allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

劇場版 MOZU(2015)

メディア映画
上映時間116分
製作国日本
公開情報劇場公開(東宝)
初公開年月2015/11/07
ジャンルアクション/サスペンス
映倫PG12
終止符を、打て。
劇場版MOZU プレミアム Blu-ray BOX
参考価格:¥ 8,424
価格:¥ 5,895
USED価格:¥ 4,098
amazon.co.jpへ

 Photos

【クレジット】
監督:羽住英一郎
Co.エグゼクテ
ィブプロデューサ
ー:
青木竹彦
エグゼクティブプ
ロデューサー:
平野隆
プロデューサー:渡辺信也
井上衛
森井輝
ラインプロデュー
サー:
古屋厚
共同プロデューサ
ー:
辻本珠子
武田吉孝
前田菜穂
原作:逢坂剛
『百舌シリーズ』(集英社刊)
脚本:仁志光佑
撮影:江崎朋生
美術:北谷岳之
編集:西尾光男
音響効果:猪俣泰史
音楽:菅野祐悟
VFXスーパーバ
イザー:
オダイッセイ
照明:三善章誉
選曲:藤村義孝
装飾:小山大次郎
録音:柳屋文彦
監督補:川村直紀
スーパーバイジン
グプロデューサー:
安藤親広
出演:西島秀俊倉木尚武
香川照之大杉良太
真木よう子明星美希
池松壮亮新谷和彦
伊藤淳史鳴宮啓介
松坂桃李権藤剛
伊勢谷友介高柳隆市
阿部力村西悟
杉咲花大杉めぐみ
音月桂
マーシュ彩
平山祐介
五刀剛
岡本光太郎
篠川桃音
平澤宏々路
佐藤貢三
市川猿四郎
長峰由紀
安東弘樹
升田尚宏
佐藤渚
長谷川博己東和夫
小日向文世津城俊輔
ビートたけしダルマ
【解説】
 ハードボイルド作家・逢坂剛の『百舌シリーズ』をTBSとWOWOWの共同製作で映像化し話題となったTVドラマの劇場版。妻子の死の謎を追う公安警察官・倉木の最後にして最大の戦いの行方を、壮大なスケールで描き出す。出演は西島秀俊、香川照之、真木よう子らのレギュラー組に加え、ビートたけし、伊勢谷友介、松坂桃李ら豪華キャストが新参加。監督は引き続き「海猿 ウミザル」「ワイルド7」の羽住英一郎。
 ある日、東京で高層ビル選挙爆破とペナム大使館襲撃事件が同時に発生する。2つのテロは、犯罪プランナーの高柳と実行部隊のリーダー権藤を中心とした犯罪グループの仕業だった。そしてその背後には、日本犯罪史の重大事件を影で操ってきた“ダルマ”の存在が。倉木は大杉、明星とともに事件の真相を追い、灼熱の地・ペナム共和国へと降り立つが…。
<allcinema>
【関連作品】
MOZU Season1 〜百舌の叫ぶ夜〜(2014)第1期(TBS)
MOZU Season2 〜幻の翼〜(2014)第2期(WOWOW)
劇場版 MOZU(2015)劇場版
「MOZU」 スピンオフ 大杉探偵事務所 〜美しき標的編(2015)スピンオフドラマ(TBS)
「MOZU」 スピンオフ 大杉探偵事務所 〜砕かれた過去編(2015)スピンオフドラマ(WOWOW)
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:nabeさん投稿日:2016-10-09 10:54:38
ハードボイルドなTV作品の劇場版である。
オープニングからいきなりの殺戮場面が登場し、松坂桃李のサイコチックなキャラクターで一気に画面に引きずり込まれる。主役のMOZUこと西島秀俊のハードボイルドな雰囲気も、なかなかクールでイイ感じだ。しかし、本作品も劇場版にありがちな説明不足が際立っていて、初めて観る観客には登場人物の人間関係を推測するだけで疲れてしまう。この点は、一考を要するところだろう。
全体的におどろおどろしいサイコサスペンスで貫かれているが、殺人場面で多少ハードなシーンがあるものの、エロチックな場面は皆無である。せっかく真木よう子が出ているのだから、ここは劇場版らしくサイコ的な濡れ場があれば、さらにレベルの高い作品になったのではないだろうか。
実の娘を誘拐されたのに、普通にしている香川照之はやはり不自然だ。また、誘拐された娘の杉咲花が冷静なのも、それ以上に不自然である。
投稿者:dadada投稿日:2016-09-12 08:23:21
テレビシリーズは観てました。それを踏まえて観ると、この映画は倉木が見たダルマの夢の話かと...。
冒頭から酔いつぶれてバーのカウンターで突っ伏す倉木...このカットは、チョイチョイ出てくる。
そんなカットを挟みながらのこの映画の展開は、唐突であったり、大げさ(ド派手)であったり...。
新谷や東が登場する件のヒーロー映画のようなケレンは、笑えるほど。
単に“劇場版”だと作り手がはしゃいでいるにしては、違和感。ダルマの実体があからさまに登場するのも、違和感。
ラストに馴染みのバーを出て仲間との打ち上げに歩き出す倉木...仲間と再会する前の夢ってとこか...そう思えば、微笑ましいファンサービス...?(私は、それほどのファンではありませんが...)
投稿者:bond投稿日:2016-09-11 23:17:08
安っぽいサイコパスばっかり、カッコつけてるだけばっかり、チープな脚本、つまんね。
投稿者:タミー投稿日:2015-11-09 14:02:54
テレビドラマの劇場版を映画館で観るのは初めてのこと。いつもはそういうのにスクリーンを占領されていると舌打ちしていた側だったのに。
本作はテレビシリーズをすべて観て、そのリッチな絵作りに感動してしまったからね。許して。

絵作りはそのままリッチなんだけど、ドラマシリーズを観た人間じゃないと置いてきぼりを食らう容赦なさはMOZUらしいといえば、らしい。ドラマでもあった容赦ないハード展開と過激な描写、もうただハードっていうかサイコスリラーな演出は劇場版でも健在だった。

だいたいが新谷というサイコを巡って展開する話だったのが、長谷川博己演じる東までサイコになり、本作ではそこに松坂桃李演じるサイコまで加わる。さらに途中まで普通だった奴が裏切り者だとバレてサイコ野郎に堕ちる。ここまで来るとさすがに胃もたれするぞ。

劇場版にふさわしい大掛かりなアクションを撮るためにフィリピンでロケをした本作。もちろんストーリー上でも外国に話を移すのだけど、その舞台はペナム共和国(架空)。映画では人身売買の巣窟で裸の子供と物乞いがほっつき歩くイメージだから仕方ないね。フィリピンにはそんなの存在しないから、多分。

シリーズファンが観たとしても展開が速すぎ、ラスト主人公ゴロゴロしてるだけで終わってるじゃん、など文句を言いたいところもあるが、わざわざ劇場まで見に行ってよかったよ。

興味がある人はぜひ予習をしてから行ってほしい。某サイトにて「MOZUレジェンド」というドラマシリーズの総集編が配信されている。せっかくだからこの機会にallcinemaの動画配信検索システムを使って・・・あれ、出てこないな。

Gyaoで配信してる総集編を見てから劇場に行くといいよ。
【ソフト】
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION