allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ハンガー・ゲーム FINAL: レジスタンス(2014)

THE HUNGER GAMES: MOCKINGJAY - PART 1

メディア映画
上映時間122分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(KADOKAWA)
初公開年月2015/06/05
ジャンルアクション/アドベンチャー/SF
映倫G
世界の運命は、
一人の少女に託された――
ハンガー・ゲーム ブルーレイ コンプリートセット(初回生産限定) [Blu-ray]
参考価格:¥ 9,180
価格:¥ 14,258
USED価格:¥ 9,500
amazon.co.jpへ

 Photos

【クレジット】
監督:フランシス・ローレンス
製作:ニーナ・ジェイコブソン
ジョン・キリク
製作総指揮:スーザン・コリンズ
ジャン・フォスター
ジョー・ドレイク
アリソン・シェアマー
原作:スーザン・コリンズ
『ハンガー・ゲーム3 マネシカケスの少女』(KADOKAWA刊)
脚本:ピーター・クレイグ
ダニー・ストロング
脚色:スーザン・コリンズ
撮影:ジョー・ウィレムズ
視覚効果スーパー
バイザー:
チャールズ・ギブソン
プロダクションデ
ザイン:
フィリップ・メッシーナ
衣装デザイン:カート・アンド・バート
編集:アラン・エドワード・ベル
マーク・ヨシカワ
キャスティング:デブラ・ゼイン
音楽:ジェームズ・ニュートン・ハワード
出演:ジェニファー・ローレンスカットニス・エバディーン
ジョシュ・ハッチャーソンピータ・メラーク
リアム・ヘムズワースゲイル・ホーソーン
ウディ・ハレルソンヘイミッチ・アバナシー
エリザベス・バンクスアフィー・トリンケット
ジュリアン・ムーアアルマ・コイン
フィリップ・シーモア・ホフマンプルターク・ヘブンズビー
ジェフリー・ライトビーティー
サム・クラフリンフィニック・オデイル
ジェナ・マローンジョアンナ・メイソン
ウィロウ・シールズプリムローズ・エバディーン
スタンリー・トゥッチシーザー・フリッカーマン
ドナルド・サザーランドスノー大統領
マハーシャラ・アリ
ポーラ・マルコムソン
ナタリー・ドーマー
エヴァン・ロス
エルデン・ヘンソン
ウェス・チャサム
サリタ・チョウドリー
ステフ・ドーソン
ロバート・ネッパー
【解説】
 ジェニファー・ローレンス主演で世界的に空前の大ヒットとなった「ハンガー・ゲーム」シリーズの最終章を2部作で描くアクション超大作の前編。図らずも反乱軍の象徴となった最強ヒロイン、カットニスが、強大な政府軍相手に繰り広げる決死の攻防の行方を圧倒的なスケールで描き出す。共演はジョシュ・ハッチャーソン、リアム・ヘムズワース、ジュリアン・ムーア、ドナルド・サザーランド。監督は前作に引き続きフランシス・ローレンス。なお、本作は2014年2月に急逝した名優フィリップ・シーモア・ホフマンの遺作となる。
 “ハンガー・ゲーム”記念大会の闘技場から、間一髪助け出されたカットニス。彼女が収容されたのは、滅亡したはずの第13地区の地下に建設された反乱軍の秘密基地だった。反乱軍を率いるコイン首相は、独裁者スノー大統領打倒を掲げる革命のシンボルとしてカットニスを迎えようとしていた。そんな中、カットニスは政府軍に捕らえられたピータが、人質としてプロパガンダに利用されていることに心を痛める。そしてピータの救出と引き換えに、反乱軍の象徴となることを受け入れるカットニス。やがて、彼女が出演する反乱軍のプロモーション・ビデオが製作されると、それは独裁政治に不満を抱く民衆の心を捉え、彼らを革命へと導いていくのだったが…。
<allcinema>
【関連作品】
ハンガー・ゲーム(2012)
ハンガー・ゲーム2(2013)
ハンガー・ゲーム FINAL: レジスタンス(2014)
ハンガー・ゲーム FINAL: レボリューション(2015)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
14 4.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:nedved投稿日:2016-10-06 20:56:01
ジェニファー・ローレンス
投稿者:HABBY投稿日:2015-12-23 15:20:03
もはや(いや、元々か)脚本にはさほど関心なし。ジェニファー・ローレンスの平和、成長をただただ見守るおじいちゃんと化しております。

レヴォリューションも同じ態勢で臨みます。

RIP ホフマン。ありがとう。
投稿者:bond投稿日:2015-11-06 23:37:39
なんか、ありきたりのB級SFって感じ。最終回の分割もマトリックスのマネっぽい。
投稿者:ASH投稿日:2015-06-13 23:53:30
【ネタバレ注意】

 日米での温度差があり過ぎるこのシリーズ。その理由は何かと考えると、原作の浸透度に他ならないんじゃないかと。って、それを言っちゃあ、ハリウッド準メジャー会社が片っ端から映画化しているYA小説(笑)の数々がどのくらい日本で浸透してるかだなんて、ティーンもトウの昔に過ぎた俺に分かるわきゃない! どうやら、原作を知らんとチンプンカンプン系のシロモノらしんだわ、コレぇ。

 ゲームを勝ち抜いたカットニスがレジスタンス側につくというおおまかな設定は分かったんだが、どうもお互いが「ネガティブ・キャンペーン」みたいなことばっかやってて、悪の政権を倒すための激しいバトルが繰り広げられるんだろうと勝手な予想をしていた俺は拍子抜けなんだよな。カットニスを使って「プロポ」と呼ばれるプロモ映像、要するに彼女をプロパガンダを利用してるわけだが、なんかカットが条件付きとはいえ撮影に素直に応じているようで、な〜んか「違和感」。裏側の意味が込められてるんじゃないかと、原作を知らん俺は要らん詮索をしてみたりなんかする。

 ジェニファー・ローレンスとジュリアン・ムーア、オスカー主演女優賞受賞の2人がひとつの画面に収まってること多し!! さらに、主演男優賞受賞したフィリップ・シーモアも揃う。「この手の」映画にしちゃ、キャスト陣は豪華なんじゃね? シーモアはコレが遺作んなんだそうな。ジュリアンとシーモアは「ブギー」「マグノ」「リボウスキ」と(間接的なものも含め)共演作多し!!

 「マネシカケス」って何だ? と思い、検索中毒の気がある俺は早速、画像検索!! すると、「ハンゲー」シリーズのロゴばっかヒットする。その理由は実に簡単、原作に登場する実在しない鳥だから。って、1作目で気付けよ、てか。

投稿者:SaintEtienneHeaven投稿日:2015-06-07 09:17:38
【ネタバレ注意】

「2」はかなり盛り返して楽しめましたが、これは前後篇にする為にかなり水増し感が・・・

投稿者:yudegani投稿日:2015-06-05 10:38:18
マネしカケス
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 歌曲賞 “Yellow Flicker Beat”
□ 歌曲賞 “Yellow Flicker Beat”
 □ アクション映画女優賞ジェニファー・ローレンス 
□ 作品賞 
 ■ 音楽シーン賞ジェニファー・ローレンス 
 □ 女優賞ジェニファー・ローレンス 
 □ ヒーロー賞ジェニファー・ローレンス 
 ■ 役作り賞エリザベス・バンクス 
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION