allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります(2014)

5 FLIGHTS UP

メディア映画
上映時間92分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(スターサンズ)
初公開年月2016/01/30
ジャンルドラマ
映倫G
人生も、リノベーション
してみませんか?
ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります [Blu-ray]
価格:¥ 4,653
USED価格:¥ 3,732
amazon.co.jpへ

 Photos

【解説】
 モーガン・フリーマンとダイアン・キートンというオスカー俳優2人の初共演で贈るハートフル・ドラマ。原作はジル・シメントの全米ベストセラー『眺めのいい部屋売ります』。ニューヨークを舞台に、階段がきつくなってきたために古いアパートの5階にある我が家を手放す決断をした夫婦が、愛着のある住み慣れた我が家の売却と新居探しを巡って織り成す悲喜こもごもの人間模様を綴る。監督は「ウィンブルドン」「ファイヤーウォール」のリチャード・ロンクレイン。
 ブルックリンが一望できる眺めのいい部屋に暮らして40年になる仲睦まじい夫婦、アレックスとルース。2人にとってその部屋はまさに理想の我が家だったが、エレベーターがないのが唯一の欠点だった。足腰の弱ってきたアレックスにとって、我が家のある5階まで階段を上るのは容易なことではなくなってきた。そんな夫を心配したルースは彼を説得し、エレベーターのある住居への買い替えを決めたのだった。こうして明日には、いよいよ購入希望者のための内覧会が開かれようとしていたのだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
18 8.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:nabeさん投稿日:2018-08-26 17:27:43
名優二人によるハートフルな作品である。
長年住み慣れたブルックリンのアパートを手放そうとする老年夫婦を、オスカー俳優のモーガン・フリーマンとダイアン・キートンがシブく演じている。派手に開催されるアメリカスタイルの内見会やオークションの模様が興味深いが、これは本来の主旨ではなく、二人がこの機会に改めてお互いを見つめ直し、愛を確かめ合うのがメインテーマだ。しかし、飼い犬の病気に右往左往したり、部屋の中のあちこちにある想い出に浸ったりと、ごく日常的で地味な場面が多いので、老人の観客以外の共感を得るのは難しいだろう。
内見会に登場する少女役のスターリング・ジェリンズが、可愛くてキュートだ。
投稿者:ここちち投稿日:2018-08-26 12:57:34
【ネタバレ注意】

ダイアン・キートンにモーガン・フリーマンという
名優ふたりの夫婦はお似合いだし、素敵でしたが

映画としては「どうってことない」作品かと。
悪くないけど、結局 老夫婦が家を売ろうとして
やっぱやめた、っていうだけの話ともいえるしw

でも、実際問題として
いずれあの階段を登れなくなる日はくるわけで。

テロリストとして捕まった青年の姿を見て
あの場面でモーガン・フリーマンが
売るのをやめるのも、いまいちわかりづらい。

あと、あの夫婦以外の登場人物は
いい人より、やなかんじの人のほうが多いんだよなぁ。。

投稿者:HABBY投稿日:2017-05-08 23:18:35
【ネタバレ注意】

時に反目しつつも、長年連れ添い齢を重ねた二人にとっての理想の形を追求していこうという温もり漂うお話。モーガン・フリーマンとダイアン・キートンの掛け合いはこれぞプロの芸。(ウディ・アレンの作品か?と見紛うほど)二人のセリフ量が多く、キートンはもともと早口言葉が出来るタイプだが、フリーマンも負けず劣らず狭い空間に雄弁なセリフを詰め込む場面が散見され、どちらかというと寡黙な役が多い彼だけに新鮮な驚き。クレア・ヴァン・ダー・ブームによるダイアン・キートンなりきり(形態模写)は凄い。ファンなら一見の価値あり。本作の陰の主役は犬かも。

投稿者:ローランド投稿日:2017-01-16 10:06:32
  日本なら北向きで外光の入らない場所をそれに充てるように、画家のアトリエにはセールストークが狡食にはサングラスが必要瓩箸いΔ曚匹瞭差しの入る眺めのいい部屋は向かないのだけどな?という疑問はともかくとして、物語の舞台になる屋上に家庭菜園のある住まいや街並みが気持ち良くてこんなところで暮らしてみたいなって思いがするくらいで、それに、親切だったのに商売にならないと見るや態度急変で毒づく不動産業のお喋り女など大都市に生息する風変わりな人々や、売れるためには壁の色に合わせた絵を描くという蘊蓄など、面白かったと言いたいところがありながらもいまひとつ物足りない気持ちになるのはなんでだろ?。   

  ウディ・アレンの作品で観た憶えのあるベンチを配した川辺の景観にダイアン・キートンも出演しているし、ウディのニューヨークを舞台にした一連の作品の流れを汲んでいるいるのはすぐにわかるが、モデルの女が人種の違いと歳の差という障害を乗り越えた絵の売れない夫を犒歃儔箸聾充造悗梁弍が苦手なので瓩隼廚い笋訖翰イ靴ず覆箸覆辰洞豎擇魘Δ法ΑΑΑ,箸いΑ∩洞擇藁匹い里砲い泙劼箸通ノ呂坊腓韻觝酩覆砲覆辰討い襪里蓮▲罅璽皀△離札鵐垢覆匹縫Ε妊8翅腓曚匹離┘好廛蠅魎兇犬蕕譴覆いらでしょうか。  それに、憧れを抱くほどに主演の男女が良い味を出しているのに、飼い犬の病気にかなり比重をかけてしまったのも悪かったかもしれない。    星の数は6個以上7個未満です。
投稿者:Bill McCreary投稿日:2016-02-22 22:52:38
映画としては、どうも私の好みでなかったのですが(出来が悪いというよりは、私の好みにあわない、という印象です)、ニューヨークの街並みは、何をいまさらながらよかったと思います。またニューヨークへ行ってみたくなりました。
【ソフト】
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION