allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ズートピア(2016)

ZOOTOPIA
ZOOTROPOLIS

メディア映画 Anime
上映時間108分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ディズニー)
初公開年月2016/04/23
ジャンルアドベンチャー/ファンタジー/ミステリー
映倫G
そこは、動物たちの<楽園>…のはずだった。
ズートピアMovieNEXプラス3D:オンライン予約限定商品 [ブルーレイ3D+ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
参考価格:¥ 6,480
価格:¥ 6,150
USED価格:¥ 3,650
amazon.co.jpへ

 Photos
ズートピアズートピア

【クレジット】
監督:バイロン・ハワード
リッチ・ムーア
共同監督:ジャレド・ブッシュ
製作:クラーク・スペンサー
製作総指揮:ジョン・ラセター
原案:バイロン・ハワード
リッチ・ムーア
ジャレド・ブッシュ
ジム・リアドン
ジョシー・トリニダード
フィル・ジョンストン
ジェニファー・リー
脚本:ジャレド・ブッシュ
フィル・ジョンストン
編集:ファビエンヌ・ロウリー
ジェレミー・ミルトン
音楽:マイケル・ジアッキノ
音楽監修:トム・マクドゥーガル
主題歌:シャキーラ
『Try Everything』
エグゼクティブ音
楽プロデューサー:
クリス・モンタン
声の出演:ジニファー・グッドウィンジュディ・ホップス
ジェイソン・ベイトマンニック・ワイルド
イドリス・エルバチーフ・ボゴ
ジェニー・スレイトベルウェザー副市長
ネイト・トレンスクロウハウザ
ボニー・ハントボニー・ホップス
ドン・レイクスチュー・ホップス
トミー・チョンヤックス
J・K・シモンズライオンハート市長
オクタヴィア・スペンサーオッタートン夫人
アラン・テュディックデューク・ウィーゼルトン
シャキーラガゼル
レイモンド・S・パーシフラッシュ
タイニー・リスターフィニック
声の出演(日本語
吹替版):
上戸彩ジュディ・ホップス
森川智之ニック・ワイルド
三宅健太チーフ・ボゴ
高橋茂雄クロウハウザー
玄田哲章ライオンハート市長
竹内順子ベルウェザー副市長
Dream Amiガゼル
芋洗坂係長マイケル・狸山(日本版オリジナルキャラクター)
【解説】
 「アナと雪の女王」「ベイマックス」のディズニーが贈る感動のアドベンチャー・ファンタジー・アニメ。動物たちが人間のように暮らす楽園“ズートピア”を舞台に、史上初のウサギの警察官となった主人公が、周囲の偏見を乗り越え、ズートピアを揺るがす難事件の解決に奔走する姿を描く。監督は「塔の上のラプンツェル」のバイロン・ハワードと「シュガー・ラッシュ」のリッチ・ムーア。
 動物たちの楽園ズートピアで、史上初のウサギの警察官となったジュディ。立派な警察官を目指して意欲満々の彼女だったが、周囲は小さなウサギに務まるはずないと半人前扱い。折しも、巷では14件もの連続行方不明事件が発生、警察も捜査に追われていた。しかしジュディに与えられた仕事は駐車違反の取締り。不満を抱えながらも違反切符きりに奮闘するジュディに、ある時ついに捜査に参加するチャンスが巡ってくる。しかし与えられた時間はたったの48時間。しかも失敗すればクビという厳しい条件が課されていた。そこでジュディは、この街をよく知る詐欺師のキツネ、ニックに協力を要請、2人で少しずつ事件の核心へと迫っていくのだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
19 9.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ノブ投稿日:2017-05-24 16:26:23
【ネタバレ注意】

「ズートピア」(監督:バイロン・ハワード 108分)
話の内容は民主党党首オバマとヒラリー・クリントンの暗喩・予言。
学校の演劇でズートピアの世界観を上手く、面白く、分かりやすく説明していたのがとても上手い演出だと思った。しかもその演劇がとっても面白い。
子供の頃のキツネとのエピソードでの「一つだけ正しい。私は決して途中ではやめない」というジュディの性格を表したセリフが良かった。
ポリスアカデミーのエピソードも良かった(最初ダメダメだけど、最後はでかいサイをボクシングで倒すなど首席で卒業という基本的演出)。
駐車違反で最後自分のパトカーにも駐車切符を切るのが良かった。
レミーブラザーズ銀行というハムスターの銀行は「レミーの美味しいレストラン」ブラッド・バード監督へのオマージュだった。
駐車違反の町の動物たちの苦情がオモロカッタ。
イタチとの追いかけっこがスピーディーでオモロカッタ。
ニックを仲間にする時のやり取りがオモロカッタ。
動物が服を着ているのはおかしいと裸で過ごす動物たちがいるのが面白い設定だと思った
急いでいるのに役所は全員ナマケモノでスローな動きなのがワロタ(役所の手続きいっぱいでサービス対応が遅い事への皮肉と役人はナマケモノという皮肉)。
デッカイシロクマギャング達を束ねているのが小さなネズミというのが良かった。ゴット・ファーザーへのオマージュや髪形のヘンなネズミがボスの娘という前フリの効き方もとても良かった。
ツンドラ地域にはシロクマギャング、熱帯雨林地域にはジャガーの運転手というのも良かった。
ジャガーの運転手が野生化しての追いかけっこがスピーディーで迫力があった。
ニックの子供の頃の、仲間の子供達の残酷なイジメのエピソードが良かった。
ウサギの警官と詐欺師のキツネが48時間で事件を解決は、「48時間」(主演:エディー・マーフィー)へのオマージュだと思った。
小さいからトイレの流した水で流れて逃げ出すというのがワロタ。
ライオン市長は黒幕でなく、実はいい奴というのが良かった。
ジュディの発言でズートピアの動物種差別が酷くなり、責任を感じたジュディが警官を辞任するのが演出的に良かった。
田舎に帰って夜の遠吠え「night howling」の謎が解明されるのと、イジメていたキツネが更生しているという演出がとても良かった。
花「夜の遠吠え」を栽培している悪党が「羊」というのが良かった(黒幕は現市長の羊と分かる)。
敵の羊のアジトを電車ごと動かして証拠提出しようとするのが良かった。電車のシーンは「アンストッパブル」(監督:トニー・スコット)へのオマージュだとボクは思った。証拠の電車は爆発炎上。
最後の「tryto make world betterplace」(より良い世の中にする為に努力しよう)というメッセージ性がとても良かった。
最後の歌姫ガゼルの歌のエンディングも勇気づけられる歌詞でとても良かった。
歌姫ガゼルが人種融和の訴えをしたり、ナマケモノがスピード狂だったりするキャラの面白さもとっても良かった。
全般的に
アニメーションとしての動きも面白く、様々な動物種がいる豊かな社会の素晴らしさを描く設定も見事だし、登場動物達のキャラも皆活きてたし、黒幕は誰か?というミステリーもオモロイし、社会批評もあるし、主人公のジュディは無茶苦茶カワイイし、そして「より良い世の中にする為に努力しよう」というメッセージが最高だった。
監督のバイロン・ハワード。ディズニーはブラッド・バード、ピート・ドクターに続き、又神から授かった才能giftを発掘したなぁと驚かされた。
流石はディズニー将軍。世界中を席巻する名将だけの事はあると改めてディズニーアニメの凄さを再確認し、度肝を抜かれた作品。
この作品は奥が深い。何回観ても新たな発見があり楽しめる大傑作!!

「バイロン・ハワード。監督作の「ボルト」もアニヲタを自称するなら観ざるを得ない」心にそう願う大人になれない長七郎であった。グッバイ!!ネバーランド!!http://mamaduke.at.webry.info/

投稿者:nedved投稿日:2017-04-28 22:11:21
モーリス・ラマルシュ
投稿者:リベルタド!!投稿日:2017-04-15 22:10:13
【ネタバレ注意】

家族で楽しむアニメ作品なもんで、なにかと感動とか友情とかが宣伝文句に踊りがち。でも実際は、なかなか恐ろしいクライムサスペンス。根強い人種問題をPOPにエンターテイメントしてはいるけど、自分は、デニス・ホッパー監督「カラーズ」思い出したよ。

投稿者:ちゃぷりん投稿日:2017-03-13 00:21:00
テーマに心が動きはしなかったけど、面白かった。
投稿者:pumpkin投稿日:2016-07-03 19:16:33
孫(小三、年長)のおつきあいで見ました。この種の作品はあまり見ないので、多少とまどいましたが、いろいろと思うところはありました。子どもたちはどのくらいわかったのかなと心配な面もありますが、一応面白かった様子なので、それ以上大人の考えを言うことはやめました。
自分の幼い頃を思い出しても、結構難しいドラマもそれなりに理解して見ていたので、それはそれでいいと思います。

ともあれ子どもたちに見せてよかったと思いました。
投稿者:黒美君彦投稿日:2016-06-13 12:19:39
【ネタバレ注意】

確かに画は美しいし、“ズートピア”がアメリカを象徴している寓意性というのも伝わってくるし、先入観を持つなというテーマも直球で投げかけてくる。その意味で実に現在のアメリカを象徴するアニメ作品となっているのは間違いないが、それ故に一方で「道徳」教材のような印象を受けてしまった。

「なりたいものになれる」夢の国アメリカ=ズートピア。
けれど野生に戻って凶暴になった肉食動物が現れてしまう。「肉食動物は危険だから隔離すべき」という世論が湧き上がり、凶暴化した肉食動物を隔離していたライオンハート市長は逮捕され、ヒツジのベルウェザー副市長が新市長になる。実は「夜の遠吠え」という異名をとるミドニカンパム・ホリシシアスの球根を食べた動物が凶暴化していたもので、肉食か草食かは無関係とわかる…。
ここには人種による決めつけ(=差別)が色濃く反映されている。
ウサギだからこう、ヒツジだからこう、ライオンだから、カワウソだから…。

例えば、羊の副市長の頭の毛に触れようとする場面は、アフリカ系のアフロヘアに触れようとする行為(それはしてはならないことらしい)を意味している。また、ウサギのジュディが警察署で、受付のヒョウから「ウサギがこの警察署に入ってくるっていうのは聞いていたけど、本当にかわいいね。思っていたより」というのはNGワード。同じ人種同士であれば「かわいい」と言い合ってもいいが、別の人種が言うのはよくないとされる。さらにキツネだというだけで「嘘つきだから」と言われて、就職ができない状況も描かれる。

おそらくアメリカでは日常にある差別的行動や言動があちこちに散りばめられている。
だから「道徳教材」的な印象を持ってしまったのかも知れない。いわんとするテーマはわかるし、巧みにそれらをストーリーに散りばめてはいるのだが、何故か個人的には印象に残らない気がする。米国では「アナ雪」を上回る興行成績をあげているというのだが…。

投稿者:カール犬投稿日:2016-06-01 17:06:55
【ネタバレ注意】

映画は宣伝ほど“実は深いんです。”とまでは思わなかったかなあ、、

どちらかと言うと“根深い”んです。

すみれ色のお目々がクリンクリンの可愛いらしいウサギなど
色鮮やかで個性豊かに擬人化された動物キャラクターたちで
明るく楽しく誰にでも観やすいディズニーフィルターにかけられていても
問題に切り込もうとする姿勢ははっきりしていてかなりの直球攻め。

現実で解決することもできていない火種の数々を
ディズニーアニメーションですっきり払拭ともいかないんだけれどね、

でもこの映画を観た子どもの心に問題提起の種が蒔かれるのだとしたら
次世代でもう少し良い方向に向かえる何かが芽吹く可能性もあるよね。

一番大事なのはそれのような気がする。

もう少し大人になっているアメリカの観客には
主人公が「警官」である意図は実にはっきりしているだろうし、
(会見で明らかになるヒロインですら払拭できていない先入観もね)

なのでもっと速球を喰らえとばかりに、
劇中の人気スター・ガゼル役のシャキーラを通して語られるメッセージは、
現実のデモやトラブルを憂う良識ある市民の“模範解答”みたいな内容で、
差別や憎悪は悲しむべきことで克服すべきこと。と身も蓋もないほどの正論。

豪速球&直撃打。

投稿者:SECOND_STAGE_LENSMEN投稿日:2016-05-15 14:44:37
草食動物の警察官と肉食動物の詐欺師がコンビを組んで、48時間以内で事件を解決すべく捜査に乗り出す本作。
ウォルター・ヒル監督の『48時間』で、白人の刑事と黒人のチンピラがコンビを組んで48時間以内の事件解決に乗り出したのは30年以上前の話だが、差別に満ちた世の中はあまり変わっていないようだ。
主人公の一人であるキツネの名前がニックなのは、『48時間』の主人公を演じたニック・ノルティから来ているのかもしれない。

米国映画は生物の進化を正面から取り上げようとしないように思えるが、創造論を信じる人が多い米国では当たり前の配慮なのかもしれない。
ところが本作の動物たちは「進化」したことになっており、神からすべての生き物を治めるように云われたはずの人間はいない。米国で(しかも子供向け映画で)ここまで創造論をないがしろにした映画が作られたことに驚く。
ディズニー・ピクサーが、ほぼ同じ頃に、創造論を前提にしたとしか思えない『アーロと少年』を公開したことと考え合せるとたいへん興味深い。
子供に見せるなら断然この映画だ。

もっとも、世間知らずのぽっと出の女性が、経験豊富な男性のリードで助けられる展開は、昔ながらの恋愛映画に似た構図でもある。
とても現代風な本作だが、根底にはクラシックなものが横たわっている。

http://movieandtv.blog85.fc2.com/blog-entry-569.html
投稿者:ASH投稿日:2016-04-30 13:45:35
 可愛いウサギが大活躍する子供向けのアニメだと、タカをくくって観に行かない映画通も多いかと思うが、裏側に隠されたテーマが表出したとき、思わず「ああッ!!」と声をあげてしまう。そういう意味では、未就学児にゃ向かんわな。「差別」と「偏見」、これが読めると、そりゃもう。
投稿者:yudegani投稿日:2016-04-23 05:46:37
ライオンハート市長
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ 長編アニメ賞 
■ アニメーション賞 
■ アニメーション作品賞 
□ 長編アニメ賞 
■ 長編アニメ賞 
□ 外国作品賞 
【ニュース】
アカデミー賞、結果発表2017/02/27
英国アカデミー賞、結果発表2017/02/13
アメリカ製作者組合(PGA)賞、結果発表2017/01/30
アカデミー賞、ノミネーション発表2017/01/24
アメリカ製作者組合(PGA)賞、ノミネーション2017/01/11
英国アカデミー賞、ノミネーション2017/01/11
ゴールデン・グローブ賞、発表2017/01/10
ゴールデン・グローブ賞、ノミネーション2016/12/13
放送映画批評家協会賞、結果発表2016/12/12
AFI選定2016年トップ映画2016/12/09
ニューヨーク映画批評家協会賞、発表2016/12/02
放送映画批評家協会賞、ノミネーション2016/12/02
全米興行成績、「X−MEN」と「アリス・イン〜」の新作対決は「X−MEN」が圧勝2016/05/30
全米興行成績、人気ゲーム原作アニメ「アングリーバード」が首位デビュー2016/05/23
全米興行成績、「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」が圧勝でV22016/05/16
全米興行成績、「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」が好発進2016/05/09
全米興行成績、好調「ジャングル・ブック」が堂々のV32016/05/02
全米興行成績、ディズニー製作実写版「ジャングル・ブック」がV22016/04/25
全米興行成績、ディズニー製作実写版「ジャングル・ブック」がメガヒット・スタート2016/04/18
全米興行成績、メリッサ・マッカーシー主演コメディ「The Boss」が初登場1位2016/04/11
全米興行成績、「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」がV22016/04/04
全米興行成績、「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」がメガヒット・スタート2016/03/28
全米興行成績、「ズートピア」が「ダイバージェント」新作を抑えV32016/03/21
全米興行成績、ディズニー最新アニメ「ズートピア」がV22016/03/14
全米興行成績、ディズニー最新アニメ「ズートピア」が大ヒット・スタート2016/03/07
全米興行成績、ライアン・レイノルズ主演アクション「デッドプール」がV32016/02/29
【ソフト】
【レンタル】
 【Blu-ray】ズートピアレンタル有り
 【DVD】ズートピアレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION