allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

君の名は。(2016)

YOUR NAME.

メディア映画 Anime
上映時間107分
製作国日本
公開情報劇場公開(東宝)
初公開年月2016/08/26
ジャンル青春/SF/ファンタジー
映倫G
まだ会ったことのない君を、探している

君の名は。

(C)2016「君の名は。」製作委員会


 Photos

【クレジット】
監督:新海誠
アニメーション制
作:
コミックス・ウェーブ・フィルム
演出:居村健治
絵コンテ:新海誠
製作:市川南
川口典孝
大田圭二
エグゼクティブプ
ロデューサー:
古澤佳寛
プロデューサー:武井克弘
伊藤耕一郎
制作プロデューサ
ー:
酒井雄一
共同製作:井上伸一郎
弓矢政法
畠中達郎
善木準二
坂本健
企画・プロデュー
ス:
川村元気
脚本:新海誠
キャラクターデザ
イン:
田中将賀
安藤雅司
作画監督:安藤雅司
美術監督:丹治匠
馬島亮子
渡邉丞
美術設定:高橋武之
色彩設計:三木陽子
編集:新海誠
音響監督:山田陽
音響効果:森川永子
音楽:RADWIMPS
音楽プロデューサ
ー:
成川沙世子
整音:山田陽
録音:八巻大樹
声の出演:神木隆之介立花瀧
上白石萌音宮水三葉
長澤まさみ奥寺ミキ
市原悦子一葉
成田凌勅使河原克彦
悠木碧名取早耶香
島崎信長藤井司
石川界人高木真太
谷花音宮水四葉
てらそままさき宮水トシキ
大原さやか宮水二葉
井上和彦瀧の父
茶風林勅使河原の父
かとう有花勅使河原の母
花澤香菜ユキちゃん先生
【解説】
 「秒速5センチメートル」「言の葉の庭」の新海誠監督が、夢の中で入れ替わる少年と少女を主人公に贈る青春SFファンタジー・アニメーション。入れ替わりが巻き起こす思春期ならではのコミカルで甘酸っぱい青春模様と、2人を待ち受ける思いも寄らぬ運命の顛末を美しい映像とともに綴る。声の出演は神木隆之介、上白石萌音、長澤まさみ、市原悦子。
 千年ぶりとなる彗星の接近を1ヵ月後に控えた日本。山深い田舎町で鬱屈した毎日を過ごし、都会の生活に憧れを抱く女子高生の三葉。ある日、夢の中で自分が東京の男子高校生になっていることに気づき、念願の都会生活を満喫する。一方、東京の男子高校生・瀧は、山奥の田舎町で女子高生になっている夢を見る。そんな奇妙な夢を繰り返し見るようになった2人は、やがて自分たちが入れ替わっていることに気がつく。戸惑いつつも、メモを残してやりとりしながら、少しずつ事実を受け止めていく瀧と三葉。ところが、互いに打ち解けてきた矢先、2人の入れ替わりは突然起こらなくなってしまう。そこで瀧は、夢の記憶を頼りに三葉に会いに行こうと決心するのだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
210 5.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:投稿日:2017-08-10 08:58:19
【ネタバレ注意】

使い古された男女の入れ替わりだけど素直におもしろかった。
欲を言えば何ですぐに気づかないの?と言う内容が物語の都合で
いくつもあってモヤる。
入れ替わった後のおもしろエピソードがもっと欲しかった。
あとボーカルの入った音楽が何度も長々入ってきて結構邪魔。
雰囲気としては深夜アニメのノリなので、ディズニー・ピクサー・
ジブリのような大御所アニメを期待した人には苦痛だと思う。

投稿者:デジゴン投稿日:2017-08-08 19:57:40
見る前は、SFか?ハッピーエンド?という感じでした…
彗星が出ているしSFかな?人気も異常に高いしハッピーエンドでしょう。。。
表面上では観た後でもあまり変わらない。

SFジャンルだと天文学的に宗教的にも海外の評価は得にくい感じがする。
それでも涙と感動で心は満たされる。

時空間のストーリーで印象的だった映画「メトロに乗って」とまた違ったラスト
。これは無意識に訴えかける何かが心地よく後をひく。
日本人の無意識も3.11から変わり始めているのかもしれないね。

投稿者:Bill McCreary投稿日:2017-05-23 05:34:19
【ネタバレ注意】

この映画、ほとんど何の知識もなく見まして、ラストについては、あ、こうなるのと思いました。それが面白いと考えるかどうかは別として、やはりこの映画は、可能ならネタを知らないで見たほうがいいと思います。何の映画でもそうに決まっていますが、この映画は特にそうだと思います。

http://blog.goo.ne.jp/mccreary

投稿者:FFF投稿日:2017-03-12 22:04:35
まさか観に行くとは思ってなかったが今更ながら見事でした。
こりゃ泣くって。ハッピーエンドにこだわったんでしょう。
英単語の受験勉強してたからツジツマはあってます。
投稿者:めるしぼく投稿日:2017-02-15 17:58:47
月末が期限のチケット消化に劇場へ行き、マリアンヌ(ブラッドピット、マリオンコティヤール)には10分遅れだったので本作鑑賞。いやー、面白いというよりすごかった。フィクションとアニメでできる最大限の可能性、もののあはれというか儚いからこその美しさを表現。最大限といっても詰め込みすぎではない。アニメに私が慣れていないからか小道具やサッシ(電車のドアレール?)の精緻な描写に時々気が散った。理解しようとすると時空の辻褄が合わなくなりごちゃつくが、そこは超越してもオッケーでは。学校の放送室でリスク覚悟で必死に避難するようにアナウンスするシーンで涙。
投稿者:ringoringo投稿日:2017-02-06 12:44:07
【ネタバレ注意】

純度の高いファンタジー。
入れ替わる二人に、微妙に時間差があるのが、いい感じです…

投稿者:nabeさん投稿日:2016-12-17 23:47:16
アニメーター新海誠の集大成である。
ある日突然男女が入れ代わってしまいひと悶着起こすオープニングは、古典的な題材ながらやはり面白く、今回はそこに時空のひねりをきかせているので、一味違った楽しさがある。この不思議な現象の理由を、彗星の大接近に持ってくる時点でテーマが一瞬にして壮大なものとなり、圧倒的な世界観が広がるのが本作の醍醐味だろう。
基本的に都会と田舎の男女のラブストーリーなので、そこにSF的なフィクションの非現実性を持ってきても破綻しないのは見事である。それらの巧みなシナリオを、新海監督一流の映像美で魅せてくれるので、これはまさに日本アニメの実力の高さを世界中に示す代表作となるのは当然だろう。ディズニーがどう反撃してくるか見ものである。
投稿者:いまそのとき投稿日:2016-12-11 11:35:19
実写なら描けない世界観。アニメだからできたことかもしれない。世界中でこのラヴ・ファンタジーが受けたのは誰もが持っているずっと変わらない純朴な胸の内を臆面なくストレートに爽快に描いて見せたからだろう。だからどんな世代の人にもどの国の人であってもスッと理解できた。男子と女子、糸と夢、飛騨と東京、過去と未来。時空の不思議な接点がこの作品のハイライトで見どころだ。何処かでみたことがあるような懐かしく日本的な画は不思議に新鮮だ。アニメは日本が誇る確かなカルチャーだとあらためて驚いた。もはや揺るぎないメディアのひとつ。今後も若い世代からいろんな作家が現われて様々な世界観を見せてほしいと思う。

投稿者:敦煌投稿日:2016-12-01 21:04:15
2人の年齢は本当は3歳違っているはずなのに・・・
という点を、どうして皆さん、もっとツッコまないんでしょう?
ラストシーンは、まあ、3歳違いでも何とか成立するとして、
電車内でいまだ知らざる彼女から組紐をもらった時に、
彼は中学生でなければならなかった・・・。
投稿者:dadada投稿日:2016-11-11 09:19:36
我々世代なら、誰もが「転校生」+「時をかける少女」だと思うでしょう。
世代的に更に加えるなら「メテオ」...かな?
いやいや、これってやっぱ、幕の内弁当映画ね。実際おもしろいし、ヒットするはずだわ。
投稿者:初代黒龍投稿日:2016-11-09 23:00:47
【ネタバレ注意】

男女が入れ代わるネタは、大林宣彦の「転校生」を越えることがまず無理でしょう。異なる時代の男女が何らかのツールで巡り合うというネタも、韓国映画でアメリカもリメイクした「イルマーレ」に先を越されている。アニメという手法を使って、その両方を描いたのはかなり斬新的だと思い、途中までは意外と引き込まれた。そして、彼女は実は村もろとも亡くなっていた、という事実が判明して、さあ主人公はこれからどうする?と思ったら、その後の展開で一気に冷めた。
過去を変えてはいけないことはタイムスリップの基本だろうし、まして彗星がモロに落下したのに誰も死んでいないなんて理屈に合わない。避難訓練で助かったと言い訳じみた説明があったけど、村祭りの当日に避難訓練なんてこれまた理屈に合わない。死んだ人が蘇る話なら、もっと脚本を煮詰めなければダメでしょう。せっかくラストで二人が巡り合ったのに何の感動も伝わって来ないのは、そういうラストにしたい為に無理矢理繋いだ脚本だから、とさえ思えてくる。絵が殊のほか綺麗なだけに、実に残念な作品だ。

投稿者:ginza7投稿日:2016-11-09 22:27:49
現代版大林宣彦監督という感じでしょうか。
素材的にはアニメである必要もないかと思いました。
結局日本発信だとアニメの方がうけ入れられるんでしょうね。
あら探しをしたら切りがないけど十分楽しめました。
投稿者:タミー投稿日:2016-10-24 18:34:25
B級映画には甘いくせに、こういう映画になると厳しい目で観てしまう自分。

最初は年頃の男女が入れ替わる話ねえ、へえ、という感じだったが、予告編にあった爆発シーンがどうも気になって観に行ってしまった。

新海誠作品は「秒速5センチメートル」「言の葉の庭」が好きな自分としては、やはりラストの〆方が甘すぎる。
未来の可能性を開く話だったのに、そこに来て急に他の道、可能性を寸断されて「この話はこの結末だから!おわり!」と幕を下ろされたのが、なんだか突き放されたようで寂しくなった。もっと受け手が想像する余地を残しておいてほしー。

映画視聴障害者(想像力ゼロで映画を観る人々)に気を使ったのだろうか。その結果の大ヒットなのか、と思うとまた寂しい。

なんて言いつつ、鑑賞後の足取りがご機嫌な自分に気付く。
うーん、確かにいい映画。
投稿者:Katsumi_Egi投稿日:2016-10-16 00:10:37
【ネタバレ注意】

 強引な力技で押し切っている感も多々あるが、それにしても、よく出来た面白い映画だと思う。やっぱり、三葉たちの住む山間部の造型が傑出していて、導入シーンに近い高校への登校場面で、既に高低のよく定着した画面に没入してしまった。
 中でも中盤の紅葉の山を、御神体の場所まで行く場面の美しさ。美しさで云えば、組紐のカットの写真的美しさも筆舌に尽くしがたい。
 技巧的に感心したのは宮水家の玄関扉や電車のドア、といった引き戸の開閉を、真横からローアングルで撮ったカットの多用だ。最初に見た時点でかなり驚いたのだが、反復することで、良いリズムが生まれている。ドアの内外を異なる世界、異空間として描こうというような意図は希薄だろう。純粋に技巧的であるところがいいのだ。もう一つ、タイムリープのややこしい辻褄合わせと、うそ寒いベタな青春ドラマの狭間で、変電所の爆破、防災無線ジャックという、超高校生的な現実離れした活劇的要素の片鱗が見えるところも好きな部分だ。
 尚、私もラストは物足りない。『天国から来たチャンピオン』のような、少しためらうぐらいの感覚の方が、余韻があっていいと思う。
http://www.page.sannet.ne.jp/egi/

投稿者:らすかる投稿日:2016-10-12 23:03:12
【ネタバレ注意】

恋愛とか運命とかロマンチックとかそいういう系の雰囲気に酔いにくい自分には合わない気がしたものの、大ヒットという煽りに乗せられて見に行ったのですが・・・やっぱり合わなかった。

映像はきれいだし、それなりに山あり谷ありでまあ、つまらないってことはなかったけれど、顔すら合わせていないあの二人が「すき」とか運命の人になる理由がよくわからず。
全体的にあれやこれやの必然性や理由がよくわからなかった。

町民が救われるのも、ご都合主義だしなあー・・・
そしてその救う過程が特にワクワクするようなこともなく。
あれやこれやの不整合さも、薄れる記憶のかなたにブン投げられたまんま。

ポスト宮崎駿探しが過熱してる気がするんだけど、若い頃のあのおじさんは万人が楽しめる映像作らせたら天才だったねえ。
代わりなんてそうそういないみたいで。

投稿者:常さん投稿日:2016-10-09 19:34:41
「おおかみ子どもの雨と雪」以来の感動できるアニメでした。空間と時間を超越して入れ替わる三葉と瀧が携帯メモを媒介して互いの記憶を共有する設定はとても現代的だけど、クレーターの中心に祀られたご神体の祠は古代から継承された悠久の時間を感じさせる。一葉ばあちゃんの組紐にこめた結いの想いはこの物語の軸を二人のつながりを伝承、を
投稿者:ベン・ショックリー投稿日:2016-10-09 15:28:33
【ネタバレ注意】

ブームに乗せられて見に行った。「転校生」へのオマージュか?!と思いながらも
だんだん世界観にはまっていき・・・ラストのご都合主義的展開としつこさは賛否あろうが、まずは老若男女が見てもそれなりの満足感が得られそう。共感と感動を強く求める今だからヒットしたんだろうな。リオ五輪の直後だし!それにしても、チャラい若者が上映中は静まり帰り、エンドロールが始まっても誰も席を立たなかったのにはびっくり。アニメは強し!だな。

投稿者:ちゃぷりん投稿日:2016-09-26 23:39:30
【ネタバレ注意】

予告編を観た時は片方が数百年後の世界に居ると想像してた。
新海監督頑張ったね。存在感が希薄だったキャラが今回は立ちまくり。
観客の視線、バッドエンド注意、映画の基本でしょ。
レイトショーにも多数の別世界の住人が… 暇ぶっこいてんのは俺だけって事だよハハハハハ!(アルテミス)

投稿者:みつあき投稿日:2016-09-17 01:00:35
「若者に人気の監督」と聞いて、自分の意見があるのか?全くわからない、そこらの三流評論の残骸で
自分の身を着飾り、五流評論を垂れ流して「俺って格好いいだろ?!」と悦に浸ってる輩の類みたいな
某監督を思い出して勝手にげんなりしてた訳ですが…。

うん。イイね。
観ててドキドキするよ。

なんか監督にお見合いで口説かれているみたいな気がしてきてクラクラした。
監督が好きなもの。美しいと思うもの…そういうのを「良ければあなたも知ってください」と素朴で
気弱な監督が訥々と語ってくるような感覚。> そりゃ人気あるよ。

ただ、この人…このままだったら長生き出来なそう…と余計な心配までしてしまった。
だって、ワンカットワンカットのすべてに自分の気持ちを込めすぎ。>もうちょっと気楽に。
ああいう箱庭感はアニメの真骨頂ではあるんだけど、それにしても余りにも透明すぎて儚く危うい。

もっと安心して作品を任せる余裕を持つべきだし、世界観を共有できる相棒を速く見つけるべきだと。

【そういえば…】

ウィキペディアで軽く調べたら、元ゲーム畑の人(で、その時に多少知り合っていた)らしい。
当時は(記憶が確かなら)「いま、ゲームでないと表現が出来ないものがあるんですよ」と語っていた
けれど…あれから、ゲーム業界はお寒くなってしまって(勝手に余計な)心配してたんだけど…。
そっか、こっちの世界に来たんだ。

願わくは、一本でも多く良い作品を創らん事を。

【直接関係ないけど】

評論ゴロが糊口しのぎに「中年が『君の名は』わからないワケ」とか書いてるのを見つけて失笑。
(こういう寄生虫が集るほど、人気とか話題性が高いわけで…)
内容は予想通りほぼ文字埋めなんだが、一番酷いのは「それってエヴァのパクリ」論を展開してる点。
そろそろ「エヴァ自体【が】パクリ(というか過去作のパロ集大成)」という事に気付けと。
投稿者:映画で元気投稿日:2016-09-08 01:28:46
予告編をみて、なぜそんなに人気なのか、わからないので、観に行った。
題名の「君の名は」、不朽の恋愛ドラマといわれた「君の名は」を携帯等、情報の発達した現代においてどう復活させるか、それを意識した作品だと思った。前半のノリから一気に変化させる演出は巧みである。ただ、後半、少し長いかなと思った。もう少し絞って、中身を濃くしてもよかったかなと感じる。
都会の映像は秀逸。
大人でも十分、鑑賞に堪えるアニメである。
投稿者:黒美君彦投稿日:2016-09-05 11:25:46
【ネタバレ注意】

期待通りの画の美しさは比類ない。空、太陽、雲、水、街、それらが醸しだす「空気」はそこはかとなく美しく、画面に果てしない広がりを加える。
これまで徹底的に内向的な自意識を映像化してきた新海誠だが、この作品では画に淫することなく、しっかり物語を紡いでいるところがこれまでとは大きく異なる。彼はこれまでも「喪失感」が重要なテーマだったが、この作品では「ひとつの町の喪失」が描かれる。そこには東日本大震災の影響もあるのだろうか。
飛騨の田舎町で生まれ育った宮水三葉(声:上白石萌音)の日常が詳細に描かれれば描かれるほど、3年前に町を襲った悲劇の重さに目を奪われる。ひとつの町がなくなり、日常を生きていた人々の命が瞬時に奪われることの恐怖。
観る者も「どういうこと?」と戸惑い、立花瀧(声:神木隆之介)との交流が、ずれた時間軸を介していたことに気づく。
そこからはSFファンタジーの様相。
彗星によって奪われた町を救うために、古(いにしえ)から繰り返されてきた「他者」との入れ替わり…。
まあ、その辺はあんまり深く突っ込んでも仕方ないんだけど(笑)。
ある種のタイムパラドックスが生じるはずなんだけど、そこはファンタジーですから。
「結ぶ」ことの意味を一葉ばあさん(声:市原悦子)が語るシーンもなかなか奥深い。
組み紐が意味する「時間」の形も「組み紐理論」を知らずとも魅せられる。

小道具として巧いのが「夢」の使い方だ。
夢の中の記憶は、どんどん喪われて行く。忘れないように、と自ら言い聞かせても、目覚めるとどんどん忘れていく。その「夢」の特徴を「入れ替わり」の記憶と重ねることが、逆に説得力を生む。
神木隆之介、上白石萌音はいずれも巧い。
青春のドキドキ感やら孤独感やら一生懸命な感じがよく表現されている。
ふるさとを根こそぎ奪われる感覚…これはあの震災で感じた切なさと共通する。
逢えない人を捜しつづける…というのも新海誠作品に共通するテーマであるが、ハッピーエンドなのでちょっとひと安心。
レイトショーでもほぼ満席の劇場を見ると、当面はこの作品が新海誠監督の代表作として紹介されることになりそうだ。

それにしてもアニメでありながら、その空気感や奥行きは相変わらず素晴らしい。
新海アニメのひとつの頂点であることは確かだ。

投稿者:サーボ投稿日:2016-09-04 20:06:50
とりこにされています。「この世は美しい!」症候群にしばらくかかっているでしょう。目に見えるもの、見えないもの、その境界のものも。
投稿者:mototencho投稿日:2016-08-30 23:51:09
もし〜、起こってしまってから繰り返されるこの問いに、フィクションは希望をもって応えることができる。笑いと涙のラヴストーリーにして、×××も込めた贅沢さで迫る。日本映画の果たすべき役割を担う新海誠の傑作。http://mototencho.web.fc2.com/2016/kiminona.html
投稿者:ASH投稿日:2016-08-26 23:17:37
 男女の精神が入れ替わる、「転校生」みたいなドタバタ(?)青春コメディなのかと思いきや、彗星衝突という突飛な話になって、あとはひたすら怒涛の展開!! しかし、壮大なストーリーがラストに向って活きてゆき、切ない感情も孕むというすさまじいシロモノ。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ アニメーション賞 
□ アニメーション作品賞 
 □ 監督賞新海誠 
 ■ 脚本賞新海誠 
 ■ 音楽賞RADWIMPS 
■ 特別賞 
【サウンド】
『なんでもないや movie ver.』(主題歌)
歌 :RADWIMPS
『スパークル movie ver.』(主題歌)
歌 :RADWIMPS
『前前前世 movie ver.』(主題歌)
歌 :RADWIMPS
『夢灯籠』(主題歌)
歌 :RADWIMPS
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION