allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

真夜中のゆりかご(2014)

EN CHANCE TIL
A SECOND CHANCE

メディア映画
上映時間102分
製作国デンマーク
公開情報劇場公開(ロングライド)
初公開年月2015/05/15
ジャンルサスペンス/ドラマ
映倫G
刑事が下した決断は、正義なのか、過ちなのか。
真夜中のゆりかご [DVD]
参考価格:¥ 5,076
価格:¥ 2,980
USED価格:¥ 2,369
amazon.co.jpへ

 Photos

【解説】
 アカデミー外国語映画賞に輝いた「未来を生きる君たちへ」のスサンネ・ビア監督&アナス・トマス・イェンセン脚本のコンビが放つ衝撃のサスペンス・ドラマ。突然の悲劇に直面した善良な刑事が、追い詰められた末に許されぬ行為に手を染めたことで拡がる波紋とその顛末を、善悪の境界線を揺さぶるスリリングな筆致で描き出す。主演は「オブリビオン」、TV「ゲーム・オブ・スローンズ」のニコライ・コスター=ワルドー。
 真面目な刑事アンドレアスは、美しい妻アナと乳児の息子とともに幸せな日々を送っていた。そんなある日、通報を受け駆けつけたアパートの一室で、薬物依存の男女に育児放棄された乳児が、クローゼットの中に糞尿まみれで放置されている現場に遭遇する。衝撃を受けながらも、法律の壁に阻まれ、乳児を保護することができず無力感に苛まれるアンドレアス。そんな中、思いも寄らぬ悲劇に見舞われるアンドレアスとアナだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
110 10.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:HABBY投稿日:2016-10-26 23:10:11
【ネタバレ注意】

この作品を男性の監督が思いつくのはちょっと難しいだろう。自らの体を痛めて子を産む女性ならではの着眼点、そして愛情。作中、男性警官がとってしまった迂闊な行動、その是非についてはサンデル教授の授業で取り上げてもおかしくないディープな命題だ。

独特の寂寥感、薄暗さ。ジャンルはちょっと違うが、デンマーク/スウェーデン合作の連続ドラマ『THE BRIDGE/ブリッジ』とも共通する色合い。観ていて気疲れする重い題材だが、たまにこういう社会派作品に触れるのも悪くない。日本でも最近酷い親の子殺しがニュースで報じられており、他人事とは言えないので。

投稿者:bond投稿日:2016-07-11 23:39:21
寒いデンマークの寒い話し。結局、奥さんやっちまったのね。ラストで救われる。
投稿者:黒美君彦投稿日:2015-05-22 15:44:38
【ネタバレ注意】

ドグマ95って今も成立しているのかよくわからないが、スサンネ・ビア作品はいつも静かに心を動揺させる。
妻を愛する刑事アンドレアスと、赤ん坊が糞尿まみれになっていても放置するやさぐれ夫婦。
精神の平衡が危うい妻アナは、愛息の死に直面し、半狂乱になる…。

北欧の寒々とした並木道と海(湖?)と風に揺れる木立が印象的だ。
半狂乱となった妻は、死んだ子どもを連れて行ったら本気で自殺する、と叫ぶ。刑事でありながらアンドレアスは、死んだ子と、やさぐれ夫婦の子を入れ替えることを思いつく。
放置して死なせるよりよほどいいことをしているんだ、と自分を必死で納得させて…。
ところが…と、ストーリーは大きく展開し、サスペンスフルな心理劇が交錯する。

出産を経験しない男は、子どもに関してはどこか当事者ではない引け目を感じている。
妻にあそこまで気遣いを見せる夫はそうそういないのだが、それでもどこか居心地が悪そうなアンドレアスをニコライ・コスター=ワルドウが好演。壊れかけた妻アナのマリア・ボネヴィーも巧いが、薬物依存症のサネを演じたモデル出身のリッケ・メイ・アンデルセンが映画初出演とは思えない存在感。

壊れた妻に振り回された形の夫が少々かわいそうだが、見応えのある作品だった。

投稿者:ビリジョ投稿日:2015-05-19 17:57:50
【ネタバレ注意】

 道徳とか倫理とかから逸脱する映画だ。にしてもよくこんな話を映画にするもんだ。どうかと思う。って糞真面目に反応してみたくなる。
 人間が信じられない人が見ると人間が信じられなくなるので見ないほうがいい。そんなことないか。いろんなことが起こると人間はどう行動するか分からない。当たり前だがそれをあえて物語にしてしまうわけね。

 どうも、この映画をきちんと見れる体調ではなかったな。心身共に健康な状態でないときちんと公平な評価ができないな。疲れていたので疲れた。

 サネ役のリッケ・メイ・アンデルセンという人が素晴らしい。モデル出身で初演技ということだが、ちょっと信じられない。

 道徳、倫理、法、哲学というのは、こういうややこしい事態に陥らないためにあるのかもしれない、と思った。何だその感想は。

 いい映画なのだが気分がすぐれないので点は低め。ご容赦を。

【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】真夜中のゆりかご2015/12/04\4,700amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】真夜中のゆりかごレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION