allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

私の青おに(2015)

メディアTV
放映日2015/11/18
放映時間22:00〜23:00
放映曜日水曜日
放映局NHK BSプレミアム
製作国日本
ジャンルドラマ

【クレジット】
演出:倉崎憲
制作統括:石川慶
陸田元一
プロデューサー:保高隆久
作:相沢友子
音楽:本間昭光
出演:村川絵梨辻村莉子
木南晴夏夏目文香
中島歩森岡広太
眞島秀和結城一也
内藤理沙瀬戸
馬場園梓内田琴美
遠山俊也辻村照夫
伊藤かずえ辻村幸枝
橋本マナミみどり
山中崇小坂
嶋田久作竹本
石澤智幸吉原
金井美樹辻村莉子(高校時代)
上白石萌歌夏目文香(高校時代)
白鳥羽純内田琴美(高校時代)
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:黒美君彦投稿日:2017-06-12 11:23:50
【ネタバレ注意】

<あらすじ>東京の出版社で編集者として働く辻村莉子(村川絵梨)は久しぶりに故郷の山形県高畠町に帰ってきた。まちおこしの一環として地元出身の浜田広介作「泣いた赤おに」のその後の物語を公募、絵本の出版を依頼したためだ。実は莉子には故郷に苦い記憶があった。高校でいじめの対象となったとき、同級生の夏目文香(木南晴香/上白石萌歌)を裏切ってしまったのだ。文香に再会した莉子は、葡萄作りに精を出す文香の前で過去に囚われていたのはむしろ自分だったと気づく…。

なかなかよく出来たドラマ。故郷で笑顔を見せない村川絵梨が憎々しげで巧い。
もともとは浜田広介(1893〜1973)の『泣いた赤鬼』に着想を得たものだけど、そもそも山形県高畠町が浜田広介の出身地で、そこに浜田広介記念館があることも知らなかった。
田園の緑が美しく、道端の「やすみ石」も効いている。
『泣いた赤鬼』は、人間と仲良くなりたいと願っていた赤鬼のために、友達の青鬼が犠牲になって赤鬼のもとを離れていくという物語。
いじめを受けていた莉子を助けた文香。だのにその文香を遠ざけてしまった莉子…という図式に『泣いた赤鬼』の物語を重ね、単なる「故郷はいいもんだ物語」とは一線を画している。
印象的だったのは高畠石の採石場跡となっている「瓜割石庭公園」。切通しを抜けるとそこで文香がワイン作りをしている、という設定だが、もちろん普段は公開された場でワイン倉庫はない。
とにかく緑の深い高畠町が印象に残る。
素敵な小品ドラマだった。

【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION