allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ロマンス(2015)

メディア映画
上映時間97分
製作国日本
公開情報劇場公開(東京テアトル)
初公開年月2015/08/29
ジャンルドラマ/コメディ/ロマンス
映倫G
たった1日の出会いと別れ
新宿⇔箱根間のプチ・トリップムービー

サヨナラだけが人生だ。
サヨナラだけがロマンスだ。

ロマンス

(C)2015 東映ビデオ


 Photos

【クレジット】
監督:タナダユキ
製作:間宮登良松
企画:加藤和夫
プロデューサー:佐藤現
中澤研太
坂井正徳
脚本:タナダユキ
撮影:大塚亮
美術:仲前智治
衣裳:宮本茉莉
編集:宮島竜治
音楽:周防義和
Jirafa
音楽プロデューサ
ー:
津島玄一
エンディングテー
マ:
三浦透子
『Romance 〜サヨナラだけがロマンス〜』
キャスティングデ
ィレクター:
杉野剛
スクリプター:増子さおり
録音:小川武
助監督:松倉大夏
出演:大島優子北條鉢子
大倉孝二桜庭洋一
野嵜好美久保美千代
窪田正孝直樹
金子岳憲
野中隆光
日比大介
安藤聖
佐藤真弓
松浦祐也
俵木藤汰
飯田芳
小林トシ江
小久保寿人
松澤匠
杉作J太郎
タカハタ秀太
雨宮まみ
松岡恵望子
千葉雅子
中村まこと
中村靖日鉢子の上司
久ヶ沢徹
佐々木勝彦
西牟田恵北條頼子
【解説】
 「ふがいない僕は空を見た」「四十九日のレシピ」のタナダユキ監督が「紙の月」の大島優子を主演に迎え、小田急ロマンスカーのアテンダントに思いがけず訪れた小さな波乱の1日を綴ったロード・ムービー。ひょんな出会いをきっかけに、わだかまりを抱えてきた母を捜して箱根中をめぐるハメになったヒロインのかすかな心の変化をユーモアを織り交ぜ優しく見つめていく。共演は大倉孝二。
 26歳の北條鉢子は新宿と箱根を往復する特急ロマンスカーのアテンダント。仕事では優秀でしっかり者の彼女だったが、恋人は鉢子のサイフをあてにするダメ男。そんなある日、郵便受けの中に母からの手紙が。鉢子は男にだらしない母のことが許せず、長いこと疎遠になっていた。そんな母からの手紙を開くこともなくポケットに入れてそのまま出勤した鉢子。いつもと変わらず仕事に精を出すが、桜庭と名乗る怪しげな映画プロデューサーの乗客とトラブルを起こしてしまう。さらに箱根湯本の駅では、鉢子が破り捨てた母の手紙を勝手に読んだ桜庭が、自殺しようとしているみたいだと言い出す始末。そしてそのまま、桜庭に引きずられるように、箱根の街で初対面のおっさんと一緒に、大嫌いな母を捜して回るハメになった鉢子だったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:dadada投稿日:2016-09-20 09:37:34
ウチの子供も自宅で歌って踊るグループにいらっしゃったヒロインさん。
上手にオーラを消している(?)んだけど、何にも無さ過ぎかな。
お話は、ありがち。適度に心地良くもあり、ヒロインにとって苦めのラストも悪くないっちゃ悪くないんだけど...。
某グループ卒業組の映画としては、もっと何にもない話だった「もらとりあむタマ子」の方が、個人的には好きだなぁ。
投稿者:Bill McCreary投稿日:2015-10-25 21:22:07
【ネタバレ注意】

正直ストーリーの無理さは相当なものですが、大島優子がわりとまともな演技をしているのでだいぶ救われています。さすが子役の時代から鍛えられているだけのことはあります。

ただこの映画を観ていると、母子家庭で困っていた彼女が、成人してからまたどうしようもなくだらしない男と同居しているという負の連鎖が暗示されていて、今後の彼女の未来に暗雲が立ち込めているのが、かなりリアルです。頭もいいし仕事もできるが、それだけではいろいろ人生うまくいかない部分がたくさんある、というところかもしれません。http://blog.goo.ne.jp/mccreary

【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】ロマンス 特別限定版2016/02/10\6,800amazon.co.jpへ
 【DVD】ロマンス 特別限定版2016/02/10\5,800amazon.co.jpへ
 【DVD】ロマンス2016/02/10\3,800amazon.co.jpへ
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION