allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ブライド・ウエポン(2014)

IN THE BLOOD

メディア映画
上映時間108分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ポニーキャニオン)
初公開年月2015/03/28
ジャンルアクション
映倫PG12
この人妻(おんな)、誰にも止められない。
ブライド・ウエポン [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,700
価格:¥ 2,089
USED価格:¥ 1,180
amazon.co.jpへ

 Photos

【解説】
 2011年の「エージェント・マロリー」で女子総合格闘技界の人気スターからハリウッドのアクション女優へと華麗な転身を飾ったジーナ・カラーノ主演のサスペンス・アクション。共演はカム・ジガンデイ、ダニー・トレホ。監督は「ブルークラッシュ」「イントゥ・ザ・ブルー」のジョン・ストックウェル。新婚旅行でカリブ海のリゾートを訪れたヒロインが、何者かに掠われた夫を取り戻すために、地元犯罪組織を相手に壮絶な戦いを繰り広げるさまを描く。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
16 6.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:北村もとい投稿日:2019-04-19 08:56:26
ソダバーグ監督のエージェント・マロリーの時はスリムだったが、本作ではどっから見ても女子レスラーのような体型に。
ダニー・トレホ絡みの喧嘩からの夫失踪かと思いきや、予想もしない落ちに悪い意味で驚くこと確実の何だそれはという誘拐理由だ。
B級アクションとしてはテンポも良く、ジーナ・カラーノも動けるので退屈はしないが、肝心のジーナ・カラーノのアクションシーンがカット割りまくりでよく分からない上に最後のバトルも途中で他人任せというのは彼女の豪快な格闘シーンが見たいのに、かなりマイナスである。
投稿者:HABBY投稿日:2016-02-23 19:47:34
ムチムチではなくムキムキとしたべっぴんさん。デビュー作の『エージェント・マロリー』もそうだったけど、優れた脚本ありきではなく戦闘シーンメインという展開なので女性版ヴァンダムorセガールと命名したい。

『エクスペンダブルズ』シリーズに近々招聘される、に3000点。

投稿者:bond投稿日:2016-01-09 21:54:50
ちょっとアクション少なめだけど、いいよジーナ。美人でカッコいい。
投稿者:SaintEtienneHeaven投稿日:2015-12-31 18:35:34
【ネタバレ注意】

ロンダ・ラウジーの活躍目立つ中、映画界に入ったのも、「ワイスピ」に出たのも、私が先よと言わんばかりにジーナ大暴れ。
痛めつけるだけでなく、きっちり殺していくのに拍手喝采。 故にラストだけは残念。

【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION