allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2016)

FANTASTIC BEASTS AND WHERE TO FIND THEM

メディア映画
上映時間133分
製作国イギリス/アメリカ
公開情報劇場公開(ワーナー)
初公開年月2016/11/23
ジャンルファンタジー/アドベンチャー
映倫G

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅

(C)2015 WARNER BROS ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED


 Photos

【解説】
 「ハリー・ポッター」シリーズのJ・K・ローリングが、後にハリーたちが使っていた教科書『幻の動物とその生息地』を著わすことになる魔法動物学者ニュート・スキャマンダーを主人公に贈る新シリーズ。J・K・ローリング自ら映画用に書き下ろしたオリジナル脚本を、「ハリー・ポッター」シリーズの後半4作品の監督を務めたデヴィッド・イェーツを再び監督に起用して映画化したファンタジー・アドベンチャー。世界中を旅する魔法動物学者の愛用のトランクから魔法動物たちが人間界に逃げ出してしまったことから巻き起こる大騒動の行方を描く。主演は「レ・ミゼラブル」「博士と彼女のセオリー」のエディ・レッドメイン。共演にキャサリン・ウォーターストン、アリソン・スドル、ダン・フォグラー、コリン・ファレル。
 魔法使いのニュート・スキャマンダーは、魔法の腕は超一流ながら人見知りでおっちょこちょいの魔法動物学者。魔法動物をこよなく愛する彼は、世界中を旅して魔法動物たちを集めていた。彼の不思議なトランクには、そんな魔法動物たちがいっぱい詰まっていた。ある日、ニューヨークへやって来たニュートだったが、ひょんなことからトランクが人間のものとすり替わってしまう。そしてトランクの中にいた可愛いものから獰猛なものまで、ありとあらゆる魔法動物が人間界に逃げ出してしまい、ニューヨーク中が大パニックに。ニュートは魔法使いのティナとクイニーや人間のジェイコブと協力して逃げた魔法動物たちを追っていくのだったが…。
<allcinema>
【関連作品】
ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2016)第1作
ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018)第2作
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:BLADE投稿日:2018-10-27 15:06:08
ハリポタのスピンオフということで、色々前の作品の記憶が蘇ってきて、そういうことね〜という感じだった。
感情移入ということでは、ハリポタよりも好きだな。
役者が大人ということもあるだろうね。
原作者が脚本ということで、どう描くかというのが出来ていて良かったですね。
続編はどうなっていくかね〜。
https://ameblo.jp/blade-and-nippon-ham
投稿者:初代黒龍投稿日:2018-04-01 18:12:51
確かに作品世界と映像技術の完成度は高いが、やはり『好きな人は好き』で結論が出てしまう映画だ。特に「ハリー・ポッター」シリーズ3作目以降は観ていない(つまり2作目までは何とか観れた)自分のような者には結局ついていけなかった。「リリーのすべて」の演技が素晴らしかったエディ・レッドメインが主役であることと、魔界の動物使いというアイディアは興味深かったが、これまた何とか観たという感じだ。「ハリー・ポッター」もそうだけど、独自の専門用語が説明無しに連発されるので、字幕を追っても何を言っているのか分からないし、場面によっては用語なのか人名なのかも分からない。そういう映画なんだ、と納得しろと言われても自分には無理だ。やはり好きな人は好き、観る人が観る作品だが、これは決して否定的でも閉鎖的な意味合いでもない。そういう映画も在る(邦画で言えば「男はつらいよ」と「座頭市」も同じで、何本かは面白く観たが、自分としては好きな人が観る作品だと思う)。
事件が解決した後のラストの件りが一番面白かった。フツーの人間が思いがけず魔法使いを手伝うことになる、という設定も良かったが、この生身の人間役のダン・フォグラーは最高だ。彼が出て来るだけで、安心するというか何となく笑ってしまう。魔界の出来事を知った人間はその記憶を消されるが、何故もっと早くに記憶を消さなかった?と言う彼に、主人公が「友達だから」と答える何気ない一言が結構泣けた。これまた思いがけず彼に恋してしまう読心術が得意な魔女が別れ際に「一緒に行く」と言うが、それが叶うはずがないことは誰の目にも明らかで、ただ無言で見つめ合う2人の姿が実に良かった。そしてあのまさかの幕切れ、文句なしのハッピーエンドだった。こういう大人の味わいは「ハリー・ポッター」では描けない。ハリー達のは愛情と言うよりあくまで少年少女の友情であり、その点では本作の方が物語に重みを感じる。
NYを飛び回って人間達の記憶を消す魔法動物は鳥か獣か竜か分からない幻想的なデザインだが、冒頭に登場してやたら引っ掻き回す金属大好き動物は、カモノハシかハリネズミみたいで普通の動物にしか観えなくて、もっと可愛らしいキャラクターにして欲しかった(暗い場面が多いうえに黒い体だから、よく観えないという問題もある)。そう言えば「バケモノの子」のキャラクターは動物を擬人化したものばかりで、バケモノというイメージが無かった。あの細田守監督がどんなバケモノを創造するか、と期待100%で観に行って強烈な肩透かしを喰らった。あれはホントに残念だったなー。
投稿者:HABBY投稿日:2017-12-04 19:52:59
【ネタバレ注意】

今のエディ・レッドメインの飛ぶ鳥を落とす勢いを象徴した主役抜擢かな。彼はこのシリーズで何十億ゲットするんだろう。JKローリングも巧みにお話を作ってくるなあ。彼女はこのシリーズで果たして何百億手にするんだろう。

心温まるファンタジー話なのに、なぜか下世話な事ばかり想像しちゃった。日本国内というより、やっぱり本場の海外でこのシリーズがどのように受け止められるのかが興味深い。『ハリ・ポタ』をリアルタイムに経験したティーン〜20代が見飽きる事なく追従していくのか。『ハリ・ポタ』を楽しめなかった今のローティーンたちは果たしてこのシリーズに興味を示すのかetc。

英米共同製作だが、枢要なキャラは大英帝国の俳優陣で占められてて、ある種のプライドを見て取った。会話の端々で現れるイントネーションもイギリス英語のあの高貴さ。

投稿者:nedved投稿日:2017-11-09 21:55:11
エディ・レッドメイン/ダン・フォグラー
投稿者:bond投稿日:2017-10-22 21:52:57
なんだか、キショイ動物ばっかり出てきて、イマイチだった。
投稿者:みつあき投稿日:2016-12-29 17:17:31

残念ながら、2D字幕版で鑑賞。

良くも悪くもJ・K・ローリングの物語を忠実再現した作品で、安心して観れる。
まぁ、微妙につじつまが合わない設定とか…そういうものも再現されちゃってる
わけであるが:苦笑。(渡米の理由の弱さとか、情報の伝達の齟齬とか)

登場人物は良く言えばリアル志向。
バッサリ言うと、ヒロインのキャサリン・ウォーターストンは地味目の印象が。
とりあえず、数々の魔法動物のCG処理は見事なので、J・K・ローリングの
紡ぐ不思議な魔法世界に浸る…のが正しい楽しみ方ではないであろうか?
投稿者:タミー投稿日:2016-12-12 18:00:22
先の方のレビューにある通り、ジェイコブ・コワルスキーの魅力がたっぷりだ。主役を食う勢い。

今回の主人公ニュート・スキャマンダーはもう魔法の世界を旅しつくした青年であるということもあり、かなり落ち着いている。一方、コワルスキーはひょんなことから魔法の世界に飛び込むことになる「人間」。魔法や魔法動物を目にしてヒャーヒャー言っている姿は、まさに前シリーズの主人公ハリー・ポッターの若き頃と重なる。

さすがにコワルスキーの影が薄くなり、主人公ニュートが出ずっぱりになるクライマックス。その展開から「ああここで動物ばかり可愛がっていた主人公が人と向き合わなければいけないという展開になるのだなあ」と思っていたら、そういうわけでもなく終わってしまった。結局その後のコワルスキーのドラマでホロリとさせられた。

満足したし続編も楽しみだが、そこに期待するのは「コワルスキーはまた出るのかな?」というものであり、新主人公を迎えての新章に対しての感想としては複雑な思いが残る。
投稿者:SECOND_STAGE_LENSMEN投稿日:2016-12-06 08:01:11
なんだか『男はつらいよ』シリーズを思い出す。
風来坊のニュート・スキャマンダーが主人公ではあるが、どう考えてもダン・フォグラー演じる三枚目男ジェイコブ・コワルスキーが真の主人公。てっきりコメディーリリーフかと思ったら、侠気があって度胸もあって、気持ちの良い男だ。ニュートはジェイコブの恋を取り持つ役回りで、まるで甥っ子の満男を見守る寅さんだ。
数々の魔法動物も愉快だが、ジェイコブに注目するとなお楽しい。

http://movieandtv.blog85.fc2.com/blog-entry-583.html
投稿者:ASH投稿日:2016-11-23 20:39:23
 3D版にて鑑賞!! まずは、某大物俳優がカメオ出演で登場するんで、データに記載される前に誰が出ているかまったく知らない状態で観ると、「え、アレって…」ってな感じになるからお得感倍増!! なぜゆえ彼が出演をしたのかの経緯は知らんが、日本語吹き替え版でもお馴染みの声優さんなんで、なんか嬉しくなる。

 さて、ローリング女史は原作のみならず脚本も手掛けてるから、かなり自分の思い描く世界が映画版にも反映できたんだとは思うが、そもそも、スキャマンダー先生の渡米の目的って、何だったんだろうと、原作版に興味がないと結構、掴みづらい。魔法動物のブリーダーを訪ねて、というのもなんだか怪しい。
投稿者:yudegani投稿日:2016-11-23 10:57:50
おじいちゃんも大喜び
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 美術賞Anna Pinnock 
  スチュアート・クレイグ 
 ■ 衣装デザイン賞コリーン・アトウッド 
■ プロダクションデザイン賞Anna Pinnock 
  スチュアート・クレイグ 
 □ 衣装デザイン賞コリーン・アトウッド 
 □ 音響賞 
 □ 特殊視覚効果賞Pablo Grillo 
  David Watkins 
  Christian Manz 
  ティム・バーク 
 □ 英国作品賞 
□ 美術賞Anna Pinnock 
  James Hambidge 
  スチュアート・クレイグ 
 □ 衣装デザイン賞コリーン・アトウッド 
 □ ヘア&メイクアップ賞 
 □ 視覚効果賞 
【レンタル】
 【Blu-ray】ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅レンタル有り
 【DVD】ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION