allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン(2015)

AVENGERS: AGE OF ULTRON

メディア映画
上映時間142分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ディズニー)
初公開年月2015/07/04
ジャンルアクション/アドベンチャー/ヒーロー
映倫G
愛を知る――
全人類に捧ぐ。
アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン MovieNEXプラス3Dスチールブック:オンライン数量限定商品 [ブルーレイ3D+ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
参考価格:¥ 7,560
価格:¥ 9,500
USED価格:¥ 7,559
amazon.co.jpへ

 Photos
アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロンアベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロンアベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン

【クレジット】
監督:ジョス・ウェドン
製作:ケヴィン・ファイギ
製作総指揮:ルイス・デスポジート
アラン・ファイン
ヴィクトリア・アロンソ
ジェレミー・ラーチャム
パトリシア・ウィッチャー
ジョン・ファヴロー
スタン・リー
脚本:ジョス・ウェドン
撮影:ベン・デイヴィス
視覚効果監修:クリストファー・タウンゼント
プロダクションデ
ザイン:
チャールズ・ウッド
衣装デザイン:アレクサンドラ・バーン
編集:ジェフリー・フォード
リサ・ラセック
音楽:ブライアン・タイラー
音楽監修:デイヴ・ジョーダン
スペシャルサンク
ス:
デヴィッド・メイゼル
追加音楽:ダニー・エルフマン
出演:ロバート・ダウニー・Jrトニー・スターク=アイアンマン
クリス・ヘムズワースソー
マーク・ラファロブルース・バナー=ハルク
クリス・エヴァンススティーブ・ロジャース=キャプテン・アメリカ
スカーレット・ヨハンソンナターシャ・ロマノフ=ブラック・ウィドウ
ジェレミー・レナークリント・バートン=ホークアイ
ドン・チードルジェームズ・“ローディ”・ローズ=ウォーマシン
アーロン・テイラー=ジョンソンピエトロ・マキシモフ=クイックシルバー
エリザベス・オルセンワンダ・マキシモフ=スカーレット・ウィッチ
ポール・ベタニーJ.A.R.V.I.S.(ジャービス)/ヴィジョン
コビー・スマルダーズマリア・ヒル
アンソニー・マッキーサム・ウィルソン=ファルコン
ヘイリー・アトウェルペギー・カーター
イドリス・エルバヘイムダル
ステラン・スカルスガルドエリック・セルヴィグ
ジェームズ・スペイダーウルトロン
サミュエル・L・ジャクソンニック・フューリー
リンダ・カーデリーニローラ・バートン
キム・スヒョンヘレン・チョ
トーマス・クレッチマンバロン・フォン・ストラッカー
アンディ・サーキスユリシーズ・クロウ
ジュリー・デルピー
スタン・リー
ヘンリー・グッドマンリスト
ジョシュ・ブローリンサノス
(クレジットなし)
声の出演:ケリー・コンドンF.R.I.D.A.Y.(フライデー)
【解説】
 アイアンマンやハルク、キャプテン・アメリカはじめマーベル・コミックが誇るスーパー・ヒーローたちによって結成されたドリーム・チーム“アベンジャーズ”の活躍を描く空前のメガヒット・アクション超大作の第2弾。出演はロバート・ダウニー・Jr、クリス・エヴァンス、クリス・ヘムズワース、マーク・ラファロ、スカーレット・ヨハンソン、ジェレミー・レナー、サミュエル・L・ジャクソンらの続投組に加え、新たにアーロン・テイラー=ジョンソン、エリザベス・オルセンが参加。監督は前作に引き続きジョス・ウェドン。
 アイアンマンこと“戦う実業家”トニー・スタークは、将来出現するかも知れない新たな脅威から地球を守るために、人工知能“ウルトロン”による平和維持システムを開発する。しかしウルトロンが平和を維持するために導き出した答えは、その障害となっている人類を排除するというものだった。仮の肉体を得て暴走を始めたウルトロンを阻止すべく再び集結したアベンジャーズ。そんな彼らの前に、人の心を自在に操るワンダと超高速で動く肉体を持つピエトロの超人姉弟が立ちはだかる。
<allcinema>
【関連作品】
アベンジャーズ(2012)
アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン(2015)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
219 9.50
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:namurisu投稿日:2016-12-09 11:51:29
フィギュアフィギュアフィギュアフィギュアフィギュアフィギュアフィギュアフィギュアフィギュア。こんなもん観てるような歳ではなかった…。
投稿者:HABBY投稿日:2016-08-26 17:12:25
【ネタバレ注意】

『エージェント・オブ・シールド』第3シーズンのwowowでの放映が迫ってきてるようなので、なんとなくそわそわしつつ急ぎ鑑賞。

最近観た『ターミネーター』の最新シーズンもそうだが、老舗の作品から本作のような老若男女が楽しめる人気作まで、なべて「ヒトVSロボット(人工知能)」(人類の存在意義、、我々は何処から来て何処に向かうのか)を問うような論調に収斂しつつあるのが興味深い。それだけこの種のテーマが今ホットだということなんだろう。

男目線ゆえどうしても美女キャラに注目してしまう。三十路に差し掛かりフェロモンがいよいよ満開中のスカーレット・ヨハンセンに、若さがはちきれんばかりのエリザベス・オルセン(双子のお姉さまを抜いて大ブレイクする勢いだなあ)。まさかジュリー・デルピーまで本シリーズに参戦とは。もちろん、美男キャラも皆それぞれ個性を発揮、獅子奮迅の動きを見せてる。いろいろなキャラ、アイデンティティが錯綜するハリウッドの「人種のるつぼ」な環境はより取り見取り、見栄えが麗しゅうて良いですなあ。ほぼ単一民族な日本ではなかなかこうはいかないんでね。

韓国人女性科学者(キム・スヒョン)が結構枢要なポジションを陣取ってるのは当地でのサムスンの存在の大きさゆえか。一昔前は"ソニーな日本"がこの位置にあったんだろうけど。いずれにせよ、この方、なかなかのべっぴんさんだ(KPOPガールみたいな風貌。整形してるのかどうかは知らん)。

アベンジャーズな世界観にそれほど詳しくはないんだけど、最先端の映像技術と旬な美男美女が集結して分かりやすいストーリーを披露してくれるお話なので今後も新作が出るたびにトライする予定。

投稿者:nedved投稿日:2016-06-29 18:38:28
ロバート・ダウニー・Jr
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2016-06-07 03:01:42
ウルトロンとヴィジョンの関係は、ピッコロと神を思い出した。
投稿者:リベルタド!!投稿日:2016-05-26 23:22:47
【ネタバレ注意】

オールスター共演につき、各々の見せ場を用意しなくてはいけないからか、いささか冗長!?
今回の悪役ウルトロンの“メカ感”が「トランスフォーマー」ぽくて残念。
ジャービス役で声の出演だったポール・ベタニー、“顔出し”おめでとう。
ホーク・アイの家族が出てきたので、“死亡フラグ”かと思ったが無事で良かった。
一連の“マーベルシネマユニバース”まだまだ続くみたいだけど、ちょっと飽きてきたかも!?

投稿者:bond投稿日:2016-05-22 22:38:42
この手の脚本はもうネタが尽きてる。派手なCGを楽しむ。まだ続くのね。
投稿者:にゃんにゃん投稿日:2016-03-15 01:49:54
ストーリーはあってないようなもの。身内の不始末を片付けるだけって感じ。
派手な見せ場は多くて楽しめたが、ストーリーがペラいのでノリきれないところもあった。
あとただでさえ登場人物が多いのに終盤でまた1人「誰だよ」みたいなキャラが登場して吹いた。
あいつは別にいらなかったんじゃないかな。(強いて言えば最後のセリフだけ)

1作目のが上手くまとまってたと思う。
今作はアクションシーンが良かったが全体的にはまあまあかな。
アベンジャーズ同士の確執はむしろ「キャプテン・アメリカ シビルウォー」への伏線か?と思った。
投稿者:nabeさん投稿日:2015-10-18 22:07:00
シリーズ第2作である。
アイアンマンやキャプテン・アメリカなど、単独でも作品が成立するスーパーヒーローたちを一同に集めて、敵と力を合わせて戦うという発想はかつての怪獣総進撃のような壮大なスケールだ。したがって、そこに登場する敵も最強でなければシラケてしまうが、今回のウルトロンはアベンジャーズの敵としては十分強いので申し分ない。彼らの戦いはどんどんヒートアップしていって、最後にはひとつの街ごと空中に浮かべてしまうが、アベンジャーズのヒーローたちに十分慣れている観客には全く不自然さは無く自然に観ていられる。そこがこのシリーズの醍醐味だろう。
ハリウッドのヒーローものに違わず、アベンジャーズのヒーローたちも家族との両立や恋に悩んだりして妙に人間臭い。確かに、武器がただの弓矢とか鉄亜鈴だけでは、科学技術を駆使した派手な武器を持った連中に対して見劣りがするが、悩んでいる彼らの存在が荒唐無稽なB級作品のレベルを上げている点は、心憎いばかりの演出である。
アベンジャーズのメガヒットによって、出演者たちのギャラも高くなる一方なので、ここで世代交代しながらシリーズ化を継続していくというお家の事情もあるのだろうが、今回新たに登場したワンダとピエトロの姉弟もなかなかクールで、今後に期待できそうだ。
投稿者:maku13投稿日:2015-08-09 12:12:05
始終アクションの連続で、ストーリーはあってないようなかんじだけれども、愛着のあるヒーロー達がかっこよくキメてくれる映像を見ているだけで満足。
すごく規模の大きい派手なアクションはさすが。スクリーンで見ないと!
にしても、個々の能力の差にはさすがに違和感。双子ちゃんなんて、XMEN!?
なんだかんだ、新作が出るたびにわくわくしてしまうので、これからもヒーロー達の活躍が楽しみです。
投稿者:みつあき投稿日:2015-07-29 23:52:16
3D版を鑑賞。

2時間以上もある長尺を最後まで押し切った映像パワーにはとても評価ができる。

最近の3D映像は良いね。
初期と比べ、観せ方のノウハウが蓄積されてきたお陰か疲労とか3D酔いが減ったし、
ちゃんと3Dの意味というか存在感が出せている。

ただ、お話はずいぶんと冗長。
所詮は、連作の「間繋ぎのお話」…それを時間分埋めましたって事かな。

バッサリ言っちゃうと、連作のラストで「いろいろ大変だったけど、苦難を乗り越え勝利した」と
回想する際の「いろいろあった」の部分を埋めるだけの あんまり意味のない部分だと。
(実は今回の部分が連作の最後のクライマックスへの大きな伏線だったりすると嬉しいけどね)

ま、そういうことでストーリは気にしないで、気楽に映像を愉しむのがお勧め。


【以下はネタバレ含み】

前宣伝を観てて「キャシャーン(Not世紀の駄作といえる映画版)」の丸パクリか?と思ってましたが、
流石にそこまで酷くはなかった。

ただ、
前作が「いろいろと出自が違うヒーロー達が、大きな脅威に立ち向かうために協力し危機を乗り越える」
だったら、繋ぎとして作るんなら「内紛を起こして再分裂、でも最後には協力して」となるよね…という
お約束パターンに残念ながら工夫は見られなかった。

結局。ハリウッド流のメソッドで豪華な「繋ぎ」の作品を作りました…なのはとても残念。
あんだけ長尺を使うなら、もっとイロイロな話を仕込めるでしょうに。

上にも書いたけど、映像のおかげで飽きなかった。けれど…長時間の視聴は視聴後の疲れとして残る。
話としてはもっと尺を短くしても問題ないのだから、もちっと短くして視聴後の興奮と軽い疲労感を
考慮した方が良かった気がする。

あと、個人的にはヒーローはもっと弱点というか弱さとか人間味がある方が好みなんだけど…。
リアルで戦争を体験した国民には、超然とした存在のほうが拠り所として好ましいのだろうねぇ。
投稿者:タミー投稿日:2015-07-20 18:05:59
ちゃんと期待に応えてくれますよ。
前作はまだ初見の人に気を使った回りくどさがあったが、今回は冒頭からファンサービス全開。

見せ場の連続はいいんだが、悪役ウルトロンが終盤までは派手に暴れず、アベンジャーズの内輪もめで街が破壊されていくのは楽しいけどどうなんだろうなー。

結局のところは身内の不始末を片付けるお話だからか、やたらと人命救助に力を入れる今作。クライマックスのキャップの演説じみた台詞はちょっとクドいと思った。でもヒーローもので人命救助シーンは特別なもの。そのオンパレードにはテンション上がった。

不評だった日本版ポスターは前作のときのようなコラ待ちなんだろうな、と勝手に解釈していたが今回はその手のネタを見れなかったね。
投稿者:uptail投稿日:2015-07-13 10:54:14
演出:7
演技:7
脚本:6
音響:7
投稿者:moviemania1999投稿日:2015-07-06 00:30:29
●2D字幕で鑑賞 俳優起用の吹き替えはなんだか苦痛なので
またまたスゴイ物を見せられた感じです。
ただ、キャラも増えれば増えるほどゴチャゴチャしそうで不安です。
「3」から別監督らしいので担当した人ご愁傷様
次回の「3」は2作続きになるのでかなりの労力を必要とするでしょう。
アクション(ドラマ=休憩)アクション(ドラマ=休憩)の繰り返しなので
疲れた状態から人間ドラマは眠気を誘う所もあります。
「愛」とか、ごり押ししたメッセージの宣伝はマズイよなぁ
「ベイマックス」戦法がミエミエ そんな事しなくてもヒットするのはヒットするんだから
登場キャラ 増えれば増えるほど人が居なくなる。ペッパーも会話の中でちょろっと出てくる。
これからはちょい出扱いが多いかもね。
新キャラも出て「ロボコップ」のピーター・ウェラー(古っ)と思ったらポール・ベタニー(笑)
超人が増えて人間(ホークアイ、ブラック・ウィドウ)がフツーにまぎれてバトルしてるのには違和感を感じだした。
なんかバランスが悪い。
あと、アベンジャーズがいるから色んなトラブルが発生し人類の脅威になってるような・・・。
前回はソー 今回はスターク 中半はハルク
何故に韓国??というのもありました。 結構韓国マネーで動いたんでしょうね「ターミネーター」もそうですし
最近TVでやっている「アルティメット・スパイダーマン ウェブ・ウォーリアーズ」は
スパイダーマン中心で話しが進み脇役がアベンジャーズなんだけど面白いんだな。
観てない方はGYAO!で見れるよ。1、2話はロキのお話(オススメ)
派手なアクションよりサクっと見せる面白さ こういうのに期待したい。http://blog.livedoor.jp/moviemania1999/
投稿者:ASH投稿日:2015-07-04 12:37:18
【ネタバレ注意】

 3D版にて鑑賞!! なんか、本国での盛り上がりとは裏腹に、日本での人気はイマイチな気がする一連のマーベル作品だけど、「アイアンマン」から始まるMCUに律儀に付き合ってきたボンクラにすれば、この第2弾も日本での公開が待ちきれない状態だったんだよね。こんなアメコミ映画にいつまで熱くなっていられるか分からんけど、やっぱりスーパーヒーローが集結する様を目にすると年甲斐もなくワクワクしちまう(幼稚!!)。てなわけど、早起きして初回上映へイソイソと出向いたわけ。

 開幕早々、アベンジャーズが戦闘を繰り広げている!! いきなりクライマックス突入のようなのだ。さすがに第2弾にもなると、前作の時のようなワクワク感はだいぶ薄れるが、それはジョス・ウエドンも分かっていることなんだと思う。6人のスーパーヒーローがいかにして集結しアベンジャーズとなったのかは既に描かれているわけだから、まどろっこしいこと抜きにしていきなり戦闘の真っただ中に観客を放り込んでテンションを上げさせる。このアゲアゲ状態が所々に配してあるので、2時間20分という長尺もあまり長く感じない。

 ラストで登場するサノス! 「ガーディアンズ」のメンバーも参戦すんのか?

投稿者:ジャポニカ学習帳投稿日:2015-04-29 23:43:58
なんか、あまり要らんシーンが多くて単にCGアクション見せたい感がハンパなかった。たまたま助手が韓国人だから韓国を舞台にする必要無いし、電車の脱線シーンなんかベタベタで見てられんかった。
ヴィジョンのデザイン何とかならんかったのか・・・?
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 作品賞 
 □ 格闘シーン賞ロバート・ダウニー・Jr ロバート・ダウニー・Jr対マーク・ラファロ
  マーク・ラファロ 
 □ アンサンブル演技賞 
 □ 悪役賞ジェームズ・スペイダー 
 □ ヒーロー賞クリス・エヴァンス 
 □ ヴァーチャル演技賞ジェームズ・スペイダー 
【ニュース】
全米興行成績、「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」が好発進2016/05/09
全米興行成績、快進撃続く「ジュラシック・ワールド」がV3達成2015/06/29
全米興行成績、ピクサー「インサイド・ヘッド」が大ヒット・スタートも「ジュラシック・ワールド」が首位死守2015/06/22
全米興行成績、「ジュラシック・ワールド」が記録的メガヒット・デビュー2015/06/15
全米興行成績、メリッサ・マッカーシー主演コメディ「Spy」が首位デビュー2015/06/08
全米興行成績、ドウェイン・ジョンソン主演パニック大作「San Andreas」が大ヒット・スタート2015/06/01
全米興行成績、ディズニー製作SFアドベンチャー超大作「トゥモローランド」が初登場1位2015/05/26
全米興行成績、アナ・ケンドリック主演「ピッチ・パーフェクト2」が大ヒット・スタート2015/05/18
全米興行成績、「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」が圧勝でV22015/05/11
全米興行成績、「アベンジャーズ」続編が大ヒット・スタートも記録更新デビューはならず2015/05/04
全米興行成績、「ワイルド・スピード SKY MISSION」がV4達成2015/04/27
メガヒット・アクション「アベンジャーズ」続編「Avengers: Age of Ultron」、最新予告編2015/03/05
メガヒット・アクション「アベンジャーズ」続編「Avengers: Age of Ultron」、最新予告編2015/01/13
メガヒット・アクション「アベンジャーズ」続編「Avengers: Age of Ultron」、最新ティーザー・トレーラー2014/10/30
メガヒット・アクション「アベンジャーズ」続編「Avengers: Age of Ultron」、ティーザー・トレーラー2014/10/23
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION