allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

キャロル(2015)

CAROL

メディア映画
上映時間118分
製作国イギリス/アメリカ/フランス
公開情報劇場公開(ファントム・フィルム)
初公開年月2016/02/11
ジャンルドラマ
映倫PG12
このうえもなく美しく、
このうえもなく不幸なひと、キャロル。

あなたが私を変えた。
キャロル スペシャル・エディション [Blu-ray]
参考価格:¥ 6,966
価格:¥ 4,836
USED価格:¥ 10,829
amazon.co.jpへ

 Photos

【解説】
 『見知らぬ乗客』『太陽がいっぱい』などで知られる女流ミステリー作家パトリシア・ハイスミスが52年に別名義で発表した小説を「エデンより彼方に」のトッド・ヘインズ監督が映画化。エレガントな大人の女性に心奪われた若いヒロインの切なくも美しい禁断の恋の行方を、50年代のニューヨークを鮮やかに再現した衣装・美術と素晴らしい映像美で描き出す。主演は「ドラゴン・タトゥーの女」のルーニー・マーラと「ブルージャスミン」のケイト・ブランシェット。
 1952年、クリスマス目前の活気あふれるニューヨーク。高級百貨店のおもちゃ売り場でアルバイトをしているテレーズ。フォトグラファーという夢を持ち、恋人のリチャードからは結婚を迫られるなど、一見充実しているかに思えて、どこか満たされない日々を送っていた。そんなある日、ゴージャスな毛皮のコートを着た女性キャロルが、娘のクリスマスプレゼントを探しに彼女の売り場へやって来る。その美しく優雅な佇まいに一瞬で目を奪われ、強い憧れを抱くテレーズ。後日、ふとした成り行きからキャロルにランチに誘われ、彼女が夫ハージとの愛のない結婚生活に苦しんできたこと、そしてついに離婚を決意したことを知るが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:dadada投稿日:2017-02-27 08:33:54
もう冒頭から圧倒的な“キャロル・オーラ”...怖いくらい。凄いね、ケイト・ブランシェット...。
拳銃をチラ見させて、悲劇的なオチを予感させるが...。
静かぁに展開する映画だが、テレーズのメロメロ感はビンビン伝わる。
オーラとメロメロ感が満載の映画。ラブシーンの煽情的な圧も結構なもの。面白いね。
投稿者:HABBY投稿日:2017-01-30 22:51:52
【ネタバレ注意】

異形なる愛の形。現在と比べ圧倒的に同性愛が御法度だった時代性を感じ取りつつ鑑賞。(完璧に創り上げられた)肢体を惜しげもなく披露したルーニー・マーラが誠に美しく、作中に使われた「天からふった人」という表現は言い得て妙。本作でアカデミー助演女優賞を与えられても良かったと思うが、強敵の多い"当たり年"だったのも響いたか。。ケイト・ブランシェットもルーニーに獲って貰いたいと思っていた筈(?)。まあ、貴女ならいつの日か受賞スピーチを披露する場がやってくる筈。どんな役柄でを演じて世界中の映画ファンを唸らせるのか、今からその日を楽しみに待つと致します。

投稿者:pumpkin投稿日:2017-01-30 11:46:29
なぜか思い出したのが、フレッド・ジンネマンの「ジュリア」。もしかして「ジュリア」にもこの隠し味があるのかも。ジュリアとリリアン、キャロルとテレーズ、似ているといえなくもない。
隠し味と言えば、通奏低音のように聞こえてくるのは赤狩りの足音です。人間関係がよそよそしく感じられるのはそのせいかも。
投稿者:Normandie投稿日:2017-01-11 20:19:22
好きになった人が彼女だった、、
ルーニー・マーラの一途さ、ケイト・ブランシェットのまなざし!
投稿者:いまそのとき投稿日:2016-10-21 00:56:12
独特のカラー。色彩美学の鮮やかさ。これもトッド・ヘインズ監督作品。どちらも50年代の妖しさがあり匂いがあった。この感性はどうもアメリカらしくなくむしろヨーロッパ人・・洗練された文化の香りがする。さてこの二人・・当時は大スキャンダル的な事件の成り行きなのだが、描かれたのは心乱れる渇望の世界。なぜこれほどに胸ときめくか・・・ラスト近くファーストシーンが繰り返されこの二人の行方が見える。テレーズの肩に別れの手。キャロルとテレーズに再び縁が蘇る。愛とは出会い・・誰にも止められぬ運命の絢と妙。K・ブランシェット・・ラスト、そのまなざしが語るもの。
投稿者:ナラドーナ投稿日:2016-05-12 17:26:47
ファーストシーンからノックアウト。役者、キャメラ、美術、照明、音楽、演出、と全てに感服。トッド・ヘインズって、ここまですごかったっけ?、という驚き。デジタル全盛、くっきりかっちりのクリアな画面づくりばかりのこのご時世にあって、16mフィルム撮影の柔らかな肌触り、雨に濡れるガラス越しのぼんやりしたショットの美しさ、ケイト・ブランシェットのオレンジのスカーフや毛皮のコートの質感、ルーニー・マーラのチェックの帽子の色の鮮やかさ。
 映画はグリフィス以来、見つめ合う二人の視線の交差を描き続け来たわけだが、この『キャロル』は、まさにその視線の交わりの映画。最後ルーニー・マーラが見つめ、切り返しでケイト・ブランシェットのアップで終わる。成瀬の『乱れる』のラスト、高嶺秀子のクローズアップのような素晴らしさだ。
 冒頭、格子のアップから1950年代ニューヨークの夜の街角を長回しのクレーンショットから一気にのめりこませ、その後の、リッツのバーでの視線劇の素晴らしさ!ヒッチコックの『めまい』のバーのシーンを彷彿とさせる。ここでは視線の交差と共に、手も主役となる。キャロルがテレーズの肩に手をかけて離れていく、その後に男がやはりテレーズの肩に手をかけて離れる、というほぼ同じ動作をするのだが、その際のテレーズの反応の違い。このシーンはラスト近くで逆構図で再現される!
投稿者:noir fleak投稿日:2016-03-03 19:57:46
てっきり、最後は3〜40年後の二人の境遇が出てくると思ったが、それはなし。
当時のポップ音楽がふんだんに出てくるのは好ましいが、テディウィルソン・ビリーホリデーはそれよりも20年前の録音。ビリーホリデーを出せば、それだけで通ぶった感じを出せるという製作者側の意図が見えてくる。白人富裕層の話だから、ここはシナトラの方が良かった。
ケイトブランシェットがここまで大女優になったのは、彼女の決して美人とは言えないながら、忘れ難い顔によるものだろう。最後のシーンはもっと彼女の表情を見たかった。
狭く言うなら「女性映画」ということになるが、なかなか良かった。


投稿者:Katsumi_Egi投稿日:2016-02-25 23:42:58
 えんえんと視線の演出の続く映画であり、一方、窓越し、ガラス越しのカットが半分ぐらい占める窓の映画でもあるのだが、何よりも、切り返し(カットバック、リバースショット)の映画だ。映画演出の王道を見たという気がする。

 最初に誘われて行くランチのシーンの、ケイト・ブランシェットとルーニー・マーラの各ショットはかなり不安定で、どうしたものかと思っていたのだが、ラスト近くに再登場するリッツのラウンジのテーブルを挟んだ各ショットはもう殆ど完璧。画角を変えたリバースショットのなんとスリリングなこと。このシーンで最後にブランシェットに寄っていくのがまた凄い。そのカットが闖入者により破棄される厳しさに鳥肌が立つ。

#キャロルからのXマスプレゼントは、Canonのカメラ。テレーズからは、ビリー・ホリディ+テディ・ウィルソンの「Easy Living」のレコード。

http://www.page.sannet.ne.jp/egi/
投稿者:めるしぼく投稿日:2016-02-23 15:22:56
ケイトブランシェット。この時代のフルメークのせいと男前なキャラクターで女装家に見える。タイトルはキャロルだけど私にとっては主人公はキャロルとの出会いによって明確な自分の道をを見つけたテレーズ。明るいエンドもナイス!

私もテレーズがオードリーに見えました。50年代の車をよくもまああんだけ揃えたことに関心。全部の車種を知りたい。きめの粗い映像もモノラル録音のパチパチ雑音の入るような暖かい音楽のようで好み。
投稿者:アリョーシャ投稿日:2016-02-22 23:06:39
【ネタバレ注意】

パトリシア・ハイスミスは「見知らぬ乗客」を発表したものの、まだ金銭的な余裕はなく、やむを得ずクリスマスシーズンにニューヨークのデパートで、人形売り場のアルバイト店員をしていたときに、まさにキャロルをイメージさせる美しい女性が娘のクリスマスプレゼントを買いに来て出会い、その女性に心奪われこの物語を書く衝撃に襲われた、と原作のあとがきで自ら述べている。その女性とはその場限りの出会いで終わったそうだが、ハイスミスにとっては、このような小説を書かせるだけの出会いであったということだろう。
この映画は、原作小説同様に異性同性の違いを乗り越えた恋愛映画の秀作と言える。一目惚れともいえる運命的な出会い、恋する喜び、躊躇い、そして懊悩する二人の姿が過不足なくなく描かれていて秀逸である。そんな二人を、ケイト・ブランシェット(キャロル)はまさに演技派女優の貫録で、一方のルーニー・マーラ(テレーズ)は初心な乙女のごとき繊細さで演じていて、ともに見事である。果たしてどちらかがオスカーに輝くのだろうか?
原作では、テレーズは舞台装置作家の卵であるが、映画では写真家の卵に変更されている。それが映像を見せることでものを語る映画においては、とても成功していると言える。テレーズは、キャロルの写真を撮りつつ、自らの心にもキャロルそのものを取り込んでいるからだ。また原作ではテレーズはバージンではないが、映画ではバージンという設定になっているのも、初恋に燃え上がる乙女の初々しさを表現したかったからであろうことが推測される。
1950年代の物語という設定もあってか、ルーニーの雰囲気が「麗しのサブリナ」のオードリー・ヘプバーンをしばしば連想させる。髪型や服装、目の雰囲気ほか、ちょっと肩をいからせて歩く後ろ姿など、とてもよく似ている。これは意図的な演出、メイク、演技なのだろう。
この作品は、男性同士の恋愛を描いた傑作「ブロークバック・マウンテン」の対をなす、女性同士の恋愛を描いた秀作と言えるであろう。しかし、「ブロークバック・マウンテン」が悲劇で終わるのに対し、こちらはそうはならない。というよりも、この映画、エンドマークが出ずに終わるのだ。キャロルとテレーズの物語の第二章が、これから始まるのだとでも言わんばかりに。

投稿者:mototencho投稿日:2016-02-20 16:13:09
簡潔にして、クラシカルな純愛映画。もはや禁じられた関係でなければ、狂おしい愛がスクリーンに刻めない時代?http://mototencho.web.fc2.com/2016/carol.html
投稿者:黒美君彦投稿日:2016-02-19 11:57:36
【ネタバレ注意】

あのパトリシア・ハイスミスがクレア・モーガンの名で1952年に発表した自伝的色彩の濃い作品が原作なのだが、『太陽がいっぱい』に代表される推理小説的要素は排除されているにもかかわらず、ここに描かれている愛の物語はサスペンスフルであり、片時も目を離せない。
キャロル・エアード(ケイト・ブランシェット)とテレーズ・ベリベット(ルーニー・マーラ)が冒頭ふたりで向き合うシーン。その意味が時間をかけて語られる。
百貨店でクリスマスプレゼントを売る写真家志望のテレーズは、売り場の賑わいをよそに孤独感を漂わせているが、そこに現れた美しいキャロルに目が吸いつけられる。まさにひと目惚れ、というヤツ。
売り場に忘れていった(あるいは故意に忘れていった?)手袋を送ったことで始まるふたりの関係。
1952年当時は、当然同性愛は罪悪そのもの。それぞれ異性のパートナーがいたことを思えば、彼女たちは恐らくそうした性向を自ら抑圧していたのだろうけど。そしてキャロルの家庭は破綻、ふたりの関係も終わったかのように見えたが…。
キャロルは結局偽りの人生を生きることを拒み、テレーズのもとに戻ってくる。

説明を排した各シーンがどれも美しい。
例えばキャロルのマニキュアの紅は、口紅の色とも合わせられ、そうした色彩と無縁なテレーズと対照的だ。
この作品では16ミリフィルムが使用されたということだが、その粗い粒子が1950年代の色彩に似合う。ワンカットワンカットが実に計算され尽くされているのだ。

車のウィンドウ越しに外を見るシーンが多用されるのも特徴的。
テレーズはそこでキャロルの姿を見かけ、キャロルもまた別のシーンで町を歩くテレーズを見る。
窓によって隔たり、すぐそこにいるのに手が届かない、という意味合いもあるだろうし、あるいは街行く人々の背後にあるであろう数え切れない愛や憎しみの現実を想像させたりもする。

『ドラゴン・タトゥーの女』(2011年)で一躍注目されたルーニー・マーラが、この作品では1950年代のファッションに身を包み、一見オードリー・ヘプバーンを思わせる清楚な佇まいを見せている。
ただタイトルが原作(『The Price of Salt』)のままではなく『キャロル』となったことが語るように、この作品ではあくまで主人公は「キャロル」であり、その点テレーズがやや受け身になっている点が気にならないではない。彼女はキャロルと異なり失うものはない(もちろん恋人はいたが)。だから、一旦別れている間も、痛手から立ち直り写真家としての一歩を着実に歩み始めることができる。
再会のシーンもだから、毅然とした彼女の表情が印象的だ。
原作では、若い彼女の「見えない将来への不安」がより詳細に描かれているというが、確かにそうした描写があればテレーズにもより深みが生まれたかもしれない。
とはいえ、いずれにせよトッド・ヘインズ監督作品はさほど観ていないが、この作品は彼の代表作と称されるのではないだろうか。

愛の形はひとつひとつ全て異なる。同性愛であろうと異性愛であろうと。
何もかもを擲って、ひとりの相手に人生を捧げようとするような愛を経験したことがあるかないかで、この作品の評価も変わるような気がする。

投稿者:ビリジョ投稿日:2016-02-17 15:40:18
【ネタバレ注意】

 さて、わしはここから何を学び取ればいいのかな。難儀だな。

 心理劇。静かに地味に推移する。最初は、その時代の街並みとかクルマとか衣装とかがすげーなーと見とれてしまった。金かかってまっせ。
 とにかく地味に展開する。しかし、結婚したのも子供を産んだのもその後のあれやこれやも全部自分の選択であるはずで、なのでキャロルはそれほど苦悩したり怒り悲しみにくれたりって感じではない。むしろ前向きでたくましい。
 お相手の方も新聞社で頑張って働くのであって、別に不幸のどん底というわけではない。それでも人生は続くケセラセラ。

 うーん。と、すぐに決断できない。悩むけど迷うけどって映画ですかね。違いますかね。もうだめだわ。そんなことないわ。

 皆さんタバコ吸いすぎです。お酒もほどほどに。

 よくわからんが7点。

投稿者:uptail投稿日:2016-02-13 11:02:16
演出:8
演技:9
脚本:7
音響:8
投稿者:ASH投稿日:2016-02-11 15:51:36
 ただのLGBT映画だろうとタカをくくってたんだが、観る者の胸にガツンとくる、衝撃の展開がまっているというスゲェ映画。時代設定に合わせた落ち着いた色合いの映像も、な〜んか古臭いんだけど、それがよかったんだなって思うわけよ。
投稿者:yudegani投稿日:2016-02-06 03:33:42
マーラ
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 主演女優賞ケイト・ブランシェット 
 □ 助演女優賞ルーニー・マーラ 
 □ 脚色賞フィリス・ナジー 
 □ 撮影賞エド・ラックマン 
 □ 作曲賞カーター・バーウェル 
 □ 衣装デザイン賞サンディ・パウエル 
□ パルム・ドールトッド・ヘインズ 
 ■ 女優賞ルーニー・マーラ 「MON ROI」に対しても
■ 監督賞トッド・ヘインズ 
 ■ 撮影賞エド・ラックマン 
■ 作品賞 
 ■ 監督賞トッド・ヘインズ 
 ■ 脚本賞フィリス・ナジー 
 ■ 撮影賞エド・ラックマン 
■ 音楽賞カーター・バーウェル 「Anomalisa」に対しても
□ 作品賞(ドラマ) 
 □ 女優賞(ドラマ)ケイト・ブランシェット 
  ルーニー・マーラ 
 □ 監督賞トッド・ヘインズ 
 □ 音楽賞カーター・バーウェル 
□ 作品賞 
 □ 主演女優賞ケイト・ブランシェット 
 □ 監督賞トッド・ヘインズ 
 □ 脚色賞フィリス・ナジー 
 □ 撮影賞エド・ラックマン 
 □ プロダクションデザイン賞ジュディ・ベッカー 
  Heather Loeffler 
 □ 衣装デザイン賞サンディ・パウエル 
 □ メイクアップ&ヘアー賞 
□ 作品賞 
 □ 主演女優賞ケイト・ブランシェット 
  ルーニー・マーラ 
 □ 脚本賞フィリス・ナジー 
 ■ 撮影賞エド・ラックマン 
□ 作品賞 
 □ 主演女優賞ケイト・ブランシェット 
 □ 助演女優賞ルーニー・マーラ 
 □ 監督賞トッド・ヘインズ 
 □ 撮影賞エド・ラックマン 
 □ 美術賞Heather Loeffler 
  ジュディ・ベッカー 
 □ 衣装デザイン賞サンディ・パウエル 
 □ ヘア&メイクアップ賞 
 □ 音楽賞カーター・バーウェル 
【ニュース】
トッド・ヘインズ監督最新作「Wonderstruck」、ティーザー・トレーラー2017/07/21
ルーニー・マーラ主演ドラマ「The Secret Scripture」、予告編2016/11/16
インディペンデント・スピリット賞、結果発表2016/02/29
第88回アカデミー賞、受賞結果2016/02/29
アメリカ撮影監督協会(ASC)賞、結果発表2016/02/16
英国アカデミー賞、結果発表2016/02/15
アメリカ脚本家組合(WGA)賞、結果発表2016/02/15
キーラ・ナイトレイ、仏女性作家コレットの伝記映画に主演へ2016/02/02
アメリカ映画俳優組合(SAG)賞、結果発表2016/02/01
放送映画批評家協会賞、結果発表2016/01/18
アカデミー賞、ノミネーション発表2016/01/15
英国アカデミー賞、ノミネーション2016/01/12
ゴールデングローブ賞、結果発表2016/01/12
アメリカ脚本家組合(WGA)賞、ノミネーション2016/01/07
アメリカ撮影監督協会(ASC)賞、ノミネーション2016/01/07
全米映画批評家協会賞、発表2016/01/05
ピーター・トラヴァース選定2015年ベスト102015/12/18
AFI選定2015年トップ映画2015/12/17
放送映画批評家協会賞、ノミネーション2015/12/15
ゴールデングローブ賞、ノミネーション2015/12/11
アメリカ映画俳優組合(SAG)賞、ノミネーション2015/12/10
LA映画批評家協会賞、発表2015/12/07
ニューヨーク映画批評家協会賞、発表2015/12/03
ジョン・ウォーターズ監督選定2015年映画ベスト102015/12/02
インディペンデント・スピリット賞、ノミネーション発表2015/11/25
ケイト・ブランシェット&ルーニー・マーラ共演ドラマ「Carol」、ティーザー・トレーラー2015/08/18
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】キャロル スペシャル・エディション2016/08/26\6,450amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】キャロル2016/08/26\4,700amazon.co.jpへ
 【DVD】キャロル2016/08/26\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】キャロルレンタル有り
【ミュージック】
【CD】 「キャロル」オリジナル・サウンドトラック
新品:¥ 2,700
5新品:¥ 2,430より   0中古品より 

【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION