allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ベルファスト71(2014)

'71

メディア映画
上映時間99分
製作国イギリス
公開情報劇場公開(彩プロ)
初公開年月2015/08/01
ジャンルサスペンス/アクション/ドラマ
映倫PG12
ストリートの先は
「戦場」だった――

2015/8/1(土)、新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー

ベルファスト71

(C)CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION/BRITISH FILM INSTITUTE/SCREEN YORKSHIRE LIMITED AND RUN 71 LTD 2014


 Photos
ベルファスト71ベルファスト71

【解説】
 その帰属をめぐる対立が激しい紛争へと発展していた71年の北アイルランド・ベルファストを舞台に、戦場と化した街中で孤立してしまった一人の若い英国軍兵士の決死のサバイバルを描いた緊迫のサスペンス・ドラマ。主演は「兵士ピースフル」のジャック・オコンネル。監督は英国のTVドラマ界で活躍し、これが長編劇映画デビューのヤン・ドマンジュ。
 1971年、紛争が激しさを増していた北アイルランドのベルファスト。そこではアイルランドの統一を目指すカトリック系住民と、英国との連合維持を望むプロテスタント系住民の間の緊張が頂点に達していた。英国軍の新兵ゲイリーは、治安維持を目的に、この混沌のベルファストへと送り込まれる。ところが、パトロールを開始した部隊が早々に暴動に巻き込まれ、混乱の中で武器を盗まれてしまう。慌てて後を追うも、その間に部隊は撤退してしまい、ゲイリーはたった一人で敵陣のまっただ中に取り残されてしまう。様々な勢力が入り乱れ、誰が敵か味方かも分からない状況の中、必死でこの危険地帯からの脱出を試みるゲイリーだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:namurisu投稿日:2017-08-20 10:32:02
アウェーをさまよう貴族兵士のまわりを、IRAと英国民がうろうろ。臨場感あるあるで誤自爆。北アイルランドの住宅街にて逃亡とドンパチ。
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2016-12-02 23:11:37
【ネタバレ注意】

初陣で死にかけた男。取り引きすらしてた各々の組織の複雑さが不快。仁義なき戦いでも描かれてたけど。

投稿者:HABBY投稿日:2016-11-27 15:54:43
【ネタバレ注意】

こういう作品を見るとUnited Kingdomという枠組みは砂上の楼閣なのだと思わされる。プロテスタント・カトリック間の宗教的なイデオロギー争い、IRA内部の穏健派と急進派のせめぎ合い。人という動物は利口そうに見えて、その実獣と同じ縄張り争いを四六時中繰り返してるね。ただ、戦地にあっても敵陣営の負傷兵を匿う誠意が描かれており、一服の清涼剤に。ジャック・オコンネルという俳優に興味を持つ若者が本作に接し、自国に横たわる厳粛で凄惨なる歴史を振り返ってくれるのなら制作者の狙いは成功したということになるのだろう。

投稿者:bond投稿日:2016-07-18 23:28:05
ブラジル並みの治安の悪さ、IRA問題を知らないと理解難しい。緊迫感が連続する。
投稿者:にゃんにゃん投稿日:2016-04-20 01:20:30
「名もなき塀の中の王」のジャック・オコンネル主演。
こちらも評判の良い作品で面白かったが、期待したほどではなかったかな。

1人取り残された主人公が敵味方の両方から命を狙われる、決死の逃避行を描いている。
歴史的背景を知っていればより楽しめるのだろうが、知らないとひたすら逃避行に身を任せることになる。
緊張感はそれなりにあるが中盤はちょっとダレる。
一番良かったのが序盤の暴動のシーン。リアリティも抜群だし、緊張感もハンパない。

ラストはちょっとやるせない感じ。
投稿者:黒美君彦投稿日:2015-09-28 12:01:16
【ネタバレ注意】

ある程度北アイルランド紛争(1969〜98年)についての知識がないと、この映画の持つ意味が理解できないかもしれない。
英国は本来イングランド、スコットランド、ウェールズ、そして北アイルランドの4つの“国”で構成されている(だから正式名称は「グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国」という)。この作品の舞台ベルファストはそのひとつ北アイルランドの「首都」だ。
北アイルランドではプロテスタント系とカトリック系住民の間で根深い差別が続き、やがて紛争に至る。治安維持のために派遣された英国軍はプロテスタント側に立ったため、独立を目指す武装組織IRA(アイルランド共和軍)と衝突する。さらにIRAの内部でも穏健派と過激な暫定派に分裂し、内部抗争が起きていたのが、丁度1971年頃の情勢だ。

親を亡くし、幼い弟を養うために軍に入った新兵のゲイリー・フック(ジャック・オコンネル)は、そんな背景もろくに知らないままベルファストに放り込まれる。
この作品はそんなゲイリーの視点で展開されるので、息詰まる逃走劇の緊張感が途切れない。
彼を救った少年が爆弾の誤爆で死ぬが、その爆弾を作らせていたのは実は英国側の工作員。一方IRA側は執拗にゲイリーを追う。
敵・味方両方から命を狙われるゲイリーは何が何だかわからなかったに違いない。
裏切りあり、スパイあり、その結果幾人もの命が奪われ、事実は隠蔽される。
北アイルランド紛争についてさほど詳しくなくとも、サスペンス作品として十分見応えのある作品であるが、史実を背景にした作品であるということをしっかりかみ締めたい。

【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 新人賞グレゴリー・バーク 
  ヤン・ドマンジュ 
 □ 英国作品賞 
□ ディスカバリー賞ヤン・ドマンジュ 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】ベルファスト712016/02/10\4,700amazon.co.jpへ
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION