allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

天空の蜂(2015)

メディア映画
上映時間139分
製作国日本
公開情報劇場公開(松竹)
初公開年月2015/09/12
ジャンルサスペンス/アクション
映倫G
絶対、守り抜く――
天空の蜂 豪華版(3枚組) [Blu-ray]
参考価格:¥ 6,264
価格:¥ 4,350
USED価格:¥ 2,029
amazon.co.jpへ

 Photos

【クレジット】
監督:堤幸彦
製作:大角正
木下直哉
古川公平
坂本健
宮本直人
製作総指揮:迫本淳一
エグゼクティブプ
ロデューサー:
武田功
プロデューサー:福島大輔
市山竜次
アソシエイトプロ
デューサー:
石田聡子
池田史嗣
住田節子
ラインプロデュー
サー:
小林誠一郎
美術プロデューサ
ー:
福田宣
企画・プロデュー
ス:
吉田繁暁
原作:東野圭吾
『天空の蜂』(講談社文庫刊)
脚本:楠野一郎
撮影:唐沢悟
美術:相馬直樹
美術デザイナー:平井亘
衣裳:宮本まさ江
編集:伊藤伸行
音響効果:北田雅也
音楽:リチャード・プリン
音楽プロデューサ
ー:
茂木英興
主題歌:秦基博
『Q&A』
VFXスーパーバ
イザー:
野崎宏二
VFXディレクタ
ー:
阪上和也
アクションコーデ
ィネーター:
諸鍛冶裕太
イメージボード:相馬宏充
記録:井手希美
照明:木村匡博
装飾:田中宏
録音:田中靖志
助監督:白石達也
監督補:多胡由章
ヘアメイクディレ
クション:
池田真希
出演:江口洋介湯原一彰
仲間由紀恵赤嶺淳子
綾野剛雑賀勲
光石研佐久間
佐藤二朗今枝
カゴシマジロー山下
やべきょうすけ根上
永瀬匡上条
松田悟志植草
石橋けい湯原篤子
手塚とおる高坂
落合モトキ関根
松島花野村
田口翔大
池澤巧貢
木村聖哉
前川泰之西岡
森岡豊小寺
山口いづみ
半海一晃
藤井尚之
林田麻里
岡田浩暉
野添義弘
小倉淳
吉永秀平
向井理湯原高彦(成人)
柄本明室伏周吉
國村隼中塚一実
竹中直人芦田警察庁長官
石橋蓮司筒井炉燃理事長
本木雅弘三島幸一
【解説】
 人気作家・東野圭吾が1995年に発表した同名ベストセラーを「20世紀少年」「SPEC」シリーズの堤幸彦監督が映画化したサスペンス・アクション大作。最新鋭の巨大ヘリコプターを乗っ取り、原子力発電所の上空でホバリングさせ、日本国民すべてを人質に取ったテロリストと、その阻止に奔走する人々の攻防をスリリングに描く。主演は江口洋介と本木雅弘、共演に仲間由紀恵、綾野剛、國村隼、柄本明。
 1995年8月8日。その日、完成した最新鋭超巨大ヘリ“ビッグB”の自衛隊への引き渡しの日を迎え、開発者のヘリコプター設計士・湯原は妻子とともに式典に参加していた。すると突然、ビッグBが勝手に動き出し、息子の高彦を乗せたまま福井県にある原子力発電所“新陽”の真上でホバリングを始めた。ビッグBは、“天空の蜂”と名乗るテロリストによって遠隔操作でハイジャックされてしまったのだ。犯人は政府に対し“日本全土の原発破棄”を要求し、従わなければ、大量の爆発物を搭載したビッグBを原子炉に墜落させると宣言する。残された時間はヘリの燃料がなくなるまでのあと8時間。湯原は、同じ会社の同期で新陽を設計した三島と協力し、高彦の救出とビッグBの墜落阻止に全力を挙げるが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
215 7.50
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:HABBY投稿日:2017-02-14 22:39:38
【ネタバレ注意】

「自衛隊」や「原発」といった賛否両論喧しい対象を主テーマに据え、最大限のレバレッジを効かせて世論ウケを狙ったように見受けられるエンタメ系作品。そういう意味では、稚拙な政治を揶揄する事で国民の歓心を買った『ゴジラ』の最新作とも同じ方向性。

自衛隊のために開発され、引き渡し間近の最新鋭超巨大ヘリ(なんとなくオスプレイを想起)に小学生が気付かれずに易々と乗り込め、しかもそれが犯人に遠隔操作されて原発の真上に運ばれるという最初の設定からして無理がある(笑)。

まあでも、どんなに漫画チックで稚拙な世界観だとしても、最終的には売れたもの勝ち。さすが、売れ線作家は売れる(大衆に持て囃され、SNSなどを介して騒がれる)要素を知り尽くしている、と妙に感心した。

ヘリを原発の心臓部に墜落させ、原発の堅固性をアピールしているという点において、反原発派のみならず原発肯定論者の溜飲を下げる辺りも隙がない全方位外交ぶり。

本木雅弘、仲間由紀恵、江口洋介、向井理、綾野剛ほか、俳優陣は皆健闘している。CGは正直稚拙に思えたが、世界観を壊すほどでは無い。エンディング曲の"Q&A"(秦基博)の詩世界も本作にマッチ。

自衛隊も原発も一部の人間から罵倒されたり憎まれる存在だが、我が国の地政学事情やエネルギー安全保障に鑑みれば、その重要性必要性は論を俟たない。こういう馬鹿げたストーリーが絶対に現実とならぬよう、関係各位には日々隙のない体制を構築され、弛まぬ努力を維持してもらいたいと切に願う。

投稿者:タミー投稿日:2016-10-10 16:31:43
福島原発事故は直接放射能の影響を受けていないはずの人々が何故かイカレてしまうという妙な現象を生んだ。
堤幸彦という作り手を軽んじていた自分は、彼のその一人かと思っていた。だが彼は真摯に復興を願い、原発問題周辺で盲目的に騒ぐ人々を冷静に見つめる人間だったようだ。この作品を見る限りは。

ヘリ起動時の音響は目が覚めるほどの迫力があった。テロリストアジトでの爆発シーンも迫力あった。
CG頼みとなるヘリ周辺のアクションは残念ながらイマイチ。

本木雅弘のテクニカルな演技に対する主役江口洋介の熱演一本な演技が稚拙に見えたのも残念。
投稿者:黒美君彦投稿日:2016-09-08 15:34:19
【ネタバレ注意】

うむ、2時間あまり飽きずに観ることは出来たのです。思いがけない自衛隊ヘリを使った原発テロをどう回避するか。
そして、その背景に込められている「原発」をめぐる言説への怒り。「安全と言ったら安全なんだ」みたいな非論理的な主張を一方がすれば、「直ちに危ない原発は全廃しろ」と反対側も声を挙げる。そのいずれにも違和感を覚える原作者の思いは伝わってきます。
1995年当時に東野圭吾がすでにこの原作を発表していたことを評価する声も数多く聞きますが、原発テロという題材は1992年に既に高村薫が『神の火』で扱っているのでさほど驚きはありません。というか、そのくらい原発に対して殆どの人が無関心だった、ということかも知れませんが。

この作品では江口洋介演じる錦重工業のヘリ技術者湯原一彰と、同じ会社の原発技術者三島幸一(本木雅弘)、そしてテロの実行犯雑賀勲(綾野剛)、それぞれの思いが描かれます。
息子を妻に任せ、仕事に明け暮れてきた湯原は「父親の責任が怖かった」と気持ちを吐露します。けれど強奪された無人のヘリに息子がいることがわかった途端、父親としての責任に目覚めるのです(笑)。
三島はイジメによって息子が目の前で飛び降り自殺するという衝撃的な体験をしています。イジメていたのは反原発派の住民の子ども。ところがイジメが表面化した途端、今度はその家庭に匿名の暴力が向かい、結果どちらも不幸な結末を迎えます。
雑賀はよくわからないキャラです。元自衛隊員で、錦重工業で「佐竹」として大型ヘリビッグBの設計に携わっていた?ようなのですが、プロジェクトを外された後は原発の下請け労働者として働き、高速増殖原型炉「新陽」で一緒に働いた親友を急性骨髄性白血病で喪います。
さて、三島と雑賀のこうした背景が、大がかりなテロへとつながるかというとそこにどうも飛躍を感じざるを得ません。
べらべらと三島が原発への国民の無関心を語れば語るほど、そのことと息子の自死とが遠くなっていきますし、雑賀に至っては死んだ親友との関係性も曖昧なままです。
ま、それらは目をつぶるとして。
でも、この作品では主役の湯原(江口)の「軽さ」が際立ちます。三島(本木)が原発をめぐる無関心を憤りを持って語っても、湯原は何も答えられません。「この国では、電力は人命より軽い」なんて言われても、湯原はピンと来ません。かつて仲が相当良かったはずなのに、息子の死やそれで三島が大怪我をしたことを湯原は全く知らなかったみたいですから、当然でしょう。湯原は何も考えていない日本人代表みたいなもの。目先のことでいっぱいいっぱいで、三島のことなんて忘れかけていたに違いないのです。
湯原の「家族論」と、三島の「原発論」は永遠に噛み合わないのです。

そうした噛み合わなさは、原発をめぐる論議とも重なります。
原発推進を謳う側は100パーセント安全である前提で国策として原発稼働を進め、反原発派は危ない原発の即時停止を求めます。100かゼロかを追求するところで、前者も後者も似たり寄ったりなのではないか。
無関心な国民に一矢報いたい思いから三島はこのテロを思いついたのでしょう。しかし、だとすれば雑賀はいかにも無駄死にです。
そのあたりは今ひとつ伝わってきませんでした。

しかし江口洋介が警官から銃を奪って、本木雅弘に突きつけるシーン。何とも陳腐な場面だ、としか思えませんでした。
撃つ自信もないのに、銃を突きつけるなよ。
しかも銃口をよそに向け、ふたりが倒れこむと、まるでコントのように現れる息子の高彦。
操縦席で見たものを話しておきたい、と大人たちを掻き分け、銃をめぐって対峙していた父親に重要なヒントを与えます。そうか、こうすればいいと、コンピューター並みに素早く解決策を見出す湯原。

原発をめぐる考え方の一端を示しているという意味では「それなり」でしたが、人物の描き方にどうも不満が残ります。
原作にはないエンディングの成長した高彦=自衛隊ヘリの機長で、東日本大震災の被災地支援に当たっているというシーンもとってつけた感が否めません。あのシーンを入れるのであれば、福島第一原発について触れないと不自然でしょう。
よく考えられたプロットであるだけに、登場人物の浅さが惜しまれるところです。

投稿者:ちゃぷりん投稿日:2016-06-20 08:43:31
【ネタバレ注意】

ラストで福島が台詞にすら出て来ないのは、モックンが「文章」に残してた事の帰結を描かなければならないから、避難してる人に配慮したのかな。

投稿者:bond投稿日:2016-06-18 23:30:13
最近のアクションサスペンス邦画では、中々の出来栄え。ヘリコプター救出シーンはハラハラ。ハリウッドリメイクもあり得る。
投稿者:dadada投稿日:2016-02-05 08:58:36
ザ・邦画大作!大仰な芝居の応酬、安っぽいCG、無駄に高い画面上のヒト密度、声高なメッセージ...嗚呼、ザ・邦画大作!
但し、ヤマが幾つも連なる展開は、それなりに面白く飽きさせない。ちょっと味が濃すぎるんだよぉ。もうちょっとガンバって。
投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2015-11-02 23:08:59
【ネタバレ注意】

…あたかもチャイナシンドロームの如し。
思えばアレも結構なサスペンスではありました。

次から次へと息を詰めるようなドラマが展開し、気付けば2時間+α観客はスクリーンに釘付け状態。

それは天空に羽ばたく無人ヘリから誤って乗り込んだ子供を自衛隊員が命がけで救う作戦であったり、子供と上手く向き合えない父親が必死に戦う姿であったり、自らの子供がイジメで自ら命を断った辛辣な原発屋であったり、犯人?が自分の住処を突き止めた警察やら自衛官に対して行う反撃であったり…もう涙なくしては観れない展開。

最終的にはダイナマイト10本と共に原発の真上でホバリングする巨大へりの燃料が尽きて原子炉の上に落下する時間をカウントダウンします。

犯人は誰か?
犯人の要求は日本中の原発の施設を破壊すること〜子供を救っても良い条件として犯人が出したのは今も子供を乗せたヘリが舞う高速増殖炉「以外」の全原発の即時停止映像を発表する事。

そもそもヘリが原発の真上から落ちて作業員に逃げ場はあるのか?また避難する時間はあるのか?予め犯人に気付かれないなら停めた方が安全なのでは?って犯人を騙そうとしたトライが…取り返しの付かない結果を招く事に気付かされて…
この犯人、原発に詳しい〜反対派のひとりなのか?って真相が次第に見えてきます。

弱そうな人間(やら小動物?)を脅し、虐げることで己の強さを確かめることでしか自らを慰められない人間が増加している今日、人と人の絆〜そして理不尽な暴力で大事なものが壊される悔しさを語り、最後に自分を命がけで助けてくれた隊員〜そして自らも他人を助ける人間になろうと成長したあの息子の姿を観せます。

エンディング〜秦基博のヒット曲も何気に格好良いです。

投稿者:SECOND_STAGE_LENSMEN投稿日:2015-09-23 15:54:34
多作で知られる堤幸彦監督の作品の中でも、これはもう大当たり。重厚なサスペンスは邦画の最も苦手とする分野だと思うが、139分を長く感じさせない緊迫感にただただ脱帽。
決して諦めない技術者魂に感動。

日本の映画界が原発問題に手を出すと、無知や不勉強をさらしてしまい、ロクなことにならないが、本作は上手く乗り切ったと思う。

http://movieandtv.blog85.fc2.com/blog-entry-557.html
投稿者:FFF投稿日:2015-09-14 20:55:18
「ホワイトアウト」「亡国のイージス」といった映画のテロリストが単にヒーローの活躍を際立たせる記号にしかすぎず殆どシンパシーを抱かせなかったのに対し、この作品の犯人は我々が原発事故以後見ないフリをしている事実をあからさまに提示しており、映画としてデフォルメされているとはいえその説得力は従来の作品の比ではない。
子供を救出するベタな演出すら堤監督の計算づくでまんまとハメられた。
本木の役づくりも素晴らしい。必見と言って差し支えない。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 助演男優賞本木雅弘 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】天空の蜂 豪華版2016/02/03\5,800amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】天空の蜂2016/02/03\4,300amazon.co.jpへ
 【DVD】天空の蜂2016/02/03\3,300amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【Blu-ray】天空の蜂レンタル有り
 【DVD】天空の蜂レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION