allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ダイバージェントNEO(2015)

INSURGENT

メディア映画
上映時間119分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(KADOKAWA)
初公開年月2015/10/16
ジャンルSF/アクション/アドベンチャー
映倫G
『偽りの世界』を破壊せよ。
ダイバージェントNEO [Blu-ray]
参考価格:¥ 1,944
価格:¥ 1,361
USED価格:¥ 1,540
amazon.co.jpへ

 Photos

【クレジット】
監督:ロベルト・シュヴェンケ
製作:ダグラス・ウィック
ルーシー・フィッシャー
プーヤ・シャーバジアン
製作総指揮:トッド・リーバーマン
デヴィッド・ホバーマン
バリー・ウォルドマン
ニール・バーガー
原作:ベロニカ・ロス
『ダイバージェント2 叛乱者』(角川文庫刊)
脚本:ブライアン・ダッフィールド
アキヴァ・ゴールズマン
マーク・ボンバック
撮影:フロリアン・バルハウス
視覚効果監修:ジェームズ・マディガン
プロダクションデ
ザイン:
アレック・ハモンド
衣装デザイン:ルイーズ・ミンゲンバック
編集:ナンシー・リチャードソン
スチュアート・レヴィ
音楽:ジョセフ・トラパニーズ
音楽監修:ランドール・ポスター
出演:シェイリーン・ウッドリートリス
テオ・ジェームズフォー
オクタヴィア・スペンサージョアンナ
ジェイ・コートニーエリック
レイ・スティーヴンソンマーカス
ゾーイ・クラヴィッツクリスティーナ
マイルズ・テラーピーター
アンセル・エルゴートケイレブ
スーキー・ウォーターハウスマーレーン
マギー・Qトーリ
メキー・ファイファーマックス
ダニエル・デイ・キムジャック・カン
エムジェイ・アンソニーヘクター
キーナン・ロンズデールユリア
アシュレイ・ジャッドナタリー
ナオミ・ワッツイブリン
ケイト・ウィンスレットジェニーン
トニー・ゴールドウィン
ジョニー・ウェストン
ジャネット・マクティア
【解説】
 全米で大ベストセラーとなった新人作家ベロニカ・ロスのティーン向けディストピアSF3部作を、「ファミリー・ツリー」「きっと、星のせいじゃない。」のシェイリーン・ウッドリー主演で映画化する近未来SFアクション・シリーズの第2弾。共演はテオ・ジェームズ、ケイト・ウィンスレット、マイルズ・テラーらに加え、新たにナオミ・ワッツ、オクタヴィア・スペンサー。監督は新たに「フライトプラン」「RED/レッド」のロベルト・シュヴェンケ。
 全人類を性格ごとに“勇敢”、“高潔”、“平和”、“無欲”、“博学”という5つの共同体に振り分けて管理することで秩序が保たれていた世界。16歳になり適性検査で“異端者=ダイバージェント”と診断され、危険分子として政府から命を狙われる存在となった少女トリス。“博学”の指導者ジェニーンに操られた“勇敢”の部隊に追われる彼女は、恋人のフォーとともに、いずれの共同体にも属さない集団“無派閥”と合流する。彼らのリーダーは、死んだと思われていたフォーの母親イブリンだった。無派閥は、ジェニーンたちへの反撃の機会を窺い、準備を進めていた。一方ジェニーンは、トリスの両親が命がけで守ろうとした“箱”の解明に取り組んでいた。しかしその封印を解くことができるのは、特別な能力を持ったダイバージェントだけだった。
<allcinema>
【関連作品】
ダイバージェント(2014)第1作
ダイバージェントNEO(2015)第2作
ダイバージェントFINAL(2016)第3作
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
14 4.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:HABBY投稿日:2016-10-02 23:51:40
【ネタバレ注意】

“勇敢”、“高潔”、“平和”、“無欲”、“博学”、"無派閥"という6つのキャラで構成される世界において独り"異端者=ダイバージェント”と認定されてしまった少女ドリス(シェイリーン・ウッドリー)の波乱万丈の生き様を中心に描く三部作の第二段。終盤でのどんでん返し〜次作へ関心を繋ぐという作り手の(したたかな)戦略も前作と同じ。このSFファンタジィチックな世界観にどはまりできるほど自分も若くないのだが、ここまでくると最終作も見なきゃいけないというおかしな義務感が芽生え始めたところでエンドロールが流れて幕。

ショートカットになって少し大人びたシェイリーン、悪役キャラがサマになっているケイト・ウィンスレット(“博学”の指導者ジェニーン役)。この二人の登場シーンが比較的多く、2人のファンであれば見なきゃいけない作品ぢゃないでしょうか(ウィンスレットのこのワルぶり、『ハンナ』におけるケイト・ブランシェットのそれに匹敵するかなと)。

ハイテクを駆使した映像美、お金もかかっているだろうし、2010年代のイマ、ココにおいて最高水準に位置するものだと思います。『マトリックス』、『クローバーフィールド/HAKAISHA』、『オール・ユー・ニード・イズ・キル』などのメカニカルでメタリックな質感を思い出しました。

Imagine Dragonsの"Warrior"、Anna Calviの"The Heart of You"他エンディング曲が豪華なのは『ハンガー・ゲーム』への対抗心か。両シリーズともティーンが中心的な視聴者層なだけに、選曲もナウいポップ曲が中心。

投稿者:bond投稿日:2016-09-07 22:14:05
ハンゲー、マトリックス、インセプション、、、、どっかで観たシーンばっかり。
投稿者:ASH投稿日:2015-11-02 22:52:33
【ネタバレ注意】

 「ハンゲー」シリーズと何が違うんだ? という野暮は放っとくとして、正直に告白しちゃうと前作よりもオモロかった〜! まあ、俺の精神年齢が低いからに他ならないんだが、世界観を把握するだけでいっぱいいっぱいだった前作のようなまどろっこしい展開がグッと減って

投稿者:mototencho投稿日:2015-10-31 16:12:16
異端こそ正統なのだ。予想通りの進行なれど、コレが三部作完結編の最後でないとすると、もう一ひねりあるのだな、観るしかないのだなパート3。http://mototencho.web.fc2.com/2015/insurgen.html
投稿者:SaintEtienneHeaven投稿日:2015-10-02 19:17:58
【ネタバレ注意】

マトリックスやインセプション風味を織り交ぜてきたけど、壁や囲いや派閥や革命など、ハンガー・ゲームやメイズ・ランナーなどどっかで観た風は変わらず。
最も上記作品同様、子供女子向けなのでおっさんがどうこう言う事もありません。

投稿者:hide投稿日:2015-09-16 02:49:50
戦うヒロイン誕生! といったところか。
ショートカットにし、しょっぱなから戦闘モードで、一作目とは見ちがえるように逞しくなった。
と、いうわけで、そこそこ面白いけど、ご都合主義満載の話のほうは放っておいて、ただただヒロインのアクションに目が釘付けの一篇となった。
ショートカットとパンツの似合うシェイリーン嬢に、もうメロメロw
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ ヒーロー賞シェイリーン・ウッドリー 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】ダイバージェントNEO2016/11/02\1,800amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】ダイバージェントNEO2016/02/26\4,743amazon.co.jpへ
 【DVD】ダイバージェントNEO2016/11/02\1,280amazon.co.jpへ
 【DVD】ダイバージェントNEO2016/02/26\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【Blu-ray】ダイバージェントNEOレンタル有り
 【DVD】ダイバージェントNEOレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION