allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

アウトサイダー(1983)

THE OUTSIDERS

メディア映画
上映時間92分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(東宝東和)
初公開年月1983/08/
リバイバル→日本ヘラルド映画-2003.10.4
ジャンル青春/ドラマ
アウトサイダー [Blu-ray]
参考価格:¥ 5,184
価格:¥ 3,990
USED価格:¥ 7,510
amazon.co.jpへ

 Photos
アウトサイダーアウトサイダーアウトサイダー

【クレジット】
監督:フランシス・コッポラ
製作:フランシス・コッポラ
グレイ・フレデリクソン
フレッド・ルース
原作:S・E・ヒントン
脚本:キャスリーン・クヌートセン・ローウェ
撮影:スティーヴン・H・ブラム
プロダクションデ
ザイン:
ディーン・タヴォウラリス
編集:アン・ゴールソウ
キャスティング:ジャネット・ハーシェンソン
音楽:カーマイン・コッポラ
出演:C・トーマス・ハウエルポニーボーイ・カーティス
ラルフ・マッチオジョニー・ケイド
マット・ディロンダラス・ウィンストン
ダイアン・レインチェリー・ヴァランス
レイフ・ギャレットボブ・シェルドン
ロブ・ロウソーダポップ・カーティス
エミリオ・エステヴェストゥービット・マシューズ
パトリック・スウェイジダレル・カーティス
トム・クルーズスティーヴ・ランドル
グレン・ウィスローティム・シェパード
ミシェル・メイリンクマーシア
トム・ウェイツバック・メリル
ゲイラード・サーテインジェリー
ソフィア・コッポラ少女
ヘザー・ランゲンカンプ
(シーン削除)
ダーレン・ダルトンランディ・アンダーソン
ウィリアム・スミス店員
S・E・ヒントンナース
【解説】
 オクラホマ州タルサ--この町は、貧しい“グリース”達が住むイースト・サイドと、金持ちの“ソッシュ”達が住むウェスト・サイドに二分されていた。グリースのメンバーで、リーダー格のダラスといつもつるんでは町を遊びまわっていた親友のポニーボーイとジョニーはある日、2人で夜の町を歩いていた所を酒に酔ったソッシュ達にからまれてしまう。そして、多勢に無勢で叩きのめされていたポニーボーイを助けようとしたジョニーは、正当防衛で逆に相手のリーダーを刺してしまう……。本作は、軽い青春映画とは一線を画した、登場人物1人1人に至るまでのきめ細やかな心理描写、深くそれでいて決して説教臭くなく、胸に染みる様な感動的な物語で描かれた、数多くある青春映画の中では群を抜く傑作である。またこの作品は、M・ディロンを始め、T・ハウエル、R・マッチオ、R・ロウ、P・スウェイジ、E・エステヴェスらに加えて、トム・クルーズなどが世に出るきっかけとなった作品でもある。そして本作のメイン・テーマでもある、スティービー・ワンダーの『ステイ・ゴールド』が作品のテーマにも重なり、この物語と非常にマッチしていて逸品もの。青春映画を語るなら絶対に外せない1本。2003年10月ニュープリント版でリバイバル公開。
<allcinema>
評価
【おすすめ作品】
A=無難にチョイス B=チャレンジの価値アリ C=発見があるかも!?
[001]A真夜中のカーボーイ (1969)
[002]Aプライベート・ライアン (1998)
[003]Aチャーリーとチョコレート工場 (2005)
[004]Aフォレスト・ガンプ/一期一会 (1994)
[005]Aグラディエーター (2000)
[006]Aアサシン (1993)
[007]Aアメリカン・スプレンダー (2003)
[008]Aランブルフィッシュ (1983)
[009]Aカーズ (2006)
[010]Aカプリコン・1 (1977)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
23178 7.74
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ジェームス投稿日:2009-12-14 22:46:32
学生時代、映画館で観た時は、凄く感動したのを覚えている。改めてDVDで観たら、映画としての完成度はそれほどでもなかった。それでも出演している若者たちのエネルギッシュな演技でこの映画は、やっぱり感動させられた。そういえばパトリック・スウェイジさんは今年お亡くなりましたね。まだまだ活躍してほしかった。
投稿者:uptail投稿日:2009-05-22 11:10:47
マット・ディロン
投稿者:時空争奪投稿日:2008-06-22 12:18:15
映画としての完成度が極めて低いが
コッポラの熱意が伝わる。
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2008-03-07 21:09:28
「理由なき反抗」と「ウエストサイド物語」を融合したような作品だが、青春映画の決定版にはなり得なかった。教会のエピソードを間に挟んだ為に、二つのグループの一触即発の状態が全然描かれていないとか、マッチオが刺殺した男の仲間がハウエルに何の礼を言ったのか、ディロンがなぜ最後に暴走したのかなど、未解決の要素をシナリオに残したまま撮影に入ったコッポラの真意が解らない(大袈裟か)。朝焼けの光を黄金に例えた詩は好きだけど、そうした要素がラストのマッチオの「遺言状」で綺麗事に感じたのもマイナスだった。観て良かったとは思う。
トム・クルーズは後半に入ると登場カットも多く、「タップス」と同様に今よりキレた役回り(宙返りまで披露)だったのが印象的。というか実生活でもキレてるのが最近になってバレちゃったけどね。ディロンに追い払われるブスの女子の役でソフィアも出てたね。
投稿者:デジャブ投稿日:2007-06-02 10:52:49
 オ−プニングで『風と共に去りぬ』だ、と思ったら劇中で『風と共に〜』の本を読んでいた。ストーリーは『理由なき反抗』だ。コッポラはニューシネマの世代の監督だがスタジオ映画が大好きなんだろうな〜『ワンフロムザハート』なんか全編スタジオだし・・。
 コッポラはきっと純粋で素直で誤解されやすい人だ。純粋さはコッポラのどの作品にも見られる。
投稿者:ロビーJ投稿日:2007-05-24 18:02:38
もう間違いなく本作は青春映画の金字塔ですね。本作を初めて見た時はエミリオ・エステヴェスのみの目当てだったんですが、見終わってみれば出演者のほとんどのファンになっていました。主役の2人を演じたC・トーマス・ハウエルとラルフ・マッチオも最高に輝いてるし、パトリック・スウェイジやマット・ディロン、ロブ・ロウ、ダイアン・レインなどの80年代の青春映画を語る上で欠かせないスター達の総出演も見逃せません!そして何といってもエミリオ演じるトゥービットは中でも特に輝いていてミッキーマウスのTシャツと可愛いリーゼントヘアはエミリオでなければ出来ない役でした。
ラストにはラルフの言葉に感動するし、スティーヴィー・ワンダーの名曲♪「ステイ・ゴールド」が流れるとその感動が倍増します。ちなみに私はこの曲を携帯に録音して着信音などに使っています。
映画を語る上でも見逃せない作品。
投稿者:ミッチェル五郎投稿日:2007-03-21 18:10:58
また機会があれば観たいです
投稿者:irony投稿日:2006-04-22 16:52:45
 いるわ、いるわ、スターの卵が。ラルフ君ほんと久々に見ました。
投稿者:たまきち投稿日:2006-02-17 12:44:50
色々と考えさせられる映画でした。
見終わって"はい、終わり!!"じゃなく、後々まで余韻の残る映画ってそうは無いと思います。
ただ、ジョニ−が死んでいく病室に医者も看護師も居ないというのが不自然でした。
患者が瀕死の時に医者や看護師は何してんだ!!
病室も、重度のやけどなのに無菌室ではなく普段着で入り放題の普通の部屋だし。
まぁ、スト−リ−には直接関係ないけどさ・・。
投稿者:シネマ野郎投稿日:2006-01-07 20:55:13
改めて観ると、とにかく豪華な出演者達。「クラッシュ」での演技で、2005のオスカー候補も確実なマット・ディロンの存在感ある演技もいいし、内容もしっかりしていて見応え十分。素直に入り込めて、感動できた。
投稿者:パヴェル投稿日:2005-11-30 15:31:32
この世には素晴らしい映画は沢山あります。けどあえて生涯でこれほど心に残った作品はありません。色々コメントしておられますが、こういう映画で素直に感動出来ないような人間にはなりたくないですね・・・。
投稿者:caffe投稿日:2005-11-03 17:38:17
90分早かった。
投稿者:アリエアー投稿日:2005-09-09 00:42:33
【ネタバレ注意】

黄金の夕暮れシーンは、そこだけ『風と共に去りぬ』の中にタイムスリップしちゃったかのような奇妙なまでのドラマチックさ。
いたく感動したジョニーの遺言は「STAY GOLD]。ポニーボーイはこれからも、似合ってない金髪でとおすつもりなのかな。なんて。金はなくとも、彼には家族の愛がある。夕暮れを美しいと思える心がある。やっぱ死んだ二人に比べれば良識があったんだな。
生きている限り若さをいつまでも維持することはできないけれど、心の中だけは黄金のままでいられたら。

投稿者:ジョットン投稿日:2005-08-03 10:56:16
心に残るね
投稿者:ファルド投稿日:2004-02-22 18:16:12
男の青春映画だなーと思える作品ですね。青くて熱い。ラストのM・ディロンのヤケっぱちな行動はよく分からなかったが、全体的には青春映画の佳作だと思います。S・ワンダーの「STAY GOLD」もメロディのみならず歌詞もノスタルジックな気分にさせてくれるいい曲で、特に夕焼けの映像にはよくマッチしていましたね。
投稿者:ASH投稿日:2004-01-20 00:10:32
【ネタバレ注意】

コッポラ版『理由なき反抗』なんてあつかましいこと、言えやしないよ!スティーヴィーのファンである僕でも、彼の主題歌は上出来とは思いません。映像が古めかしく感じるのは、50〜60年代に量産された青春映画の質感を狙ったものか?L・ギャレットの扱いに涙。

投稿者:でし坊!投稿日:2003-12-10 23:35:19
マットディロンにつきる。映画としてはどうかと思うが大好きです。
投稿者:GRIFFIN投稿日:2003-11-30 17:49:49
 小さな街の小さな人間関係と小さなズレから起こる出来事。
 それだけに作品の精神をしっかり汲み取れると、自分の原点に戻れる不思議な作品だ。
 年末は待望のS・ワンダー来日公演だ!!
投稿者:映倫丸投稿日:2002-07-18 01:40:55
面白かったという印象はある。また、夕日の使い方が綺麗でさすがだなと感心したのも覚えている。だけど、この時代に仲間と培った物ってのは一生物っていうのはわかるんだけど、裏を返せばこの時代の感性が一生支配していくとも感じ取れちゃった。こうなってしまうとちょっとメッセージ性が強くありませんか、コッポラさん?なんだか時間が経ったら別の意味で寂しくなっちゃった・・
投稿者:XTC投稿日:2002-06-29 11:38:19
泣けた。テーマ曲聞くたんびに泣ける。心のベストワンかもしんない。
カスなんてひどいなぁ…。いい映画ですよ。
投稿者:ゆきぼー投稿日:2001-07-06 23:33:13
コッポラの中でもかなりのカス。
役者のパワーで持っていると思う。
投稿者:HIDE投稿日:2001-07-03 01:38:38
ラストシーンを思い出すと今でも胸がつまってしまいます。マット・ディロンは私をすっかり支配しています。http://homepage2.nifty.com/hide777
投稿者:Katsumi Egi投稿日:2000-12-23 07:23:41
 夕景の映画。
 タイトルバックの作り方からして心ふるえる映画だ。コッポラはやっぱりいい。
 『理由なき反抗』の換骨奪胎。
投稿者:まほろば投稿日:2000-07-10 14:52:26
この映画を観て思うのは
「17歳の時に大切だったものは、今でも大切なもの」ってこと。
かなりノスタルジーはいってますが、1人1人のセリフにいたく共感できた。
最後にS・ワンダーの名曲が流れると…どっと涙があふれてきた。http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Stage/2873/
【サウンド】
『ステイ・ゴールド』
歌 :スティーヴィー・ワンダー
作詞 :スティーヴィー・ワンダー
作曲 :カーマイン・コッポラ
【レンタル】
 【DVD】アウトサイダーレンタル有り
 【VIDEO】アウトサイダーレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION