allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ラブ&マーシー 終わらないメロディー(2015)

LOVE & MERCY

メディア映画
上映時間122分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(KADOKAWA)
初公開年月2015/08/01
ジャンルドラマ/音楽/伝記
映倫PG12
いつかは、ここを出て、
愛を迎えに行かなくちゃ。

2015/8/1(土)、角川シネマ有楽町、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国ロードショー

ラブ&マーシー 終わらないメロディー

(C)2015 Malibu Road, LLC. All rights reserved.


 Photos

【解説】
 幾多の名曲を世に送り出してきた伝説的ロック・バンド“ザ・ビーチ・ボーイズ”の中にあって、その音楽的側面を一手に引き受けていた天才ミュージシャン、ブライアン・ウィルソンの波瀾万丈の音楽人生に迫る感動ドラマ。天才ゆえの孤独と繊細さからプレッシャーに押しつぶされていくさまと、奇跡的な復活劇に秘められた感動の物語を、名盤『ペット・サウンズ』制作現場の完全再現を織り交ぜて描き出す。主演は、60年代の若き日のブライアンを「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」のポール・ダノが、80年代以降を「ハイ・フィデリティ」のジョン・キューザックがそれぞれ演じ分けている。共演はエリザベス・バンクス、ポール・ジアマッティ。監督は「ツリー・オブ・ライフ」「それでも夜は明ける」などの製作で知られるビル・ポーラッド。
 1961年に弟のデニス、カールや従兄弟のマイク・ラブらとバンド、ザ・ビーチ・ボーイズを結成したブライアン・ウィルソン。カリフォルニアの明るい日差しを体現した陽気なサーフィン・ミュージックは全米の若者たちの心を捉え、ビーチ・ボーイズは一気にスターへの階段を駆け上っていった。しかし、曲作りのプレッシャーと過酷なツアー活動は、ブライアンの心を想像以上に蝕んでいた。やがて、とうとうツアーに参加できなくなったブライアンは、ひとりスタジオにこもり、革新的な音作りに没頭していく…。80年代。すっかり表舞台から消えていたブライアンは、依然、精神に深刻な問題を抱え、精神科医のユージン・ランディによる厳しい監視と薬漬けの日々を送っていた。そんなある日、ふと立ち寄った自動車販売店で、セールス担当のメリンダ・レッドベターと出会い、恋に落ちるのだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:HABBY投稿日:2016-12-30 02:50:08
【ネタバレ注意】

天才ブライアン・ウィルソンの産みの苦しみと、それに伴う精神の失調が主題の作品。ビーチ・ボーイズの対極(海の向こう)にビートルズという"怪物"が居て、ブライアンの精神失調にも大きく影響を及ぼしたのだが、そこの所は仔細に触れられず。権利関係とか色々ややこしい問題があるのだろう、と邪推。とは言え、天才ゆえの痛いほどの苦悩と孤独が伝わってくる内容で、音楽家として生きる事、生き続ける事の難しさを改めて実感。最終的に彼は意中の女性と結ばれたのだから、波乱万丈の人生も終わり良ければ、、といったところか。なんだかほっこりするエンディングであった。

投稿者:ロッテンクロッチ投稿日:2016-02-20 15:47:30
「サージェント・ペパー」なんかより、「ペットサウンズ」の方が断然素晴らしい。
投稿者:ASH投稿日:2015-10-21 21:44:03
【ネタバレ注意】

 素敵じゃないか。

【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 助演男優賞ポール・ダノ 
 □ 歌曲賞 “One Kind of Love”
□ 助演男優賞ポール・ダノ 
□ 助演男優賞ポール・ダノ 
 □ 歌曲賞 “One Kind of Love”
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION