allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

奪還者(2013)

THE ROVER

メディア映画
上映時間103分
製作国オーストラリア/アメリカ
公開情報劇場公開(ポニーキャニオン)
初公開年月2015/07/25
ジャンルサスペンス
映倫R15+
死んでも奪い返す。
奪還者 [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,700
価格:¥ 2,086
USED価格:¥ 1,097
amazon.co.jpへ

 Photos

【解説】
 長編デビューとなる前作「アニマル・キングダム」で一躍世界的に注目を集める存在となったオーストラリアの新鋭デヴィッド・ミショッド監督が、ガイ・ピアースとロバート・パティンソンを主演に迎えて贈るバイオレンス・ドラマ。暴力が支配する荒廃した近未来のオーストラリアを舞台に、無法者3人組に愛車を奪われた男の執念の追跡劇を描く。
 世界経済の崩壊から10年後のオーストラリア。世界中から移民がやって来て無法地帯と化していた。場末のレストランで休憩していた孤独な放浪者エリックは、3人組の強盗に愛車を盗まれてしまう。エリックは3人が乗り捨てたピックアップトラックに乗り込むと、奪われた愛車を取り戻すべく、執拗な追跡を開始する。やがて、銃でわき腹を撃たれ重傷を負った男レイと出会う。彼は3人組のボス、ヘンリーの弟で、負傷したために置き去りにされたのだった。そのレイを荒野の病院へと連れて行き、治療を施すと、そのままヘンリー追跡の旅に帯同させるエリックだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:HABBY投稿日:2017-01-31 22:16:27
【ネタバレ注意】

確かに『マッド・マックス』パート1由来の世紀末感。土地も人々も枯れ果て荒廃し尽くし、極限まで水分を出し尽くし、野獣の本能が蘇ったところでの殺戮本能防衛本能。確かにタランティーノが好きそうなバイオレンス系、ヒタヒタと襲い来るこの狂気。

カメラマンのナターシャ・ブライエは『シルビアのいる街で』、『ニューヨークのパリジャン』と女性的なタッチが印象的だったのだが、本作では野性味溢れるカットを量産、オトコ臭さ(褒め言葉)を随分と醸し出している。

投稿者:bond投稿日:2016-08-23 23:32:35
冒頭だけ掴みはOKだが、以降ダラダラ。トワイライト イメチェン。
投稿者:SaintEtienneHeaven投稿日:2015-07-10 01:32:22
【ネタバレ注意】

「アニマル・キングダム」監督、「メタルヘッド」脚本家の最新作、タラ絶賛、「マッドマックス」以来の世紀末映画、等など・・・に過度に期待してしまった。
チラシのキーアートも追跡アクションみたいな雰囲気だし。 話や展開の妙ではなくどちらかというとムード重視な作品。

【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】奪還者 【おトク値!】2017/03/15\2,500amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】奪還者2016/01/06\4,700amazon.co.jpへ
 【DVD】奪還者 【おトク値!】2017/03/15\1,800amazon.co.jpへ
 【DVD】奪還者2016/01/06\3,800amazon.co.jpへ
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION