allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

エール!(2014)

LA FAMILLE BELIER
THE BELIER FAMILY

メディア映画
上映時間105分
製作国フランス
公開情報劇場公開(クロックワークス=アルバトロス・フィルム)
初公開年月2015/10/31
ジャンルドラマ/コメディ/音楽
映倫G
届け! 心のまんなかに。
エール! [Blu-ray]
参考価格:¥ 4,104
価格:¥ 3,082
USED価格:¥ 3,024
amazon.co.jpへ

 Photos
エール!エール!

【解説】
 本国フランスで大ヒットした笑いと感動のハートフル家族ドラマ。フランスの田舎町で酪農を営むベリエ家は、高校生のポーラ以外、両親も弟も全員耳が聴こえない。それでもポーラが通訳係をすることで、特段の不便も感じることなく、明るく楽しい家庭を築いていた。そんな中、ポーラは音楽教師に歌の才能を見出され、パリの音楽学校のオーディションを受けることを勧められる。歌手になることを夢みるポーラだったが、彼女の歌声を聴くことができない家族は、彼女なしでは日常生活もままならないと、動揺を隠せない。夢は諦めきれないが、家族のことを思うとどうしてもパリ行きを決断できないポーラだったが…。大好きな家族を放っておけず自らの夢に二の足を踏んでしまうヒロインの葛藤と家族の強い絆を心温まるタッチで綴る。主演はフランスの人気オーディション番組から歌手デビューを果たし、本作が女優デビューとなる新星ルアンヌ・エメラ。監督は「ビッグ・ピクチャー 顔のない逃亡者」のエリック・ラルティゴ。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:bond投稿日:2016-11-09 21:50:57
音楽モノというよりは、ファミリーもの。泣ける程ではないが、あったまる。
投稿者:HABBY投稿日:2016-10-31 00:14:39
【ネタバレ注意】

学園ものとして見るなら『パリ20区、僕たちのクラス』の系統で、あちらの学生生活の自由闊達さ、様々な人種が一つになって高みを目指していく健全な向学精神が楽しめる。音楽映画として見るなら主演の女の子(ルアンヌ・エメラ)のプロモーション作品として受け止めることもできる(アメリカンアイドルやXファクターみたいなオーディション番組、フランスにもあるんだな)。手話が活躍しサイレントな時間が一定程度あるのは、『アーティスト』へのリスペクト、、かな。まあでも、この要素があるから作品にコミカルな要素がいい感じでブレンドされていると思う。

この前見たロシア作品『ザ・トライブ』やフランス作品『奇跡のひと マリーとマルグリット』もそうだが、手話を作中に取り入れた作品がプチブームにあるのかもしれない。映画界にもLGBT的な何かが到来しているのかな。

牛にオバマと命名する場面、ディープだなあ。フランスらしいや。

投稿者:イドの怪物投稿日:2016-05-27 08:16:18
学園のコンサートで、聾唖の両親が娘の歌に感動するシーンは素晴らしい。
ともかく全編に聾唖の家族の中の健常者という主人公の立ち回りが見事に演出されていて、びっくりする様なのは無いけど、さわやかに感動出来る。
後作り手側の感動押しつけが無いのも良い。http://blog.goo.ne.jp/fwhn6127
投稿者:ghost-fox投稿日:2016-04-10 21:57:35
【ネタバレ注意】

こういう良心的な話が嫌いなわけではない 
どこが悪いというわけでもない 
ただ胸には響かない

投稿者:mototencho投稿日:2015-11-14 15:36:37
雄弁に手話が語る、ありふれた家族の物語。しかしそこんところが心を打つ正統派の感動作。見知らぬ人しか出てないから、久しぶりに外国映画の観賞を満喫。http://mototencho.web.fc2.com/2015/belierfa.html
投稿者:リEガン投稿日:2015-11-05 10:49:53
ティーンエイジャーならではの体型変化が微笑ましく、美人と言うにはまだ早い。しかし、抜群の歌唱力は本物。フランスの人気オーディション番組で歌手として注目を浴びた少女ルアンヌ・エメラが主演を務める。本国で記録的な大ヒットもむべなるかな。家族の絆をストレートに描いて笑いと涙を誘うハートフル・コメディ。ヒロインだけでなく、両親と弟、学校の教師に友人など、彼女を取り巻くキャラクターが魅力的で印象深く、それが見事な布石となってクライマックスの感動へと導いている。国民的シャンソン歌手のミシェル・サルドゥは知らなかったが、披露される歌はどれも耳に心地良い。特に「青春の翼」。審査員と同じく『マドモワゼル、選曲が素晴らしかった。』となる。彼女の次なるステージを観てみたいものだ。原題の「ベリエの家族」が邦題では「エール!」。わからないではないが、この単語に感嘆符とは?
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ コメディ作品賞エリック・ラルティゴ 
□ 作品賞 
 □ 主演男優賞フランソワ・ダミアン 
 □ 主演女優賞カリン・ヴィアール 
 □ 助演男優賞エリック・エルモスニーノ 
 ■ 有望若手女優賞ルアンヌ・エメラ 
 □ 脚本賞スタニスラス・キャレ・ドゥ・マルベリ 
  ヴィクトリア・ベドス 
  エリック・ラルティゴ 
  トマ・ビデガン 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】エール!2016/04/28\3,800amazon.co.jpへ
 【DVD】エール!2016/04/28\2,800amazon.co.jpへ
【ミュージック】
【CD】 エール!-オリジナル・サウンドトラック
新品:¥ 2,700
19新品:¥ 2,273より   0中古品より 

【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION