allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

GONIN サーガ(2015)

メディア映画
上映時間129分
製作国日本
公開情報劇場公開(KADOKAWA=ポニーキャニオン)
初公開年月2015/09/26
ジャンルアクション/犯罪
映倫PG12
もう、理性はいらない。
GONINサーガ ディレクターズ・ロングバージョン Blu-ray BOX
参考価格:¥ 12,744
価格:¥ 2,980
USED価格:¥ 2,250
amazon.co.jpへ

 Photos

【クレジット】
監督:石井隆
企画:菊池剛
加茂克也
エグゼクティブプ
ロデューサー:
井上伸一郎
プロデューサー:二宮直彦
阿知波孝
ラインプロデュー
サー:
小橋孝裕
脚本:石井隆
撮影:佐々木原保志
山本圭昭
美術:鈴木隆之
キャスティング:東快彦
音楽:安川午朗
挿入歌:ちあきなおみ
『紅い花』
森田童子
『ラスト・ワルツ』
照明:祷宮信
録音:郡弘道
助監督:日暮英典
出演:東出昌大久松勇人
桐谷健太大越大輔
土屋アンナ菊池麻美
柄本佑森澤慶一
安藤政信式根誠司
テリー伊藤式根隆誠
井上晴美久松安恵
りりィ大越加津子
福島リラ余市
松本若菜百合香
菅田俊松浦譲
井坂俊哉黒木正行
根津甚八氷頭要
鶴見辰吾久松茂
佐藤浩市万代樹彦
(友情出演)
竹中直人明神
【解説】
 「ヌードの夜」「甘い鞭」の石井隆監督による1995年のバイオレンス・エンタテインメント「GONIN」の19年ぶりとなる続編。19年前の大越組襲撃事件の当事者たちの息子世代を中心に繰り広げられる新たな死闘の行方を描く。主演は「クローズEXPLODE」「寄生獣」の東出昌大、共演に桐谷健太、土屋アンナ、柄本佑、安藤政信。
 五誠会系大越組襲撃事件から19年。大越組若頭で、襲撃の際に命を落とした久松の息子・勇人は、母・安恵を支えながらまっとうな人生を送ろうとしていた。その幼なじみで大越組長の遺児・大輔は、五誠会の三代目・誠司のボディーガードをしながらも大越組の再興を夢見ていた。そんなある日、富田と名乗るルポライターが19年前の事件を追って勇人の前に現われる。いっぽう大輔は、暗い過去を抱え五誠会に囲われている元アイドルの麻美と心を通わせていく。やがて彼らは五誠会への恨みを共有すると、それを晴らすべく互いに手を組み立ち上がるが…。
<allcinema>
【関連作品】
GONIN(1995)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
16 6.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:さとせ投稿日:2017-12-09 20:51:05
19年前に惨殺された大越組長若頭の息子勇人は母の安恵と普通の人生を送っている。
一方、組は誠司が3代目を継ぎ勢力を拡大していた。
フリーのルポライター富田が安恵のスナックへ現れ事件の真相を聞いた末に自決してしまう。
勇人は大越組長の息子大輔、警察官氷頭の息子森澤、ディスコオーナー万代の娘麻実の4人は富田の計画に乗り組の裏金が隠されている闇金事務所を襲撃し金を強奪するのだが・・・。

何と「GONIN」の続編。
基本的に前作と内容は同じながら今回はより現代的となり時間も長い(ロングヴァージョンを鑑賞)ので個々の動きがより描かれている。
個人的には井上晴美が見れたのが一番のポイントだった(笑)。
ラストの銃撃戦も凄まじく公開時は不振だったそうだが鑑賞した人は涙を流した人も多かったと聞く。
DVDでの鑑賞だが画質は良く5.1ch収録されているので迫力満点。
投稿者:Stingr@y投稿日:2017-02-16 04:23:43
本作は純然たるコメディ映画なんだが、要するに、コメディにコメディアンを使っては、単なるバラエティショーになってしまうということだ。

そんなこと、「天使のはらわた」の石井隆が判ってないはずはないので、竹中直人やテリー伊藤の起用は“外圧”によるものと考えたい。竹中直人ではなく松方弘樹を起用していれば、たとえ同じ演技をしても、作品の評価はガラッと変わっていただろうに。

「GONIN (1995)」から20年近くも経って、石井としては、息子たちに世代交代した物語で、時代に合わせた「新たなGONIN」を創ればよかったのに、結局「GONIN (1995)」を引きずってしまったのが残念!
投稿者:McQueeeeeN投稿日:2017-02-06 23:07:46
なぜテリー伊藤などを大きな役で出演させてしまったのか..。
それだけが、ただただ残念..。
投稿者:bond投稿日:2016-10-26 15:20:48
どっかで観たようなシーンがダラダラと続く。根津甚八 老けたね。
投稿者:dadada投稿日:2016-09-20 10:41:49
何で今更?の感が、本編観ても拭い去れない続編。
氷頭の再登場は、超痛々しい。
クライマックスは、室内にまで雨を降らして、こだわり半端ねェ〜!
石井監督の映画は、このグッチョリ感と痛々しさが堪らん。
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2016-09-19 01:29:36
【ネタバレ注意】

若手人気俳優の知名度をアテにして無理やり作った続編。
根津甚八の蘇生が一番の見所だけど、「チャカ、くれ…」は彼が二度と復帰出来ない事も分かる残酷映像。
意外な人が射撃を助ける。

【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ ベスト10 第4位
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION