世界観を生み出したシリーズ第4作である。
「マッドマックス」といえばメル・ギブソン主演の三部作が有名だが、前作からすでに30年が過ぎた時点でジョージ・ミラー監督自らが演出した「マッドマックス」は、まったく新しい世界観に基づいた傑作となって甦った。
2代目マックス役のトム・ハーディもなかなかカッコイイが、なんといっても本作の最大の見せ場は、ヒロインのシャーリーズ・セロンの魅力につきるだろう。もっとも役柄は片腕のトレーラーの運転手であり、彼女のウリであるセクシーな容姿を直接魅せる場面はないが、その圧倒的な存在感と表情は限りなくクールでセクシーだ!
ストーリーは、ただひたすら砂漠の中を突っ走るだけの単純明快なものだが、そのスピード感が半端ではなく、まさにマッドマックスらしく迫力満点である。敵方のキャラクターも個性的で、今後のシリーズ化が楽しみである。
投稿者:ロッテンクロッチ投稿日:2015-09-03 22:04:51
メカニックやコスチュームは良いが、カーアクションがCGバキバキじゃ魅力半減。
投稿者:リEガン投稿日:2015-08-26 12:37:34
茫然自失となった「サンダードーム」を一気に吹き飛ばして、荒々しく猛々しいスピードで全編を駆け抜けるカー『マッド』アクション。シャーリーズ・セロンが圧倒的な印象を残す。トム・ハーディも悪くないのだが、ウォー・タンクを操る隻腕のアテナの前では脇役でしかない。だからか「マッドマックス2」をまた観たくなった。
投稿者:dadada投稿日:2015-08-05 23:04:51
メル・ギブソンの三部作は、リアルタイムで熱くなったクチです。
かといって、あの続編を待っていた訳でも何でもありませんでしたが、ミラーさん自らの手で新作を作られたとのことで劇場へ。新しい方の「犬神家の一族」みたいなユル〜い老人映画になってないかと心配しながら劇場へ。
ところが、ところが、ぶっ飛んだなぁ〜。
ミラーさん、作りたかったんだねぇ、このシリーズの新作を。
そんな作り手のシリーズに対する愛情があふれかえり、とてつもない熱量の映画。
ミラーさん、こんなに頑張っちゃって、しばらくはくれぐれもご無理などなさらないで、ご自愛ください。
投稿者:リベルタド!!投稿日:2015-07-20 20:46:01
【ネタバレ注意】

「サンダードーム」から30年たっての続編。その間にいろんな“パクりもん” やら“亜流もん”が量産され、いわゆる“世紀末アクション”なるジャンルができるくらい溢れてた。
でもやっぱり「マッドマックス」はオリジンでありカルト!この30年間でファンの心の中では、より深くより進化をとげ神格化されちゃってたと思う。
だから続編に対しては懐疑的になるし、メルギブが出てないことを受け入れられないと思ってた。
ところがどっこい!そんな不安なんか“のっけ”の追いかけっこで吹き飛んだ!!!
ファンの期待を忠実に描ききったということか。マジでカッコいいシーンの連続でテンション上がりっぱなし!
「クリスタルスカル」の時は“インディ” ってこんなに面白くなかったっけ?と思ったものだが、今回は違う。
正直、行って帰ってくるだけのストーリー。終始カーチェイス。世界が崩壊したこと以外は細かな説明なしで、いきなり暴走始めるトンでも映画!
だけど、モーレツにオモシロイ映画だった!

投稿者:ろーかるひーろー投稿日:2015-07-18 15:34:10
いやー凄まじかった。
ブっ飛んでるという感想が多くその通りなのだけどそれ以上に脚本がよく練られている。自爆戦闘死の仲間を称えたり「英雄の館に魂が」とかの狂信的なノリや奴隷妻などはISを始めとしたイスラム過激派を暗喩しているのは明白。ニュークスや婆さんライダーを始めどのキャラも立ちまくりでまさか後半何度も目が潤むとは思わなかった。

行って帰るだけのただのこんな往復アクション、普通の映画なら単調の極みになるのに全く飽きさせない。それどころか二度三度と見返したくなるのは往路・復路での手を変え品を変えアクションのつるべ打ちとその激烈映像が並みのアクション映画3本分くらいの密度だからだろう。2時間の上映時間が1.5倍くらいの濃さに感じた。時おり出てくるコマ落とし演出も諧謔風味で良い。
本作は2のヒットでパクリ映画が溢れたために世界観とキャラを磨き直した3の流れをフリークスや身体欠損の趣味も継承しつつキャラの存在感をさらに高め現在の映画技術と最高のスタントで昇華させた傑作活劇映画だ。
あえて活劇映画と呼びたくなるのは名作西部劇「駅馬車」のようにシンプルなストーリーであるが故に傑作となり得ているからだ。

ホントに往復しているだけなんだから、この映画。
投稿者:メカゴジラ投稿日:2015-07-17 08:37:54
【ネタバレ注意】

 
2D字幕版で鑑賞。
まあ全編すごいアクションだ…だが残念ながらそれ以上の感情は湧かず。

作り物めいた世界でハデハデなスーパー改造車がぶつかり合うだけの現実感のなさが何とも残念だ。
「マッドマックス2」の、荒廃した世界で生き残った人間が旧世界のゴミを漁っていじましく生きているという生活感がない。あの生活感こそが観客の周囲の現実と劇中の世界大戦後の世界を結び付けていたのにな。「2」のBDの音声解説でジョージ・ミラーが語っていたが、彼とプロダクション・デザイナーは劇中の服装や車両について、どこからどう材料を手に入れてどう加工して使っているか説明がつくものにしよう(意訳)と取り決めていたという。それは「世界大戦後の荒廃した世界」という絵空事をただの絵空事に見えないようにしよう、ということであったと思うのだ。

「2015年のマッドマックス2」にそういう気遣いはない。イモータン・ジョーの大掛かりな本拠地も、マンガじみた奇々怪々なデザインのカスタム・カー(溶接とかペイントワークは誰がどうやっているんだろう)も、細かく言えばあの世界では貴重品であるはずの銃弾を無駄に撃ちまくるのも、はっきり絵空事の世界だ。「だってマッドマックス2の世界だってわかってるでしょ?細かいこと抜きでハデな方がウケるんだよヒャッハー!」という事なのだろう。映画全体が妙にペラペラと薄っぺらい印象で、あってなきがごとき弱いストーリーと、深みに欠けるキャラクターもそれに拍車をかけている。「2」がゲーム化されて、そのCG製オープニングムービーをずーっと見せられたような気分になった。

くり返すがアクションはすごい。特に終盤はアクションに次ぐアクションで圧倒される。
だがDVDやBDを手元に置いて何度も楽しもう、という気にはなれない映画だった。

投稿者:ローランド投稿日:2015-07-05 08:58:58
  評判の良さと坊主頭で活躍するというシャーリーズ・セロンに惹かれて観賞に出向きましたが、いやはやどうもこれはまた、小規模な花火大会の一日分を数分間で打ち上げてしまう気がする長岡のフェニックス花火みたいに見せ場山場をドンドコドンドコ間を置かずに惜しげなく気前良く太っ腹にぶちまけて、物語がどうの整合性がこうのなんてどうでもいいから面白ければ文句ないだろって言わんばかりです。  

  でも、無意味にメカニックにした砦の昇降機に、タンクローリーやリムジンの改造車やサンドバギーやモトクロスバイクがガチャガチャドコドコバンバンやるのだからその世代には大受けするするのだろうけど、どうも始めから終いまでワンパターンで、戦意高揚進軍ラッパギターには微笑んでしまいながらもヘビメタのプロモーションビデオを二時間に引き伸ばしたのを見せられたような気になってしまったのであります。  フュリオサが生まれ故郷に帰って、そこへオートバイを駆って婆さん達が現れたときには、これから物語として面白くなって来るかもしれないと期待したのだけどね。  

  それにしても、これまでに観たシャーリーズ・セロン出演作品は「サイダーハウス・ルール」に「モンスター」にそしてこの作品なんだけど、そのいずれのキャラクターも作品ごとにあまりにも違っていてこれは同じ名前の女優が三人いるってことかな?だなんて思ってしまうくらいなんだけど、 『シャーリーズ15歳の時には、ついに母親が父親を射殺する悲劇が起きる』 とここの解説にあるように、人生経験の深さと根性がそこいらの人間とは大きく違っているってことでしょうか。  今現在いちばんに存在感のある俳優さんでないかと思います。  そのシャーリーに星を一個オマケです。
投稿者:炙り明太子投稿日:2015-07-04 18:26:00
【ネタバレ注意】

ポセイドンアドベンチャーのリメイク「ポセイドン」は見せ場しか無いダメ映画のレッテルを貼られた。全編大迫力なのに私もダメ映画と思った。
この映画も「マッドマックス2」のクライマックスの見せ場を延々と2時間観せられるだけのなのに、何故かスゴイ素晴らしい映画と思ってしまった。

登場人物達のキャラクターに魅力があればストーリーはどうでも良いってことがわかる希有稀な映画。

満点にしたい所だが、せっかく登場したV8とソードオフショットガンの活躍が無いので減点。

投稿者:ビリジョ投稿日:2015-07-03 15:46:29
 腰痛が治りつつあるところだったので見ながら腰が気になった。

 何かガチャガチャした映画だった。ワイルド系の男と美女たちが頑張る映画だった。みんながんばれ。

 この世界観を理解してくれよ、的な押し付けがましさが気になって胃にもたれた。自動車と銃と炎と母乳が好きな人にはお勧め。

 何か、ワイルドな世界のミス・コン的色彩も濃く。女性は大事にしないとモテませんよ。

 シャーリーズ・セロンが出てなかったら見なかったと思う。
投稿者:moviemania1999投稿日:2015-06-27 22:48:10
●前3部作足してもそれ以上にあるカーアクション。
滑稽な改造車続々で飽きさせませんが
肝心なマックスが周りが派手すぎてとても地味に見えます。
しかし、もう一つの主役の顔V8インターセプターが「2」よりも別な形で活躍よりかっこよくなってます。
マックス「俺の車〜(返しやがれ)」がとても印象的
こういうので公開直前にプラモデルやフィギュア出せば売れるのにねぇ
ストーリーが問題かな「フュリオサ」がなんでそうなったのかわからず後半でやや解明しますが そこら辺が次回作「マッド・フュリオサ・ビギンズ」で描いてほしい所
「マッド・マックス5」は難しいかな・・・出来てほしいけどhttp://blog.livedoor.jp/moviemania1999/
投稿者:uptail投稿日:2015-06-26 09:57:18
演出:8
演技:8
脚本:7
音響:8
投稿者:mototencho投稿日:2015-06-25 23:33:23
この単純明快さはなくてはならない。IMAXでの体験がオススメ。かなり情けないながらも、徐々に主人公らしさを発揮していって、ラストが素晴らしいマックス。今の男は虚勢を張らずにあの姿をモデルにするべきかも。http://mototencho.web.fc2.com/2015/madmax4.html
投稿者:Normandie投稿日:2015-06-25 00:38:06
メル・ギブソン抜きだろうから、大したことはないとたかをくくってたら
あらま、ジョージ・ミラーの構想を想像以上に体感できたのは凄い。
トム・ハーディはイケてるけど、セロンやらメタルギタリストやらに喰われてる感も。
駅馬車とシルクドソレイユ的評は納得。絶望があってもなおやはり女たちは強い。
砂漠の荒涼なる美しさに対比する野郎どもと女たち。映像の雨あられ。
エンドクレジットで撮影がジョン・シール(イングリッシュ・ペイシェント)
だったことに気づく。鏡のシーン、マックスとフュリオサは表裏一体。
絶対映画館で観るべき一本、と言ってもBD買っちゃうけどね。
投稿者:タミー投稿日:2015-06-22 14:42:09
終末世界を描くとなると陰鬱陰惨なものになりがちだけど、本作では最高にハイテンションな世界だ。トラブル続きで製作期間のびのびになったためか、映像のアイデア満載で興味の持続に苦労しない。
ストーリーは平凡だがややこしくないほうが頭空っぽで楽しめるからいいっしょ。その中でも熱くなる展開はきっちり用意されているしね。

賛否あるトム・ハーディのキャスティングは、やさぐれ感が出ていてよかったと思うよ。いまだにベインっぽい声も好きだし。
日本的には本作の公開の勢いにのって、ようやくハーディの代表作「ウォーリアー」がソフト化されることが決定したのが嬉しいね。
投稿者:ジャポニカ学習帳投稿日:2015-06-21 23:52:36
無駄なシーンが無くて、最高だった&#8252;&#65038;

ヒャッハー&#8252;&#65038;感がハンパなかった、悪役キャラが良かったな、監督のセンスを感じる

投稿者:クリモフ投稿日:2015-06-21 13:52:44
正直予告編の段階ではあまり期待はしておらず、セロンなど綺麗どころも、どうなのかと、疑問視していたのですが、これは壮大な間違いでした。
もう圧倒されっぱなしの120分。常にボルテージマックス。しかもアゲアゲなのにどこか渋さが感じられるのも◎
こんなものを見せられたら、ぐうの音も出ません。まだ興奮する映画が作れる。まだ映画は死んじゃいない。そんな青い事さえ堂々と言えてしまう。凄い。
投稿者:ライカー投稿日:2015-06-20 20:59:10
ストーリーなんか関係なし、ただこの世界観と大アクションシーンに堪能。
トム・ハーディがクールで渋い(昔出演していたスタートレック・メネシスとは別人)
投稿者:ベン・ショックリー投稿日:2015-06-20 18:52:34
【ネタバレ注意】

砂の惑星+ホドロフスキー+駅馬車+シルク・ド・ソレイユ!!こんなイカれた映画観たことないわ!観る人を選ぶだろうけれど、この世界観、ノリについて行けない御仁が可哀相だ!ストーリーなんか追わんでよろし!中味なんてないんだから。いいから黙って観とけ!すごいから。

投稿者:ASH投稿日:2015-06-20 12:07:56
【ネタバレ注意】

 観たぜ、「マッドマックス」第4弾!! 直撃世代にとって今年はジッとしてらんない映画が上半期と下半期で2作品公開されるんだが、その先陣を切ったのが、もう何年も前から第4弾の企画は上がってはいたものの、なかなか実現に至らなかった「マックス」が遂にお披露目となったわけだが、噂に違わぬ「狂気」の連打に、ボンクラの目頭も熱くなる。いや、ホント、生きててよかったわ〜。こういう映画体験は何ものにも変えられんわ。

 まあ、雰囲気としては第3弾の「サンダードーム」に近いわな。荒廃した世界を牛耳る大悪党と、たまたま運悪く(?)そこに居合わせてしまったマックスが死闘を繰り広げるハメになる。人との関わり合いを好まないマックスが、なんの義理もないフュリオサに加勢するという男気溢れる展開。そうそう、これこそが「マッドマックス」の世界!! 3部作に関わったミラー先生だけに、気を衒わずに正攻法でマックスの世界を描く。しかし、MAD指数は全4作中トップクラスのイカれ具合。驚異的なテンションの持続に、鑑賞後には心地よい疲労感が!!

 正直、ストーリーを追っかけるのは野暮の極みってもんだよ。この映画に対して現代社会への批判や環境汚染への警鐘を絡めて語るのもアリなんだろうよ。でも、そんなことは大衆向けのエンタメ作品ですら小難しく論じようとする頭の固いどっかの映画通どもにでも任せておけって(読まんけど)。全編をほとばしる狂気に酔いしれる、それが正しい鑑賞法なんじゃないかと、ボンクラの俺は思ってたりなんかする。法が通じない世界では、狂気を本能としていないとやってらんない。

 半裸のキチガイどもが「ヒャッハーッ!!」と叫びながら車に飛び乗る。こんなビジュアル、「マックス」以降のパチモン映画でイヤッちゅうほど観てきたもんだから、何を今さらオリジネイターがやることもなかんべよ、と思ったわけ。ところが、ミラー先生はやってくれました! ポールが上下左右に大きく振れる、まるでメトロノームの針みたいなアクロバティックなアクション!! マックスの頭が地面スレスレまで降りたときにゃ、思わず拳を口に当てて「あわわわ」ってなもんだ。

 2代目マックスを襲名(?)したトム・ハーディ。初代マックスと同じく口数の少ない男だけど、メル・ギブソンのマックスとはまた違った味わいがあっていいじゃないの。スプレンディドの命懸けの抵抗に、親指をグッと上げてニヤリとするとこなんか、堪んないわ。シャーリーズも坊主頭で大熱演。マックスとフュリオサが初めて対峙したくだりでの取っ組み合いの喧嘩なんか、殺るか殺られるかの必死感がヒシヒシと伝わり、お互いの本気加減が窺える。マックスの肩を借りての射撃のくだりなんか、ホント、カッチョいいんだわ。

 ウォーボーイズは甲状腺のガンを患ってるのか、自分たちの寿命が長くないことを自覚している。ゆえに死を恐れない最凶の人間兵器。戦闘で散ることこそが彼らにとっての名誉のようだ。で、マックスたちと同行するウォーボーイズのニュークス。車の構造に詳しいという設定はご都合主義の極みだが、彼の頑張りが後半で大いに活かされる。演じるニコラスくんは珍しくテンションの高い役を好演。命を張ってマックスたちを逃がす勇姿に、泣けるぜ。

 白いダース・ベイダーのようなインモータン・ジョーの邪悪なたたずまいがまたイイんだわ。食物も、水も、出産可能な女たちをも独り占めしている恐るべき独裁者だ。現実世界にもこんな輩、いるよね〜。1作目でトーカッターを演じたヒュー・キース・バーンは豪州映画界では現役バリバリの役者さんなんだな。あの役は英米の俳優さんでもいいのに、あえて同郷の人を引っ張り出してきたのはミラー先生のごだわりなんじゃろか。

 手動式のオルゴールが出てきたときは、思わず「おおッ!!」ってなもんだ。それから、メタル・ギターをギャンギャンとかき鳴らす赤いオッサンががなんか好き。マックスが乗り込んでもそれでも演奏を辞めないくだりは、もはやギャグの領域。

 石油が貴重なハズなのに無駄遣いし過ぎだってか? うるせぇぞ、映画通!(お前がうるせぇよ、ってか? これが冷静でいられるかっての!)。

 ※3D版は吹替えのみみたいだけど、ザイルのAKIRAと竹内力の吹替えは、意外とそんなに酷くはなかったよ。マックスは口数が少ないから台詞そのものが少ないし、ジョーは野太い声で叫んでいるだけだからさぁ。

投稿者:SaintEtienneHeaven投稿日:2015-05-19 11:55:32
【ネタバレ注意】

シャーリーズ・セロンを姐さんと呼び崇める日が来た。
彼女が主役と言ってもいい。

2010年代にジョージ・ミラーにひれ伏す事になるとは。 70になり老いて劣化どころか、世界観やキャラの作り込みが過去シリーズ3作全部乗せに加えてパワーアップされたこんな密度の濃い作品を撮ってしまうなんて。
マックス世界的ブラックユーモアも健在で涙でた。
21世紀の怒りのデス・ロードは、終末感ではなく、「20」世紀末感。

今回、マッドマックス世界で重要なとある背景要素が欠落してて、それは「サンダードーム」時点で既に無かったんですが、ゴリゴリの一作目原理主義者がどう思うか気になる所。(しかし自分にとっては「サンダードーム」も1、2作目に劣らず大好きな作品。)

従来のキャラ通りマックスの台詞は極端に少ない。 だからこそ、逆にここぞという所でやっちまってない事を祈るのみの日本語吹き替え版。 自分は吹き替え版は観る予定ないので他人ごとではありますが。

追記
8月4日 ジャパンプレミアで生ジョージ・ミラー。 感無量。

追記2
8月17日 4DX3Dの試写で鑑賞。
初体験4DXは振動が予測以上だったのに加え、風、水、スモークのギミックも映画の世界観と相性バッチリ。
特に水(霧吹き)の演出はよく、水以外の液体、飛び散るガソリンや血飛沫としても表現されておりかなり戦慄。

【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 作品賞 
 □ 監督賞ジョージ・ミラー 
 □ 撮影賞ジョン・シール 
 ■ 美術賞コリン・ギブソン 
  Lisa Thompson 
 ■ 衣装デザイン賞ジェニー・ビーヴァン 
 ■ メイクアップ&ヘアスタイリング賞Damian Martin 
  Lesley Vanderwalt 
  Elka Wardega 
 □ 視覚効果賞Andrew Jackson 
  Andy Williams 
  Dan Oliver 
  トム・ウッド 
 ■ 音響賞(編集)David White 
  Mark Mangini 
 ■ 音響賞(調整)Chris Jenkins 
  Gregg Rudloff 
  Ben Osmo 
 ■ 編集賞マーガレット・シクセル 
■ 監督賞ジョージ・ミラー 
 ■ 撮影賞ジョン・シール 
 ■ 美術賞コリン・ギブソン 
□ 作品賞(ドラマ) 
 □ 監督賞ジョージ・ミラー 
□ 撮影賞ジョン・シール 
 ■ プロダクションデザイン賞Lisa Thompson 
  コリン・ギブソン 
 ■ 衣装デザイン賞ジェニー・ビーヴァン 
 ■ メイクアップ&ヘアー賞 
 ■ 編集賞マーガレット・シクセル 
 □ 音響賞 
 □ 特殊視覚効果賞Andrew Jackson 
  Andy Williams 
  トム・ウッド 
  Dan Oliver 
□ 作品賞 
 □ 主演女優賞シャーリーズ・セロン 
 ■ 監督賞ジョージ・ミラー 
 □ 撮影賞ジョン・シール 
 ■ 編集賞マーガレット・シクセル 
 ■ 美術賞コリン・ギブソン 
 ■ 衣装デザイン賞ジェニー・ビーヴァン 
 ■ ヘア&メイクアップ賞 
 ■ 視覚効果賞 
 ■ アクション映画賞 
 ■ アクション映画男優賞トム・ハーディ 
 ■ アクション映画女優賞シャーリーズ・セロン 
 □ SF/ホラー映画賞 
■ 女優賞シャーリーズ・セロン 
 □ 格闘シーン賞トム・ハーディ シャーリーズ・セロン対トム・ハーディ
  シャーリーズ・セロン 
 □ 悪役賞ヒュー・キース=バーン 
 □ ヒーロー賞シャーリーズ・セロン 
□ 外国作品賞 
■ 外国作品賞 
【ニュース】
エンパイア映画賞、結果発表2016/03/22
第88回アカデミー賞、受賞結果2016/02/29
ニコラス・ホルト主演クライム・コメディ「Kill Your Friends」、最新予告編2016/02/23
アメリカ撮影監督協会(ASC)賞、結果発表2016/02/16
アメリカ監督組合(DGA)賞、結果発表2016/02/08
アメリカ映画俳優組合(SAG)賞、結果発表2016/02/01
アメリカ製作者組合(PGA)賞、結果発表2016/01/25
放送映画批評家協会賞、結果発表2016/01/18
アカデミー賞、ノミネーション発表2016/01/15
アメリカ監督組合(DGA)賞、ノミネーション2016/01/13
ゴールデングローブ賞、結果発表2016/01/12
アメリカ撮影監督協会(ASC)賞、ノミネーション2016/01/07
アメリカ製作者組合(PGA)賞、ノミネーション2016/01/06
ピーター・トラヴァース選定2015年ベスト102015/12/18
AFI選定2015年トップ映画2015/12/17
放送映画批評家協会賞、ノミネーション2015/12/15
ゴールデングローブ賞、ノミネーション2015/12/11
アメリカ映画俳優組合(SAG)賞、ノミネーション2015/12/10
LA映画批評家協会賞、発表2015/12/07
ジョン・ウォーターズ監督選定2015年映画ベスト102015/12/02
ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞、発表2015/12/02
ニコラス・ホルト主演アクション「Collide」、予告編2015/10/16
ニコラス・ホルト主演クライム・コメディ「Kill Your Friends」、予告編2015/10/16
ニコラス・ホルト主演クライム・コメディ「Kill Your Friends」、ティーザー・トレーラー2015/08/25
全米興行成績、快進撃続く「ジュラシック・ワールド」がV3達成2015/06/29
全米興行成績、ピクサー「インサイド・ヘッド」が大ヒット・スタートも「ジュラシック・ワールド」が首位死守2015/06/22
全米興行成績、「ジュラシック・ワールド」が記録的メガヒット・デビュー2015/06/15
全米興行成績、メリッサ・マッカーシー主演コメディ「Spy」が首位デビュー2015/06/08
全米興行成績、ドウェイン・ジョンソン主演パニック大作「San Andreas」が大ヒット・スタート2015/06/01
全米興行成績、ディズニー製作SFアドベンチャー超大作「トゥモローランド」が初登場1位2015/05/26
全米興行成績、アナ・ケンドリック主演「ピッチ・パーフェクト2」が大ヒット・スタート2015/05/18
全米興行成績、「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」が圧勝でV22015/05/11
トム・ハーディ主演「マッドマックス 怒りのデス・ロード」、最新予告編2015/04/30
トム・ハーディ主演「マッドマックス 怒りのデス・ロード」、最新予告編2015/04/01
トム・ハーディ主演「マッドマックス 怒りのデス・ロード」、ティーザー・トレーラー2014/12/11
トム・ハーディ主演「マッドマックス」最新作「Mad Max: Fury Road」、予告編2014/07/28
「マッドマックス4」、6ヵ月におよぶ撮影を無事終了2012/12/18
「マッドマックス4」がいよいよ再始動2007/10/26
「マッドマックス4」、消滅か?2003/09/24
マッドマックス4、早くも全米公開日が決定2003/02/04
ダウニー・Jr、悪役で「マッドマックス4」出演か?2002/12/26
マッドマックス4、脚本はあのケヴィン・スミス???2002/12/18
「マッドマックス4」、始動!2002/12/10
「マッドマックス4」、来年3月撮影開始か?2002/09/30
【レンタル】
 【Blu-ray】マッドマックス 怒りのデス・ロードレンタル有り
 【DVD】マッドマックス 怒りのデス・ロードレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION