allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

キング・オブ・エジプト(2016)

GODS OF EGYPT

メディア映画
上映時間127分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ギャガ)
初公開年月2016/09/09
ジャンルアドベンチャー/アクション/ファンタジー
映倫G
<神の眼>を盗んで
エジプトの王座を奪え!
キング・オブ・エジプト [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,160
価格:¥ 1,391
USED価格:¥ 1,051
amazon.co.jpへ

 Photos

【解説】
 神々と人間が共存していた古代エジプトを舞台に、神々の抗争に巻き込まれた人類の命運を託された一人の青年の活躍を描くスペクタクル・ファンタジー・アクション。主演は「オキュラス/怨霊鏡」のブレントン・スウェイツとTV「ゲーム・オブ・スローンズ」のニコライ・コスター=ワルドー、共演にジェラルド・バトラー、ジェフリー・ラッシュ。監督は「クロウ/飛翔伝説」「アイ,ロボット」のアレックス・プロヤス。
 エジプトの国王として民から慕われてきた神オシリスだったが、王座を息子である天空の神ホルスに譲ることを決定する。しかし、それに納得いかないオシリスの弟で砂漠の神セトが、兄を殺し甥のホルスの両眼を奪い、王座を簒奪してしまう。以来、暴君セトの圧政に人々は苦しめられることに。そんなある日、こそ泥の青年ベックが、ホルスの片眼を神殿から盗み出すことに成功するが、そこから脱出する際に恋人のザヤが命を落としてしまう。ベックはホルスに盗んだ片眼を返し、ザヤを生き返らしてほしいと願い出る。こうしてベックとホルスは、ザヤの命と王座奪還のために過酷な冒険の旅へと繰り出すのだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
25 2.50
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:McQueeeeeN投稿日:2018-03-05 11:08:31
登場人物、誰一人感情移入できるキャラクター皆無。

それどころか、西洋の神感がぐらぐら揺らいでくる...。
ご都合主義的なストーリー展開にも辟易..。

ジェラルド・バトラーは好きな俳優だけど、この映画は好きになれない。
女優陣も可愛げ無くてダメだな..。

投稿者:eddie投稿日:2018-03-03 21:29:07
古代、エジプト人はアメリカ人やったんか?と思うような話やな。
所詮は「古代エジプト文明の西洋人的解釈」。こうやって、日本も歪んだ解釈をされてきたんだろう。だから、神道は葬られた。「(第2次世界大戦で)日本があれだけしぶとかったのは、シントーのせいだ」とね。

ああ、いやだ、いやだ。アメリカにあこがれ続けた半生は何だったのかな。
投稿者:HABBY投稿日:2017-10-14 20:44:28
【ネタバレ注意】

こてこての神話アドベンチャー。ハイテクを駆使した映像美と生きの良い俳優陣とでなかなか魅せる(肉体俳優のジェラルド・バトラーはともかくジェフリー・ラッシュもこういう作品に出るんだ)。邦画がこういうのを真似したらショボくなるんだろうなあ、という事で雰囲気イケメン、雰囲気美人といった雰囲気。途中ゴールドを着飾った者たちが闘う場面、『聖闘士星矢』の黄金十二宮編をなんとなく思い出し。ザヤ役のコートニー・イートン、お胸がすごい。。『マッドマックス 怒りのデス・ロード』にも出てたか。そっちはあまり印象に残ってないなあ。ウィキったら身長178センチもあるやんけ。

投稿者:bond投稿日:2017-08-24 21:44:35
神々の戦いが、なんかウルトラマンの戦いに見えた。
投稿者:blumental投稿日:2017-08-03 07:42:55
テンポよく話がすすんでいく冒険もの。面白いシーンもあるが、途中でアニメを見ているような気になる。神様と人間がいっしょに暮らしている社会設定になじめない。しかもストーリーとしては、ベックとザヤ以外の人間はおまけ的存在。それにしても、(吹き替え版を見たのですが)、ザヤ(コートニー・イーストン)の吹き替えだけは最悪。あまり非難するコメントは書かない主義ですが、この声優はひどいと思う。
投稿者:レッド・キング投稿日:2016-10-06 15:57:56
・・・とパンフレットに書いてありました。まぁこれが本当なら、日本位なもんでしょうな、話題にならまかったのは・・。ガラパゴスですからね。
○○先生曰く、日本人はエジプトが好きな人種らしいのですが・・。
普通に楽しい、神話の映画でした、デートムービーには最適と思います。
CG、激しいアクション、そして美しい女性のファッション。とても良かったです。(女性のファッションはもっとじっくり見せて欲しかったです)
巨乳ヒロインのコートニー・イートンちゃん、どこかで見たような?って思たら「マッドマックス怒りのデスロード」に出演、白い美女軍団の一人だったのですね。「マッド・マックス」の時の方が可愛かった気がします。
それと悪役のジェラルド・バトラーは何を演じても上手い演技をしますねーさすがです。
アメリカのマスコミが、「エジプト人が皆白人はおかしい、人種差別だ」とか騒いでたみたいですが、別に違和感はなかったですねぇ。それに、アベンジャーズのブラックパンサー役、チャドウィック・ポーズマンや大蛇使い役もヤヤデュンでしたし、白人ばかりでないでしょ?それと、コートニー・イートンさんはマオリ族や中国の血も受け継いでますね。
エジプトの話を白人が演じるのはおかしいなら、邦画の「敦煌」や「西遊記」は?日本人が演じてますけど?
最後に吹き替え!勘弁してほしい永野芽郁!聞いていられませんでした。
投稿者:みつあき投稿日:2016-09-19 12:19:50
【ネタバレ注意】

大半の方は意味不明なタイトル…なんだろうけど、かつてSFの古典としてそういうタイトルの本があったのですよ。
一言でいっちゃうとあの本を読んだ読後の感想と同じで、「なんじゃらほい??」という感じ。

2D字幕で鑑賞したんだけど、へっぽこマルチリンガルである私には「字幕と台詞が違うという違和感」に四苦八苦。
アクションの演出が過剰で「あれじゃあ、どんな体術使っても落下してるねという違和感」に四苦八苦。
アテン/アメン宗教改革時代の王家の簒奪あたりのお話と期待してたら、完全な古代神話エジプトが舞台で、
そのわりに世界観やら思想の奥底にキリスト教的なものがチラ見えして、設定考察の甘さにげんなりするやら…。
(ピラミッドなんざ、国家認定なアクロバンチであられる吉村先生(笑)が「そうじゃねぇ」と激怒しそうな感じだし)

荒唐無稽の大嘘…なのに、チョイチョイと古代神話時代のエジプトの設定を上辺だけ借りちゃってるのが残念。
おかげで、その辺りの設定を知ってると違和感しか感じない…のに、知ってないと戸惑うという不思議仕様。

科学とオカルトの区別が出来てない現代にピッタリ…という感じでしょうか?(失笑)
本当…この世の中は、オカルト商売が溢れまくっていてゲンナリ >ひどい例:減量商売とか薄毛商売。
(世の中に存在しない筈の)育毛剤とか、養毛剤、発毛剤…という名の怪しげな商品が堂々と売られている時点でもうね。
(残念ながら、この世にはたった2種の脱毛抑止剤しか発見されて無いし、それも元々は別の目的で開発された薬品)

まぁ、未だに特許申請に「永久機関」が出願されてくる(そしてその手の出願が一番多い)時点でアレ確定ですが。
あ、オカルト頭のアレな方々に喧嘩を売るつもりはありませんよ >面倒くさいし。
単に「お前さんの大切な壷をディスるつもりはない」が、それを善意の押し売りで他人に売りつけるなよと。
少し、冷静になって調べれば判るんだから、「お前さんの怠惰な手抜きで無辜の人々を惑わすな」というだけ。


あ、字幕で良かった点は「永野芽郁」の声を聞かなかった事かな?
彼女はもうね「俺物語!!」でも感じたが、無理矢理の売出し感が「剛力彩芽を髣髴させる」んで…。

投稿者:SECOND_STAGE_LENSMEN投稿日:2016-09-10 11:34:27
主人公は盗賊で、王座を奪えなんて、しょぼいアドベンチャーのように宣伝していたが、観に行って良かった。
何だ、この凄さは!ギャラクタスみたいのが出たあたりから圧倒されっぱなし!と驚いていたら、『ノウイング』のアレックス・プロヤス監督。さすが、センスがいい!ウソを思いっ切りウソっぽく描いてくれる楽しさを堪能した。

美術もノリノリで、ホドロフスキーの『DUNE』やフィリップ・ドゥルイエのマンガを彷彿とさせる。
内容面で思い出すのは、フィリップ・ホセ・ファーマーの《階層宇宙》シリーズだ。宇宙を作り、神を名乗る長命族。王座を追われた王子ホルスは《階層宇宙》シリーズのウルフ、人間の盗賊ベックは《階層宇宙》シリーズのキカハに相当しよう。《階層宇宙》シリーズの壮大な世界を映像で楽しみたい御仁には、きっと満足がいくだろう。

http://movieandtv.blog85.fc2.com/blog-entry-578.html
投稿者:ASH投稿日:2016-09-09 23:20:48
 3D版にて鑑賞!! これまた、本年度のラジー賞最有力候補作品!! 「トワイライト」サーガと「ハンガー・ゲーム」で相当、稼がせてもらったのか、サミット、調子こいてるわな。空疎なブロックバスター映画の典型なんだけど、ベックとホルスが喧嘩しながらも絆を深めてゆく過程は、定石通りとはいえ、観ていてなんか微笑ましくなる。高い塔から落ちるベックと、転げ落ちる千里眼、ホルスがどちらを優先するか、その決断にグッときたわ(ええッ!!)。

 ジェラルド・バトラーが悪役ってのも珍しいが、さすがはレオナイダスを演じただけのことはある。コスチュームがよく似合うのよ。神々が戦闘モードに入る時に全身が鎧に覆われるシーンはカッコいい(「聖闘士星矢」風?)。太陽神のラーが実は死んでなかったり、黄泉の国に行ったザヤが現世に帰ってきたりと、いくら神話モノ(?)とはいえ都合よすぎる展開に「なんだかなぁ」と思うが、この手の映画ならそれもアリかなと。ど〜でもいいけど、スフィンクスのナゾナゾ、吹替えでもよく聞き取れねぇよ!(大砂嵐がアテてんだ、そりゃ〜)。

 俺んちの最寄りのシネコンでは吹替え版での上映しかなかったもんだから、どうせ観るなら割高でも3D版の方がいいだろうとそっちをチョイスしたんだが、奥行き感がど〜もイマイチなんだよな。巨大な白ヘビと黒ヘビがウニュウニュと迫るくだりは、大迫力なんだけどさぁ。ザヤ役の女の子の吹替え、ヘタっちゅうよりも合ってない。沢城のねぇさん(大好き!!)はさすがの安定感。カラ松さんの声の人も、上手いわな(当たり前か)。

 あ、そ〜そ、この映画、基本、オーストラリア資本な。
投稿者:SaintEtienneHeaven投稿日:2016-09-09 12:24:10
【ネタバレ注意】

久々の新作なので勇んで劇場へ。
エジプトが題材って地味目な印象だったけど、プロヤスの旧作以上にビジュアルはド派手で盛り沢山な最近のアメコミ仕様。
演出的センスに若干疑問もありますが。

【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ ワースト作品賞 
 □ ワースト監督賞アレックス・プロヤス 
 □ ワースト脚本賞 
 □ ワースト・スクリーン・コンボ賞 Any 2 Egyptian Gods or Mortals
【ミュージック】
【CD】 キング・オブ・エジプト
新品:¥ 2,592
2新品:¥ 1,917より   2中古品¥ 1,850より 

【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION