allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ヘイトフル・エイト(2015)

THE HATEFUL EIGHT

メディア映画
上映時間168分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ギャガ)
初公開年月2016/02/27
ジャンルミステリー/アクション/西部劇
映倫R18+
クエンティン・タランティーノ監督が
仕掛ける[密室]ミステリー!

クセもの8人、全員ウソつき。生き残るのは誰だ!

ヘイトフル・エイト

(C)MMXV Visiona Romantica, Inc. All rights reserved.


 Photos

【解説】
 鬼才クエンティン・タランティーノ監督が、大雪で小さなロッジに足止めをくらったワケあり男女8人を主人公に描くバイオレンス・ミステリー西部劇。ひとつの殺人事件をきっかけに、嘘で塗り固められた登場人物たちの間に広がる疑心暗鬼の行方と思いも寄らない素性が次第に明らかとなっていくさまを、緻密な脚本と過激なバイオレンス描写で描き出していく。出演はサミュエル・L・ジャクソン、カート・ラッセル、ジェニファー・ジェイソン・リー、ウォルトン・ゴギンズ、デミアン・ビチル、ティム・ロス、マイケル・マドセン、ブルース・ダーン。
 南北戦争後のワイオミング。雪の中を走る1台の駅馬車。乗っているのは賞金稼ぎのジョン・ルースと手錠をはめられた賞金首の女デイジー・ドメルグ。そこへ、馬が倒れて立ち往生していた元騎兵隊の賞金稼ぎマーキス・ウォーレンが、お尋ね者3人の死体と共に乗り込んでくる。共にレッドロックを目指す一行は猛吹雪を避け、道中にあるミニーの紳士洋品店に立ち寄ることに。そしてその途中でもう一人、レッドロックの新任保安官だというクリス・マニックスを拾う。ようやく辿り着いたミニーの店にミニーの姿はなく、見知らぬメキシコ人のボブが店番をしていた。そんな店には他に、絞首刑執行人のオズワルド・モブレー、カウボーイのジョー・ゲージ、南軍の元将軍サンディ・スミザーズという3人の先客がいた。一見、まるで無関係な8人は、ひょんな成り行きから、この店で一晩を一緒に過ごすハメになるのだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
210 5.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:spqc2y29投稿日:2017-11-27 14:30:39
2時間半以上の時間を長く感じません。
会話中心の展開や、最後のバイオレンスに見応えバッチリ。
投稿者:bond投稿日:2017-02-17 00:02:02
流石タランティーノ。相変わらず丁寧な会話の演出で観るものを引き込む。なんて事は無い内容なのだが、観せ方、楽しませ方を十分熟知した職人技。面白かった。
投稿者:HABBY投稿日:2017-02-13 02:38:07
【ネタバレ注意】

アメリカの大統領選という風物詩。あれは4年に一度(中間選挙を考慮すれば2年に一度)"南北戦争"をやっているということなんだろう。ブッシュJrというあまりオツムの良くない白人から紳士然としたちょっとナイーヴな黒人のオバマへ、そしてまた人種差別癖のある白人の異端児トランプへ。この振れ幅。カオスの連なり。天皇という安定的な(今現在はお世継ぎの減少によりその安定性に黄色信号が灯っているが…)権威を戴く日本からすると、ちょっと信じられないゲームをあちらの方々はやっているというか。そりゃあ銃が手放せないのも致し方なし、というか。

本作を観つつ、「ゲーム理論」という様々な戦略的状況 (strategic situations)を扱うロジックが頭をよぎった。黒人と白人とメキシコ人、賞金稼ぎと捕虜(死刑囚)、銃を持つものと持たざるもの、男と女etc。8人(プラス1)の"囚われもの"たちが、刻々と変わりゆく様々な状況に応じ、どう巧く立ち回れば少しでも有利な立ち位置を維持できるのか、権謀術数の限りを尽くす極限のパズルゲーム。密室下における極限の(血が血を呼ぶ)生き残り合戦は、まさしくタランティーノのタランティーノによるタランティーノのための活劇という装いである。

最後になってリンカーンの書(手紙)に焦点が当たる構成が美しい。タランティーノは、トランプという人間をどう見ているのだろう。トランプは、本作のような密室状況における究極の人種の坩堝のせめぎ合いをどのように評価するのだろう。願わくば、民主主義の重要性を説いたリンカーンの名台詞「国民の国民による国民のための政治を地上から決して絶滅させないために、われわれがここで固く決意することである」を片時も忘れないでもらいたいものだ。

投稿者:ちゃぷりん投稿日:2017-01-15 17:00:34
モリコーネがオスカー像を貰えたのが不思議。
投稿者:リベルタド!!投稿日:2016-09-13 22:57:22
【ネタバレ注意】

「荒野の七人」ならぬ「憎まれ者八人」。西部劇のスタイルをとってはいるが密室劇&会話劇なので、タランティーノのデビュー作「レザボアドッグス」を彷彿とさせる。3時間近い大作だが長さを感じなかったのは、タランティーノ好きだったからかな。

投稿者:dadada投稿日:2016-09-05 09:05:58
タラ映画だからと思ってみていると、セリフの多さや時間の長さは不思議と気にならなかった。
というか、以前に比べるとキャラクター同士の与太話が与太話じゃなくなってきてるというか、ちゃんとお話に上手に絡んでいるというか。
音楽も含めた過去作の引用も好きな人間は気付けばニヤリてなもんで、楽しい時間が過ごせました。
投稿者:イドの怪物投稿日:2016-03-23 22:06:17
久々に面白い映画を見た。
最後まで楽しませてくれたし、それぞれが面白い役どころで活躍している。
長さが全然気にあらなかった、なんと3時間近くもあったんだ。
この監督は単なる有名なだけではない、そんな思いもあらたにした。
投稿者:ビリジョ投稿日:2016-03-16 15:59:36
【ネタバレ注意】

 おじいさんを抜かすのかな。あるいは10人? まどうでもいいが。

 実はこういうことでしたという後半の真相明かしも、別にそれがどうしたん? 的な肩透かし。3時間は長い。いくらでも短く編集出来そうだ。

 黒人と白人とか南北戦争とか、リンカーンをひとつのテーマに扱っているところとか「何故人は憎み合うのか」的なメッセージ性があるような無いような感じだったが、正直言って空回りの感が否めない。無駄に残酷だし、無駄に台詞回しが大げさだし、自己の模倣、という感じで感心しなかった。

 とにかく、監督の意図がよく分からない。エンタメとしてもさしてワクワクもしなかったし、ミステリーとしては失敗作だ。

 今ひとつ自信がないのですが、この映画は面白くなかったんだと今のところ思っています。

 あの女性、トイレとかはどうしてたんですかね。

投稿者:Katsumi_Egi投稿日:2016-03-02 22:33:06
 圧倒的な雪の西部劇。雪の質量はコルブッチの『殺しが静かにやって来る』を目指したものだろう。それは冒頭の、超遠景から始まる馬車の"待ちポジション"でも明らかだ。本作も、走る駅馬車の撮り方は俯瞰ショットも並走ショットもちょっと今まで他で見たことのない画面だし、或いは馬の扱い、馬車を御する技術への言及が心憎い。遠景で云えば、ウォルトン・ゴギンズ登場シーンもいい。こういう突出した良いカットを与えられたキャラクターがその後重要に扱われるという演出の一貫性がいい。タランティーノも巨匠らしくなってきたと思わせられる。開巻から主人公は圧倒的にサミュエル・L・ジャクソン、と思わせながら始まるが、店(Minnie\'s Haberdashery)に着いた時点あたりでカート・ラッセルの良さが全面に出る。しかし最終的にはウォルトン・ゴギンズが他を食ってしまうのだ。(しかし、全編を通じてもっとも印象にのこるのは、やはりジェニファー・ジェイソン・リーなのだが。)
 前半のネタ振り(伏線はり)のための説明的シーンや、ブルース・ダーンの息子に関する回想を画で見せる取り扱いなど、少々よろしくない部分もあるのだが、それでも後半から帰結へ至る過剰な画面構築にはぶったまげた。やはり、タランティーノは面白い。エンディング(ラストカット)のバランス感覚についてだけ云うと、タランティーノ作品の中でも一番好き。なので大満足。
http://www.page.sannet.ne.jp/egi/
投稿者:敦煌投稿日:2016-03-01 23:16:35
【ネタバレ注意】

先に来てたのが4人(隠れてた奴を除く)で、後から来たのが5人なのに、なんで「ヘイトフル・ナイン」じゃないの?
御者はヘイトフル(憎むべき)じゃないからか?

投稿者:ロッテンクロッチ投稿日:2016-02-28 16:36:12
こんなイタい女の役を演じられるのは、ジェニファー・ジェイソン・リーしか居ません。ミシェル・ウィリアムズやロビン・ライトも候補に挙がってたらしいが、眼中にねえな。
投稿者:nightwing投稿日:2016-02-28 00:44:42
【ネタバレ注意】

タラちゃん仕掛ける密室ミステリに期待するも流れに乗るまでに
やや時間が掛かり過ぎる・・・・・。
タラちゃん組個性派俳優の舌戦には相変わらず上手さを感じるが
本格ミステリを期待すると大火傷・・・これじゃあ密室もミステリもあったもんじゃない・・・
やはり「物体X」を思わせるシーンが続出する辺りで気分を変えて
相変わらずのヴァイオレンスを堪能するスタンスで観るべし。

「リーガンのテーマ」が使われていたが、もっと聴きたかったな・・

投稿者:ASH投稿日:2016-02-27 23:58:23
 ウォーレン少佐が乗合馬車に乗り込んで、物語の舞台となる紳士服飾店へたどり着くまでがやたらと長くってさぁ。1時間以上かけてんぞ。が、チャニング・テイタム演じる弟くんが某所から登場するまでジッと我慢しよう。急転直下の展開が待っているから。ほぉほぉ、そんな計画が練られていたんだ、と、タラちゃんお得意の時系列をいじくって種明かしてくれるから。

 つくづく、【70弌曚粘僂燭った〜! って、日本では上映できる劇場が存在しないので、短縮版(それでも上映時間2時間48分!!)での上映しかできないらしいけど、それって、「ドルデジ」表記なのに、「ステレオ」収録でDVDを観るようなもんだわな。まあ、スマホかタブレットで映画を観るのが主流なんだから、構やしないか。

 「物体X」がモチーフらしいけど、俺は「死霊のはらわた」だと思うんだけど。ティム・ロスの役はモロにクリストフ・バルツ! あまりにクリソツなんで、もう笑うっきゃない! ウォルトン・ゴギンズはほぼ半分主役ね。

 ミニーの店の扉が壊れて閉まらない理由、床に落ちていた一粒の赤いジェリービーン。伏線がシッカリと回収されるんで、お見逃しのないように!
投稿者:FFF投稿日:2016-02-27 22:15:15
レザボアドッグスを最初に見た時にまず感じたのは生理的不快感だった。
カイテル以外無名の役者の倫理観ゼロの殺伐とした描写に辟易とした。
しかしその後の作品と並行して観る度に深みにハマって現在に至る。

今回密室で原点に戻ったようなシチュエーション。
役者も有名どころが濃密な演技合戦。
んでレザボアとまったく同じに辟易した。
So what ?
投稿者:SaintEtienneHeaven投稿日:2016-02-27 07:49:30
【ネタバレ注意】

カーペンター新品が観られない昨今、オマージュに涙。

投稿者:yudegani投稿日:2016-02-24 01:14:38
おばあちゃん
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】ヘイトフル・エイト2016/09/02\4,800amazon.co.jpへ
 【DVD】ヘイトフル・エイト2016/09/02\3,800amazon.co.jpへ
【ミュージック】
【CD】 「ヘイトフル・エイト」オリジナル・サウンドトラック
新品:¥ 2,700
3新品:¥ 2,430より   5中古品¥ 1,580より 

【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION