allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ザ・ブリザード(2016)

THE FINEST HOURS

メディア映画
上映時間118分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ディズニー)
初公開年月2016/02/27
ジャンルドラマ/アドベンチャー
映倫G
生存者32人。救助艇の定員12人。
希望までは、凍てつかせない
ザ・ブリザード 3Dスーパー・セット(2枚組/デジタルコピー付き) [Blu-ray]
参考価格:¥ 6,264
価格:¥ 4,845
USED価格:¥ 3,980
amazon.co.jpへ

 Photos

【解説】
 実話を基に、荒れ狂う海で繰り広げられた奇跡の救出劇をクリス・パイン主演で映画化した海洋サスペンス・ドラマ。アメリカ沿岸警備隊史上、最も困難な救出ミッションに挑む男たちの決死の活躍を臨場感あふれる映像で描き出す。共演はケイシー・アフレック、ベン・フォスター、エリック・バナ、ホリデイ・グレインジャー。監督は「ラースと、その彼女」「ミリオンダラー・アーム」のクレイグ・ギレスピー。
 猛烈な吹雪と高波に襲われた冬の海で巨大タンカーが難破。船体は真っ二つに折れて船首側はすぐに沈没してしまう。一方、船尾側もいつ沈没してもおかしくない状態の中、乗組員たちは懸命に沈没を食い止め、救助を待つ。やがて若き沿岸警備隊隊員バーニーと3人の仲間たちが、自らの危険を顧みず小型救助艇での救助活動を決行する。恐ろしい高波に立ち向かい、コンパスを失いながらも、タンカーを目指して救助艇を進めるバーニーだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:HABBY投稿日:2017-01-22 23:15:07
【ネタバレ注意】

史実に基づく海洋パニック。目新しさはないが、遭難する側と救出する側とを同列に置いて双方の必死の努力を描いているところは見ていて熱くなる。迫力ある映像も及第点。ホリデイ・グレインジャーって『ボルジア家』でツヤのある演技を見せてたあの娘か。本作ではヒロイン役を好演。

投稿者:bond投稿日:2017-01-15 22:55:38
無謀なレスキュー、ラッキーだった。面白いけど、パーフェストームには及ばない。
投稿者:みつあき投稿日:2016-03-11 02:11:50
【ネタバレ注意】

一言で断じちゃうと凡作ですな。

【以下、ネタバレ】

冬の海の身を切るような冷たさも、そこから生じる思考と行動のどうしようもない鈍化も、高波に飲み込まれる恐怖も、息ができない苦しさも伝わってこない。
ここら辺を演出/演技で多少オーバー気味にでも表現しないと、視聴者にはその状況で救助に向かう困難さ/無謀さが判らないと思う。

そういう点を多少は体験していて、ある程度は行動にも共感できる立場で言わせてもらうが…。
沿岸警備隊の行動が「英雄的行動」だったとはとても思えず。
行き当たりばったりで偶然に頼りすぎ。

羅針盤を失ったら、それを(多少なりとも)天体観測などで補って工夫の上で要救助者のいるタンカーにたどり着いた訳でもなく。
定員の2倍以上の要救助者を無理やり乗せたのは良いが、感情論だけが前に出ててそのリスクに対してあまりにも無策な感じ。
(その後に天候がより悪化したら二重遭難も必至の状況を作り出している)

そこには知恵や工夫などなくて、なんか過去の「救助できなかった」「砂州を越えられなかった」という瑕疵に囚われ、
救助者としてのアイデンティティを取り戻すためだけに、ただ我武者羅に「後先考えずに突き進む若造」が運に支えられて
生還した…という姿だけが残る。

いや、強い意思は必要だよ。
困難が目の前に立ちふさがった時に「一歩踏み出す勇気」も必要。
だけど、ちゃんと精神論以外の何かに裏打ちされた行動でないと「英雄的行動」とは呼びたくないね。

なんか「救助者の数」ばかりが前に出ちゃって「英雄」とか言われてたのが、今回の映像化でバレちゃった感が。
極論すれば、たくさんの人を助ければ無謀でもOK…キミは英雄だ。と言われてるような感じがなんとも。

商業ベースで映像化するならもうちょっとネタを厳選するか、沢山のフィクションをブチ込んでドラマチックに仕立てないとねぇ。

投稿者:タミー投稿日:2016-03-07 14:41:12
追い込まれたらなんかやらかしそうなケイシー・アフレック、登場からわがままそうな雰囲気漂わせるヒロインを演じたホリデイ・グレインジャーとかキャスティングが光っていた。クリス・パインはイマイチだが。

ケイシー・アフレックが斧を持って船員たちに近づいたときは、いよいよ本領発揮か、と思わせといていい意味で外す。その後、彼が熱弁をふるって船員たちを一つにまとめるシーンには燃えた。またコイツが実力があるのに口下手なもんだから、それまで誰も付いてこないってのが泣ける。

ホリデイ・グレインジャーはちょっと最初の描写がやりすぎな気がするが、そうしないと分かりづらいくらい、彼女の成長物語はあっさりしている。

邦題は「ザ・サス」にしてもいいくらい、嵐の際の砂州(さす)の脅威が描かれていた。っていうか、砂州を抜けるところがこの映画のピークじゃないか?

砂州ってなんだって?

https://www.google.co.jp/
投稿者:260投稿日:2016-03-04 19:04:52
【ネタバレ注意】

予告編で想像していたよりも、ずっと良かったです!
ディズニーだからか作りが優しいというか
でもあの、ケイシーアフレックに突っかかって来るひねくれた感じの船員、もっと突き詰めて嫌みっぽくても良かったなと思いました
救命艇って海中に潜ってしまってもこんな風になるんだと初めて知りました
そしてケイシーアフレックが大役で嬉しかった!

投稿者:ASH投稿日:2016-02-27 12:35:38
 3D版にて鑑賞!! 海岸沿いにズラリと並んだ車のヘッドライトの灯に導かれるラストに、目頭が熱くなった。海難事故の救助とはいえ、助けに行く自分たちだって遭難するかもしれない。それでも行くんだよ。その使命感、グッとくるわな。規則も時には破んなきゃアカンのよ。

 つい先日観た「白鯨」でもナンタケット沖だったけど、海難事故が起こりやすい海域なんだろうか? タンカーが真っ二つにポッキリと折れても、しばらくは沈まないんだな。「砂州(さす)」って言葉の読み方と意味がよくわかんなくて、字幕でも何のことを言ってるのかチンプンカンプンだったので家に帰ってオナニーコメントをする前に「検索」で調べてみた。ああ、なるほどね!

ASHなんか自己顕示欲だけで15年だぞ。まだまだ甘いww
あの人、よく映画館で見るよねw
投稿者:SaintEtienneHeaven投稿日:2016-02-17 10:49:56
【ネタバレ注意】

クリス・パインがいつもの俺様キャラを抑え意外にも規則重視の慎重派。
危険を冒して荒波を越え外海に出る様は感動的見せ場だったけど、映画そのものは邦題で想像したのとかなり違う。

【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】ザ・ブリザード 3Dスーパー・セット2016/07/06\5,800amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】ザ・ブリザード2016/07/06\3,800amazon.co.jpへ
 【DVD】ザ・ブリザード2016/07/06\3,200amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【Blu-ray】ザ・ブリザードレンタル有り
 【DVD】ザ・ブリザードレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION