allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

シング・ストリート 未来へのうた(2015)

SING STREET

メディア映画
上映時間106分
製作国アイルランド/イギリス/アメリカ
公開情報劇場公開(ギャガ)
初公開年月2016/07/09
ジャンル青春/音楽
映倫PG12
君の夢は、僕の夢になった。
シング・ストリート 未来へのうた [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,160
価格:¥ 1,486
amazon.co.jpへ

 Photos
シング・ストリート 未来へのうたシング・ストリート 未来へのうたシング・ストリート 未来へのうた

【解説】
 「ONCE ダブリンの街角で」「はじまりのうた」のジョン・カーニー監督が、自身の少年時代の体験をベースに撮り上げた音楽青春映画。80年代のアイルランドを舞台に、学校にも家庭にも様々な問題を抱え、悩み多き日々を送る14歳の少年が、愛しの彼女を振り向かせようとバンドを組み、音楽を通して仲間たちとの友情を深めていくさまと、ヒロインとの切ない恋の行方を、80年代ヒット・ナンバーの数々とともに描き出す。主人公にはオーディションで選ばれた新人、フェルディア・ウォルシュ=ピーロ。共演にジャック・レイナー、ルーシー・ボーイントン。
 1985年、大不況にあえぐアイルランドの首都ダブリン。父親の失業で優秀な私立学校から荒れた公立学校への転校を余儀なくされた14歳のコナー。両親はケンカが絶えず、学校でもさっそくイジメの標的に。そんな彼にとって、音楽オタクの兄ブレンダンの解説を聞きながらミュージックビデオ番組を観るのが唯一の楽しみ。すっかりデュラン・デュランの虜になってしまったコナー。ある日、自称モデルの美女ラフィーナと出会い、たちまち一目惚れ。思わず口をついて出た誘い文句は“僕のバンドのビデオに出てくれ”だった。慌ててメンバーを集め、即席のバンドを結成して猛練習を開始するコナーだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:HABBY投稿日:2017-11-09 01:44:42
【ネタバレ注意】

“音符は、生きる糧”パート2。『はじまりのうた』に続いて、音楽をテーマにした良い作品を作ってくれたジョン・カーニー監督に感謝。よっぽど好きなんだな。ヒロインのラフィーナを演じたルーシー・ボーイントンが美人でおしゃれで良い味。即席のバンドで即席の作曲、デビュー作がこの水準って天才すぎるだろ、と一応突っ込んどく(やっぱりいろんなコードを覚えないとミュージシャンにはなれないんだなぁ、笑)。黒人のメンバーにどういう意味が込められてるのか、意味があるのかないのか、ちょっとググって勉強してみよう。

デヴィッド・ボウイ、デュラン・デュラン、ジェネシス、ザ・キュアー、a-ha、スターシップなどジャンルを作ってきたバンドの音が随所に登場。この手の音楽ファンは感涙必至。自分はもう少し後の年代のもう少しハードな音が好みのためどストライクと言うほどではなかったものの、この機会に音楽の歴史を今一度勉強したいと思いました。この世界、先人の叡智は実に偉大ですので。

(モーツァルトとサリエリの逸話がさらりと出てきたところは面白かった)
(監督とアダム・レヴィーン、よっぽど意気投合してるんだな)

投稿者:リベルタド!!投稿日:2017-07-01 20:45:04
【ネタバレ注意】

「コミットメンツ」「ONCEダブリンの街角で」に続く第3弾!
ダブリンの若者たちの“魂の叫び”を描いた三部作がここに完成!
今回のテーマは80年代ブリットPOP!
青春ど真ん中世代には、たまらない楽曲が次から次と!かつ、オリジナル楽曲のクォリティの高さに唖然呆然!
すっかり大人になっちまったオーバー40世代が、この120分だけティーンに戻れるような映画!おかげで若返ったわ!

投稿者:dadada投稿日:2017-03-26 20:28:43
評判だから、何気にDVDをレンタルし鑑賞。
青クセェ映画。泣けるほど青クセェ映画。時代的な背景を含めてオッさんの泣かせツボを押さえてる...あぁ、監督の半自伝なのね〜。甘っちょろい夢物語ちゃあ、夢物語なんだけども、刺さりますよ〜。
とにもかくにも、サントラは、手に入れたくなったなぁ。
投稿者:ASH投稿日:2016-10-22 14:55:19
 実際、俺もニューウェーブの洗礼を受けた世代なもんだから、ロック・スノッブどもが聞いたらクスッと吹き出しそうな台詞が山のように出てくんで愉しい時間が過ごせたわさ。あんな小さなポンポン船でダブリンから英国へ渡れるもんだろうか、という野暮な疑問も、「前進」という言葉の象徴なんであれば、合点がゆくんだよな。

 MTVの全盛期って80年代半ばころだと思うが、未来派ニューウェーブ野郎どもが最後の輝きを放ってた時代だったんだよな。ダブリンに限らず、英語圏にはこんなバンドが掃いて捨てるほどいたんだろうよ。レコード契約が結ばれてデビューできれば、ヘタすりゃ世界的なヒットも狙えるしな(英語圏だけに)。しかし、この映画の着眼点は成功を夢見る若造たちのサクセス・ストーリーだけじゃない。どん詰まりの世界だからこそ生まれる音楽のパワーに、俺は年甲斐もなく胸が熱くなったんだわ。そ、いい歳こいてってヤツ。

 コナーの音楽的パートナー、エイモスの豊かな音楽性に驚愕!! なんであれ、楽器を弾けるってのは強みだよな。コナーのお兄ちゃんの部屋のレコード・ラックにはおびただしい数のアナログ盤が!! CDってまだ主流じゃなかったんだなぁ〜。

 デュラン・デュラン、キュアー、スパンダー・バレエあたりはとりあえず抑えておけ。いい機会なので、俺のお気に入り80年代ニューウェーブ・アーチストTOP50を以下に挙げておくので、暇なヤツぁ聴いてみろや。順位は思い付きな。
投稿者:黒美君彦投稿日:2016-07-25 11:19:51
【ネタバレ注意】

ボーイ・ミーツ・ガール! 健全な十代男子は、惚れた女の子のためにロックを選ぶのだ…というきわめてシンプルな物語の背景には、舞台となっているアイルランド・ダブリンの閉塞感や貧困に喘ぐ家族の姿が見え隠れする。
ここではないどこかへ、と夢見る少年少女たちの挫折と希望が80年代の音楽とともに描かれたこの作品は、監督ジョン・カーニーの半自伝的な色合いがあり、そこにはアイルランド出身のU2メンバーの経験なども織り込まれているのだとか。
改めて80年代のミュージック・シーンは良かったなあ、なんて思ってしまうのは齢のせいか(笑)。
オーディションで選ばれたというフェルディア・ウォルシュ=ピーロは、年齢相応の頼りなさからしっかりした青年へと成長していく様が描かれる。ルーシー・ボーイントンはややはすっぱながら、ラストでは大海原に乗り出す決心を固める。その先に思い通りの未来などあろうはずもないけれど、けれど「前進あるのみ!」(by兄のブレンダン)なのだ。
ギグ(gig…小さなセッションを示すスラング)での空想が切ない。不仲の両親も、校長も、みんなが自分たちの音楽に酔う空想。
現実を突破するために音楽があった時代。
引きこもりがちな兄ブレンダンを演じたジャック・レイナーが巧演。
閉塞感しか目に入らない2010年代後半の現代と比べて、何と夢に溢れた世界だったかと思ってしまうのはなぜだろう。当時だって世界は矛盾に満ち、いいことばかりではなかったはずなのに…。
爽やかな青春音楽物語。

投稿者:mototencho投稿日:2016-07-15 22:31:25
オッサンが高校生の青春映画にグッときてしまう、だって80年代なんだもん。知ってるアーティスト名しか出てこないのもたまらん。http://mototencho.web.fc2.com/2016/singstre.html
投稿者:敦煌投稿日:2016-07-12 22:42:36
【ネタバレ注意】

年上美女にいいとこ見せようとするうちに、いつしか「一段上の自分」になっていく男の子。ちょっと既視感はあるけど、それはこれが永遠のテーマだからですね。
1本目のMVと歌唱のひどさには大笑い。まさかあそこから中盤の「空想上のミュージカルシーン」にまで進化するとは思わなかった。
好感度の高い作品だけに、ラストにもう一工夫ほしかったな。あのままコネなし金なしでラフィーナをロンドンに連れて行ったのでは、彼女の元カレとさほど変わらないじゃないのよ。

投稿者:SaintEtienneHeaven投稿日:2016-07-01 08:03:20
【ネタバレ注意】

・・・そのまんま。 あれは絶対死ぬと思う。
ともかく観終わった後は高揚感に包まれかなり元気を貰えた。
高校生が主人公なので学園ものテイストのツボや’80年代の誰もが聴いた事あるサントラもテンション上がる。
過去作で監督支持者が多いとは言え、最後に沸き起こった観客の拍手に義理は感じなかった。

【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 作品賞(コメディ/ミュージカル) 
□ 歌曲賞 “Drive It Like You Stole It”
【ミュージック】
【CD】 シング・ストリート 未来へのうた
新品:¥ 2,700
11新品:¥ 2,219より   10中古品¥ 1,048より 

【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION