allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

真田十勇士(2016)

メディア映画
上映時間135分
製作国日本
公開情報劇場公開(松竹=日活)
初公開年月2016/09/22
ジャンル時代劇/アクション
映倫G
不可能に、挑め。
映画 真田十勇士 Blu-rayスペシャル・エディション
参考価格:¥ 7,884
価格:¥ 5,790
USED価格:¥ 4,469
amazon.co.jpへ

 Photos

【クレジット】
監督:堤幸彦
アニメーション監
督:
橋本満明
監修:北川央
アクション監督:諸鍛冶裕太
製作:大角正
佐藤直樹
熊谷宜和
薮下維也
永井聖士
安部順一
弓矢政法
長坂信人
製作総指揮:中山良夫
エグゼクティブプ
ロデューサー:
門屋大輔
今泉浩美
プロデューサー:飯沼伸之
伊藤卓哉
福島聡司
ゼネラルプロデュ
ーサー:
奥田誠治
企画・プロデュー
ス:
松村英幹
脚本:マキノノゾミ
鈴木哲也
撮影:唐沢悟
美術:清水剛
編集:伊藤伸行
キャスティング:高屋隆太
音響効果:北田雅也
音楽:ガブリエル・ロベルト
音楽プロデューサ
ー:
茂木英興
主題歌:松任谷由実
『残火』
VFXスーパーバ
イザー:
朝倉怜
衣裳デザイン:黒澤和子
記録:奥平綾子
照明:木村匡博
装飾:高橋光
録音:鴇田満男
助監督:宮村敏正
監督補:稲留武
VFX監修:野崎宏二
出演:中村勘九郎猿飛佐助
松坂桃李霧隠才蔵
大島優子火垂
永山絢斗根津甚八
高橋光臣筧十蔵
駿河太郎三好清海
村井良大海野六郎
荒井敦史三好伊三
望月歩真田大助
青木健望月六郎
石垣佑磨仙九郎
加藤和樹由利鎌之助
伊武雅刀
佐藤二朗
野添義弘
松平健徳川家康
(特別出演)
加藤雅也真田幸村
大竹しのぶ淀殿
【解説】
 堤幸彦演出、中村勘九郎主演の同名舞台劇を、同じ堤幸彦監督、中村勘九郎主演で映画化したエンタテインメント時代劇。天下一の名将という真田幸村の伝説は、猿飛佐助によって仕組まれたものだったという大胆な発想のもと、一癖も二癖もある真田十勇士の活躍を描く。共演は松坂桃李、大島優子。
 関ヶ原の戦いから14年。天下統一を目前にした徳川家康と、秀吉の側室・淀殿が秀頼を立てて復権を狙う豊臣家の対立がいよいよ深まっていた。そんな中、名将と謳われた真田幸村と抜け忍の猿飛佐助が運命的な出会いを果たす。ところがこの幸村、これまでの武功はたまたま勝ちに恵まれてきただけで、その本性はただの腰抜け男だった。すると佐助は“アンタを本物の英雄にしてあげる”と宣言、さっそく同じ抜け忍の霧隠才蔵を筆頭に、一癖も二癖もある男たちを集め、“真田十勇士”を誕生させる。そして巧みな情報操作で、十勇士の武勇伝を巷に流布していく。やがて淀殿からお声が掛かり、意気揚々と大坂城入りする幸村と佐助たちだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
15 5.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:みつあき投稿日:2016-09-24 07:12:14
【ネタバレ注意】

舞台劇の映像化との事だけど、後悔したくないなら他の映画を観た方がよいと思う。
(と良心に従い一応は警告したんで、鑑賞後やり場のない怒りは自己責任で処理を)

【以下、ネタばれ】

冒頭から本編への導入部が「アニメシーン」ってのにイキナリ「なんじゃらほい」と。
この時点で、ダメな人は多いんじゃあないかな??

あと、舞台劇が元というのが頷ける位に展開はまっすぐで(そこは嫌いじゃないが)、
デカイ仕掛けを必要としない感じ故、舞台劇での鑑賞の方が良いんじゃないかな?と。
(クライマックスは良くある「俺の屍を越えて行け」って感じなんで…)

それと疑問に感じたのが、女優(?)二人の演技。
他の俳優の演技とか、テンプレに近い演出から考えると「監督が要求した内容と違う」
としか思えず。

話の筋は王道で単純なわりに面白いだけに、この映画を観るよりも「好きな演者が
小劇場で演じてくれる舞台劇を鑑賞した方がきっと幸せ」だと思う。

ま、中村勘九郎は梨園の出だけあってちゃんと演技してたので、彼を観るために金を
払ったと思えば、少しは気が晴れるかと。

【ミュージック】
【CD】 映画『真田十勇士』オリジナル・サウンドトラック
新品:¥ 2,916
7新品:¥ 2,280より   2中古品¥ 1,599より 

【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION