allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

エンド・オブ・キングダム(2016)

LONDON HAS FALLEN

メディア映画
上映時間99分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ショウゲート)
初公開年月2016/05/28
ジャンルアクション/サスペンス
映倫PG12
『エンド・オブ・ホワイトハウス』待望の続編!
今度の標的は、“世界”
エンド・オブ・キングダム [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,571
価格:¥ 1,350
USED価格:¥ 725
amazon.co.jpへ

 Photos

【クレジット】
監督:ババク・ナジャフィ
製作:マーク・ギル
ジョン・トンプソン
マット・オトゥール
レス・ウェルドン
ジェラルド・バトラー
アラン・シーゲル
製作総指揮:アヴィ・ラーナー
トレヴァー・ショート
ボアズ・デヴィッドソン
クリスティーン・オータル・クロウ
ハイディ・ジョー・マーケル
ジギー・カマサ
ガイ・アヴシャロム
キャラクター創造:クレイトン・ローゼンバーガー
カトリン・ベネディクト
原案:クレイトン・ローゼンバーガー
カトリン・ベネディクト
脚本:クレイトン・ローゼンバーガー
カトリン・ベネディクト
クリスチャン・グーデガスト
チャド・セント・ジョン
撮影:エド・ワイルド
プロダクションデ
ザイン:
ジョエル・コリンズ
衣装デザイン:ステファニー・コーリー
編集:ポール・マーティン・スミス
マイケル・ドゥーシー
音楽:トレヴァー・モリス
出演:ジェラルド・バトラーマイク・バニング特別捜査官
アーロン・エッカートベンジャミン・アッシャー大統領
モーガン・フリーマンアラン・トランブル副大統領
アロン・モニ・アブトゥブールアーミル・バルカウィ
アンジェラ・バセットリン・ジェイコブス長官
ロバート・フォスターエドワード・クレッグ将軍
ジャッキー・アール・ヘイリーDC・メイソン次席補佐官
メリッサ・レオルース・マクミラン国防長官
ラダ・ミッチェルレア・バニング
シャーロット・ライリージャクリーン・マーシャルMI6捜査官
ワリード・ズエイターカムラン・バルカウィ
ショーン・オブライアンレイ・モンロー国家安全保障局副長官
コリン・サーモンケビン・ハザード総監
ガイ・ウィリアムズレイトン・クラークソン後任首相
マハディ・ザハビスルタン
アデル・バンシェリフラザ
ブライアン・ラーキンデイヴィスSAS隊長
【解説】
 ジェラルド・バトラーが米国大統領を警護する最強のシークレットサービスを演じる大ヒット・アクション「エンド・オブ・ホワイトハウス」の続編。今度はロンドンを舞台に、再びテロリストに命を狙われた大統領を護るべく奔走する主人公の獅子奮迅の活躍を迫力のアクション満載に描く。共演は前作に引き続きアーロン・エッカート、モーガン・フリーマン。監督はスウェーデンの俊英、ババク・ナジャフィ。
 ホワイトハウス陥落の悪夢から2年。英国首相が不可解な死を遂げ、ロンドンで葬儀が執り行われる。米大統領はじめ世界各国の首脳が葬儀に参列するためロンドンに集結する。ところが、厳戒態勢のロンドンで同時多発テロが勃発してしまう。西欧諸国の首脳が次々と犠牲となる中、米大統領はシークレットサービスを務めるマイク・バニングの素早い対応で辛うじて現場から避難することに成功する。その後非常事態宣言が発令されたロンドンで、100人を超えるテロリストの攻撃から大統領を護り、ここから脱出させるために決死の戦いを繰り広げるマイクだったが…。
<allcinema>
【関連作品】
エンド・オブ・ホワイトハウス(2013)第1作
エンド・オブ・キングダム(2016)第2作
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
18 8.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:BLADE投稿日:2018-02-18 09:53:17
これの続編が来るとは思いませんでした。
舞台はイギリスに移っての展開、前作のような重めな感じでなく、主人公と大統領との掛け合いに軸を置いて、前作よりかは個人的に好きです。
時間も短くしてスッキリさせたのが良かったのかなと思います。
https://ameblo.jp/blade-and-nippon-ham/
投稿者:本読み投稿日:2018-01-07 19:02:59
野暮言うようだけど、警護側のリアリティがまるで感じられない。日本でもそうだけど、沿道警備はブロックごとに知り合いの顔認証できる「仲間」で形成される。興ざめの作り込みをベースにするなら明るく楽しいアクションものでいいかなと。
投稿者:bond投稿日:2018-01-06 23:30:50
豪快にテンポ良く展開。御都合主義モロだが、楽しめる。
投稿者:投稿日:2017-03-25 16:49:53
イギリスの警察・国防関係者に失礼なんじゃなかろうか・・・
投稿者:ジャポニカ学習帳投稿日:2016-12-22 13:12:05
アメリカのアメリカによるアメリカのための内容だったなぁアメリカが正義だっーーー!
投稿者:リベルタド!!投稿日:2016-08-10 14:37:18
【ネタバレ注意】

ロンドンがあんなカオスな状況、「スペースバンパイア」以来に観た。
「ダイハード」と「24」を足して2で割ったような作品なのでお得感が半端ない!
世界一ついてない男は、マクレーン刑事からバニングスにバトンタッチされた感じ。

投稿者:みつあき投稿日:2016-06-05 13:48:27
【ネタバレ注意】

痛快で爽快!!。 下らん理屈なんか気にせずに 思う存分楽しめる作品だった。

あからさまにゲームっぽい作りの映像なんで「玩具っぽい」という批判はありそうだけど、
悪いヤツをブッ叩く…という単純かつ明快な点を前面に押し出した点は高評価。

まずは、お金を払ってくれた観客を楽しませなきゃねぇ。
個人的には私小説を拗らせた自慰作品とか、勘違いクンの説経作品とかご免ですわ(苦笑)

そりゃね。
観てる間だけ楽しくても、後に何も残らない作品が虚しいという向きの人もいるでしょうが。
メッセージ性とか妙なもんに拘って、つまらなくて観てるのが苦痛な作品じゃあ本末転倒。
なんだけどねぇ…頭が悪い輩に限ってそういうのを作りたがったり、観て有難がる不思議。

まぁね。こういうのは映画だけじゃないんですけどね。
先日訪れた美術館でも大量のゴミを見せつけられてウンザリだった訳で、思わず毒履きっす。
(プロレタリアアート?!_時代背景とか余計な知識がないと価値も示せないゴミは捨てろと)

あ、ちゃんとした現代芸術作品もキチンとあるのは認識してますがね。
それ以上にクズ評論家を筆頭とした嘘つき連中の屁理屈と誤魔化しで「作品の本質以上の」
価値を捏造されたゴミが(時代という篩いに掛けられてない)近代現代作品は多すぎるって事。

と、脱線したけど。
こんな明らかな娯楽作品にマジで目くじら立てるようなアレな方は○○しちゃって下さいと。

それより、気にしだすとマジにゲームっぽいのが…特に敵さんのうそ臭さが(笑い)
まぁ、主人公たちの前に立ちふさがる強敵ってダケの薄い存在なんだなと。
ここらは、主人公がテロリスト達にナイフを突き立てるシーンのリアル感と対照的。
(そうそう、あんな感じに腕を振りかぶらないと肉にナイフは入ってゆかないんだよなぁと)

まず、こんなに巨大な組織のテロリストはいない。
そりゃテロリストってのは「定義外」のすべてなんで、そういうのが居ないと証明するのは、
悪魔の証明になっちゃうわけだけど、特に911以降は大多数は踊らされた第三者で、主犯は
ごく数名ってのが基本。(そしてその数名で、残念ながらコトは起きてしまう)

次に、武器商人にこんなヤツはいない。
そもそも武器商人ってだけでこの作品は悪って決め付けてる感があるけど、本当に普通の人
(=ビジネスマン)で一緒に仕事をしても深く関わらない限り気づかない事も多い。

事実、私も商品買付けで関わった人物の一部が武器商人でもあった…という事に何年も後に
気付いた事もあった。
(ま、早朝に「単座改造したF−4ファントム買わない?」と電話してきた奴もいるが:笑)

投稿者:真壁 六郎太投稿日:2016-06-01 19:53:43
前作と比べると、と言いたい所だが前作の記憶がほとんど残ってないw。しかし、今回突いてくるツボがなかなかいい。『ボーダーライン』ばりのロンドンテロ攻撃シーンは圧巻だ。おすすめというレベルではないが、暇つぶしには充分な出来です。
投稿者:タミー投稿日:2016-05-30 23:02:14
前作派が多いようだが、自分は前作よりこっちが好みだった。
前作は展開の投げやり感が鼻について、どうにも好きになれなかった。良くも悪くもそれで今回ハードルを下げた状態で鑑賞できたからか。

前回は不仲になった大統領とシークレットサービスが仲直りするまでの話だった。今回は冒頭から二人のオッサンがイチャイチャしてる。なんとも微笑ましい。
大統領にも見せ場があってバディムービーのような仕上がり。

全体的なバランスもテロ発生→逃走劇→クライマックスの流れをコンパクトにまとめていてダレることなく楽しめた。また今回はクライマックスにも大きなアクションを持ってきている。
ジェラルド・バトラーのプロ感溢れる動きには見惚れた。ナイフを使ったアクションにはスパルタ時代のマッドネスを感じたぞ。
投稿者:ASH投稿日:2016-05-28 23:34:42
 前作「エンホワ」は、ホワイトハウスというほぼ限定された空間でドンパッチが繰り広げられるというシロモノだったが、その続編である「エンキン」は、ドンパッチの舞台がロンドン全域に渡る。スケールが大きくなった割に、ショボショボ感は前作よりも上回るという不思議なシロモノ。マイクにとってホワイトハウスは「勝手知ったる」場所で有利なんだろうが、ロンドンは米国外だから、必死感が増長してんのはオモロかった。

 でもさぁ、コレって欧米的な「価値観」に「違和感」を感じているようなヤツらが観ちゃうと、♪カチンとくるわな〜。
投稿者:SaintEtienneHeaven投稿日:2016-05-11 23:41:00
【ネタバレ注意】

ジェラルド・バトラーが今回もテロリストを惨殺しまくりで痛快。
ロンドン名所壊滅はオマケ。

【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ ワースト主演男優賞ジェラルド・バトラー 「キング・オブ・エジプト」に対しても
【レンタル】
 【Blu-ray】エンド・オブ・キングダムレンタル有り
 【DVD】エンド・オブ・キングダムレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION