allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

戦争と平和(2016)

WAR & PEACE

メディアTV
放映日2016/09/25〜2016/11/13
放映局NHK
製作国イギリス
ジャンルドラマ/戦争
戦争と平和 DVDBOX
参考価格:¥ 15,120
価格:¥ 11,780
USED価格:¥ 11,000
amazon.co.jpへ

【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:黒美君彦投稿日:2016-11-24 16:59:00
【ネタバレ注意】

<あらすじ>19世紀初頭、ロシアの貴族という特権階級に生まれたピエール・ベズーホフ(ポール・ダノ)、ナターシャ・ロストワ(リリー・ジェームズ)、アンドレイ・ボルコンスキイ(ジェームズ・ノートン)、3人の若者はそれぞれ自分たちの生きる意味を見出そうと模索していた。ロシアで最も裕福な貴族の私生児として生まれたピエールは優しい性格で、世界をより良くしたいと願っている。情熱的なナターシャは真実の愛を見つけたいと夢見ていたが、愛し合ったアンドレイは戦地にいる間のナターシャの行動を許せずにいた。一方、ナポレオン率いるフランス軍はロシアに迫っていた。

ロシアの文豪トルストイの原作を、英国BBCウェールズが2016年1月から2月にかけて放送したドラマ。
さすがBBCという重厚な作りで、ロシア貴族の描き方も巧い。衣装やアクセサリーなども美しいことこの上ない。
観る者からすると、次々登場する若者の誰に共感できるかで印象は随分変わるだろう。
1956年の映画ではオードリー・ヘプバーンが演じたナターシャは、ロシア文学でも最も美しい女性と称されるそうだが、リリー・ジェームズが物怖じすることなくこの役柄に取り組んでいる。
主役のピエールを演じるポール・ダノも、現実と葛藤する若き貴族の姿を全身で演じ、好感が持てた。
最終回に登場するプラトン・カタラーエフ(エイドリアン・ローリンズ)という捕虜仲間との出会いが、ピーターの意識に大きな変化を及ぼす。食べ物ひとつとっても、これが最後だと思って、ひと口ひと口味わいながらゆっくり食べよ。そんなプラトンの言葉が、ピーターの中に染みとおっていくのだ。
貴族間のやりとりでもなく、闘う軍人の姿からでもなく、生活者として生き、あっという間に殺されて物語から退場するプラトンによって、ピーターは生きる意味と歓びを再確認したというべきだろうか。
トルストイの示した問いはなお、現在も有効だ。

【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】戦争と平和 DVD-BOX2017/03/02\14,000amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】戦争と平和 2レンタル有り
 【DVD】戦争と平和 3レンタル有り
 【DVD】戦争と平和 4レンタル有り
 【DVD】戦争と平和 1レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION