allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ちはやふる -上の句-(2016)

メディア映画
上映時間111分
製作国日本
公開情報劇場公開(東宝)
初公開年月2016/03/19
ジャンル青春/ドラマ
映倫G
強くなる――
青春ぜんぶかけて

ちはやふる -上の句-

(C)2016 映画「ちはやふる」製作委員会(C)末次由紀/講談社


 Photos

【クレジット】
監督:小泉徳宏
製作:中山良夫
市川南
鈴木伸育
加太孝明
薮下維也
石川豊
弓矢政法
高橋誠
宮本直人
エグゼクティブプ
ロデューサー:
門屋大輔
安藤親広
プロデューサー:巣立恭平
ゼネラルプロデュ
ーサー:
奥田誠治
企画・プロデュー
ス:
北島直明
原作:末次由紀
『ちはやふる』(講談社「BE・LOVE」連載)
脚本:小泉徳宏
撮影:柳田裕男
美術:五辻圭
編集:穗垣順之助
音楽:横山克
主題歌:Perfume
『FLASH』
VFXプロデュー
サー:
赤羽智史
アニメーションデ
ィレクター:
ファンタジスタ歌磨呂
サウンドデザイン:大河原将
スクリプター:本図木綿子
スタイリスト:新崎みのり
ヘアメイク:内田香織
照明:宮尾康史
装飾:龍田哲児
録音:小松崎永行
助監督:權徹
ヘアメイクディレ
クション:
古久保英人
出演:広瀬すず綾瀬千早
野村周平真島太一
真剣佑綿谷新
上白石萌音大江奏
矢本悠馬西田優征
森永悠希駒野勉
清水尋也須藤暁人
久家心千早(少女時代)
山田瑛瑠太一(少年時代)
加部亜門新(少年時代)
坂口涼太郎木梨浩
田村健太郎
上村海成
萩原利久
三村和敬
津嘉山正種
松田美由紀宮内妙子
國村隼原田秀雄
【解説】
 競技かるたに情熱を注ぐ高校生たちの青春を描いた末次由紀の大ヒット・コミックスを「海街diary」の広瀬すず主演で実写映画化。本作は2部作の前編。高校でかるた部を立ち上げ、全国大会を目指し地方予選に臨むヒロインと部員たちとの熱き青春模様を描く。共演は野村周平、真剣佑。監督は「カノジョは嘘を愛しすぎてる」の小泉徳宏。
 小学校時代、転校生の綿谷新から“競技かるた”を教わり、その魅力の虜になった綾瀬千早。幼なじみの真島太一を巻き込み、3人は競技かるたを通して強い絆で結ばれていく。しかし小学校卒業とともにバラバラとなってしまい、家の事情で故郷の福井に戻った新とは遠く離ればなれに。かるたを続けていれば新と再会できると信じる千早は、高校に入るとすぐに“競技かるた部”の創設に乗り出し、高校で再会した太一を再び巻き込み、2人で部員集めに奔走する。やがて古典大好き少女・大江奏、経験者の“肉まんくん”こと西田優征、秀才の“机くん”こと駒野勉の勧誘に成功し、ついに千早悲願の競技かるた部が産声を上げるのだったが…。
<allcinema>
【関連作品】
ちはやふる(2011)アニメ版第1期
ちはやふる2(2013)アニメ版第2期
ちはやふる「わがみよにふる ながめせしまに」(2013)オリジナルアニメ
ちはやふる -上の句-(2016)実写映画版第1弾
ちはやふる -下の句-(2016)実写映画版第2弾
ちはやふる -結び-(2017)実写映画版第3弾
ちはやふる 第3期(仮)(2019)アニメ版第3期
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:nabeさん投稿日:2018-04-30 18:16:43
珍しい競技かるたの青春映画である。
レベルの高い生徒が、レベルの低い生徒たちを叱咤激励しながら引っ張り、最後には奇跡を起こす・・・という定番ストーリーなので、いかにご都合主義を上手に隠しながら自然な流れを作るかという演出が肝になるが、その点小泉監督は無難に成功しているだろう。かるた部員5名各々の個性も明解であり、演じる俳優たちもいいキャラクターをしている。
特にヒロインの広瀬すずがキュートで元気が良く、主人公の千早にピッタリ!相手役の野村周平も、演技は固いが雰囲気はイイので今後に期待が出来そうだ。
投稿者:HABBY投稿日:2017-04-09 22:10:09
【ネタバレ注意】

原作やアニメを観てないので世界観をどの程度忠実に移植できているのかが判断できないのだが、一見した感じだと広瀬すず演じる主人公の純粋さ、ポジティブさ、明るさが前面に出たストレートな「百人一首応援歌」という装いのように感じた。

将棋・囲碁関連作品などとも共通するが、登場人物がどうやって腕を上げ、そしていかに高い次元で闘っているかをうまく表現できるかどうか。と同時に、百人一首上級者だけでなく初心者〜門外漢もが楽しめるような描写が実現できているか。この辺りが幅広い鑑賞者に受け入れられるかどうかの分水嶺なんだろう。畳の上での鬼気迫る札の取り合いや、男子選手の羽織袴・女子選手の艶やかな着物姿なども画面に映えており、日本の伝統文化の素晴らしさ、勝負に生きる者たちの美しさなどが伝わってくるところが良いなと。

広瀬すずの素のキャラがまだ良くわかっていないのだが、『海街diary』で見せた控えめなキャラとは真逆の、積極的で攻撃的で天真爛漫な女子高生役が心地良い。後編で彼女がどのように成長していくのかが楽しみ。上白石萌音(って、妹共々すごい名字、名前だな)演じる歴女風天然キャラも印象に残った。

主題歌はPerfume。「伝統的な大和らしさと高度な技術性、芸術性」の融合を体現していて、日本人のみならず海外の鑑賞者にもアピールできる選曲だと思う(もし自分がチョイスするならPerfumeか和楽器バンド辺りだと思う)。

投稿者:dadada投稿日:2016-05-03 22:57:58
巷の評判の良さに釣られて劇場へ。単純に面白かった。
家族が各々遊びに出かけて取り残された休日の一人鑑賞だったが、家族で観れば良かった。
前半は少々若すぎるテンションに選択を誤ったかと引きもしたが、競技かるたのリキの入った体技表現と登場人物達のキャラを立たせる演出に徐々に乗せられて、最終的にはノリノリ。
野村君の勝利する理屈が、ありがちな精神論じゃないとこなんか、ホントに上手い!
「バクマン。」とか「幕が上がる」とか、いいオジサンが、ガキ映画ばっか観て喜んじゃってと我ながら苦笑いなんだけど、まぁ精神年齢はこんなもんよ。
既に「下の句」は公開中。しかしながら、こんだけ「上の句」で満足しちゃったので、かえって観たくない。このクォリティーが維持出来んのか、怖いじゃんね。
投稿者:黒美君彦投稿日:2016-04-21 14:56:40
【ネタバレ注意】

29巻までで累計部数1400万部を超える末次由紀の人気コミック「ちはやふる」が原作(未読)。
競技かるたというのは時々TVで見かけるけれど、その集中力と瞬発力は凄まじい、くらいしか知らなかった。
その競技かるたに打ち込む高校生たちの青春群像を描いたこの作品、やはり綾瀬千早を演じる広瀬すずが格段に可愛い。その広瀬すずをポジティブで、時にKYな役柄にしているところがこの作品のうまいところ。
ところどころ登場する歌の薀蓄が語られるところは、どこか「のだめカンタービレ」で語られるクラシックの薀蓄につながるところがあって、知識欲も多少充たしてくれる。
千早を中心にした幼なじみのなかの三角関係が後編では中心になるんだろうけど、彼女に思いを寄せる真島太一(野村周平)が最初、千早に冷たく接するのがやや不自然。彼女がその高校に進学するから、中高一貫の学校からわざわざ違う高校にやって来たというのに。ま、でも彼が子どもの頃「ズル」をした記憶を持っていてずっと罪悪感を抱いている、というのはいい設定。
基本「スポ根」の系譜につながる作品なのだが、試合もそれなりに盛り上がったと思う。

小泉徳宏監督の演出は「間(ま)」や「ノイズ」が巧みに使われているのが特徴だ。本作でもところどころそうした演出で緊張感を生み、その効果でメリハリが利いていたと思う。
青春期の胸キュンが少し甦ったぞ(笑)。もう戻れないけど。
後編も観に行っちゃうかな〜。

投稿者:サーボ投稿日:2016-03-30 20:39:52
爽快に楽しめました。部活経験者的に、隅々まで面白かったです。
文科系×体育系ハイブリッド青春エンターテイメントといったところでしょうか。
ストーリー展開、キャラクターもさることながら、テーマを鮮やかに潤色して
いるのが、いにしえから時を超えてきた歌の力です。
普通のスポコンものではこの潤色は不可能です。
歌は、文字通りサウンドでありカラーでありロマンでありスピリットなんですね。なんと映画的なことか!
経験者がそう!と嬉しいのが、あの白地に黒文字の札が、色彩以上のイメージで記憶に定着させるところです。
あと、映画では意識的に表現していませんでしたが、読手の格別な感覚も思い出しました。静謐に緊張した空間に自分の声だけが澄み渡り、静から動への様式的なシンクロ演出を上から一面見渡す経験は、他の人生場面では遭遇したことがないです。
下の句も楽しみにしています。
投稿者:ASH投稿日:2016-03-27 17:02:23
 一応、原作コミックの存在はしっているのと、アニメ版はチラッと目にしたことはあるけど、どんなお話なのかまったく知らんまっさらな状態で鑑賞!! あんな勢いよくかるた取ると畳がスレちまうだろうし、それ以前に手のひらが痛ぇだろうがよ、なんて野暮も出ちまうが、スゲェ迫力!! 要は、競技かるたにかけた青春と、実のところスポーツ映画のフォーマットなんだな。

 強力なライバルの出現に期待を煽って「上の句」終了!! 続きは気になるけど、暇と金に余裕があったら「下の句」は観てやるわ。ってか、最近、2部構成の映画、多過ぎ!! 4時間を超える上映時間になるんなら、それはそれで困るけど、ひとつのトーリーを完結させるために2本こさえて、2本分の料金を観客から巻き上げるあくどい手口。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 主演女優賞広瀬すず 
 ■ 新人俳優賞真剣佑 「ちはやふる -下の句-」に対しても
【レンタル】
 【Blu-ray】ちはやふる -上の句-レンタル有り
 【DVD】ちはやふる -上の句-レンタル有り
【ミュージック】
【CD】 映画『ちはやふる』オリジナル・サウンドトラック
新品:¥ 3,240
9新品:¥ 2,916より   0中古品より 

【書籍】
■原作
【コミック】 ちはやふる(39) (BE LOVE KC)
新品:
1新品:¥ 463より   0中古品より 

【コミック】 ちはやふる(38) (BE LOVE KC)
新品:
13新品:¥ 463より   5中古品¥ 495より 

【コミック】 ちはやふる(37) (BE LOVE KC)
新品:
10新品:¥ 463より   11中古品¥ 150より 

【コミック】 ちはやふる(36)特装版 (プレミアムKC BE LOVE)
新品:
16新品:¥ 800より   6中古品¥ 777より 

【コミック】 ちはやふる(36) (BE LOVE KC)
新品:
6新品:¥ 463より   16中古品¥ 141より 

【コミック】 ちはやふる(35) (BE LOVE KC)
新品:
9新品:¥ 463より   12中古品¥ 155より 

【コミック】 ちはやふる(34) (BE LOVE KC)
新品:
6新品:¥ 463より   18中古品¥ 38より 

【コミック】 ちはやふる(33) (BE LOVE KC)
新品:
4新品:¥ 1,598より   6中古品¥ 300より 

【コミック】 ちはやふる(32) (BE LOVE KC)
新品:
4新品:¥ 463より   16中古品¥ 6より 

【コミック】 ちはやふる(31) (BE LOVE KC)
新品:
4新品:¥ 463より   19中古品¥ 22より 

■ノベライズ
【新書】 小説 映画 ちはやふる 上の句 (KCデラックス)
新品:
7新品:¥ 734より   16中古品¥ 160より 

Amazonで「ちはやふる -上の句-」を更に検索する
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION