allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

僕だけがいない街(2016)

メディア映画
上映時間120分
製作国日本
公開情報劇場公開(ワーナー)
初公開年月2016/03/19
ジャンルサスペンス/ミステリー/SF
映倫G
あの日をもう一度
生きることができたなら、
今度は手を離さない。
僕だけがいない街 プレミアムBOX [Blu-ray]
参考価格:¥ 7,344
価格:¥ 4,550
USED価格:¥ 2,205
amazon.co.jpへ

 Photos

【クレジット】
監督:平川雄一朗
製作:福田太一
堀内大示
横澤良雄
岩田天植
堀義貴
島田和大
長坂信人
村田嘉邦
宮本直人
平田英己
市村友一
エグゼクティブプ
ロデューサー:
小岩井宏悦
プロデューサー:春名慶
丸田順悟
内山雅博
原作:三部けい
脚本:後藤法子
撮影:斑目重友
特殊メイク:江川悦子
美術:樫山智恵子
編集:坂東直哉
音楽:林ゆうき
音楽プロデューサ
ー:
北原京子
主題歌:栞菜智世
『Hear 〜信じあえた証〜』
VFXスーパーバ
イザー:
中村明博
スタイリスト:浜井貴子
ヘアメイク:倉田明美
内野晶子
記録:小宮尚子
照明:池田順一
装飾:秋田谷宣博
録音:豊田真一
助監督:吉村達矢
出演:藤原竜也藤沼悟
有村架純片桐愛梨
鈴木梨央雛月加代
中川翼藤沼悟(1988年)
林遣都白鳥潤
福士誠治小林賢也
安藤玉恵雛月明美
淵上泰史
森カンナ
高橋努高橋店長
木村聖哉
篠田涼也
石川樹
笹岡ひなり
岩田丸
川守田政人
谷口翔太
石川紗彩
森川恵古
田中啓三
及川光博八代学
杉本哲太澤田真
石田ゆり子藤沼佐知子
【解説】
 三部けいの大ヒット・コミックスを「カイジ 人生逆転ゲーム」「るろうに剣心 伝説の最期編」の藤原竜也主演で実写映画化したミステリー・サスペンス。“リバイバル”という不思議な現象に巻き込まれた青年が、現在と小学校時代を行き来しながら誘拐殺人事件の回避と真犯人の特定に奔走するさまをスリリングに描く。共演は有村架純、及川光博、杉本哲太、石田ゆり子。監督は「ROOKIES -卒業-」「ツナグ」の平川雄一朗。
 ピザ屋でアルバイトする売れない漫画家の藤沼悟。彼は、事件や事故に遭遇すると、その原因が発生する直前の時点に時間が巻き戻る不思議な能力を持っていた。しかし自ら“リバイバル”と呼ぶその現象はいつ起こるかも分からず、彼にとっては迷惑な能力でしかなかった。ある日、リバイバルのせいでケガをした悟。他人と距離を置いて生きてきた彼だったが、心配して病院に付き添ってくれたバイト仲間の愛梨と思いがけず距離が縮まっていく。そんな中、悟が再びリバイバルに遭遇した時、一緒にいた母・佐知子が何かに気づく。しかしその直後、佐知子は何者かに殺害されてしまう。するとまたしてもリバイバルが起こり、悟の意識は1988年のまだ小学生だった悟自身の頭の中に飛んでしまう。それは、同級生の雛月加代が被害者となった連続誘拐殺人事件が起こる直前だった。全ての鍵はこの事件にあると確信し、雛月を守ってみせると決意する悟だったが…。
<allcinema>
【関連作品】
僕だけがいない街(2016)実写劇場版
僕だけがいない街(2016)テレビアニメ版
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
18 8.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:spqc2y29投稿日:2017-12-09 23:57:21
【ネタバレ注意】

ラスト本当に僕だけがいない街。
子役がいいです。
リバイバルっていう力をどうして持つようになったの?

投稿者:流氷一滴投稿日:2017-05-30 22:01:27
どこかで監督が子役の演技指導をしている画像をみました。
確かに子役の二人の鈴木梨央と中川翼は頑張っている。大人の藤原竜也と有村架純も悪くない。
リバイバルという現象で、主人公が「悪いことが起こる前」に戻ることができ、「悪いことが起こらないようにする」という筋書きは「あり」だと思う。
主人公がリバイバルをコントロールできないという設定もおもしろい。
でも、「こういう形でいなくなる」のは観客が納得しないだろう。
投稿者:HABBY投稿日:2017-04-19 23:22:57
【ネタバレ注意】

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』、『時をかける少女』、『バタフライ・エフェクト』、『涼宮ハルヒの憂鬱』らに連なるメルヘンでスイートなタイムトラベル、ループものの系譜かと思いきや、親による児童虐待やサイコパスな学校教師による幼女連続殺人という重たいテーマが裏に内包されていて、鑑賞後胸にどっしりと重石を置かれたような気分になった。タイトル『僕だけがいない街』の意味が判明するラストはハッピーエンドであり、アンハッピーエンドでもあり、余韻を残す秀逸な閉じ方だと思う。

過去に"リバイバル"(=ワープ)する場面では子役の演技が中心。中川翼、鈴木梨央の子供離れした表現力に驚く。製作側は(集客効果も狙って)藤原竜也、有村架純を主演と位置付けるだろうが、個人的にはむしろ子役のほうの鬼気迫る演技の方に目がいった(藤原、有村の演技が悪いと言っているのではないので念のため)。

有村架純は相変わらず可愛い。石田ゆり子の美魔女ぶり、すさまじ。有村が作中で思わず発する「お母さん本当若いですね。最初見たときお姉さんと思いましたもん」が図星。子役の演技と共に、小学校教師役及川ミッチーの怪演が本作の肝。ヤラレタ。藤原竜也の誠実で飾り気の無い演技にも好感。

つい最近実社会で「保護者会の会長を務める男が女児を殺害」という痛ましい事件があったが、あのヌメッとしたいやらしさに通じる要素がこの作品にも転がっている。ここにスカッとした爽快感はないが、ただし冒頭で書いた通り、エンディングの描き方に一服の清涼感が漂っているのには救われた。

投稿者:dadada投稿日:2017-01-10 08:36:29
原作が人気コミックだというが、そのあたりはあまり感じない。
変則(荒技)ミステリーだけど、フツーの感じ。物語の変則ルールー(リバイバル)を受入れて観ていれば、別に苦も無いから。
ただ、クライマックスの大リバイバルと物語の解決は、強引な気がする。とりあえず、バタバタと店仕舞いしましたって印象。
老けないお母さんの石田ゆり子がイイ。有村架純もカワイイ。子役たちも上手過ぎて嘘っぽいけど、頑張ってる。
いつも絶叫してる印象の藤原竜也。今回もいつも通りです。
投稿者:笠勝利投稿日:2016-04-25 14:56:38
面白かった。有村架純で観に行って満足もしたが、何より子役二人が秀逸。難しい役どころを的確に演じている。平川雄一朗監督の履歴にTVドラマの「白夜行」。福田麻由子が素晴らしかったことを思い出した。以前から子供への演出に見事な手腕を発揮しているようだ。久しぶりに聞いた言葉『リバイバル』。今や映画界では死語に等しい。そう言えば中島みゆきの歌が好きだったな。
投稿者:ASH投稿日:2016-03-19 23:26:19
 ああ、コレ、設定がオモロい。ミステリーとして見ちゃうとチョンボが多いんだけど、原作がコミックというんであれば、それも納得。上映終了後は、ストーリー展開をアレコレと脳内補完しちまう始末。で、誰かに話したくなる。誠に上手くできてやがる。

 ちょきちょきと、ハサミで切る真似をするシーンに、「はぁ?」。
【レンタル】
 【Blu-ray】僕だけがいない街レンタル有り
 【DVD】僕だけがいない街レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION