allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

サウスポー(2015)

SOUTHPAW

メディア映画
上映時間124分
製作国アメリカ/香港
公開情報劇場公開(ポニーキャニオン)
初公開年月2016/06/03
ジャンルドラマ/スポーツ
映倫G
変われないことなんて、
何もない。
サウスポー Blu-ray コレクターズ・エディション(スチールブック仕様・日本オリジナルデザイン)
参考価格:¥ 6,264
価格:¥ 6,189
USED価格:¥ 4,980
amazon.co.jpへ

 Photos

【クレジット】
監督:アントワーン・フークア
製作:トッド・ブラック
ジェイソン・ブルメンタル
スティーヴ・ティッシュ
ピーター・リッシュ
アラン・リッシュ
アントワーン・フークア
製作総指揮:ボブ・ワインスタイン
ハーヴェイ・ワインスタイン
ジリアン・チャオ
ゲイリー・チェン
ジョナサン・ガリソン
カート・サッター
デヴィッド・ブルームフィールド
デヴィッド・レイネス
ディラン・セラーズ
エズラ・スワードロウ
ポール・ローゼンバーグ
スチュアート・パー
デヴィッド・シフ
脚本:カート・サッター
撮影:マウロ・フィオーレ
プロダクションデ
ザイン:
デレク・R・ヒル
衣装デザイン:デヴィッド・ロビンソン
編集:ジョン・ルフーア
音楽:ジェームズ・ホーナー
音楽監修:ジョン・フーリアン
出演:ジェイク・ギレンホールビリー・‘ザ・グレート’・ホープ
フォレスト・ウィテカーティック・ウィルズ
レイチェル・マクアダムスモーリーン・ホープ
ナオミ・ハリスアンジェラ・リヴェラ
カーティス・“50 Cent”・ジャクソンジョーダン・メインズ
ウーナ・ローレンスレイラ・ホープ
ヴィクター・オルティス
ボー・ナップ
ミゲル・ゴメス
スカイラン・ブルックス
クレア・フォーリー
リタ・オラ
ロイ・ジョーンズ・Jr
【解説】
 「ブロークバック・マウンテン」「ナイトクローラー」のジェイク・ギレンホールが、どん底からの再起に懸ける元世界チャンピオンを熱演したボクシング映画。失われた名誉と家族との絆を取り戻すため、再びリングを目指す男の姿を迫力のボクシング・シーンとともに描き出す。共演はフォレスト・ウィテカー、レイチェル・マクアダムス。監督は「トレーニング デイ」「イコライザー」のアントワーン・フークア。
 感情を剥き出しにした壮絶な打ち合いの末に逆転勝ちする捨身のファイト・スタイルで絶大な人気を誇る無敗の世界ライトヘビー級王者、ビリー・‘ザ・グレート’・ホープ。あるチャリティ・パーティの席で、ライバル選手の挑発に激高して大乱闘を引き起こし、混乱の中で妻モーリーンが流れ弾に当たって命を落としてしまう。悔恨と悲しみで自暴自棄となり、金も仲間も失い、ついには最愛の娘レイラとも引き離されてしまう。どん底に落ちたビリーは、かつてもっとも自分を苦しめた対戦相手のトレーナーを頼るべく、今は第一線を退き、地元の少年たちを相手に小さなジムを営むティックのもとを訪ねるが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:dadada投稿日:2017-05-05 18:02:51
自暴自棄で〜自業自得ぅ〜
自信喪失ぅ〜自己嫌悪ぉ〜
自問自答ぅ〜自力更生ぃ〜...50セントも出てますし...

鉄板万歳!
こういうのは頑張れば、頑張るほど面白い。
皆々様、良く頑張った。...J・ホーナーもね。
単純に楽しかった。文句あるかい!
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2017-04-29 12:17:05
【ネタバレ注意】

ロッキーの3、5、6にタイソンのエピソードを組み合わせたような展開が上手かった。でもレイチェルの退場に銃を使うのはやり過ぎ。

投稿者:bond投稿日:2017-04-25 22:38:15
鉄板ストーリーだが、やっぱり泣ける。ギレンホール頑張った。
投稿者:リベルタド!!投稿日:2016-11-02 21:34:48
【ネタバレ注意】

WOWOWエキサイトマッチを25年見続けている“ボクシング小僧”としては、そのリアルな臨場感にやられる!「ロッキーザファイナル」「クリード」に続く激熱三部作だ!
ロイ・ジョーンズやビクター・オルティスなど元選手や、レフェリー、リングアナも本物!ボクシングマニアにんまり。
また“根性論”に陥りがちな作戦やトレーニングもリアル!“L字ガード”や“スイッチ”とか嬉しくなっちゃう。
とはいえ、ボクシングのシーンは最初と最後だけ。ほとんどは主人公ビリーが肉体的&精神的、おまけに社会的に押し潰される姿を非情に描く。だからこそ、最終ラウンド、“サウスポー”にスイッチしての左アッパーには最大級のカタルシスがあった!!!
最後にボクシング好きから言わせると、ジェイクの体格はLヘビーにしては小さすぎる気がするのと、“リングアナ”ジミー・レノンの吹替は全然違う。

投稿者:mototencho投稿日:2016-06-08 15:40:17
分かっちゃいるのに、このネタは自動的に劇場に行くスケジュールが組まれてしまう。王道のパターンをややずらして描いているところに監督の真骨頂があるのでは?http://mototencho.web.fc2.com/2016/southpaw.html
投稿者:ASH投稿日:2016-06-06 16:05:02
 いや、分かってるんだよ、どういう展開になるのか、どういう結末を迎えるのかなんて。先が読めるってのはスポーツ映画の悪いところかもしれんが、それでも、クライマックスのファイティング・シーンでは熱くなっちまう。ヤンなっちゃうよな、作り手側の作意にまんまとノセられちまってよぉ。

 「喪失」から「再生」への物語は、どうにも弱い。ベタなくらいの方が、素直に盛り上がらせてもらえる。ジェイク演じるビリーのダメ男っぷりが、またすさまじい。娘のレイラとのくだりなんか、もうね。パパにビンタ喰らわすとこなんか、ジンときちまった。女の子版「チャンプ」と、とりあえず先に言っといてやるわ。
投稿者:SaintEtienneHeaven投稿日:2016-05-25 19:16:07
【ネタバレ注意】

「ウォーリアー」、「クリード」と、近年このジャンルの傑作が続いて期待したけど、予想は裏切られない良作。
ジェイク・ギレンホールの役作りが凄いけど、顔が似てるせいもありスコット・アドキンスにしか見えない!
あとアントワン・フークワが元ボクサーとは知らなかった。

【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION