allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション(2015)

MISSION: IMPOSSIBLE ROGUE NATION

メディア映画
上映時間131分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(パラマウント)
初公開年月2015/08/07
ジャンルアクション/サスペンス
映倫G
絶対不可能に挑め。
ミッション:インポッシブル ベストバリューBlu-rayセット  (期間限定スペシャルプライス)
参考価格:¥ 7,425
価格:¥ 5,743
USED価格:¥ 5,773
amazon.co.jpへ

 Photos

【解説】
 トム・クルーズ演じる伝説のスパイ、イーサン・ハントが数々の不可能なミッションに挑む大人気アクション・シリーズの第5弾。イーサン率いるスパイ・チーム“IMF”が解体の危機に直面しながら繰り広げる、謎の組織“シンジケート”との究極の諜報バトルの行方を、迫力のアクション満載に描く。共演はジェレミー・レナー、サイモン・ペッグ、レベッカ・ファーガソン。監督は「アウトロー」のクリストファー・マッカリー。
 イーサン・ハントと彼のチーム“IMF”は、各国の元エリート・スパイたちによって結成され、国際的な陰謀をめぐらす謎の組織“シンジケート”を追っていた。しかしその矢先、IMFはCIA長官によって解散を命じられ、メンバーはバラバラに。その後、単身でシンジケートの実体解明を進めていたイーサンは囚われの身となってしまう。その窮地を救ったのは、なんと敵側のスパイと思われた謎の美女イルサだった。やがて秘かにベンジーらチームのメンバーを再集結したイーサンは、敵か味方か分からないイルサをも、その能力を買ってチームに加えると、シンジケートを壊滅すべく史上最大の不可能ミッションに挑むのだったが…。
<allcinema>
【関連作品】
スパイ大作戦(1966〜1973)オリジナルTVシリーズ
ミッション:インポッシブル(1996)シリーズ第1作
M:I-2(2000)シリーズ第2作
M:i:III(2006)シリーズ第3作
ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル(2011)シリーズ第4作
ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション(2015)シリーズ第5作
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
436 9.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:HABBY投稿日:2016-10-25 03:43:31
【ネタバレ注意】

中国マネー(アリババ集団)の出資を仰いだ事でも話題となったシリーズ第5作。全編を貫く緊張感息をもつかせぬハラハラ感は健在。本作ではトム・クルーズの神懸かり的アクションと共にスウェーデン女優レベッカ・ファーガソンの颯爽とした立ち居振る舞いが強調されており、前作のレア・セドゥに続いて本シリーズ発でのスター(ボンドガールならぬハントガール)がまた1人誕生したとの印象を抱く。彼女、まだ30代前半との事でここから10年の活躍が楽しみである(ひとまず本年公開作の『ガール・オン・ザ・トレイン』と『マダムフローレンス! 夢見る2人』で再びお顔を拝見するのを楽しみに待ちたい)。「密室にガス」で始まり、終わる構成がなんともおしゃれ。起承転結がしっかり練られていると感じた。次作以降も中国資本が関与するのか現時点ではわからぬが、この高級感が持続される限り、(作品を通じての中国批判が行えずとも)人気は持続するのではないだろうか。

投稿者:nedved投稿日:2016-07-28 20:55:28
トム・クルーズ
投稿者:リベルタド!!投稿日:2016-07-01 16:38:30
【ネタバレ注意】

シリーズ5作目にしてメンバーも固定してきたし、イーサンも“個人プレー”から“チームプレー”に変化してきた。
今の「007」がシリアス過ぎて窮屈なのに対し、「M:i」シリーズは常に娯楽に徹しているので素直に面白い!
今回は言うなれば、イーサン版の「007私を愛したスパイ」。
レベッカ・ファーガソンの女スパイぶりが魅力的だったなあ。

投稿者:bond投稿日:2016-06-26 22:48:41
それなりのシナリオとアクションで楽しめる。流石のクルーズも老けてきた。
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2016-06-26 07:45:34
シリーズで上位に入る面白さ。でもアクションは2が一番。
投稿者:sayakamizu投稿日:2016-04-16 11:17:45
トム・クルーズのクソガキ。「スペクター」を10000回観な。
投稿者:kath投稿日:2016-01-11 08:43:11
この歳であそこまで!ヒロイン役も素敵だった。
投稿者:Normandie投稿日:2015-12-17 00:47:51
「007スペクター」見た後だったから笑ったぁ。
悪い意味じゃないけど、既視感満載のアクション映画。
投稿者:namurisu投稿日:2015-12-09 09:33:08
オープニングがクライマックス。ドラえもん的秘密道具で完全武装。CG潜入、CGチェイス、爆破ゼロのアクション大作を初めて観た。死ね。-100★
投稿者:nabeさん投稿日:2015-12-04 18:16:48
トム・クルーズ主演の人気シリーズ第5作である。
今回は、イーサンたちが所属するIMFそのものが自分たちの敵となるという、凝ったシナリオになっていて、そこにお決まりの敵か味方か分からない人々が入り乱れて登場するので、いささか複雑である。しかし、それがそれほど苦痛にならないのは、もはや芸術の域に達しているトム・クルーズのアクションに尽きるだろう。ある時は単独で、またある時は仲間と一緒に次から次へとアクションが繰り出されてまさにノンストップ! 53歳とはとても思えない若々しさだ。
ジェレミー・レナーやサイモン・ペッグらの脇役もシブく、ヒロインのレベッカ・ファーガソンは魅力的だ。実にハリウッドらしい元気のいいエンタメ映画である。
投稿者:タミー投稿日:2015-09-07 14:50:21
作品毎に監督とトム・クルーズの髪の長さが変わる大ヒットシリーズの5作目。

派手なアクションが続く続くと思ったら、クライマックスは頭脳戦。え、これで終わり?と思ったら悪役と同じ気持ちになれる。
投稿者:黒美君彦投稿日:2015-09-04 12:11:51
【ネタバレ注意】

何にも考えず、年齢に抗うアクションを存分に見せてくれるトム・クルーズに元気をもらう…いやいや満足です。ストーリーはすぐに忘れてしまうだろうけど、スタントなしで軍用機上で機体のドアにしがみつくというシーンや、これまたスタントなしだというバイクでの追跡劇は記憶に残りそう。五十代になってもこれだけのことをこなすのだから、やはりトム・クルーズはスゴい。
IMFの連中もみな好演。アクションも無理やり感がなく、気持ちよく最後まで観られた。
CG全盛の時代に、敢えて体を張ったアクションで勝負する…カッコいいなあ。

投稿者:映画で元気投稿日:2015-08-25 17:55:28
何とも面白いですね。ドラマチック、見せ場というものを知っていますね。
久々にCGに毒されていないアクション傑作を観ました。
投稿者:炙り明太子投稿日:2015-08-25 15:56:28
ラストターゲットのヴィオランテ・プラシドと勘違いしました。

毎回、監督・作風を変えてマンネリ打破はお見事。
IMF解体の非常事態にイーサンチーム以外が行動を起こさないのがご都合主義(笑)
同系列のスパイ映画007がリアル路線になったので、このシリーズは
夢の便利な小物を今後も出し続けて観客を楽しませて欲しいです。

投稿者:ローランド投稿日:2015-08-24 10:19:11
  アクションを盛りだくさんにサービスしたものだから繋がりにちょっと難のあるのは仕方ないことながら物語は荒唐無稽にはならずに良くできているし、ウイーン国立歌劇場での要人狙撃のシークエンスが、ワールドカップサッカー・ローマ大会でテーマ曲になったりフィギュアスケートに使われたりで日本でもお馴染みのプッチーニのアリア『誰も寝てはならぬ』 が舞台上で朗々と歌い上げられるなかで繰り広げられ、それも単純なものではなくてなかなか凝った筋書きになっているように、全体に提供する側の品位と熱意が感じられ始めから終わりまでまったく気の削がれることなく魅せてもらる上等の作品に仕上がってます。  

  車体を思いっきり傾げてのコーナーリングにワクワクするオートバイでの追跡劇には、もうカーチェイスを見てもつまらなくなるのではないかと思うほどだったし、トムはもとより初めてお目にかかるレベッカ・ファーガソンという女優さんのアクションもたいしたものだし、脚本が良いのか悪役も含めた脇役それぞれが印象に強く残る役割を果たしていたしと、近頃あまりなかった満足できるアクション映画でした。  

  トム・クルーズはジョン・コルトレーンを好きなのかここでも名前が出てましたが、それもセロニアス・モンクとの競演盤とかでジャズファンをニンマリさせるものだし、それにオペラにも関心があるようだし、音楽好きってことなのかね?。 なにはともあれ、この映画を観てトムへの好感度が上がったことは確かです。
投稿者:dadada投稿日:2015-08-17 13:05:41
プロデュースも務めるトムさんは、オレのようなオジサンが何を観たがっているかをよく知っている。良い加減に賑やか過ぎないサービス方法を心得てくれている。
自身が主演であっても、自身のオーラだけでは1本の映画が成立しづらくなっていることもわきまえていて、脇役の使い方もお上手。これにより映画が賑やかに華やかに奥行きを増している気もする。
近年は特に気持ち良く映画を楽しみたいなら、それはトム映画を選ぶべし!とでもいったところ。これからもよろしく。
投稿者:ベン・ショックリー投稿日:2015-08-14 22:25:44
相変わらずの天才的セルフ・プロデュース振りを本作でも発揮。「カッコいいやろ?オレ」的シーンのオンパレードだもんね。冒頭のシーンが本編にあまり影響がないのは、かつての007でも観られたシーンだし。いくつかある見せ場の中ではバイクチェイスのシーンに燃えたな。カッコ良すぎトム!まだまだイケるで!
投稿者:SECOND_STAGE_LENSMEN投稿日:2015-08-11 16:33:33
本当に飛行機の外側にしがみ付いて撮影とか(CGで命綱を消してるとはいえ)、相変わらず驚異のアクションを満喫させてくれる。
同時に、毎回監督と趣向を変えていることがこのシリーズの面白さであろう。
今回はレベッカ・ファーガソン演じるイルサの存在感がいい意味で新味になっいる。
主人公イーサンが既婚者であることを知る旧来からのファンには魅力的なパートナーとして、はじめてこのシリーズに接したファンには新ヒロインとして受け取れるダブルミーニングのセリフにゾクッと来る。

http://movieandtv.blog85.fc2.com/blog-entry-548.html
投稿者:みつあき投稿日:2015-08-11 08:18:58
【ネタバレ注意】

まず、これはトム・クルーズの「ミッション:インポッシブル」であって、「スパイ大作戦」ではありません(笑)
(だからオールドファンは「あれ?レナード・ニモイは、いつ出演たんだっけ??」とは言ってはいけません:笑)

あと「トム・クルーズは、いつ出演たんだっけ??」とも言ってはいけません(苦笑)
(冒頭で飛行機に貼りついている、ゴツイおっさんがトム・クルーズです)

この辺りの
・誤解や錯覚とか人の心理のすきまを狙ったり、俳優さんの目線や表情に伏線を潜ませるようなお話
・細マッチョでシャープな動きに甘いマスクのトム・クルーズが活躍するお話
を期待していた方は残念ですが期待はずれです。

むしろ、予備知識なしで観た方には満足感が高いと思いますな。
脚本の深読みなどせず、流れてくる映像の表面だけを拾って「頭を使わずにスピーディな流れを愉しむ」

そういう目的で(あろう)トム・クルーズ版の「ミッション:インポッシブル」としては最高な快作です。

【以下、ややネタバレ】

まず、宣伝にも使われている「飛行機に貼りついているシーン」は本編に全く関係ありません。
単なるブチかましと考えてOKですな。

確かに制作スケジュールの関係で、宣伝用の映像を別撮りにする事はあるんだけど
「宣伝映像が本編でどんなふうに使われているか?」と宣伝から本編の展開を期待してワクワクしてる方は残念。
(主要メンバーの紹介にしては、尺が足らないし…本編に無理やり押し込んだ感は大)

という不満も、いつものトム・クルーズ版の「ミッション:インポッシブル」としては定常運転。

結局「トム・クルーズに毎度のごとく困難が押し寄せて、それをマッチョに乗り越える」であって、
トム本人が知らない部分のお話は極力カット。
知恵や工夫、トム本人をサポートする装備やメンバーも極力カット。
気になる部分は流してしまい「トムのトムによるアクション映画」として愉しんでしまう作品です。

多分、トム自身もそう割り切って観る作品だと考え制作しているっぽい。
(過去作も目指していたが空回りしてた部分があって、それは回を追うごとに修正されている点から)
そう考えると、トムが客に見て欲しかった映画の最終形…なのかな?

他の作品だと
脂ぎった濃い顔の人とか、田舎者な元シェークスピア俳優とか、元三流詐欺師(?)の役者が歴代を務めてた頃の
(最近はロシア側の悪役のような顔の方が主役ですな)某スパイ映画と同じ感じの愉しみ方かな?

流れるような映像とかテンポ、アクション映画としては爽快な快作です。

投稿者:カール犬投稿日:2015-08-09 22:44:14
トム・クルーズ
初手からぶちかまし!

アクションあり
ノースタントあり
スピード感あり
カーチェイスあり

笑えるシーンも散りばめて、
緩急のリズムも抜かりなく展開サクサク。

敵キャラへのオチも完全完備。

もうここまで来たら何ひとつハラハラなどはしないけどさ、
最後まで楽しんで観られるこの安定感にはとても感心したよ。

ノーヘルでバイクをぶっ飛ばし
派手に転倒したのにピンピンして次にいけちゃうトム・クルーズ。

さすがっ!(笑)
投稿者:ASH投稿日:2015-08-07 13:16:58
【ネタバレ注意】

 観たぜ、「M:I-5」!! なにやら、シリーズ最高のオープニング記録を樹立したらしいが、それも納得の5作品中の最高傑作!! と思えるのは、多分、俺だけ。

【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ アクション映画賞 
 □ アクション映画男優賞トム・クルーズ 
 □ アクション映画女優賞レベッカ・ファーガソン 
【ニュース】
エンパイア映画賞、結果発表2016/03/22
アメリカ映画俳優組合(SAG)賞、結果発表2016/02/01
放送映画批評家協会賞、結果発表2016/01/18
放送映画批評家協会賞、ノミネーション2015/12/15
アメリカ映画俳優組合(SAG)賞、ノミネーション2015/12/10
全米興行成績、大ヒット・アクション「メイズ・ランナー」続編が初登場首位2015/09/21
全米興行成績、マイケル・イーリー主演サスペンス「The Perfect Guy」が初登場1位2015/09/14
全米興行成績、「Straight Outta Compton」がV32015/08/31
全米興行成績、新作陣低調で「Straight Outta Compton」がV2達成2015/08/24
全米興行成績、ヒップホップ映画「Straight Outta Compton」がサプライズなビッグ・オープニング2015/08/17
全米興行成績、「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」がV22015/08/10
全米興行成績、「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」が大ヒット・スタート2015/08/03
全米興行成績、マーベル原作ヒーロー・アクション「アントマン」がV22015/07/27
トム・クルーズ主演「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」、最新予告編2015/06/05
トム・クルーズ主演「アウトロー」続編、監督はエドワード・ズウィックか2015/05/20
トム・クルーズ主演「ミッション・インポッシブル/ローグ・ネイション」、フル・トレーラー2015/03/24
トム・クルーズ主演「ミッション:インポッシブル」第5弾、ティーザー・トレーラー2015/03/23
トム・クルーズ主演「ミッション:インポッシブル5」、クリス・マッカリー監督が正式決定2013/08/06
【レンタル】
 【Blu-ray】ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイションレンタル有り
 【DVD】ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイションレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION