allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

エクス・マキナ(2015)

EX MACHINA

メディア映画
上映時間108分
製作国イギリス
初公開年月2016/06/11
ジャンルSF/サスペンス/ドラマ
映倫R15+
人間か、人工知能か――
エクス・マキナ [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,037
価格:¥ 1,391
USED価格:¥ 800
amazon.co.jpへ

 Photos

【解説】
 「ザ・ビーチ」の原作や「28日後...」「わたしを離さないで」などの脚本で知られるアレックス・ガーランドが記念すべき監督デビューを飾ったSFサスペンス。大富豪が研究開発中の人工知能のテストを手伝うことになった若者が、美しい女性の姿をしたロボットとコミュニケーションを重ねていくうちに、思いも寄らない事態に巻き込まれていくさまをミステリアスに描き出す。主演は「アバウト・タイム 〜愛おしい時間について〜」「レヴェナント:蘇えりし者」のドーナル・グリーソン、共演に「インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌」のオスカー・アイザック、「リリーのすべて」のアリシア・ヴィカンダー。アカデミー賞では、みごと視覚効果賞を受賞。
 世界最大の検索エンジンを運営するブルーブック社でプログラマーとして働くケイレブは、社内試験の結果、社長のネイサンが隠遁生活を送る山荘に招かれ、1週間滞在できることに。しかし人里離れたその場所は、ネイサンが人工知能を開発するための研究施設だった。そしてケイレブに与えられた役目は、ネイサンが開発した人工知能の実用性と人間性についてのテストに協力することだった。そんなケイレブの前に、女性型の美しきロボット“エヴァ”が姿を現わす。精巧なエヴァに興味を抱き、戸惑いつつも彼女との会話を重ねていくケイレブだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
110 10.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:namurisu投稿日:2017-03-19 15:43:22
交流のためにオマンコもある改良強化雌型AI系ロボット。新宿二丁目はこんな怪物ばっかり。A・ヴィカンダーの貧乳に視覚賞。
投稿者:cinematograph_lux投稿日:2017-01-18 22:38:19
・・・カルト・ちっくで、個人的に、とってもとってもとぉっても、(→ワォ♪)、すきな作品ですが、もう少し、思弁的におしゃべりしても良いのでは、と思いました。まぁ、制作上の諸般の制限ありとか思いますが、も−−っと、タルコフスキーみたいにしちゃっても、いいかなぁと思います。ハナシとエピソード、いろいろ拡がりそうですよねぇ〜♪

で、ラストなんですが、二人のオトコを手玉にとって、サヨナラよっ、て、館をでて行く感ぢで、こーゆーパターンって、多くの映画にあったかと思います。。。美少女アンドロイドに、大コーフン。。。失礼しました。→ぺこり・・・m(__)m
投稿者:dadada投稿日:2016-11-24 11:07:53
三者(いや四者?、二者と二機?...どうでもイイや)による騙し合い映画。
読み解こうと思えば如何様にも読み解けるテーマが埋め込まれているのだろうが、単純にゲーム感覚で心理戦を楽しんだ。
頭良さげな話のようで、性的なこととか、飲んだくれてとか、生理的欲求に足をすくわれる感じは、結構甘い。
成程やるなぁ〜と腑に落ちる訳ではなく、浅はかな感じがわかり易くもあり、物足りなくもあり...。

何気に便利に使っている検索エンジンの恐ろしさが見え隠れするアタリは、成程ねって感じではありましたが。
投稿者:FFF投稿日:2016-11-23 23:10:40
アリシアの勝ち。
会話は哲学的だったが映画はそうでもない。
投稿者:ghost-fox投稿日:2016-11-23 22:44:42
【ネタバレ注意】

Ava draw Your Face↓
https://ava-sessions.com/

投稿者:ASH投稿日:2016-11-16 21:40:51
 都心部に生活圏がない俺は、小規模公開ゆえにスクリーンでの鑑賞を泣く泣く見送らなければならない映画が年に10本くらいはあるんだけど、今年度の筆頭がコレだったんだよなぁ。んまぁ、「A.I.」や「オート多摩」を通過した眼からすれば「既視感」満載のシロモノなんだが、根底のテーマが見えたときに、この映画が忘れがたいものへとなる。こういう映画体験は貴重!

 アリシアは「リリー」では貧乳を披露してオスカー受賞となったが、本来ならコッチで獲るべきだった! ポー・ダメロンとハックス将軍がこんな形で共演。本年度のサイファイ・ベスト映画が通勤電車でタブレットにて鑑賞とは、な〜にやってんだか。
投稿者:mototencho投稿日:2016-06-21 11:52:40
今を知る手掛かりになる重要なSF映画。既に地球上のどこかで“起こったこと”かもね。http://mototencho.web.fc2.com/2016/exmachin.html
投稿者:黒美君彦投稿日:2016-06-16 11:58:35
【ネタバレ注意】

究極のAI(人工知能)をモチーフにしたSFかと思いきや(いや、それはそうなのだけど)、見方を変えれば男のエロ妄想の映像化ともとれるし、「意識とは」「人間とは」を問う哲学的にも見えるなかなかカルト的な作品。
ネイサン(オスカー・アイザック)が開発した女性型ロボットエヴァ(アリシア・ヴィカンダー)と冴えないケイレブ(ドーナル・グリーソン)との微かな交感めいたもの。それは信じるに足るものなのか、それとも全てはトラップのピースに過ぎないのか。
そもそも美女ロボットを次々作っては破壊するネイサンのしていることは、限りなくラブドールとかシリコンドールとかいわれる性的玩具へのこだわりに似ている。ロボットであることを確認するために敢えてスケルトンにしているとしても、微細な表情や瞳に「人間」を感じ、それはやがて「女性」を意識させ得る。ところが、VFXによるプロポーションがフレームアップされているために、せっかくアリシア・ヴィカンダーがオールヌードを披露しているのに、ロボットを演じた時より貧弱に見えてしまう。“ドール”が生身の人間を超えた性的魅力を持ち得るという逆転性に慄然としてしまう。

ネイサンの邸宅はどこか日本的な匂いがする。ずっと付き添うキョウコ(ソノヤ・ミズノ)の存在がそれに輪をかける。アニメ的であったり、AIがモチーフであったり、その辺りはまだ「日本」ブランドが生きているということだろうか。
だがこうしてこの作品を観た時、改めて『鉄腕アトム』を生んだ手塚治虫の慧眼を意識した。彼はアイザック・アシモフのロボット三原則をもとに「ロボットは人間になれるか(人間と平等になれるか)」というテーマを追った。その点、本作ではこのロボット三原則のうち「人間に危害を加えてはならない」が欠如している(ダメじゃん、ネイサン)。
そして、エヴァは不完全な人間なんて目じゃない。
AIの考えは遠く人知の届かないレベルにまで達しているのだから。

アリシア・ヴィカンダーは不完全ゆえに美しさを感じるという、何とも複雑な役柄。でもその冷たい美しさが何とも魅力的ではある。
ショートショートのような味わいで新しいようで古いテーマを扱っているわけだが、静謐な映像美が詩情豊かな好編に仕上げている。

投稿者:せせらぎ投稿日:2016-06-14 00:22:35
こんな傑作をビデをスルーしたら笑いものだ
投稿者:Katsumi_Egi投稿日:2016-06-13 23:15:45
 冷たい映像が心地よい。特に、ヒロインのAI=エヴァ、アリシア・ヴィカンダーに施した特殊効果がたまらない冷たい映像表現だ。殆ど4人−エヴァの他には主人公ケイレブ、社長ネイサン、そして日本人メイドのキョウコだけのミニマルな舞台設定。決して冷気が表現されているわけではないのだが、遥かキューブリックにも繋がる映像の清潔さ、美しさが画面を冷え冷えとさせる。
 AI、チューリングテスト、シンギュラリティといった、いかにもイマドキのキーワードを背景にするが、その実、無垢な恋愛譚、あるいは、恋愛感情の虚々実々のスリルとして、これら背景を利用しているだけだ。帰結も、多分殆どの観客が見ながらいくつか予想するパターンの一つに収まるだろう。しかし、AI相手だからこそのイノセンスとスリルの増幅が図られている。帰結が予想に収まることも快感だ。そのあたりが上手いし、たまらない。
http://www.page.sannet.ne.jp/egi/
投稿者:SaintEtienneHeaven投稿日:2016-04-25 03:12:07
【ネタバレ注意】

エノラ・ゲイの悲劇

【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 脚本賞アレックス・ガーランド 
 ■ 視覚効果賞Andrew Whitehurst 
  Paul Norris 
  Mark Ardington 
  Sara Bennett 
■ 助演女優賞アリシア・ヴィカンダー 
□ 助演女優賞アリシア・ヴィカンダー 
□ 助演女優賞アリシア・ヴィカンダー 
 □ オリジナル脚本賞アレックス・ガーランド 
 □ 特殊視覚効果賞Mark Ardington 
  Sara Bennett 
  Paul Norris 
  Andrew Whitehurst 
 □ 新人賞アレックス・ガーランド 
 □ 英国作品賞 
□ 女優賞アリシア・ヴィカンダー 
 □ 脚本賞アレックス・ガーランド 
□ 脚本賞アレックス・ガーランド 
 □ 視覚効果賞 
 ■ SF/ホラー映画賞 
□ 女優賞アリシア・ヴィカンダー 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】エクス・マキナ2017/06/21\1,886amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】エクス・マキナ ブルーレイ+DVDセット2016/11/18\3,990amazon.co.jpへ
 【DVD】エクス・マキナ2017/06/21\1,429amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【Blu-ray】エクス・マキナレンタル有り
 【DVD】エクス・マキナレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION