allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ミュージアム(2016)

メディア映画
上映時間132分
製作国日本
公開情報劇場公開(ワーナー)
初公開年月2016/11/12
ジャンルサスペンス
映倫G
あなたは、
最悪のラストを
期待する
ミュージアム ブルーレイ&DVDセット プレミアム・エディション(初回仕様/3枚組) [Blu-ray]
参考価格:¥ 7,549
価格:¥ 5,235
USED価格:¥ 2,590
amazon.co.jpへ

 Photos

【クレジット】
監督:大友啓史
製作:ミラード・エル・オゥクス
大村英治
井上肇
古川公平
下田淳行
牧田英之
荒波修
高橋誠
江守徹
エグゼクティブプ
ロデューサー:
小岩井宏悦
青木竹彦
プロデューサー:下田淳行
下枝奨
ラインプロデュー
サー:
鎌田賢一
原作:巴亮介
(講談社『ヤングマガジン』刊)
脚本:高橋泉
藤井清美
大友啓史
キャラクターデザ
イン:
澤田石和寛
撮影:山本英夫
特殊メイク:百武朋
美術:磯見俊裕
編集:今井剛
音楽:岩代太郎
主題歌:ONE OK ROCK
『Taking Off』
VFXスーパーバ
イザー:
小坂一順
スクリプター:生田透子
セットデザイナー:将多
衣裳デザイン:澤田石和寛
照明:小野晃
装飾:渡辺大智
造形デザイン:百武朋
録音:益子宏明
ヘアメイクデザイ
ン:
ShinYa
助監督:稲葉博文
Bキャメラ:佐藤有
スーパーバイジン
グサウンドエディ
ター:
勝俣まさとし
出演:小栗旬沢村久志
尾野真千子沢村遥
野村周平西野純一
丸山智己菅原剛
淵上泰史
平原テツ
大西武志
本田大輔
佐久間哲
野中隆光
小久保丈二
吉原光夫
増田修一朗
阿南健治
田畑智子秋山佳代
市川実日子橘幹絵
五十嵐陽向沢村将太
高橋ユウ
三浦葵
滝沢涼子
山元隆弘
佐藤聖羅
田口巧輝
重松隆志
内藤トモヤ
巴山祐樹
久松信美
大森南朋沢村久志の父
伊武雅刀岡部利夫
松重豊関端浩三
妻夫木聡カエル男
【解説】
 巴亮介の同名コミックスを「るろうに剣心」「秘密 THE TOP SECRET」の大友啓史監督が実写映画化した猟奇サスペンス・スリラー。雨の日に猟奇的な殺人を繰り返す正体不明の“カエル男”と、それを追う刑事の緊迫の攻防をスリリングに描く。主演は小栗旬、共演に尾野真千子、野村周平、大森南朋、松重豊。また、妻夫木聡が自らをアーティストと呼ぶ殺人鬼・カエル男を怪演。
 ある雨の日、手足を鎖につながれた状態で腹を空かせた獰猛な犬たちを放たれ、生きたまま餌にされた惨殺死体が発見される。“凶器”となった犬の胃の中からは“ドッグフードの刑”と書かれた謎のメモが。それが、自分をアーティストと呼ぶ“カエル男”による連続殺人事件の始まりだった。犯行はいずれも雨の日に行われ、現場には必ず謎のメモが残されていた。新米刑事の西野とともに捜査に当たる沢村は、被害者の共通点を突き止め驚愕する。それは次のターゲットが沢村の妻・遥であることを意味していたのだった。沢村は冷静さを失い、カエル男の罠にはまって逆に追い込まれていく。
<allcinema>
【関連作品】
ミュージアム -序章-(2016)
ミュージアム(2016)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
28 4.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:manta投稿日:2019-03-02 22:17:07
【ネタバレ注意】

皆さんご指摘の通り、猟奇殺人の過去の映画と比べても日本のレベルの低さを感じざるをえません。それにしても日本の映画はなぜキャラを立てるのでしょうか。それぞれの役者がそれぞれの立場を明確にしすぎようとしてギラギラしてる感じがします。例えて言うならば石垣を組むのにゴツゴツしている石をうまく組み立てて隙間のないように積み上げますが、その積み上げ方が実に雑な感じがして隙間だらけでアラが見えてくるのです。本題に入れば、最初に飲食店で会話をしてる場面がありますが、刑事が未解決の殺人事件の話をみんなに聞こえるようにベラベラ喋る事はありえないと思います。屋上で犯人と対面する時にも目の前に犯人がいるのにこの刑事は捕まえようとしないなんてありえないと思います。全てがストーリーありきのレベルの低い作品に仕上がってしまってる感じが否めません。必然性がないというか別の視点からの構成をチェックしていないというか。まぁ仕方ないですね。

投稿者:spqc2y29投稿日:2018-12-18 22:53:03
【ネタバレ注意】

なんだかなー
前半はそれなりによかったけど、犯人がわかって、拉致された後半から
一気に減速したような・・
意味深な終わり方も盛り上がらない。

投稿者:nightwing投稿日:2018-03-24 20:41:16
思ったより意外と娯楽性観賞には耐えれた日本製の猟奇サスペンス。


でもこれはセブンの模倣と言われても仕方ないなぁ・・・・。
まったくスピード感の無いカーアクションや恐怖を感じない
恐怖演出には驚いたが、とにかくどこかで観たシーンのオンパレードで
日本的な・・・・いや、やはりアニメ大国日本の限界を感じた次第。
逆にセブンをアニメ化したら傑作になるかもよ。



投稿者:HABBY投稿日:2017-11-09 21:34:58
【ネタバレ注意】

エンタメ性を重視した猟奇ホラーとしてみるならまずまず。精緻なリアルさを求める警官小説としてみるならやや粗がある(ビルの屋上で犯人を撮り逃すシーンや、カエルの覆面姿に扮する犯人は太陽光に弱いと唐突に推理が行き着くあたり)。良くも悪くも漫画チックな作品。

邦画の中では割とグロさを追求した方だと思う。『SAW』や『セブン』の饐えた匂いを彷彿。

妻夫木聡はよくこの配役を受けたなあ。今はどんな作品に出ても楽しい充実期なのかな、とこのグロい犯人の素顔を見ながら想像。あと、小栗旬の滑舌はあまり良くないね。その辺に居る一般人と変わらないレヴェルだ。彼に限らず、今の役者には発音(アクセント)の訓練を十分受けていないと思われる役者が散見される。一流の役者を目指すのであれば改善してほしい。

エンディング曲はワンオクの“Taking Off”。へえ、そう来たか。ポジティブなイメージで売っている彼らがこんな作品に楽曲提供するとはちょっと意外。

投稿者:はこまる投稿日:2017-09-26 22:04:19
キャメラが達者な山本英夫だから、カーチェイスシーン以外はルックも統一されていて終盤まで見せる。
日本映画にそんな多くのものを求めてはいけない。数少ないジャンルだし、本格的な作りとしては上出来だと思う。
「セブン」や「チェイサー」にはもちろん及ばないが、それは日本人の特性がこのジャンルに向いてないだけ。


投稿者:bond投稿日:2017-09-17 23:39:29
小栗、妻夫木のエキセントリックな演技がウザい、ハリウッドのパクリ。
投稿者:dadada投稿日:2017-03-19 13:51:28
大友監督の映画って、パッと見は熟れていてトレーラーなどは面白そうだが、本編はイマイチ。
今回も刺激的な内容ではあるが、何か足りない。
主人公が救出される件の刑事ドラマでよく見るような呆気なさ。ラストの家族描写の拍子抜け感...ツメが、甘いんとちゃうやろか。
投稿者:ASH投稿日:2016-11-12 23:58:47
 WOWOW FILM製作だから半年もしないうちに放映されちゃうだろうけど、こういう映画はスクリーンと対峙してジックリと鑑賞したいから、わざわざ出向いてやったぜ。和製「セブン」というのは正しい表現かもしれんが、結果として家族の絆が深まるというオチを日本人好みよね。凄惨な悪意を目の当たりにした息子さんのその後が、気になりはするけどさ。
【サウンド】
『Taking Off』
歌 :ONE OK ROCK
【ソフト】
【レンタル】
 【Blu-ray】ミュージアムレンタル有り
 【DVD】ミュージアムレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION