allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

夢を与える(2015)

メディアTV
放映日2015/05/16〜2015/06/06
放映時間22:00〜
放映曜日土曜日
放映局WOWOW
製作国日本
ジャンルドラマ

【クレジット】
監督:犬童一心
プロデューサー:高嶋知美
田中美幸
江川智
原作:綿矢りさ
『夢を与える』(河出文庫刊)
シリーズ構成:犬童一心
渡部亮平
脚本:高橋泉
音楽:上野耕路
出演:小松菜奈阿部夕子
菊地凛子幹子
永岡佑沖島
濱田龍臣多摩
太田信吾松田
中村靖日一場
山内健司
河井青葉
石原淋
真剣佑正晃
谷花音阿部夕子(幼少期)
陰山泰森田
ド・ランクザン望トーマ
ブライアリー・ロングサラ
田中泯社長
夏帆ミイ羽
浅野和之増尾仁太郎
オダギリジョー村野
ゲスト出演:イジリー岡田
(第2話)
矢崎まなぶ
(第2話)
坂本真
(第2話)
大石吾朗
(第4話)
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:HABBY投稿日:2017-10-28 20:23:30
【ネタバレ注意】

全4話。小松菜奈出演の連ドラということで鑑賞。甘酸っぱい、ちょっと痛い役柄。ベッキーとか矢口真里とかの騒動を連想。まあ笑う場面も泣く場面も、どっちもいい。ますます小松菜奈が好きになった。

TV業界の冷酷さ、視聴率至上主義な面を描写してるのはトレンディだと思う。そんな中、オダギリジョー演じる広告代理店幹部に一片の良心が存在するのには救われた。TV局ディレクター役の太田信吾という役者はインパクト大。目がいっちゃってて、ある意味今のTVの体質をそのまま体現しているというか。メガネかけてて、ジョン・レノンややしきたかじん(の若い頃)になんとなく似てる。

小松菜奈はハーフ顔だし、他作のレヴューで(若かりし頃の)宮沢りえと比較したこともある。なので本作のようなハーフ役は適任だと思った。少女時代を演じた子役の谷花音もお目々ぱっちりで同じくハーフ役には適任。

最後の転落シーンは『ゲーム』へのオマージュかな。

投稿者:bond投稿日:2015-06-23 23:55:24
やっぱり芸能界って子供が住む世界じゃない。
投稿者:hayate9投稿日:2015-05-16 22:44:07
谷花音じゃなんか違う。無名でもハーフの可愛いもう少し小さい子役がいそうなのに。(が、調べたら原作はクォーターでした。)原作を読んだのはずいぶん前ですが、私のイメージの中では宮沢りえだった。

20分観ても面白くなりそうもないのでギブアップ。
【エピソード】
第1話2015/05/16
 
第2話2015/05/23
 
第3話2015/05/30
 
第4話(終)2015/06/06
 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】連続ドラマW 夢を与える2016/01/22\7,600amazon.co.jpへ
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION