allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

一番電車が走った(2015)

メディアTVM
放映日2015/08/10
放映時間19:30〜20:45
放映曜日月曜日
放映局NHK総合
製作国日本
ジャンルドラマ/戦争

【クレジット】
演出:岸善幸
制作統括:奥本千絵
大門博也
関英祐
プロデューサー:竹村悠
脚本:岸善幸
岡下慶仁
撮影:夏海光造
出演:黒島結菜雨田豊子
清水くるみ小西幸子
秋月成美西八重子
山本浩司
中村まこと
宇野祥平
五刀剛
遠藤たつお
中村蒼森永勘太郎
新井浩文安永正一
モロ師岡高村光二郎
阿部寛松浦明孝
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:黒美君彦投稿日:2015-10-09 14:16:52
【ネタバレ注意】

<あらすじ>原爆投下からわずか3日後。広島で一台の路面電車が走り出した。生き残った広島電鉄社員が復旧させたのだ。運転するのは、電鉄会社の家政女学校で学びながら運転士として乗務していた十代の少女たち。16歳の雨田豊子(黒島結菜) は頭に包帯を巻き、運転していた。「電車が動かすんじゃ!」と復旧に力を入れたのは、広島電鉄の電気課長、松浦明孝(阿部寛)だった。初恋、友の死…70年前の実話をもとに、リアルに描いた原爆投下直後の物語。

演出の岸善幸氏は、被災地の女子高生を主人公にした秀作ドラマ『ラジオ』なども手がけた人物。
悲劇をそのまま悲劇として描くのではなく、悲劇を一度日常に落とし込んでリアルな人物を描くことに長けている。
この作品の主人公豊子もまたそのひとり。彼女は被爆したことそのものより(もちろんそれは彼女の人生に想像を超える影響を与えているのだが)、十代半ばの多感な少女として描かれる。演じた黒島結菜は当時いそうな少し臆病な少女を巧演。大人になりかけのエロスも(例えば川でのシーン)それとなく入れるのが、一面的になりがちな戦争秘話的なドラマと一線を画している。
阿部寛も好演。フレームアップされることの多い彼だが、この作品では彼のもうひとつの持ち味である落ち着いた安定感が光っていた。
セットの瓦礫や、CGも巧みで見応えのあるドラマに仕上がっている。また、いろいろ賞を獲るんだろうな。

【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION