allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

人間の値打ち(2013)

IL CAPITALE UMANO
HUMAN CAPITAL

メディア映画
上映時間109分
製作国イタリア/フランス
公開情報劇場公開(シンカ)
初公開年月2016/10/08
ジャンルサスペンス/ミステリー/ドラマ
映倫PG12
いくらあれば、人は幸せになれるのでしょう?
人間の値打ち [DVD]
参考価格:¥ 4,104
価格:¥ 3,055
USED価格:¥ 1,965
amazon.co.jpへ

 Photos

【解説】
 ひとつのひき逃げ事件をきっかけに、登場人物たちの秘められた利己的な振る舞いが露わになっていくさまを通して、お金持ちと彼らに群がる人々が織りなす欲望と打算の赤裸々な人間模様を巧みな筆致で描き出した群像ミステリー。イタリアのアカデミー賞にあたるダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞では、みごと作品賞を含む7冠を獲得。出演はヴァレリア・ブルーニ・テデスキ、ファブリッツィオ・ベンティヴォリオ、ヴァレリア・ゴリノ、マティルデ・ジョリ。監督は「見わたすかぎり人生」のパオロ・ヴィルズィ。
 ある日、小さな不動産屋を営むディーノは、娘のセレーナを富豪のボーイフレンド、マッシの家まで送ってあげるのを口実に、その家の当主ジョヴァンニに近づく。そして銀行から無理な借金をしてまで、ジョヴァンニが手がける高利回りのファンドに参加する。何不自由ない生活を送りながらも満たされない思いを募らせていたジョヴァンニの妻カルラは、老朽化した劇場の再建に情熱を注いでいく。ディーノの娘セレーナは、マッシとの愛に疑問を持ち始めていた時、心療内科医である継母ロベルタの病院でひとりの少年と出会い、心惹かれていく。そんな中、マッシの車がひき逃げ事故を起こしてしまうのだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:bond投稿日:2018-04-24 23:09:05
羅生門的展開だが、イマイチ。娘だけが大変。
投稿者:HABBY投稿日:2018-02-27 01:46:15
【ネタバレ注意】

色々な解釈ができる原題Human Capitalという言葉の選び方も秀逸だし、個々の登場人物たちも皆一癖二癖あってこりゃあえげつない(魅力的な)物語が出来る筈だ。各々の視点に立って並行的に描く技巧も天晴れ。こういう才気あふれる作品を我々映画好きは待っているのだ。いかにもハリウッドがリメイクしそうなパワーが内包されているが、たとえリメイクされてもオリジナルの存在感を凌駕することは出来ないのだろう。

投稿者:pumpkin投稿日:2018-02-14 09:26:09
登場する女性たちの男を見る目がないのがひどい。逆に言うと、男はクズばっかり。原作者は女性かと思ったらそうではありませんでした。
投稿者:黒美君彦投稿日:2016-11-07 12:10:13
【ネタバレ注意】

舞台はイタリア・ミラノ郊外だが、ここに描かれる格差や欲望の行方や絶望は、国境を越えて普遍的だ。
クリスマスイヴ前夜に起きたひき逃げ事件。
いったい誰がひき逃げを起こしたのか。

投資で一攫千金を夢見る不動産屋のディーノ・オッソラ(ファブリッツィオ・ベンティヴォリオ)。投資ファンドを経営する富裕な夫ジョバンニの元で自分の居場所を見いだせない妻カルラ・ベルナスキ(ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ)。その息子マッシミリアーノ(グリエルモ・ピネッリ)とつきあっていると思われているディーノの娘セレーナ(マティルデ・ジョリ)。
三つの章で、ひき逃げ事故があった前後の時間のそれぞれを追う。
ディーノはジョバンニに、規則以上の70万ユーロの投資をして失敗し、ジョバンニもまた商売の危機に瀕する。夫の金で好きなように暮らしてきたカルラは、かつて舞台に立っていた自分を忘れられず、古い劇場を建て直そうとするがそれも中断。
セレーナはマッシミリアーノと別れ、大麻所持の前歴があるルカ・アンブロジーニ(ジョヴァンニ・アンサルド)に惹かれる。
それぞれが見えないところで欲望のままに動き、それぞれが行き詰まる。そしていくつもの状況が重なって、ある必然=ひき逃げ事件へと紐づけられるのだ。
しかしこの映画のタイトルは「人間の値打ち」だ。
さまざまな事情があるにせよ「一人の男が車にはねられ命を落とした」という事実は変わらない。
事件の解決を経て、誰もが満足そうな表情をみせた後、死亡した男性に支払われる保険金の算定方法が示される。
人間模様をつぶさに観てきて、何となく収斂したあと、冷厳な事実を突きつけられる。
−死んだ男のことをあなたは忘れていませんか?と。

イタリアを代表する女優ヴァレリア・ブルーニ・テデスキの虚ろな表情が印象的。
見応えのある作品だった。

【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 監督賞パオロ・ヴィルズィ 
 □ 女優賞ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】人間の値打ち2017/06/21\3,800amazon.co.jpへ
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION