allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

怒り(2016)

メディア映画
上映時間141分
製作国日本
公開情報劇場公開(東宝)
初公開年月2016/09/17
ジャンルサスペンス/ミステリー/ドラマ
映倫PG12
あなたは殺人犯ですか?
怒り Blu-ray 豪華版
参考価格:¥ 7,344
価格:¥ 5,672
USED価格:¥ 4,200
amazon.co.jpへ

 Photos

【クレジット】
監督:李相日
製作:市川南
エグゼクティブプ
ロデューサー:
山内章弘
プロデューサー:臼井真之介
ラインプロデュー
サー:
鈴木嘉弘
共同製作:中村理一郎
弓矢政法
川村龍夫
高橋誠
松田陽三
吉村治
吉川英作
水野道訓
荒波修
井戸義郎
企画・プロデュー
ス:
川村元気
原作:吉田修一
『怒り』(中央公論新社刊)
脚本:李相日
撮影:笠松則通
美術:都築雄二
坂原文子
編集:今井剛
キャスティング:田端利江
音楽:坂本龍一
音楽プロデューサ
ー:
杉田寿宏
サウンドエフェク
ト:
北田雅也
スクリプター:杉本友美
ヘアメイク:豊川京子
衣裳デザイン:小川久美子
照明:中村裕樹
録音:白取貢
助監督:竹田正明
プロダクション統
括:
佐藤毅
出演:渡辺謙槙洋平
森山未來田中信吾
松山ケンイチ田代哲也
綾野剛大西直人
広瀬すず小宮山泉
宮崎あおい槙愛子
妻夫木聡藤田優馬
池脇千鶴明日香
田中隆三
今井隆文
笹岡サスケ
有福正志
高畑充希
日向寺雅人
海老澤健次
美洋煌
岩永洋昭
松浦祐也
原日出子藤田貴子
佐久本宝知念辰哉
ピエール瀧南條邦久
三浦貴大北見壮介
水澤紳吾
赤江珠緒
須藤温子
大谷幸広
青柳尊哉
カン・ソンヒョ
片野晴道
神崎英敏
幸地尚子
【解説】
 「悪人」の李相日監督が再び吉田修一の小説を原作に、実力派俳優陣の豪華共演で贈るヒューマン・ミステリー・サスペンス。残忍な殺人事件が発生し、犯人が逃亡して1年後、千葉・東京・沖縄に現われた前歴不詳の若い男3人が、やがてその土地で新たな愛を育んでいく中、真犯人を巡る謎と犯人ではとの疑念が思わぬ波紋を周囲に広げることで生じるそれぞれの葛藤のドラマを描き出す。出演は渡辺謙、森山未來、松山ケンイチ、綾野剛、広瀬すず、宮崎あおい、妻夫木聡。
 八王子で残忍な夫婦殺人事件が起こるが、犯人の行方は杳として知れず、整形して日本のどこかで一般の市民に紛れて逃亡生活を送っていると見られていた。事件から1年後、千葉・東京・沖縄に素性の知れない3人の青年が現われる。歌舞伎町の風俗店で働いているところを発見され、千葉の漁港で働く父・洋平に連れ戻された愛子。漁港にふらりと現われ働き始めた青年・田代と恋に落ちるが…。東京の大手通信会社に勤めるゲイの優馬は、クラブで出会った直人を気に入り家に連れ帰るが…。母に連れられ、東京から沖縄の離島に引っ越してきた高校生の泉は、無人島に1人で住みついている謎めいたバックパッカー田中に心惹かれていくが…。そんな中、TVでは1年前の事件に関して逃亡中の犯人の情報を求める公開捜査番組が放送されていたのだが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
218 9.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:HABBY投稿日:2017-11-12 21:31:35
【ネタバレ注意】

なかなか良く練られた群像劇。今までになかったスタイル。真犯人は誰かを推理させられつつ(随所に挿入されるこのモンタージュ写真って3人の顔をミックスした映像なのかな…)、モヤモヤとハラハラドキドキ、ブルブルを強要させられながら2時間半が一気に過ぎ去った。ハリウッドの一線級の作品と比較しても遜色なかろう。

役者陣の迫力ある演技がお見事。渡辺謙、森山未來、松山ケンイチ、綾野剛、広瀬すず(オーディションで選ばれたそうだが、米兵との悲痛な絡みの場面やラストの青い海原に叫ぶ場面を含めなかなか堂々たる立ち居振る舞い)、宮崎あおい、妻夫木聡といった演者は全員が主役といっても過言でない。これだけ多くの人間のアイデンティティ、生き様が鋭く巧妙に描かれているのだから、原作が良くできているとしか言いようがない。

また、1200人のオーディションの中から見事に選抜され映画初出演を果たした佐久本宝の若く初々しい演技も印象に残る良いものであった。本作のタイトルである『怒り』を一番体現しているのは、彼が演じた純朴な青年であろうから。今後の役者人生の成功を祈りたい。

一点気になったのは、ある種のステレオタイプな反米(反基地)思想が一瞬垣間見えること。まあ作品全体のボリュームに比べれば非常に瑣末な要素ではあり、本作品の完成度を落とすものではない。

音楽は坂本龍一と2Cellosのコラボレーション。豪華だな。

投稿者:bond投稿日:2017-09-26 22:20:36
交差する三つ人生。1番怪しいのがやっぱ犯人。
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2017-09-25 02:55:27
役者陣は好演してるけど、終盤の号泣と絶叫とBGMが苦手。そうしないと売れないのは知ってるけど。
投稿者:glamfreak投稿日:2016-12-08 23:52:49
 見終わって「愛子ちゃんの話だったのか!」と思ったら、「どう考えても泉の話でしょ」と言い張る家人と喧嘩になった。見る人によっては、ほかの登場人物の話に思えるのかもしれない。真犯人の話だったと感じた人はどのくらいいるのだろう。
 原作者が、あの事件を基にしたと劇場用パンフレット上で公言しているが、きっとあの事件の犯人も、ときには田代になり、直人になり、田中になったのだと思う。そしてその陰では、事件と何ら関係のない、田代や直人や田中が翻弄されたのだろう。
 李監督の映画をCMのようだと表現している人もいるが、確かに、期待していないのに、つい、見てしまう。そして今回の宮崎あおいには本当に驚いた。私の親友を思い出すほど自然体だったからだ。『NANA』とは似て非なる演技力に、よほど本人が持つ引き出しに合っていたのだろうと思いきや、パンフレットのインタビューを読んで二度驚いた。頭をフル回転させて巧妙に演じたのだそうだ。
 さらに、取調室の早川を演じたの俳優の名を知って、水澤紳吾に惚れ直した。まさかNHK「64(ロクヨン)」で引きこもりになった日吉だったとは。
 現実の事件の犯人が捕まる前、いつも私がバス待ちをする列の横に指名手配写真が貼ってあった。あるとき、その写真の前にそっくりな青年が立って、じっとこちらを見ていたことがある。背丈がまったく違ったので『ガタカ』をやってもああはならないだろうと思ったが、かなりドキリとした。あの人も誰かに疑われていたのだろうか。
投稿者:dadada投稿日:2016-11-11 09:20:32
タイトルが「怒り」で、中味はオール“達者”スターキャストの絶叫芝居映画...音楽も煽る...“熱い”。
貶しているんではありません。観る方もイイ意味でくたびれるけども、見応えのある映画でした。
3つのエピソードを絡めて、人を信じることも疑うことも、エネルギーを要して痛みを伴う...何てなことをグイグイ見せつけるというか。
ミステリー要素も効いていて、興味を持続させられる要素が多いから長い上映時間が気にならない。上手い映画だと思います。
投稿者:あーぼう投稿日:2016-11-03 08:37:12
映画館鑑賞。俳優陣は、誰か1人が抜き出ること無くみな素晴らしい演技。それがストーリーに良いバランスをうみ、中盤以降動悸が止まらなかった。疑心暗鬼に陥り、大切な人を信じられなくなる人々とその後悔。最後まで信じたがゆえの悲劇。「悪人」を超えて、邦画大作としては近年稀にみる作品となった。
投稿者:FFF投稿日:2016-09-28 18:21:16
怒りを制御できない人間が多い。
この重い映画を観た後、スマホが不通になっただけで私の怒りは頂点に達した。
そういう病人は大抵が自己中心の臆病者なので、この映画の真犯人が受け入れた(ように思える)結末には疑問が残る。
それと対比するかのように他の登場人物は歯を食いしばって前を見据える。
投稿者:nightwing投稿日:2016-09-28 18:20:45
正直、本筋のストーリーそのものは大した話しでは無いが
ミスリードとしての2つの物語を絡ませる事によって重厚なドラマに
なっている点が如何によく出来ているかによってまた、どう捉えられるかに
よって感じ方が変わってくる作品。

全編、犯人当てのミステリーとして観てしまえば、余計なミスリードではあるが
それぞれの物悲しい人間ドラマとしてみれば十分に観賞に値する仕上がりではある。

特に宮崎あおいと綾野剛はハマリ役でこれで色々儲けたよね・・・・。


なぜ沖縄の青年は酔った挙句に広瀬すずを置いてけぼり?にしたのか???
投稿者:黒美君彦投稿日:2016-09-26 12:28:29
【ネタバレ注意】

邪悪な未解決殺人事件と、一見無関係な三つのエピソード。その三つのエピソードがあまりに濃密で、一瞬冒頭の事件を忘れてしまいそうになる。
登場人物はそれぞれ何かを背負っている。東京のゲイカップルである妻夫木聡と綾野剛、千葉の漁師渡辺謙と風俗から実家に戻ってきた宮崎あおい、そして身元がはっきりしない男の松山ケンイチ。そして沖縄にやってきた広瀬すずと新人・佐久本宝、無人島に住みついた森山未來。
それぞれの人物造形がしっかりできていて、役者たちも全力でぶつかっているのが伝わってくる。
綾野剛の内向的な演技は秀逸だし、スッピンで演じる宮崎あおいもいい。そして美少女役に留まらず、汚れ役に体当たりで挑んだ広瀬すずに至っては思わず息を呑んでしまう。
無人島で森山未來というと『世界の中心で、愛をさけぶ』(2004年)を思い出してしまうが(笑)、佐久本宝の「助けて〜」という叫び声と相まって、セカチューのアンチテーゼかと思ってしまった。

物語そのものは一見救いがないように見える。
さまざまな怒りが交錯し、疑心暗鬼にならざるを得ない分断された世界を描いているように見えるからだ。
だけれど私が感じたのは、「怒り」というより「痛み」だった。
抱えきれないほどの「痛み」。
その「痛み」から邪悪になりきれるのもまた人間であり、そして「痛み」を分かち合うことができるのもまた人間…。
絶望の縁に立ってどう生きるかをこの作品は問うている。

エッジの利いた脚本、演出、編集は見事。
坂本龍一の音楽が深い精神性を演出している。
それにしても2016年の東宝は、特撮・アニメ・ドラマの各分野で次々秀作を生み出しているなあと感心。

投稿者:セニョールK投稿日:2016-07-07 18:53:24
先行試写会で鑑賞。
邦画を代表する俳優陣の本気の演技を見ているだけで濃厚な時間を満喫しました。
今のところ今年のベスト1は決まりだなあ。
広瀬すずも本作で一皮剥けたのではあるまいか?
うん、面白かった!
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 作品賞 
 □ 主演女優賞宮崎あおい 
 ■ 助演男優賞妻夫木聡 
  森山未來 
 □ 助演女優賞広瀬すず 
 □ 監督賞李相日 
 □ 脚本賞李相日 
 □ 撮影賞笠松則通 
 □ 照明賞中村裕樹 
 □ 美術賞都築雄二 
  坂原文子 
 □ 録音賞白取貢 
 □ 編集賞今井剛 
 ■ 新人俳優賞佐久本宝 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】怒り Blu-ray 豪華版2017/04/12\6,800amazon.co.jpへ
 【DVD】怒り DVD 豪華版2017/04/12\5,800amazon.co.jpへ
 【DVD】怒り DVD 通常版2017/04/12\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【Blu-ray】怒りレンタル有り
 【DVD】怒りレンタル有り
【ミュージック】
【CD】 「怒り」オリジナル・サウンドトラック
新品:¥ 3,240
16新品:¥ 2,648より   8中古品¥ 1,442より 

【書籍】
■原作
【文庫】 怒り(上) (中公文庫)
新品:
9新品:¥ 648より   257中古品¥ 1より 

【単行本】 怒り(上)
新品:
2新品:¥ 980より   47中古品¥ 1より 

【文庫】 怒り(下) (中公文庫)
新品:
10新品:¥ 647より   197中古品¥ 1より 

【単行本】 怒り(下)
新品:
1新品:¥ 1,296より   35中古品¥ 1より 

【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION