allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

サム・ペキンパー 情熱と美学(2005)

PASSION & POETRY: THE BALLAD OF SAM PECKINPAH

メディア映画
上映時間120分
製作国ドイツ
公開情報劇場公開(太秦)
初公開年月2015/09/26
ジャンルドキュメンタリー
サム・ペキンパー 情熱と美学 [DVD]
参考価格:¥ 5,076
価格:¥ 3,938
USED価格:¥ 2,000
amazon.co.jpへ

 Photos

【クレジット】
監督:マイク・シーゲル
【解説】
 「ワイルドバンチ」「戦争のはらわた」「わらの犬」をはじめ、代名詞ともいえるスローモーション撮影とバイオレンス描写で映画史に燦然と輝く傑作を世に送り出した孤高の映画作家、サム・ペキンパー。ハリウッドの商業主義とは一線を画し、様々なトラブルも絶えなかったそのスキャンダラスな映画人生と、彼が貫き通した美学に迫るドキュメンタリー。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2018-03-18 06:31:24
スピルバーグやスコセッシやスコットは落とし所を知ったから、今でも第一線で活躍中。
戦場に立った事も無い日本人監督がペキンパーの後継者を気取るなっつうの。
投稿者:bond投稿日:2018-02-03 22:56:55
正に映画通りの人物だったのね。明確なオリジナリティを持った監督。
投稿者:pumpkin投稿日:2018-01-14 09:11:31
ペキンパーのファンというわけではないけれど、紹介された映画はたぶん全部見たと思います。わたしが現役当時お世話になり、尊敬もしていた人がちょっとこのペキンパーみたいな人だったので、昔はこんな人珍しくなかったなぁと思いながら見ていました。
投稿者:リEガン投稿日:2015-11-05 17:49:51
映画史研究家のマイク・シーゲルが、映画ポスターやロビイカードといった自身のコレクションを売却して得た資金をもとに制作したドキュメンタリー映画。俳優、プロデューサー、肉親、友人、恋人、伝記作家…錚々たる面々のインタビューを中心に『バイオレンスの巨匠』『血まみれサム』と謳われたサム・ペキンパー監督の足跡をたどる。トラブルとアルコールにまみれた男のタフな生き様が凄まじい。それは「ワイルドバンチ」に捧げられた壮絶な魂の飛翔であり、「バイオレント・サタデー」が遺作となってしまった孤愁と無念の彷徨であろう。59歳の夭折は生き急いだ証のようだ。それにしても亡くなる直前にジュリアン・レノンのビデオクリップを撮っていたとは知らなかった。やるせない違和感が募る。中学生の時に観た「ゲッタウェイ」から「ガルシアの首」「戦争のはらわた」と合わせて5本しか観ていないペキンパー作品だが、全部で14本と言うのも寂しいかぎり。あらためてご冥福を祈りたい。
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】サム・ペキンパー 情熱と美学2016/04/29\4,700amazon.co.jpへ
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION